自治医科大学-消化器内科学部門/栃木県の大学病院 医師の募集

自治医科大学内科学講座 消化器内科学部門 自治医大TOP | Login
下部消化管グループ
CATEGORIES
HOME
教授挨拶
上部消化管グループ
下部消化管グループ
肝臓グループ
胆道・膵臓グループ
消化器病研究チーム
スタッフ紹介
業績
地域医療と消化器病研究会
同門会
関連施設一覧
医学生実習のご案内
後期研修医・医局員募集
ギャラリー
内視鏡検査室

 山本博徳教授をグループリーダーとして、主に大腸・小腸領域の疾患治療を担当しています。

特徴としましては、ヒアルロン酸を用いた内視鏡的粘膜下層切開剥離術(ESD)による大腸・直腸早期癌の内視鏡治療や、当科とフジフイルム社によって開発されたダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いて、小腸疾患の診断治療を積極的に行っております。

また潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の専門治療を行っております。特にESDとDBEにおいては世界トップレベルの診療実績を有しており、それら手技の普及のため、山本を中心として日本各地・世界各国で講演や実技指導を行っております。

また国内はもとより、多くの外国人留学生が日常的に研修に来ております。研究分野では、より安全なESDの治療具開発(フジフイルム社と共同)や、小腸疾患解明を目的とした基礎的研究、ダブルバルーン内視鏡を用いた新しい治療手技の研究を行っております。



直腸早期癌に対するESD


1. 直腸に認められたφ7cmの病変(左:通常観察、右:色素内視鏡観察)
直腸早期癌に対するESD-1 直腸早期癌に対するESD-2
2. 当科が開発した先端細径透明フード(STフード)とヒアルロン酸局注液を使用して、内視鏡下に電気メスで病変を剥離していきます。
直腸早期癌に対するESD-3
3. 病変を取り去った後の直腸と切除標本。病変部の大きさはφ8cmでした。
直腸早期癌に対するESD-4 直腸早期癌に対するESD-5



ダブルバルーン内視鏡による小腸の内視鏡治療


1. 当科とフジノン社によって開発されたダブルバルーン内視鏡とその挿入原理。
ダブルバルーン内視鏡による小腸の内視鏡治療-1  ダブルバルーン内視鏡による小腸の内視鏡治療-2  ダブルバルーン内視鏡による小腸の内視鏡治療-3

2. 小腸狭窄に対する内視鏡下バルーン拡張術。クローン病などに合併しうる小腸狭窄に対して、開腹手術ではなく積極的に内視鏡治療を行っております。

A.クローン病の小腸狭窄に対するバルーン拡張術
ダブルバルーン内視鏡による小腸の内視鏡治療-4

B.小腸の狭窄部位に引っかかってしまったカプセル内視鏡を、ダブルバルーン内視鏡下に回収ネットで除去。
ダブルバルーン内視鏡による小腸の内視鏡治療-5



カプセル内視鏡による小腸検査


小腸出血が疑われる患者さまに対して、カプセル内視鏡による小腸内視鏡検査を行っております。
 



実績 (平成21年)


診療実績
大腸内視鏡検査 2,614件
大腸内視鏡下の治療 ポリペクトミー 632件
粘膜切除、粘膜切開剥離術 75件
ダブルバルーン小腸内視鏡 361件
小腸内視鏡下の処置・治療 158件

治療実績
ESDの成績 (75病変)
腫瘍サイズ平均 φ32.2mm
一括切除率 93.3%
出血率 1.3%
穿孔率 0%



▲Page Top
 〒329-0498
 栃木県下野市薬師寺3311-1
 TEL 0285-58-7348
 FAX 0285-44-8297

copyright(c) Jichi Medical University Department of Medicine Division of Gastroenterology