専門・認定看護師の活動内容

当センターには、様々な分野の専門・認定看護師が在職し、患者様へより良い看護を提供できるよう、組織全体の質の向上にむけた取り組みをおこなっています。

専門看護師

急性・重症患者看護専門看護師:1名

専門看護師は、複雑で解決困難な看護問題を持つ、患者さんとそのご家族に対して、質の高い看護と最善の医療を提供するために、実践・相談・調整・倫理調整・教育・研究の6つの役割を用いた支援を担っています。
突然の事故や病気の発症によって来院されたり、手術療法を受けたり、命の瀬戸際にいる患者さんとそのご家族は、心身共に不安定で強い苦痛を抱えておられると思います。その人らしく最善の生き方を選択できるように寄り添い、少しでも早く危機的な状況を乗り越えられるよう、支援させていただくのが専門看護師の役割です。そのために、多くのスタッフや様々な医療チームと連携・協働したり、看護師の教育に関わることで、少しでも良い看護を提供できるように取り組んでおります。私が所属する救急部では、看護師・医師・薬剤師・地域の救急救命士らと共に、倫理的な側面から日々の実践を振り返る機会も大切にしています。いつも患者さんとご家族の希望をつなぎ、チーム医療の中での心の拠り所でありたいと思っています。

認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師:2名

急性期病院の治療では、患者さんが抱える皮膚の問題(褥瘡や創傷、ドレーン管理、失禁や薬剤性による皮膚障害など)が生じやすく、より的確なアセスメントと重点的なケアが求められます。私達、皮膚・排泄ケア認定看護師は、皮膚障害を発生させない事を目標に、現場での指導や患者さんやそのご家族へのセルフケア指導を実施しています。
褥瘡チームラウンドでは多角的な視点でチーム医療が行われるよう、医師、理学療法士、栄養士、薬剤師など、お互いの専門性を高め合える仲間と共に活動しています。更に、排泄の障害を克服し元の生活に復帰できるよう、ストーマケアや自己導尿の指導など病棟や外来の看護師と連携して支援しています。退院後の生活も視野にいれ、訪問看護師やケアマネージャーと共に生活をサポートできるよう退院支援や退院後の連携に力をいれています。

集中ケア認定看護師:3名

集中治療部(ICU・CCU)内では生命の危機的状態にある患者様の生命を守るとともに、患者さんおよびご家族に対し状況に応じた最高のケアを提供すること、そしてこの急性期の時期から、退院後を見据えたケアを提供することを目標にしています。
そして、どんな状況にあっても、安全を守りながら、患者さんやご家族にとって非日常の光景の中に、日常を垣間見られるようなケアに取り組んでいます。集中治療部に限らず院内全体では救急看護認定看護師や病棟リンクナースと協働し、RST(呼吸ケアチーム)やRRS導入などに携わっています。

感染管理認定看護師:2名

感染管理認定看護師は病院全体の感染管理を行っています。例えば、MRSA等の検出状況を確認し、院内感染の可能性が疑われた場合は直ちに現場に出向き、感染対策の破綻がないか確認し拡大の防止に努めます。また、そのようなことが起こらないように職員への感染防止対策に対する教育と職員が感染防止策を実施できる環境を整えることも重要な活動です。
直接患者さんと関わりのある現場のスタッフに直接指導を行う等、「現場」と協働することで感染防止策の効果を上げることができます。 重要な手指衛生に関してはリンクナースと共に活動し、遵守率の向上に努め効果を発揮しています。

がん化学療法看護認定看護師:3名

がん化学療法は、副作用を伴う治療であり、治療期間は長期にわたります。患者さんやご家族が、病状や治療・副作用などを理解し、安心して治療を受けられるように治療選択の意思決定支援や副作用のセルフケア支援を行っています。
院内の活動としては、がん化学療法を実践している病棟にリンクナースを配置し、抗がん剤の安全な取り扱いが周知徹底できるよう共に取り組んでいます。また、患者さんへのケアを充実させるため、新入職者研修や病棟のニーズに応じた勉強会の開催に力を入れています。

