研究業績

<学会発表>

  • Research evaluation disparities: possibly influenced by research field and generation?
    Takase K
    Y-KAST - YAJ Bilateral Workshop "Institutional and Scientific Challenges for Young Scientists in Asia" 口頭発表(招待)2017年3月(Seongnam, South Korea)
  • ヒトのモデル動物としてのマウス・ラットを対象とした行動アセスメント研究の現状と課題
    高瀬堅吉
    日本行動科学学会主催第33回ウィンターカンファレンス シンポジウム 口頭発表(一般)2017年2月(白山、日本)
  • The aberrant behavior and altered protein expression associated with neuropsychiatric disorders in crmp2 gene-deficient mice
    Nakamura H, Yamashita N, Kimura A, Kimura Y, Hirano H, Makihara H, Kawamoto Y, Jitsuki-Takahashi A, Yonezaki K, Takase K, Miyazaki T, Nakamura F, Tanaka F, Goshima Y
    Society for Neuroscience Annual Meeting ポスター発表(一般)2016年11月(San Diego, USA)
  • Comprehensive behavioral study and proteomic analyses of CRMP2-deficient mice
    Nakamura H, Yamashita N, Kimura A, Kimura Y, Hirano H, Makihara H, Kawamoto Y, Jitsuki-Takahashi A, Yonezaki K, Takase K, Miyazaki T, Nakamura F, Tanaka F, Goshima Y
    第38回日本生物学的精神医学会・第59回日本神経化学会大会合同年会 ポスター発表(一般)2016年9月(福岡、日本)
  • Meta-analysis of genetically modified mice on behavioral and biological phenotypes
    Takase K, Kikuchi K, Funato H
    31st International Congress of Psychology (ICP2016) 招待シンポジウム「Frontiers in the psychological research using animal models -Harmonized translational study elucidating the operating principles underlying human psychological processes-」口頭発表(招待)2016年7月(Yokohama, Japan)
  • Emerging Psychologists' Symposium 8: Law of sociocultural mind in human beings(オーガナイザー)
    Takase K
    31st International Congress of Psychology (ICP2016) シンポジウム「Emerging Psychologists' Symposium 8: Law of sociocultural mind in human beings」2016年7月(Yokohama, Japan)
  • What psychologists can do and cannot do for the public in the present Japan(指定討論)
    Takase K
    31st International Congress of Psychology (ICP2016) テーマ別セッション「What psychologists can do and cannot do for the public in the present Japan」口頭発表(一般)2016年7月(Yokohama, Japan)
  • A developmental neurobehavioral study in rats with abnormal neurogenesis in different brain regions induced by prenatal (G15, G17 and G19) methylazoxymethanol (MAM) treatment
    Sugioka K, Takase K
    日本神経科学学会主催第39回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2016年7月(横浜、日本)
  • 日本行動科学学会の概要と展開されている研究活動
    高瀬堅吉
    若手科学者サミット ポスター発表(一般)2016年7月(東京、日本)
  • 発達段階・性別特異的行動異常のメカニズム解明を可能にするトランスレータブル行動指標の提案-自閉症スペクトラム障害の生物心理機構破綻を解明する新たなアプローチ-
    髙瀨堅吉
    日本発達心理学会第27回大会 ポスター発表(一般)2016年4月(札幌、日本)
  • High-fat diet feeding alters social behaviors and sensorimotor system of mice independent of obesity
    Funato H, Takase K, Oda S, Tsuneoka Y, Kuroda M
    Keystone symposia ポスター発表(一般)2015年10月(Kyoto, Japan)
  • 医学と心理学の学際先端領域におけるキャリア形成の枠組み
    高瀬堅吉
    日本心理学会第79回大会 シンポジウム「広がる心理学-学際性の先端領域と新しいキャリア形成の枠組み-」口頭発表(招待)2015年9月(名古屋、日本)
