お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2014年度 > [医学部] オキシトシン経鼻投与の選択的な摂食抑制効果:副作用の少ない肥満・自閉スペクトラム症治療ルートの可能性

research

研究情報

[医学部] オキシトシン経鼻投与の選択的な摂食抑制効果:副作用の少ない肥満・自閉スペクトラム症治療ルートの可能性

2015年1月15日

脳視床下部の神経ペプチドのオキシトシンは、脳内で作用して社会性行動、摂食行動を調節しており、近年末梢からのオキシトシン投与により自閉スペクトラム症、肥満が改善することが動物及びヒト臨床試験で報告されています。本研究で統合生理学部門の矢田俊彦教授、前島裕子助教らは、動物実験で用いられている腹腔内投与とヒト臨床試験で用いられている経鼻投与ルートの効果を、マウスを用いて比較しました。二つのルートによるオキシトシン投与は同程度に摂食を抑制しました。一方、オキシトシンの腹腔内投与は自発行動(鎮静、覚醒)を抑制しましたが、経鼻投与は影響しなかったことから、直接に摂食行動を抑制していることが明らかとなりました。この結果は、オキシトシン経鼻投与が自閉スペクトラム症の社会性行動にも直接作用する可能性を示しています。さらに、腹腔内投与は血糖上昇を抑制しましたが、経鼻投与は影響を与えませんでした。以上の結果は、オキシトシン経鼻投与が有効かつ副作用が少ない安全な肥満、自閉スペクトラム症の治療ルートである可能性を示唆するものです。

本研究成果は、2015年1月5日に米国学術雑誌「Neuroendocrinology」にオンライン掲載されました。

本研究は、文部科学省脳科学研究戦略推進プログラムの一環として、また科学研究費補助金などの助成によって行われました。