トップ > 医学部 > 眼科学講座 > 研修医の声

自治医科大学 臨床医学部門 眼科学

研修医の声

入局2年目

初めまして眼科2年目の橋良太です。
まず、僕が自治医科大学眼科で研修させていただくこととなったきっかけですが、僕は父が眼科医であり、栃木県で働いているので自治医科大学を見学させていただき、手術がたくさんできること、様々な症例を経験できること等から選ばせていただきました。 眼科1年目はほとんどのわからないことだらけでしたが、年の近い先生が多く、外来では診察中に質問をすることができるので心配はいりません。
手術に関しては初診から手術まですべてを受け持つことができ、手術後に患者様に「とてもよく見えます」と感謝の言葉をいただくこともでき、非常に感動しました。
現在、諸先生方のご指導の下、手術や学会発表など多くのことを経験させていただいております。まだまだ眼科医としては未熟ですが、先輩方に負けないよう頑張っていこうと思います。
はじめのうちは慣れない環境で大変かもしれませんが、外来、手術どちらも経験を積むことができるので、眼科に興味のある方は自治医科大学眼科に是非見学に来てください。



入局2年目

初期臨床研修から自治医大でお世話になり、昨年の4月から自治医大眼科へ入局し現在後期研修2年目です。

私は当初他科志望だったのですが、初期研修2年目の時に眼科をローテートした際に倒像鏡で眼底を見れるようになりたい!と思い急遽進路を変更しました。
また若手の先生方が多く、丁寧に一から何でも教えて下さるため、そのことも入局する決め手となりました。

一年目は最初の3ヶ月は見学で、その後外来に実際出て診療に携わる流れになっています。外来に出たての頃は戸惑いもありましたが、周りの先生に支えて頂き、現在ではひとつひとつやれることが増える喜びを実感しています。
自治医大の眼科はとてもアットホームで、上の先生とも距離が近く、暖かい医局です。
少しでも眼科を見てみたいな、という気持ちがある方大歓迎です。
見学お待ちしています。



入局5年目

入局5年目で、今年眼科専門医を取得いたしました。
当科の医局の特徴、当院眼科後期研修医としての臨床上の特色、そして実際の生活についてご紹介いたします。現在も後期研修中の医師が4名おり、それぞれの興味、習熟度に合わせて、日々診療を行っております。

自治医大は大学の特性上、大学出身者が眼科医師になることはまれで、医局員の出身校は多岐にわたります。アットホームな医局で、仕事がしやすい環境です。短時間勤務の子育て中の女性医師も多数おり、ワークライフバランスについてもきちんと相談しやすい環境です。
入局して、外来が始まると一般的な疾患の初診から術後まで一貫して担当できます。
糖尿病網膜症、網膜剥離、白内障、緑内障、網膜静脈閉塞症などの検査、診断、治療、病状説明など行い、入院すれば主治医になるので術前術後の経過をしっかり学べます。入局1年目から、多くの分野にまたがる、まれな疾患も経験できます。また、臨床だけではなく学会発表や論文作成も行います。

自治医大眼科に興味のある先生は、ぜひ1日でも見学にいらしてください。遠方の先生には、当院構内に宿泊施設(研修医専用住宅)もございます。