自治医科大学 精神医学講座

English

文字サイズ変更

研究紹介

トップページ > 研究業績 > 研究紹介

研究紹介

1. ラットを用いたマイクロダイアリシス法による研究を行っており、抗うつ薬、抗精神病薬投与時の脳内モノアミン濃度の変化を測定することにより、作用機序の解明、新規治療法の開発を目指した検討を続けています。これまでの成果としましては、抗うつ薬の重大な副作用であるセロトニン症候群に関して、リスペリドンがセロトニン症候群による重篤な高熱を是正すること、合成麻薬であるNMDAによって引き起こされた高熱に対しミルタザピン、フルオキセチンが治療効果を生じることを明らかにしています。現在は脱法ハーブによる脳内モノアミン濃度の変動の検討、胎生期低栄養暴露モデルの行動学的・組織学的検討を行っています。心理学教室との研究交流があります。

 

2. 光トポグラフィー(NIRS)を用いた認知神経科学的研究を行っています。これまでの成果としましては、「後出し負けじゃんけん課題(drRPS)」が作業記憶(working memory)の指標として有用であり、統合失調症やうつ病の病態把握に役立つことを示唆する報告を行ってきました。また、反復経頭蓋磁気刺激法(rTMS)を受けたうつ病患者に対し、治療前後でNIRSによる脳機能評価を行い、治療効果と相関する脳活動の変化の検討を行っています。その他にも、疼痛性障害患者に対するrTMSの効果の検討、統合失調症、うつ病患者の視点取得課題による脳活動の変化の検討も続けています。先端医療技術開発センター脳機能部門との共同研究を行っています。

 

3. 自治医科大学精神医学教室は古くから精神病理学のメッカとしてその発展に大きな功績を残してきました。近年の成果としましては、職場結合性うつ病、および職場気分障害の概念の提唱、

うつ病―認知症移行領域の概念の提唱を行っています。こうした病態についての臨床精神病理学的研究を進める一方で、症例に根差した自殺予防研究、がん患者の遺族に生じる死別反応に関する研究、病跡学的研究も行っています。またその他に、東日本大震災が精神疾患に及ぼした影響に関する疫学的研究、生体肝移植ドナーの心理状況に対する調査研究も行っています。

 

 このように、私達の教室では、臨床に根ざした薬理学・分子生物学・認知神経科学の研究、また、人文科学に開かれた精神病理学の研究ができます。学内をはじめ、群馬大学、筑波大学、浜松医科大学など、様々な研究機関との交流があります。研究については個人の志向を尊重する伝統があります。教室は幅広い研究領域を持ち、多種多彩な教室員が様々な領域で活躍しています。




ページのトップへ