看護部の教育

一人ひとりの看護職員が、専門職としての自覚と責任を持って、実践を通して成長しながらキャリア形成できることを目指します。 また、教育とは対象の可能性を最大限に引き出す働きかけであることを認識し、お互いに成長を支援できる存在となる組織づくりを目指しています。

看護部 教育方針

  • 自治医科大学附属さいたま医療センターの看護職員として必要な専門的知識・技術・態度を身につけ、個々の患者のニーズに適した看護を実践し、その質の向上やチーム医療を推進できる看護職員を育成する。
  • 一人ひとりの看護職員が自分の持てる力を発揮し、学習したことを実践に活かし、経験を積み重ね実践能力を向上させることができるよう支援する。
  • 対人関係において支持的関係を築くことにより他職種との連携や後輩・学生指導、働きやすい職場風土づくりに貢献できる看護職員を育成する。
  • 医療や社会福祉に関する政策・社会の動きに関心を持ち、物事を多角的にとらえる視点を持つことができるよう支援する。