自治医科大学附属さいたま医療センター 心臓血管外科

お電話でのお問い合せ 048-647-2111

TAVI

TAVI(タビ):経カテーテル大動脈弁留置術(Transcatheter Aortic Valve Implantation)で身体への負担が少ない心臓手術を指します。

心臓弁膜症、とくに大動脈弁狭窄症について

心臓の中には4つの弁があり、全身への血液の流れをスムーズに維持しています。その4弁のうちの一つで、心臓の左心室と大動脈を隔てている弁を大動脈弁と言います。正常では左心室が収縮する(縮む)と大動脈弁が開き、全身に血液を送り出します。ところが、大動脈弁が硬くなり、開かなくなってくると(血液の出口が狭くなる)、心臓が普通の何倍もの力を出さないと左心室から血液が送り出せなくなってしまいます。その状態を大動脈弁狭窄症と言います。さまざまな原因がありますが、長寿社会の日本では加齢や動脈硬化によるものが多いです。
大動脈弁狭窄症の患者さんの心臓は、出口の狭いところから血液を送り出すために常にものすごい力で働くことを強いられています。たとえ患者さん自身が休んでいる間でも、心臓は常に力を振り絞って血液を送り出さないといけません。そのため、突然、急に動きが悪くなり(心不全)、最悪の場合、動きが止まってしまう(突然死)ことになります。 
重度の大動脈弁狭窄症の治療は、その狭くなった弁を何らかの形で広くしてやり、心臓の負担を減らし、血液の流れを良くしてあげることが目的になります。普通は胸を切り、手術によって大動脈弁を人工弁に置き換える方法(大動脈弁置換術)を行います。しかしながら、大きな傷が必要で、機械を使用し心臓を止めることも必要となります。結果として出血が多くなるなど、体への負担は大きいものになります。そのため、超高齢の方や体力のない方、他の持病のある方などでは手術には耐えられないと判断される場合がありました。

TAVI(タビ):経カテーテル大動脈弁留置術とは?

TAVI(タビ)はカテーテルという管を用いて、硬くなって開きが悪くなった大動脈弁の部分に新しい人工の弁を入れる治療法です。カテーテルは足の付け根や胸の小さな傷から入れていきますので、従来の大動脈弁置換術より体への負担はぐっと減ります。いままで手術に耐えることが難しいと判断された方などにも可能な大動脈弁狭窄症の新しい治療方法となります。ただし、TAVIは誰にでも行える治療ではありません。ハートチーム(内科医師、外科医師、麻酔科医師、集中治療部医師、臨床工学技士、手術室・病棟看護師からなる専門のチーム)が、従来の大動脈弁置換術に耐えられない可能性が高いと判断した患者さんを中心に治療を行っております。

  • 右冠動脈 左冠動脈 pixta.jp - 19431776
  • atherosclerosis atherosclerosis & trombosis pixta.jp - 18917784

提供:エドワーズライフサイエンス株式会社/日本メドトロニック株式会社

自治医科大学附属さいたま医療センターにおけるTAVI

TAVI治療を受ける方は年齢、体力面で不安がある、またたくさんの余病があるなど様々な難しい面も多くあると思います。ですが、自治医科大学附属さいたま医療センターでは、TAVI治療に直接関わる診療科以外にも集中治療部をはじめ、さまざまな専門診療科のスタッフが在籍しており、診療のすべてにおいて迅速な対応が可能です。

もしTAVI以外の手術をお受けになる場合でも、当科は年間600件を超える心臓・大動脈手術を実施しており、これは国内有数の規模を誇りますので、安心して治療に専念していただけます。 当施設におけるハートチーム担当医師をご紹介させていただきます。各部門にTAVI専属医師が数名おり、毎週実施されるハートチームカンファレンスで、治療方針・手術術式の決定を行っております。それぞれの分野で長年、循環器診療に従事して参りました経験豊富な医療スタッフがTAVI治療を担当しております。

  • 心臓血管外科
    准教授 由利康一

  • 循環器内科
    准教授 和田浩

  • 循環器内科
    助教 谷口陽介

  • 麻酔科
    助教 大塚祐史

TAVIの治療実績

2014年よりTAVI治療を開始し、2016年12月までに76例の大動脈弁狭窄症患者様にTAVI手術を実施いたしました。TAVI手術件数の推移を示しますが、手術症例数は増加傾向です。TAVI手術実施時の平均年齢は83.7歳ですが、30日死亡率は0%、1年生存率は89.8%と非常に良好な成績が得られております。

冠動脈バイパス手術件数
冠動脈バイパス手術件数

当科受診を希望される患者様へ

自治医科大学附属さいたま医療センターは、東北、上越、北陸新幹線のすべての列車が停車する大宮駅から直通バスで10分ほどの距離にあり、とてもアクセスしやすい病院です。また、535台収容の駐車場も完備されており、自家用車での通院も可能です。近隣地域のみならず遠方からの受け入れも積極的に対応しております。かかりつけの先生より紹介状をいただき、心臓血管外科を受診いただければと思います。

連絡先

心臓血管外科外来は毎日行っていますので、お時間に余裕があれば下記予約コールセンターまでご連絡ください。

お急ぎの場合は、心臓血管外科担当医師と直接相談いただければと思います。