  • 社会行動障害への多角的アプローチ-動物からヒト、基礎から臨床-(ストレス不応期の母子分離ストレスが社会行動に与える影響)
    高瀬堅吉
    日本心理学会第79回大会 シンポジウム「社会行動障害への多角的アプローチ-動物からヒト、基礎から臨床-」口頭発表(招待)2015年9月(名古屋、日本)
  • マウス内側視索前野で見つかった新規な性的二型遺伝子発現
    恒岡洋右、高瀬堅吉、小田哲子、黒田優、船戸弘正
    第120回日本解剖学会総会全国学術集会 ポスター発表(一般)2015年3月(神戸、日本)
  • 人間の生涯発達の理解を目指す生理心理学研究(乳幼児(仔)期~思春期・成体期)
    高瀬堅吉
    日本心理学会第78回大会 シンポジウム「人間の生涯発達の理解を目指す生理心理学研究」口頭発表(一般)2014年9月(京都、日本)
  • 装置発展が切り開く心のフロンティア(指定討論)
    高瀬堅吉
    日本心理学会第78回大会 シンポジウム「装置発展が切り開く心のフロンティア」口頭発表(一般)2014年9月(京都、日本)
  • 発達障害の理解に向けて‐基礎研究の役割とその有用性を考える‐(指定討論)
    高瀬堅吉
    日本心理学会第78回大会 シンポジウム「発達障害の理解に向けて‐基礎研究の役割とその有用性を考える‐」口頭発表(一般)2014年9月(京都、日本)
  • A subset of thalamocortical projections to the retrosplenial cortex possesses both VGluT1 and VGluT2
    小田哲子、船戸弘正、佐藤二美、赤羽悟美、伊藤雅方、高瀬堅吉、黒田優
    第119回日本解剖学会総会全国学術集会 ポスター発表(一般)2014年3月(下野、日本)
  • 摂食関連神経ペプチド産生細胞ネットワークにおけるヒストン脱アセチル化酵素の発現
    恒岡洋右、高瀬堅吉、黒田優、船戸弘正
    第119回日本解剖学会総会全国学術集会 ポスター発表(一般)2014年3月(下野、日本)
  • オレキシンによるエネルギー代謝調節機構の解明
    高瀬堅吉
    第46回神経解剖懇話会 口頭発表(招待)2014年3月(下野、日本)
  • 行動医学のコアカリキュラム提案に向けたJABSの取り組みと求められる役割
    高瀬堅吉
    第20回日本行動医学会学術総会 シンポジウム「行動医学のコアカリキュラムの提案」口頭発表(招待)2014年3月(京都、日本)
  • JABS日本行動科学学会
    高瀬堅吉
    日本学術会議学際交流ポスターセッション ポスター発表(一般)2014年3月(東京、日本)
  • 生物・医学分野のイノベーションが心理学に与えるインパクト(指定討論)
    高瀬堅吉
    学術シンポジウム「生物・医学分野のイノベーションが心理学に与えるインパクト」口頭発表(招待)2014年3月(神戸、日本)
  • Orexinergic neuron network regulating energy metabolism
    Funato H, Takase K
    食と生命のサイエンス・フォーラム2013 ポスター発表(一般)2014年10月(東京、日本)
  • これからの教育心理学を考える‐動物実験とどのように付き合うのか?‐
    高瀬堅吉
    日本心理学会第77回大会 シンポジウム「これからの教育心理学を考える‐動物実験、生物学的指標とどのように付き合うのか?‐」口頭発表(一般)2013年9月(札幌、日本)
  • Statistical inference of the central roles of melanin-concentrating hormone signaling in behavior of mice: meta-analysis
    高瀬堅吉
    日本動物心理学会第73回大会 自由集会「次世代の行動評定法の開発を目指して」口頭発表(一般)2013年9月(つくば、日本)
  • Statistical inference of neural circuits responsible for behavioral parameters of mice
    Takase K, Kikuchi K, Oda S, Kuroda M, Funato H
    日本神経科学学会主催第36回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2013年6月(京都、日本)
  • An analysis of reflex during neonatal period and activity during post-weaning period in AD/HD and schizophrenia model rats induced by prenatal methylazoxymethanol (MAM) treatment
    Sugioka K, Takase K, Setsu T
    日本神経科学学会主催第36回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2013年6月(京都、日本)
  • Differential expression of histone deacetylases in neuronal groups regulating feeding and body weight
    Funato H, Takase K, Kuroda M, Oda S
    Keystone symposia ポスター発表(一般)2013年3月(Banff, Canada)
  • 社会的隔離による大脳皮質機能異常のメカニズム
    Miyazaki T, Takase K, Takahashi T
    第90回日本生理学会大会 口頭発表(一般)2013年3月(東京、日本)
  • 摂食・睡眠調節神経回路におけるHDACファミリー発現の検討
    高瀬堅吉、小田哲子、横藤田純子、黒田優、船戸弘正
    日本解剖学会関東支部第100回学術集会 口頭発表(一般)2012年10月(東京、日本)
  • LTP-like potentiation occurs in lateral amygdala during fear memory extinction.
