お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2017年度 > [医学部] 周術期出血に対する線溶抑制因子や血小板機能の重要性を明らかに

research

研究情報

[医学部] 周術期出血に対する線溶抑制因子や血小板機能の重要性を明らかに

2017年6月30日

自治医科大学整形外科学講座、病態生化学部門、分子病態研究部の研究グループは、頚椎手術患者を対象とした前向き観察研究によって、術前の様々な止血パラメーターの中で、線溶抑制因子や血小板機能の周術期出血に対する重要性を明らかとしました。本研究は周術期出血を予期する新たなスクリーニング検査の可能性を示唆するものであり、その研究成果が英文専門誌のPLOS ONE(オンライン版)に掲載されました。

概要

本研究は、頚椎の予定手術患者を対象にした前向き観察研究です。術前の様々な止血パラメーターの測定が、術中、術後出血を予測しうるかを明らかにすることを目的としました。術前に明らかな出血傾向がなくても、詳細な血小板凝集能検査、凝固能、線溶因子と周術期出血量との相関を認めました。術中出血と関連したのは、線溶抑制因子であるプラスミノーゲンアクチベーターインヒビター-1 (PAI-1)でした。術後出血と最も関連したのは、肥満の存在でした。PAI-1はアディポサイトカインとしても知られる線溶抑制因子であり、肥満とよい相関を認めます。PAI-1とBMIの中央値によって、患者を4群にわけるとPAI-1低値の肥満群に出血量が多い傾向を認めました。術前検査で線溶抑制因子が低値の患者は、線溶抑制剤であるトラネキサム酸で周術期の出血を軽減できる可能性があります。また、整形外科手術においては深部静脈血栓症の高リスク手術に積極的な抗凝固療法が行われますが、線溶抑制因子が低値の患者では、逆に抗血栓療法が出血を助長するかもしれません。これらの線溶抑制因子の測定が、術後管理の個別化に繋がる可能性があると考えています。今後は、より大きな母集団を対象とした研究により、これらの止血パラメーターの臨床的重要性、そのカットオフ値を証明する必要があります。

論文掲載先