患者様へ医療関係者様へ

自治医科大学地域医療学センター総合診療部門

スタッフ紹介


教授 Professor

教育・研修

松村 正巳科長

【経歴】

昭和61年自治医科大学卒業。卒業後、石川県内の診療に従事した。

平成21年金沢大学医学教育研究センター准教授、平成25年から地域医療学センター総合診療部門教授。

【専門】

内科学、腎臓病学、膠原病学、診断学、医学教育

【認定医・専門医】

日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医・指導医

日本腎臓学会専門医、日本透析医会専門医、リウマチ専門医

学内教授 Professor

石川先生

石川 鎮清

【経歴】

平成元年自治医科大学卒業。卒業後、福岡県内で診療に従事した。

平成20年自治医科大学地域医療学准教授

平成25年自治医科大学医学教育センター教授

総合診療内科での診療を継続している。

【専門】

綜合診療、地域医療、臨床疫学、医学教育

【認定医・専門医】

日本プライマリ・ケア学会認定医・認定指導医、

日本高血圧学会指導医、日本医師会認定産業医

准教授 Associate Professor

教育・研修

畠山 修司副科長

【認定医・専門医】

日本内科学会(認定医,総合内科専門医,指導医)

日本感染症学会(専門医,指導医,評議員)

日本呼吸器学会(専門医)

日本エイズ学会(専門医,指導医,日本エイズ学会誌編集委員)

インフェクションコントロールドクター(ICD)

【ひとこと】

2015年5月に、総合診療内科に赴任しました。専門性に偏ることなく、全身を総合的に診ることを心がけています。感染症内科をサブスペシャルティーとしています。実のところ、総合内科診療と感染症診療は切り離しがたい存在であり、双方が相乗的に高め合うような臨床マネージメントや医学教育を提供できるよう、尽力したいと思います。

自治医科大学附属病院では、感染症科を兼任します。また、附属さいたま医療センターにおける感染症外来診療(主としてHIV感染症)も担当します。

学生や研修医などの教育では、総合診療や感染症診療を通じて、プロフェショナリズムの涵養に重きを置きたいと考えています。

研究は、インフルエンザ(特に薬剤耐性インフルエンザウイルス)を主たるテーマとしています。その他、HIV感染症、免疫不全、薬剤耐性微生物、抗微生物薬などの研究も、他施設と協力しながら行っています。また、アカデミックな環境を基盤としたクリニカル・リサーチも積極的に推進したいと思います。

講師 Assistant Professor

教育・研修

石川 由紀子

【資格】

日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医

日本プライマリ・ケア学会 プライマリ・ケア認定医・指導医

【ひとこと】

地域医療での経験を生かし、総合医の役割を考えながら診療や研究、教育をしてまいりたいと思います。3児の母である経験を生かして、女子学生・卒業生および院内女性職員との関わりを大事にしており、学内のワークショップ開催を担当しています。大学の医師・研究者キャリア支援センターのコーディネーターとしては、男女共に働きやすい職場環境の推進に関わっています。
【女性医師支援活動について】
ライフステージに応じて、女性医師が働きやすい環境を整えています。当科には育児短時間勤務制度(週20時間)を利用して、キャリアを継続している女性医師もいます。ぜひお気軽にご相談ください。
→自治医科大学医師・研究者キャリア支援センター リンク

助教 Research Associate

山本先生

山本 祐

【資格】
日本内科学会 総合内科専門医・認定内科医
日本消化器病学会 消化器病専門医
日本プライマリ・ケア学会 プライマリ・ケア認定医・指導医
日本医師会 認定産業医

【ひとこと】
患者さんの持つ疾患を紐解いていく「ミクロの視点」と、患者さんその人自身を見ると同時に家族・地域・社会全体にも目を向けていく「マクロの視点」を持ち、多くの人との繋がりを大切にしながら活動できる医療者を目指して診療に携わっています。様々な物事への興味と情熱、そして笑顔を忘れずに、足元を見つつも常に前進し続けていきたいと思っています。