    Iwai A, Miyazaki T, Takase K, Takahashi T
    日本神経科学学会主催第35回日本神経科学大会 口頭発表(一般)2012年9月(名古屋、日本)
  • Monoaminergic and neuropeptidergic neurons show distinct expression profiles of histone deacetylases
    Takase K, Oda S, Yokofujita J, Kuroda M, Funato H
    日本神経科学学会主催第35回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2012年9月(名古屋、日本)
  • A developmental neurobehavioral study in microencephalic rats with abnormal brain neurogenesis induced by prenatal methylazoxymethanol (MAM) treatment (the 2nd report: PPI and fear conditioning experiments)
    Sugioka K, Takase K, Setsu T, Imai H
    日本神経科学学会主催第35回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2012年9月(名古屋、日本)
  • Maternal Deprivation in the Middle of a Stress Hyporesponsive Period Decreases Hippocampal Calcineurin Expression and Causes Abnormal Social and Cognitive Behaviours in Adult Male Wistar Rats: Relevance to Negative Symptoms of Schizophrenia
    高瀬堅吉
    日本心理学会第76回大会 ワークショップ「動物モデルからヒトの行動原理を解明する研究の最前線-心理学における動物実験の意義-」口頭発表(一般)2012年9月(横浜、日本)
  • 摂食関連ペプチドMCHの多様な役割と、各行動に与える効果量のメタ分析
    高瀬堅吉、小田哲子、横藤田純子、黒田優、船戸弘正
    日本行動科学学会2012年度年次大会 シンポジウム「日本におけるこれからの行動科学‐求められる学際性と国際性‐」口頭発表(招待)2012年9月(東京、日本)
  • Fasting and high-fat diet alter histone deacetylase expression in the medial hypothalamus
    船戸弘正、高瀬堅吉、小田哲子、横藤田純子、黒田優
    第117回日本解剖学会学術集会 口頭発表(一般)2012年3月(甲府、日本)
  • A developmental neurobehavioral study in microencephalic rats with abnormal brain neurogenesis induced by prenatal methylazoxymethanol (MAM) treatment (the first report)
    Sugioka K, Takase K, Tomiyoshi S
    日本神経科学学会主催第34回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2011年9月(横浜、日本)
  • Postnatal changes in hippocampal acetylcholine release in both sexes of rats
    Takase K, Kimura F, Mitsushima D
    日本神経科学学会主催第34回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2011年9月(横浜、日本)
  • Mechanisms underlying disruption of cortical function by neonatal isolation
    Miyazaki T, Takase K, Tada H, Sano A, Oya D, Nakajima W, Takahashi T
    日本神経科学学会主催第34回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2011年9月(横浜、日本)
  • Effects of anti-enolase antibodies on the 15-deoxy-Δ12,14 -prostaglandin J2-induced neuronal cell death
    Yamamoto Y, Takase K, Fujita M, Fujio M, Okamura N, Sakaeda T and Yagami T
    日本神経科学学会主催第34回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2011年9月(横浜、日本)
  • Camptothecin enhanced anti-tumor activity of 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 in renal cell carcinoma
    Yamamoto Y, Takase T, Fujita M, Okamura N, Sakaeda T, Yagami T
    第84回日本薬理学会年会 抄録のみ(一般)2011年3月(横浜、日本)
  • 腎臓がん細胞におけるトログリタゾンの抗腫瘍効果に対するp38 MAPK経路の役割
    藤尾弥希、藤田恵、田路千明、澤田京子、山森元博、山本泰弘、高瀬堅吉、矢上達郎、岡村昇
    日本薬学会第130年会 ポスター発表(一般)2011年3月(岡山、日本)
  • 腎臓がん細胞における15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2の抗腫瘍効果
    田路千明、藤田恵、澤田京子、山森元博、山本泰弘、高瀬堅吉、矢上達郎、岡村昇
    日本薬学会第130年会 ポスター発表(一般)2011年3月
  • 乳幼児期後期から幼若期初期の母性剥奪は雄性ラットにのみ自閉症に関連する複数の異常行動を惹起する
    高瀬堅吉
    日本心理学会第74回大会 ポスター発表(一般)2010年9月(大阪、日本)
  • Mechanisms underlying disruption of cortical function by neonatal isolation
    Miyazaki T, Takase K, Roberto M, Takahashi T
    第33回日本神経科学大会 Neuro 2010 口頭発表(一般)2010年9月(神戸、日本)
  • Identification of novel protein targets for 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 in neuronal plasma membranes
    Yagami T, Yamamoto Y, Takase K, Okamura N, Sakaeda T
    第33回日本神経科学大会 Neuro 2010 口頭発表(一般)2010年9月(神戸、日本)
  • Maternal deprivation from the later infant stage to the early juvenile stage causes multiple abnormal behaviors related to autistic disorder only in male rats.
