自治医科大学附属さいたま医療センター 看護部 先輩看護師からのメッセージ

当センターを選んだ理由

学生の時、整形外科病棟での実習で、手術から術後、退院を迎えるまでの過程に関わり、外科系の病棟に興味を持ちました。
実習に行った学生から看護師の丁寧な指導と病棟の雰囲気の良さを聞いたことや埼玉県内の病院を考えていたこと、さらに最先端の医療の中で知識と技術を身につけ、常に向上心をもって働ける病院だと感じ当センターを希望しました。

仕事内容、仕事の魅力ややりがい

手術や化学療法、検査などを行う患者様の観察や看護、精神面への関わりや退院に向けての準備など、多職種と連携を取りながら支援を行っています。
また教育担当者として、院内研修の実施や新人指導の調整、病棟では教育計画や指導案の作成や調整、実践指導者へのアドバイスなどをしています。
ベットサイドでの直接的な指導も行い、スタッフの知識や技術向上を図っています。
患者様がどうなりたいか、目標はどこにあるのかといった視点を持ち患者様の全体像を捉えて、スタッフ全員が共有して実践できるような関わりを意識しています。
患者様から「あなたでよかった。安心することができた」との言葉をもらえた時は、やりがいを感じます。

自治医科大学附属さいたま医療センター 看護部 先輩看護師からのメッセージ

仕事で心がけていること

患者様やご家族は、不安や辛さを抱えていることが多いと思います。
それらの状態や気持ちを思いやり、理解し、共感できることが大切だと思っています。
また、小さな訴えや変化も見逃さないように患者様の状態を敏感に察知する観察力が必要だと考えています。
そして「安心感」を与えられるよう、笑顔と丁寧な対応を心がけています。

当センターはこんな職場

  • 経験年数ごとの研修があり基本部分の教育がしっかりしています。中堅以上の研修もあり、必要なスキルが学べると思います。部署では、師長、主任、実践指導者の支援を含め、チーム全体で教育を行っています。
  • 最先端の医療知識や技術を習得でき、さらにさまざまな疾患を学ぶ機会があるため、多分野の経験ができます。
  • 不安や緊張は多いと思いますが、サポートナースに思いを話したり、困ったときは先輩たちに相談ができ一緒に考えて看護実践が行えます。
自治医科大学附属さいたま医療センター 看護部 先輩看護師からのメッセージ

学生の方へのメッセージ

看護師になろうと思ったきっかけはみなさんそれぞれあると思います。
きっかけが色々あっても、看護師になって実践していく中で、緊張したり、大変と感じたり、また嬉しいことなどを経験し、看護師になってよかったと感じられる時があると思います。色々なことを吸収し、こんな看護をしたいと思える看護観を見出すことにつながると思います。
私も日々勉強ですが、休みの日は切り替えて自分の時間を楽しんでいます。
一緒に働き、やりがいをみつけていきましょう。