研究コンセプト

topimg.jpg 動物とヒトの研究をつなぐ 基礎と臨床をつなぐ

当研究室は特定の発達段階において男性または女性のどちらか一方に多く顕在化する行動異常(発達段階・性別特異的行動異常)を生物・心理・社会モデルの観点から研究し、介入方法の開発につながる基礎的知見を提供したいと考えています。研究はヒトを対象としたものからラットやマウスなどのモデル動物を対象としたものまで幅広く行い、モデル動物の有用性を拡充する方法論の開発にも取り組んでいます。また、心理学の学際性を高めるために他分野との共同研究を積極的に展開しています。

What's NEW 一覧へ

2017年 8月29日
東邦大学医学部解剖学講座微細形態学分野との共同研究がScientific reports誌に掲載されました!
2017年 3月14日
東邦大学医学部解剖学講座微細形態学分野との共同研究がFrontiers in Neuroanatomy誌に掲載されました!
  • 共同研究者募集
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 自治医科大学
  • 日本心理学諸学会連合
  • 公益社団法人日本心理学会
  • JOCDP臨床発達心理士