お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2017年度 > [大学] 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2017「非感染性疾患(NCD)の病態解明と診断・治療法の開発拠点の形成」が開催されました

research

研究情報

[大学] 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2017「非感染性疾患(NCD)の病態解明と診断・治療法の開発拠点の形成」が開催されました

2017年7月20日

7月10日(月)午後1時20分より、地域医療情報研研修センター中講堂において文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2017「非感染性疾患(NCD)の病態解明と診断・治療法の開発拠点の形成」が開催されました。

当研究プロジェクトは平成25年度に採択され今年度が研究期間の最終年度となることから、約5年間の研究成果の公表を目的に、学内参加部門のうち11部門が研究成果の発表を行いました。また、学外からは「個別化医療に向けた新たな推論の開発」をテーマに理化学研究所・株式会社ソニーコンピューターサイエンス研究所の桜田一洋先生をお招きし、特別講演(大学院特別講義)が行われ、研究プロジェクト全体の推進に繋がるシンポジウムとなりました。

会場には教職員、大学院生の他に学外からも関連企業の方が参加され、活発なディスカッションが行われました。

文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業シンポジウム2017