    Takase K, Yamamoto Y, Yagami T
    第33回日本神経科学大会 Neuro 2010 口頭発表(一般) 2010年9月(神戸、日本)
  • 腎臓がん細胞におけるトログリタゾンの抗腫瘍活性の検討
    藤田恵、田路千明、澤田京子、山本泰弘、高瀬堅吉、矢上達郎、岡村昇
    第130回日本薬学会年会 ポスター発表(一般)2010年3月(岡山、日本)
  • Hypoxia induced upregulation of VEGF in renal cell carcinoma via VHL-independent pathways
    Yamamoto Y, Takase K, Matsumoto J, Yoshida T, Nakamura T, Okamura N, Sakaeda T, Okumura K, Yagami T
    日本薬理学会主催第83回日本薬理学会年会 ポスター発表(一般)2010年3月(大阪、日本)
  • Identification of protein targets for 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 in neuronal plasma membranes
    Yagami T, Takase K, Yamamoto Y
    日本神経科学学会主催第32回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2009年9月(名古屋、日本)
  • Social isolation produces glucocorticoid-mediated disruption of cortical circuit formation
    Miyazaki T, Takase K, Tada H, Mitsushima D, Takahashi T
    日本神経科学学会主催第32回日本神経科学大会 口頭発表(一般)2009年9月(名古屋、日本)
  • Early maternal deprivation enhances anxiety and stereotypy, but reduces sociality in adult male rats
    Takase K, Yamamoto Y, Yagami T
    日本神経科学学会主催第32回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2009年9月(名古屋、日本)
  • 記憶の性差の生物学的基盤
    高瀬堅吉
    日本心理学会第73回大会 ワークショップ「男のこころ、女のこころ-その生物学的基盤を探る」口頭発表(一般)2009年8月(京都、日本)
  • 養育環境・生活環境によってつくられる高次脳機能の性差
    高瀬堅吉
    日本行動科学学会主催第25回ウィンターカンファレンス シンポジウム「神経科学と行動科学をつなぐ架け橋」口頭発表(招待)2009年3月(妙高、日本)
  • A possible involvement of 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 in amyloidosis
    Yagami T, Takase K
    日本神経科学学会主催第31回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2008年7日(東京、日本)
  • Serotonin facilitates AMPA receptor trafficking in the developing barrel cortex of rats with visual deprivation
    Jitsuki S, Takase K, Takahashi T
    日本神経科学学会主催第31回日本神経科学大会 口頭発表(一般)2008年7月(東京、日本)
  • Social isolation disrupts experience-driven synaptic delivery of AMPA receptors in developing rat barrel cortex via glucocorticoid
    Miyazaki T, Takase K, Mitsushima D, Takahashi T
    日本神経科学学会主催第31回日本神経科学大会 口頭発表(一般)2008年7月(東京、日本)
  • 視覚剥奪ラットのバレル皮質におけるAMPA受容体のシナプスへの移行促進
    Jitsuki S, Takase K, Takahashi T
    日本生理学会主催第85回大会 ポスター発表(一般)2008年3月(東京、日本)
  • 社会的隔離による発達期ラットのバレル皮質における経験依存的AMPA受容体のシナプス挿入の阻害
    Miyazaki T, Takase K, Mitsushima D, Jitsuki S, Takahashi T
    日本生理学会主催第85回大会 口頭発表(一般)2008年3月(東京、日本)
  • Sex difference in the 24-h acetylcholine release profile in the premotor/supplementary motor area of behaving rats
    Takase K, Mitsushima D, Kimura F
    Society for Behavioral Neuroendocrinology 11th Annual Meeting ポスター発表(一般)2007年6月(San Francisco, USA)
  • Sex difference in the basolateral amygdala: serotonin and dopamine release and their responses to restraint stress in rats
    Mitsushima D, Yamada K, Takase K, Funabashi T, Kimura F
    日本生理学会主催第84回大会 ポスター発表(一般)2007年3月(大阪、日本)
  • 海馬体内アセチルコリン分泌動態の生後発達変化と性差発現時期の解明
    高瀬堅吉、美津島大
