お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2019年度 > [医学研究科] 平井真洋准教授が第14回日本心理学会国際賞奨励賞を受賞しました

research

研究情報

[医学研究科] 平井真洋准教授が第14回日本心理学会国際賞奨励賞を受賞しました

2019年6月27日

公益財団法人日本心理学会により創設された国際賞奨励賞に、先端医療技術開発センター脳機能研究部門の平井真洋准教授が選出されました。

この賞は、日本の心理学の国際化を促進するために、平成18年度から新設されたもので、特別賞、奨励賞、功労賞の3つのカテゴリがあります。特別賞は国際的に特段に優れた研究業績をあげ心理学の発展に寄与した心理学者、奨励賞は国際的に優れた業績を持つ中堅・若手心理学者、功労賞は国際学会の設立、運営などに功績のあった心理学者に与えられます。今回、平井准教授は定型・非定型発達児を対象とした社会的認知発達に関する一連の研究業績が評価され奨励賞受賞に至りました。

なお、授賞式は日本心理学会第83回大会前日の9月10日に、国際賞講演は日本心理学会第83回大会期間中に執り行われます。