急性乳頭筋不全


適  応
 梗塞部位が心臓の弁まで及ぶと弁膜症を発症します。特に左心房と左心室を仕切る僧帽弁に付着する乳頭筋は虚血に弱く、断裂が生じやすいと言われています。乳頭筋が断裂すると、急性僧帽弁閉鎖不全症となり、ショック状態となります。超音波などで診断がつき次第、手術となりますが、心不全症状が強い場合は、手術前に補助循環装置(心肺補助装置装置)の装着が必要となります。
手  術
 弁の形を整える形成術も可能ですが、時間がかることと確実に僧帽弁機能を確保するために、当センターでは、ほとんどの場合僧帽弁を人工弁で置換する弁置換術を行います。
術  後
 手術がうまく行われたあとは、たいていは大きな合併症もなく経過します。術前に補助循環装置を必要とするような重度のショック状態が認められた場合は、術後もしばらくのあいだ厳密な管理が必要となります。

Back