教育・研修

隈部 綾子

【ひとこと】

日々学ぶことが多い毎日です。様々な知識・経験を持った先生に教わりながら、後輩から刺激を受けながら診療しています。興味がある方は一度見学にいらして下さい。

臨床助教 Senior Resident

教育・研修

鈴木 忠広

【ひとこと】

鈴木先生

鈴木 紘史

【ひとこと】

シニアレジデントの鈴木紘史です。私が後期研修病院として自治医大の総合診療内科を選んだのは、難解かつ非常に興味深い症例が多く、そういった患者さんを、優秀な指導医の先生方と共に診療していくことができると、短期研修の際に感じたからです。また、大学病院ならではの、学会で発表したり論文を書いたりといった機会も、早いうちから豊富にあります。さらに、希望すれば院内の他科や他病院を研修することもできるというのも、魅力の一つだと思います。ぜひ私たちと一緒に働きたいという方を、お待ちしています。

199

相良 由佳

【ひとこと】

2016年7月より総合診療内科に所属いたしました。
経験・知識豊富な先生方と一緒に診療をさせていただき、日々学ぶことが多く、刺激のある毎日を過ごさせていただいております。
まだまだ未熟者ではありますが、そんな自分を暖かく見守り、ご指導していただける環境でとても働きやすい雰囲気です。ご興味のある方は、ぜひ一度見学にいらしてください。

神田先生

神田 直樹

【ひとこと】

2016年4月から勤務しています。昨年度は感染症内科で過ごしましたが、感染症診療では、特定の臓器に限らず全身・全臓器を診る必要があり、また感染症を診るためには感染症でない疾患も診る力が必要と感じ、総合診療内科での後期研修を選択しました。自治医大総合診療内科では、肺炎や電解質異常といったcommon diseaseから、近医で精査されたけれども原因がわからない比較的稀な疾患まで、幅広い患者層を経験することができます。指導医の先生方からのfeedbackも厚く、非常に働きやすい雰囲気です。興味のある方は見学お待ちしております。

横田先生2017

横田 佳子

【ひとこと】

2016年9月より総合診療内科で外来診療に携わらせていただいています。
5年ぶりの臨床復帰ということもあり、周囲の先生方やスタッフの方々のご理解、助けをいただきながら、じっくりと仕事をさせていただいています。
診療では、患者さんの訴えに耳を傾けながら、丁寧な診療、適切な診療を心掛けております。
どうぞよろしくお願いいたします。

橋本先生

橋本 英樹

【資格】

日本内科学会 認定医

【ひとこと】

2016年4月より大学院生(特別研究学生)として所属し、様々な先生方からご指導と刺激をいただきながら、疫学研究を主に行っています。感染症内科をサブスペシャルティーとしています。

鹿野先生

鹿野 耕太非常勤医員

【資格】

プライマリ・ケア連合学会家庭医療専門医・鹿野クリニック副院長

【経歴】

北海道大学医学部卒

静岡家庭医養成プログラム終了

【ひとこと】

来る前より元気、をお手伝いします。

神谷 尚子

【ひとこと】

山下 晋平

【ひとこと】

石渡 彰

【ひとこと】

平山 果歩

【ひとこと】

佐藤 友佳子

【ひとこと】

高橋先生

高橋 毅

【ひとこと】

スタッフ紹介

松村 正巳 総合診療内科科長 地域医療学センター総合診療部門 教授
苅尾 七臣 総合診療内科副科長 内科学講座循環器内科部門 主任教授
森澤 雄司 総合診療内科副科長 臨床感染症センター 准教授
畠山 修司 総合診療内科副科長 地域医療学センター総合診療部門 准教授
小谷 和彦 地域医療学センター地域医療学部門 教授
奥田 浩 総合教育部門 数学 教授
石川 鎮清 医学教育センター 教授
亀崎 豊実 地域医療学センター地域医療支援部門 教授
三瀬 順一 地域連携型医学教育・研修部門 准教授
早瀬 行治 総合診療内科 准教授
松山 泰 医学教育センター 講師
石川 由紀子 地域医療学センター総合診療部門 講師
竹島 太郎 地域医療学センター地域医療学部門 講師
中村 剛史 地域医療学センター人材育成部門 講師
小松 憲一 地域連携型医学教育・研修部門 助教
山本 祐 地域医療学センター総合診療部門 助教
隈部 綾子 地域医療学センター総合診療部門 助教