3. 胸部大動脈疾患



3.1. 真性胸部大動脈瘤
真性胸部大動脈瘤(TAA)手術総数 643例
    大動脈弁輪拡張症(AAE)を伴う真性胸部大動脈瘤総手術数   101例
    大動脈弁輪拡張症を伴わない真性胸部大動脈瘤総手術数   542例
平均年齢 66.1歳
遠隔成績(図5) 5年生存率 10年生存率
  AAEを伴うTAA  87.1% 79.4%
  AAEを伴わないTAA  71.9% 44.4%    P<0.0

図5.真性胸部大動脈瘤術後 遠隔成績




3.2.大動脈解離

  a.急性大動脈解離      
 手術総数 558例
    急性A型大動脈解離総手術数 540例  
    急性B型大動脈解離総手術数  18例  
平均年齢 63.4歳
遠隔成績(図6) 5年生存率 10年生存率
 急性A型 79.0%  67.3%
 急性B型 71.8% 49.2%    P=0.06

図6.急性大動脈解離術後 予後調査




  b.慢性大動脈解離       
    総手術数 174例     
  慢性A型大動脈解離総手術数   74例  
  慢性B型大動脈解離総手術数    100例  
    平均年齢 59.5歳    
  遠隔成績 (図7) 5年生存率  10年生存率  
   慢性A型   79.5% 62.6%   
   慢性B型 78.9%  61.4%   P=0.8 

図7.慢性大動脈解離術後 予後調査




3.3. 解説

 胸部真性大動脈瘤は発生機序の違いから大動脈弁輪拡張症(AAE)の有無で分類を分けました。AAEを含む真性胸部大動脈瘤の予後は、含まないものに比べると良好でした。

 急性A型大動脈解離の予後は急性B型大動脈解離より良好な傾向が見られました。しかし、慢性大動脈解離となるとA型もB型もその予後に差は認められませんでした。

 胸部大動脈疾患は最近ではステントグラフト治療の適応が広くなり、適切な治療法の選択を検討していく予定です。