お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2013年度 > [医学部] インスリンの脳への影響:新たな作用経路の発見−新しい肥満・過食メカニズムの解明へ−

research

研究情報

[医学部] インスリンの脳への影響:新たな作用経路の発見−新しい肥満・過食メカニズムの解明へ−

2013年6月27日

末梢ホルモンは「血液脳関門を通過して脳に作用」、「求心性迷走神経に作用して脳へ神経伝達」、の2つの経路により中枢作用を発揮します。インスリンは食欲、学習記憶、神経保護などの脳機能に関与しますが、求心性迷走神経に作用するかどうかは不明でした。今回、本学医学部統合生理学の岩崎助教、矢田教授らは、インスリンが求心性迷走神経を活性化する新経路を世界で初めて発見しました。さらに、インスリンシグナル伝達分子IRS2遺伝子欠損マウスは過食・肥満を呈し、インスリンの求心性迷走神経作用が障害されていましたが、血液脳関門を通過して作用する標的ニューロンへの効果は正常であった事から、インスリンの求心性迷走神経を介した脳作用には過食・肥満を抑制する働きがあることが示唆されます。
本研究は、文部科学省脳科学研究戦略推進プログラムの一環として、また科学研究費補助金などの助成によって行われました。

本研究成果は、2013年6月27日午前6時(米国東部時間6月26日午後5時)に米国学術雑誌「PLOS ONE」にオンラインで掲載されました。