南館 1階 救命救急センター

救命救急センターは、2016年4月に三次救急が始まりました。一次・二次・三次とすべての救急患者を24時間、365日を受け入れています。救急外来と病棟を担当し、検査部の看護師、多職種と連携を取りながら、チーム医療を行っています。ハイブリットER室では、初療室として心肺停止、多発外傷、心疾患、脳血管疾患患者の救命処置・検査・治療(手術・血管内治療など)を行っています。安全で質の高い看護を実践するために勉強会の実施や自己研鑽を積んでいます。また救命処置だけでなく、早期に患者さんが少しでも普段の日常生活に戻れるよう支援し、危機的状態にある患者さん・ご家族のこころのケアも大切に患者さんやご家族に寄り添った看護を提供しています。