    日本心理学会第69回大会 ポスター発表(一般)2006年11月(福岡、日本)
  • Fibroblast growth factor-2 induced apoptosis in immature rat cortical neurons
    Yagami T, Takase K, Takei K, Okamura N, Sakaeda T
    Society for Neuroscience Annual Meeting ポスター発表(一般)2006年10月(Atlanta, USA)
  • Corresponding sex hormones maintain sex specific profile of 24-h acetylcholine release in the hippocampus in behaving rats
    Mitsushima D, Takase K, Kimura F
    Society for Neuroscience Annual Meeting ポスター発表(一般)2006年10月(Atlanta, USA)
  • Sex difference in the profile of 24-h acetylcholine release in the medial prefrontal cortex in behaving rats
    Takase K, Mitsushima D, Kimura F
    Society for Neuroscience Annual Meeting ポスター発表(一般)2006年10月(Atlanta, USA)
  • ラット内側前頭前野における24時間のアセチルコリン(ACh)分泌動態と性差
    高瀬堅吉、美津島大、貴邑冨久子
    日本神経内分泌学会主催第33回学術集会 口頭発表(一般)2006年10月(横浜、日本)
  • Postnatal changes in the 24-h acetylcholine release profile in the dorsal hippocampus in male and female rats
    Takase K, Mitsushima D
    Society for Behavioral Neuroendocrinology 10th Annual Meeting ポスター発表(一般)2006年6月(Pittsburgh, USA)
  • Short-term effect of gonadal steroid hormones to maintain the acetylcholine release in the hippocampus of male and female rats
    Mitsushima D, Takase K, Kimura F
    日本生理学会主催第83回大会 ポスター発表(一般)2006年3月(群馬、日本)
  • Sex affects the 24-h acetylcholine release profile in the medial prefrontal cortex in rats
    Takase K, Mitsushima D
    日本生理学会主催第83回大会 ポスター発表(一般)2006年3月(群馬、日本)
  • Sex hormones maintain daily acetylcholine release in the hippocampus in male and female rats
    Mitsushima D, Takase K, Kimura F
    日本神経科学学会主催第28回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2005年7月(横浜、日本)
  • Feeding with powdered diet after maturation affects sex difference in the acetylcholine release in the hippocampus
    Takase K, Mitsushima D, Kimura F
    日本神経科学学会主催第28回日本神経科学大会 ポスター発表(一般)2005年7月(横浜、日本)
  • 前頭葉皮質におけるアセチルコリンの24時間分泌動態と性差
    高瀬堅吉、美津島大、貴邑冨久子
    日本神経内分泌学会主催第32回学術集会 口頭発表(一般)2005年7月(沖縄、日本)
  • Testosterone maintains daily acetylcholine release in the hippocampus in male rats
    Mitsushima D, Takase K, Kimura F
    日本神経科学学会主催第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 ポスター発表(一般)2004年9月(大阪、日本)
  • Soft diet feeding after weaning affects sex difference in the acetylcholine release in the hippocampus
    Takase K, Funabashi T, Mitsushima D, Mogi K, Kimura F
    日本神経科学学会主催第27回日本神経科学大会・第47回日本神経化学会大会合同大会 ポスター発表(一般)2004年9月(大阪、日本)
  • Sex difference in the spatial ability is absent in rats fed soft diet
    Takase K, Funabashi T, Mitsushima D, Mogi K, Kimura F
    日本生理学会主催第81回大会 ポスター発表(一般)2004年6月(札幌、日本)
  • ラット前頭前野内アセチルコリン分泌動態の性差
    高瀬堅吉、美津島大、貴邑冨久子
    日本神経内分泌学会主催第30回学術集会 口頭発表(一般)2003年9月(横浜、日本)

Page top

  • 共同研究者募集
  • 赤ちゃん研究員募集
  • 自治医科大学
  • 日本心理学諸学会連合
  • 公益社団法人日本心理学会
  • JOCDP臨床発達心理士