管理・研究棟2階 看護部

看護部は管理・研究棟の2階です。 看護部長・看護副部長をはじめ、教育担当師長、情報管理担当師長、看護部事務がいます。更に、褥瘡管理担当の皮膚・排泄ケア認定看護師と、緩和ケア担当のがん性疼痛看護認定看護師、臨床心理士が配置となり、組織横断的にセンター全体のコンサルトや活動を実施しています。
看護部事務は、看護師募集関係(病院説明会・インターシップ等)や採用に伴う事務手続きや対応をしております。

臨床心理士

臨床心理士はつらいできごとに直面し心理的援助を求める患者さんやそのご家族のお話しを丁寧にうかがい、気持ちや考えの整理をすることやつらい治療を乗り切るお手伝いをします。病気そのものや治療、それに伴う副作用に対する不安を抱える患者さんはもちろん、ご家族も同じように不安になったり気分が落ち込むことがあります。精神科医とも連携してつらさを和らげる方法を検討し、これからどのようにしていきたいのかを一緒に考えていきます。
血液科では造血細胞移植を受ける方全員とお会いして入院中の治療をサポートしています。緩和ケアチームの一員としても活動しており、体の治療をおこなう医師、ケアをする看護師やさまざまな医療スタッフとともによりその方らしく過ごしていくことをサポートできたらと考えています。周産期母子医療センターでは、NICU内をラウンドして、赤ちゃんとお母さん、見守るお父さん、ごきょうだいなどのご家族全体を含めた心理的サポートを大切にしています。赤ちゃんの退院後も、フォローアップとして発達検査、心理検査を行っています。