新人看護職員教育

「チーム全員で新人看護職員を育てること」を基本として、サポートナースは学習や生活面を含めた相談役として活動しています。他に看護実践指導者という主に看護技術や業務を中心として全体的な教育の進行をサポートする指導者がいます。

入職後(4月)には、看護技術のオリエンテーションを実施しています。
実際の業務で使用する物品を用いて看護実践指導者が説明をしながら一緒にトレーニングします。このオリエンテーションは、お互いに名前を覚えてコミュニケーションを深め、同期としての仲間づくりの場にもなっています。

新人看護職員サポート体制

新人看護職員の看護技術や業務の習得、学習の支援を行う『看護実践指導者』を各部署に1~2名配置しています。4~6月は、新人看護職員と一緒に日勤で勤務し指導を行っ ています。また、新人看護職員1人に対し1人のサポートナースがいます。新人看護職員が話しやすいよう3年目前後の先輩が学習方法やメンタル面でのサポートをします。

自治医科大学付属さいたま医療センター 看護部 新人看護職員研修

新人看護職員研修

1年間の新人看護職員教育は、段階的に行われるよう全体で定めた計画に沿って各部署でさらに詳細な計画を立案し、指導を進めています。経験学習の考え方をもとに、振り返りの機会を大切にして、新人看護職員一人ひとりのペースにあわせて支援しています。

新人看護職員オリエンテーション

ポジショニング、スキンケアのオリエンテーション研修。
実際にメンバー業務として行っている清拭や体位を整える技術・知識を体験しながら確認し、看護実践と結び付けていきます。