がん性疼痛看護認定看護師:1名

がん性疼痛は「トータルペイン」と言われるように、身体の痛みだけでなく病気への不安、仕事や家庭のことなど様々な問題が生じ、それらが重なり合い「痛み」として現れます。私の役割は、がんによって生じた患者さんの痛みを緩和し、その人らしく生活できるようにサポートすることです。
現在、私は専従看護師として、一般病棟でのコンサルテーション活動を中心とした看護業務に従事しています。具体的には、患者さんの痛みを評価し最も効果的な疼痛緩和対策を検討し、実践、アドバイスなどを行います。緩和ケアチームにも所属しており、週1回の病棟回診や院内勉強会の企画・運営なども行っています。

糖尿病看護認定看護師:1名

糖尿病は慢性疾患であり、一生付き合っていかなければならない病気です。しかし、糖尿病は自覚症状がない場合も多く、療養行動と結びつかないこともあります。また、患者さん1人ひとり社会的背景や置かれている環境が異なります。そのため、糖尿病とともに生きながら生活を営む「生活者」であることを理解したうえで、その人らしいよりよい人生を送れるよう支援していくことが必要です。
そのため、私は所属部署のスタッフと共に、糖尿病教育入院の患者さんを中心としたセルフケア支援を行っています。画一的な看護・指導でなく、患者さん毎に、その時々に応じた適切な支援が行えるよう相談も行います。療養行動をうまく生活に取り入れられるよう、患者さんの思いに寄り添うことも大切です。 当院では、1型糖尿病患者さんに対する患者会を設立しており、定期的な勉強会や懇親会などの企画・運営を患者さん・医療スタッフと共に行っています。今年度は、埼玉県糖尿病協会が主催するウォークラリーの参加を予定しています。

慢性心不全看護認定看護師:1名

慢性心不全は増悪を繰り返さないよう患者さん自身による疾病管理が重要です。疾患を抱えながらも患者さんが安心してその人らしい療養生活を送ることができるよう、生活調整及びセルフケア支援を行います。
私は循環器病棟に所属し、心不全患者さんへの看護をスタッフと共に悩み考え、質の高い看護の提供に努めています。また、月に1回心不全カンファレンスに参加し、医師・理学療法士、作業療法士、薬剤師、栄養士、臨床心理士など他職種と協働して患者さんへのケア充実のため取り組んでいます。

透析看護認定看護師:1名

血液透析を受ける患者さん及びご家族の日常生活の相談や、安全・安楽で効率の良い血液透析が受けられるように支援しています。透析室においては透析室スタッフへの勉強会の企画、指導、相談に関わっています。
慢性腎臓病保存期外来ではこれから透析を導入される患者さんに、血液透析、腹膜透析どちらの療法が患者さんにとってよりよい治療になるのか、透析療法や日常生活の変更点などの情報を提供し、その人らしい生活が送れるよう患者さんとその家族と共に考えていきたいと思います。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:2名

脳卒中は、突然発症し意識障害や運動機能障害を伴うことも多く、その後の生活に大きく影響する病気です。脳卒中リハビリテーション看護認定看護師は急性期での重篤化回避のための観察や予防を行うとともに、患者さんの病態に応じた早期リハビリテーションを実施し廃用症候群の予防に努めています。
また脳卒中により生じた機能障害が日常生活に及ぼす影響を予測し、生活再構築のためのケアを行うことで、その人らしい自立を支援することが重要であると考えます。脳卒中を発症した患者及び家族の気持ちに寄り添い適切な情報を提供することで、退院後の生活をサポートできるよう心掛けています。
そして、スタッフへの指導や多職種との協働カンファレンスを行い、病棟における看護の質の向上のために活動しています。

新生児集中ケア認定看護師:1名

NICU・GCUでは、小さく産まれた赤ちゃんや、疾患のある赤ちゃんの成長発達段階に合わせながら、高度な集中ケアを提供するとともに、危機的状況にあるご家族への支援を行い、退院後も赤ちゃんとご家族が一緒に幸せな生活が送れるよう、個別的なケアの提供をすることを目標にしています。そして、赤ちゃん一人ひとりを尊重し、細かな表情や動作などからニーズを読み取りケアに繋げられるように取り組んでいます。
NICU・GCUでは、小さく産まれた赤ちゃんや、疾患のある赤ちゃんの成長発達段階に合わせながら、高度な集中ケアを提供するとともに、危機的状況にあるご家族への支援を行い、退院後も赤ちゃんとご家族が一緒に幸せな生活が送れるよう、個別的なケアの提供をすることを目標にしています。そして、赤ちゃん一人ひとりを尊重し、細かな表情や動作などからニーズを読み取りケアに繋げられるように取り組んでいます。