お知らせ

HOME > ニュース&トピックス > 研究情報 > 2020年度 > [医学部] 分泌型ST-2を過剰発現させたマウスは社会行動が減少し、うつ様行動が増加することを発見

research

研究情報

[医学部] 分泌型ST-2を過剰発現させたマウスは社会行動が減少し、うつ様行動が増加することを発見

2020年5月29日

自治医科大学総合教育部門自然史学研究室、心理学研究室、生化学講座病態生化学部門の研究グループは、細胞増殖と炎症反応に関与する分泌型ST2を過剰発現させたトランスジェニックマウスを対象に幅広い行動表現型解析を行い、分泌型ST2を過剰発現させたマウスでは、仲間のマウスと接触する時間が減少し、マウスのうつ様行動を調べる試験で、抑うつ傾向が見られることを明らかにしました。一連の実験を通じて、精神神経疾患における分泌型ST2の役割を評価するための動物モデルを確立し、気分障害への分泌型ST2の関与を示しました。研究成果はMolecular Brainに掲載されました。

詳しくは下記のPDFをご覧ください。