お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2013年度 > 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム 2013−大規模地域ゲノムバンク/介入・コホート研究推進事業プロジェクト−が開催されました

research

研究情報

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム 2013−大規模地域ゲノムバンク/介入・コホート研究推進事業プロジェクト−が開催されました

2013年7月16日

大規模地域ゲノムバンク/介入・コホート研究推進事業プロジェクト7月5日(金)午後1時30分から自治医科大学地域医療情報研修センター中講堂において、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム 2013が開催されました。

当シンポジウムは、平成21年度に採択された文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「大規模地域ゲノムバンク/介入・コホート研究推進事業:JMSIIプロジェクト」の最終年度シンポジウムとして開催され、学外からは大阪大学 吉澤剛准教授、山形大学 成松宏人准教授、尼崎市役所 野口緑保健師の3名の著名な研究者・講師をお招きし、学内からも3名の発表者による5年間の優れた研究発表が行われました。

会場には本学教職員、大学院生の他に学外からも他大学関係者、企業の方々が多数参加され、活発な意見交換がなされ盛会裏に終了いたしました。

本事業は今年度で終了となりますが、次期研究の申請に向けて引き続きご支援賜りますようお願いいたします。