統合病理学部門

松原 大祐

Matsubara Daisuke

松原 大祐

あいさつ

3年間、医科研で癌の研究に携わっておりましたが、再び、自治医大に帰ってくる日が来るとは思ってもみませんでした。 病理診断に関しては、3年間のブランクがありますので、リハビリしながら、昔の勘を取り戻そうと思います。また、 統合病理部門においても、肺癌細胞株を用いた細胞生物学的検討、そして、原発性肺癌症例の組織検体を用いた病理組織学的検討、 この2本を柱として、肺癌の研究を進めていきたいと考えております。最近では、さまざまな癌腫、肉腫において、 遺伝子変異などの分子情報に立脚したがんの進展機構の解明と分類を目指す機運が高まっております。国内外での次世代シークエンサーによる解析がすすめば、 将来的に、病理診断そのものはなくならない(?)にしても、 その枠組みは、大きく変わっていくことが予想されます。そんな状況下で、はて、病理医の強みとは何なのか、 見極めながら、研究テーマを探っていきたい、と考えております。

略歴

2000年:東京大学医学部卒業
     東京大学大学院 医学系研究科 人体病理学教室進学
2004年:博士課程修了(医学博士取得)
2004年:国立国際医療センター病理部 技官
2007年:自治医科大学病理学講座統合病理学部門 助教
2012年:東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野 講師
     東京大学医科学研究所 病理コアラボI 室長
2015年:自治医科大学病理学講座統合病理学部門 准教授
     東京大学医科学研究所 人癌病因遺伝子分野 客員准教授

学位・専門医資格等

医師、医学博士
日本病理学会 認定専門医
日本臨床細胞学会 細胞診専門医
日本臨床検査医学会 臨床検査管理医

学会・委員

日本癌学会評議員
日本病理学会評議員
日本肺癌学会評議員(予定,2018年~)
日本細胞診学会
日本臨床検査医学会
米国癌学会 (Active member)
国際肺癌学会

日本病理学会「ゲノム研究用試料に関する病理組織検体取扱ガイドライン審議会」委員

受賞

2018年11月 日本病理学会 学術研究賞(A演説)
2018年11月 自治医科大学医学部優秀論文賞(First author)
2014年11月 国際病理アカデミー(IAP)日本支部 病理診断学術奨励賞
2010年4月 日本病理学会 学術奨励賞
2009年11月 日本肺癌学会 優秀ポスター賞

著書・論文

総説、著書

1.著者:松原大祐 「胸部の原発不明がんの鑑別」病理と臨床 巻:35(2) 2017年
2.著者:仁木利郎、松原大祐 「クロマチンリモデリング因子と癌」病理と臨床 巻:30(9):1019 -1021、2012年
3.「癌診療指針のための病理診断プラクティス肺癌」中山書店(分担執筆)
4.標準臨床検査学「病理学・病理検査学」病理学各論 医学書院(分担執筆) 総説・解説記事
5.著者:松原大祐、仁木利郎 「病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 診断編」病理と臨床 巻:29 号:臨時増刊号 ページ:318-319、発行年:2011年04月23日
6.著者:松原大祐、仁木利郎 「病理診断医になじみのある疾患関連分子 MET 解説編」病理と臨床 巻:29 号:臨時増刊号 ページ:313-317、発行年:2011年04月23日

論文

1.Matsubara D, Soda M, Yoshimoto T, Amano Y, Sakuma Y, Yamato A, Ueno T, Kojima S, Shibano T, Hosono Y, Kawazu M, Yamashita Y, Endo S, Hagiwara K, Fukayama M, Takahashi T, Mano H, Niki T. Inactivating mutations and hypermethylation of the NKX2-1/TTF-1 gene in non-TRU-type lung adenocarcinomas. Cancer Sci, 2017 Jul 5. doi: 10.1111/cas.13313. (IF:4.372)

2.Ito T, Matsubara D*, Tanaka I, Makiya K, Tanei ZI, Kumagai Y, Shiu SJ, Nakaoka HJ, Ishikawa S, Isagawa T, Morikawa T, Shinozaki-Ushiku A, Goto Y, Nakano T, Tsuchiya T, Tsubochi H, Komura D, Aburatani H, Dobashi Y, Nakajima J, Endo S, Fukayama M, Sekido Y, Niki T, Murakami Y. Loss of YAP1 Defines Neuroendocrine Differentiation of Lung Tumors. Cancer Sci, 2016;107:1527-1538. doi: 10.1111/cas.13013. (corresponding author) (IF:4.372)

3.Matsubara D, Kishaba Y, Yoshimoto T, Sakuma Y, Sakatani T, Tamura T, Endo S, Sugiyama Y, Murakami Y, Niki T. Immunohistochemical analysis of the expression of E-cadherin and ZEB1 in non-small cell lung cancer. Pathol Int. 64: 560-8, 2014. (IF:1.742)

4.Ibrahim R, Matsubara D*, Osman Y, Morikawa T, Goto A, Morita S, Ishikawa S, Aburatani H, Takai D, Nakajima J, Fukayama M, Niki T, Murakami Y. Expression of PRMT5 in lung adenocarcinoma and its significance in epithelial-mesenchymal transition. Human Pathol. 45: 1397-1405, 2014 (corresponding author) (IF:3.125)

5.Matsubara D, Kishaba Y, Ishikawa S, Sakatani T, Oguni S, Tamura T, Hoshino H, Sugiyama Y, Endo S, Murakami Y, Aburatani H, Fukayama M, Niki T. Lung Cancer with Loss of BRG1/BRM, shows Epithelial Mesenchymal Transition Phenotype and Distinct Histologic and Genetic Features. Cancer Sci. 2013;104(2):266-73. (IF:4.372)

6.Matsubara D, Kanai Y, Ishikawa S,Ohara S, Yoshimoto T, Sakatani T, Oguni S,Tamura T, Kataoka H, Endo S, Murakami Y, Aburatani H, Fukayama M and Niki T. Identification of CCDC6-RET Fusion in a Human Lung Adenocarcinoma Cell Line, LC-2/ad.J Thorac Oncol. 2012;7(12):1872-6. (IF:10.336)

7.Matsubara D, Niki T. Epidermal Growth Factor Receptor Mutation and Chemosensitivity. J Thorac Oncol. 2012;7(4):771-772. (IF:10.336)

8.Matsubara D, Ishikawa S, Oguni S, Aburatani H, Fukayama M, Niki T. Co-activation of epidermal growth factor receptor and c-MET defines a distinct subset of lung adenocarcinomas. Am J Pathol. 2010;177(5):2191-2204. (IF:4.069)

9.Matsubara D, Ishikawa S, Oguni S, Aburatani H, Fukayama M, Niki T. Molecular predictors of sensitivity to the MET inhibitor PHA665752 in lung carcinoma cells. J Thorac Oncol. 2010;5:1317-24. (IF:10.336)

10.Matsubara D, Morikawa T, Goto A, Nakajima J, Fukayama M, Niki T. Subepithelial myofibroblast in lung adenocarcinoma: a histologic indicator of excellent prognosis. Mod Pathol. 2009;22:776-85. (IF:6.655)

11.Matsubara D, Niki T, Ishikawa S, Goto A, Ohara E, Yokomizo T, Heizmann CW, Aburatani H, Moriyama S, Moriyama H, Nishimura Y, Funata N, Fukayama M Differential expression of S100A2 and S100A4 in lung adenocarcinomas: clinicopathologic significance, relationship to p53, and identification of their target genes. Cancer Sci. 2005;96:844-57. (IF:4.372)