トップ > 医学部 > 泌尿器科学部門 > 診療内容

自治医科大学 医学部 泌尿器科

診療内容

当泌尿器科では、腎細胞癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍などの悪性腫瘍を中心に診療しております。QOLを考慮し内視鏡補助下小切開手術などの低侵襲手術を心がけるとともに、新規抗癌剤や分子標的薬による薬物療法、免疫化学療法、ホルモン療法などによる治療も積極的に行っています。その他に、前立腺肥大症、過活動膀胱、尿失禁、EDなど様々なQOL疾患にも新規薬剤を導入し積極的に治療を行っています。私どもは、エビデンスに基づく標準的医療を提供するとともに、最先端の医療も提供できるよう努力しております。


泌尿器科で診療する疾患

泌尿器科では、副腎などの内分泌臓器の疾患、腎、尿管、膀胱、尿道などの尿路の疾患、精巣、前立腺、陰茎などの生殖器の疾患を診療しています。具体的な対象疾患は、副腎腫瘍、腎細胞癌、腎盂・尿管癌、膀胱癌、尿道癌、前立腺癌、精巣(睾丸)癌、前立腺肥大症、神経因性膀胱、過活動膀胱、尿失禁、尿路・性器感染症、尿路結石症、不妊症、性機能障害(ED)、先天性尿路・性器奇形、後腹膜疾患などです。