お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2014年度

研究情報

2014年度

2015年3月30日 [医学部] イソフルランの麻酔後効果を解明
2015年3月10日 [医学部] 改変型アデノ随伴ウイルスに関する特許が成立
2015年2月18日 [医学部] 高濃度酸素暴露による急性肺傷害におけるパターン認識受容体NLRP3の新たな役割を解明
2015年2月2日 [大学] 研究不正防止に関する講演会「研究者育成のための行動規範」が開催されました
2015年1月15日 [医学部] オキシトシン末梢投与→迷走神経による脳への情報伝達→摂食抑制と肥満改善の新経路の発見
2015年1月15日 [医学部] オキシトシン経鼻投与の選択的な摂食抑制効果:副作用の少ない肥満・自閉スペクトラム症治療ルートの可能性
2014年12月26日 [医学部] レプチンの摂食抑制作用を仲介する新標的;視床下部室傍核NUCB2/nesfatin-1
2014年12月22日 [医学部] グルカゴンが求心性迷走神経に直接作用して脳に情報伝達する経路の発見
2014年12月18日 [医学部] 内閣府「国民との科学・技術対話」の推進に伴い、栃木県内高等学校での特別授業が開催されました
2014年11月21日 [医学部] 摂食中枢の中核の弓状核→室傍核シグナル伝達を担う神経回路の同定
2014年11月7日 [大学] 第11回自治医科大学国際シンポジウム(The 11th Nikko International Symposium 2014)が開催されました
2014年10月29日 [医学部] 2型糖尿病治療薬GLP-1の作用を増強し血糖値を改善する新しい方法を発見しました
2014年10月24日 [医学部] オキシトシンの摂食抑制作用の新経路:摂食中枢の逆向き神経回路を発見しました
2014年10月8日 [大学] 第11回自治医科大学国際シンポジウム The 11th Nikko International Symposium 2014を開催します(10/30)
2014年9月26日 [医学部] ADHD治療薬の効果を光トポグラフィ脳機能検査で可視化
2014年8月19日 [医学部] 自然免疫反応で重要なパターン認識受容体NLRP3の新たな機能を解明
2014年8月5日 [医学部] 脳内GLP-1の摂食抑制経路の発見:糖尿病治療薬の抗肥満作用、多様な脳作用のメカニズム解明へ
2014年7月29日 [大学] 第2回プラチナ大賞優秀賞を受賞しました
2014年7月10日 [医学部] 肥満に伴う代謝異常とリゾリン脂質の関わりを解明
2014年6月19日 [医学部] 筋強直性ジストロフィーの骨格筋萎縮・筋力低下の分子病態メカニズムを解明
2014年6月2日 [医学部] 感覚神経細胞の個体発生における切り替えと感覚神経システムの進化のしくみを解明
2014年5月8日 [大学] 共同研究講座制度を新設しました
2014年4月9日 [医学部] 難治性白血病に対する新規治療薬を発見しました
2014年4月3日 [医学部] プロテアソーム阻害を介する新規抗がん剤を発見しました