【病名】 僧帽弁閉鎖不全症 
【術式】  僧帽弁置換術  

【病気について】 
 心臓には4つの部屋があり、収縮と拡張を繰り返しながら血液を全身や肺に送っています。このうち、肺で酸素を渡された血液が帰ってくる部屋を左心房といい、全身に血液を送るポンプの役割をしている部屋を左心室と呼んでいます。その二つの部屋の間には僧帽弁という弁があり、心臓が拡張するときにこの弁が開いて左心房から左心室に血液が入っていきます。

心臓が収縮して左心室の血液が全身に送り出される時にはこの弁は閉じて、
左心房へ血液が逆流しないようにしています。種々の原因で弁が閉じずに合わさりが悪いと心臓が収縮するたびに大量の血液が左心室から左心房に逆流するようになります。血液の逆流によって左心房の圧は高くなり心臓に負担がかかり、肺に血液の停滞が起こります。
   
【手術の目的と適応】
目的: 僧帽弁の逆流を減らすことによって左心房の圧力は下がり、血液の停滞は緩和されて血液がスムーズに流れるようになります。これにより心臓だけでなく、肺や肝臓も負担がとれて楽になります。逆流を少なくすることが手術の目的です。

適応:@症状がある場合  A 心機能が低下した場合  B不整脈(心房細動)が新たに出現した場合
【手術】 
 手術の方法には大きく分けて、次の2つがあります。

(1) 弁形成術   自己の弁を利用して行う手術で僧帽弁の逆流の原因となっている部分を切り取って縫い合わせたり、広がった弁輪を縮小して僧帽弁がきちんと閉じるようにする手術です。 
(2) 弁置換術 僧帽弁を切り取って、代わりに人工弁を縫いつける手術です。

 僧帽弁に対する手術としては心機能、生存率、術後抗凝固薬(ワーファリン)の内服を中止にできる可能性等から弁置換術よりも弁形成術のほうが優れているとされ、手術は弁形成術が第一選択となります。しかし、形成術は自己の弁を利用して行う手術であるため、弁の状態によっては不可能な場合もあり、弁置換術に変更される場合もあります。
  弁置換術  弁形成術 
長 所  全例可能である。 心機能、生存率が優れている。
抗凝固薬を術後3ヶ月で中止できる。
短 所 一生、抗凝固薬の内服が必要である。  形成術が困難な症例がある。
 
 
図   当院における弁膜症手術の生存率

【弁置換術の場合】 
人工弁には2種類(機械弁と生体弁)があり、それぞれ一長一短あります。 
  機械弁  生体弁 
長 所  耐久性が優れている。  原則、術後3ヶ月でワーファリン内服を中止できる
(不整脈が無い場合)。 
短 所  一生、ワーファリンの内服が必要。
血栓症、出血、催奇形性のリスクあり 
劣化し、再手術が必要となることがある。 
     

 どのような弁を使用するかは年齢・合併症・病態によって異なります。最適と思われるものを選択します。

 血液は人工弁と接触することで、血栓(血の塊)を形成しやすくなります.人工弁に血栓ができると弁が壊れてしまいますし、また、弁からはがれて流れ出した血栓は、脳梗塞などの塞栓症を引き起こします.
 これらを予防するため、弁置換術後は生涯、血液を固まりにくくする薬(ワーファリンなど)を服用しなければなりません.ワーファリンを内服することによって年間1〜2%の割合で出血または塞栓症のリスクがあります。 


【手術の手順】 
@麻酔の導入(全身麻酔)、気管挿管、人工呼吸
A皮膚切開、開胸
B人工心肺設置による体外循環、心停止
C僧帽弁置換/僧帽弁形成術
D人工心肺からの離脱止血確認、閉胸 
人工心肺について 
 

【予想される術後経過】   

 術後は集中治療室(ICU)に入室し循環・呼吸などの全身管理を行ないます。順調な経過であれば2,3日で一般病棟へ転床となり、引き続き全身管理を行ないながらリハビリを開始します.

 手術から約1週間程度で心臓エコーを行ない、心機能や人工弁機能を評価し問題なければ退院の予定を立てます.当院は急性期病院ですので、術後のリハビリが長期化したり、家庭の事情で自宅退院が困難な場合などは関連病院へ転院することもあります.