トップ > 医学部 > 心臓血管外科部門 > 教室のあゆみ

自治医科大学医学部薬理学講座 分子薬理学部門

教室のあゆみ

1974年4月〜1993年3月 胸部外科 主任教授 長谷川 嗣夫

胸部外科学初代主任教授として、心臓血管外科・呼吸器外科疾患を指導した。上大静脈症候群に対する人工血管置換術の第一人者である。自治医科大学名誉教授。

1993年4月〜2000年5月 胸部外科 主任教授 布施 勝生

胸部外科学2代目主任教授として、主に心臓血管外科を指導した。専門は虚血性心疾患に対する外科治療で、この方面の第一人者。他に、無輸血手術に関する業績も多い。2006年3月まで附属病院長。自治医科大学名誉教授。

2000年6月〜2001年9月 胸部外科 主任教授 蘇原 泰則

胸部外科学3代目主任教授として、主に呼吸器外科を指導した。専門は胸部悪性腫瘍(進行肺癌,浸潤性胸膜中皮腫、悪性縦隔腫瘍など)の拡大根治術。自治医科大学客員教授。

2001年10月〜2004年3月 心臓血管外科 主任教授 布施 勝生

外科系講座の再編により、胸部外科学講座は消化器外科学講座などと統合され各専門部門を統合し外科学講座となった。これに伴い、胸部外科学講座は心臓 血管外科学部門と呼吸器外科学部門と分科された。2001年10月から2004年3月までを布施病院長が心臓血管外科学部門の主任教授を併任した。

2004年4月〜 心臓血管外科 主任教授 三澤 吉雄

心臓血管外科部門2代目主任教授。専門は心臓弁膜症、不整脈に対する外科治療、教室運営の詳細は「教育方針と体制」へ。