ご挨拶

ご挨拶

谷口教授からのご挨拶

山田教授からのご挨拶

谷口教授からのご挨拶

 臨床検査医学教室は10名前後の先生方で構成されており、病院での仕事は検体検査を主とする検査専門医の仕事と超音波検査を主とする生理機能検査の仕事のグループに分かれて活動しています。

 教室の歴史をみると、初代の河合忠教授が日本臨床検査医学会の、二代目の伊東紘一教授が日本超音波医学会の、それぞれの骨組みを作られた先生方で、現在の教室の体制はそれを受けて、2名の教授体制で検体検査部門、超音波検査部門を率いて活動しています。

 さて、当臨床検査医学のキーワードは「統合」です。医学はその専門性を突き詰めることにより細分化されることはご存じの通りです。検査でもいわゆる領域ごとに細分化し、骨髄像を含めた血液検査、凝固、輸血に加え、細菌検査、輸血、脂質、化学などが細領域として挙げられます。他の施設ではこの細領域のみを専門とする検査専門医は多いのですが、残念ながら検体の全領域を通じて活動のできる検査専門医が多いとは言えません。その理由としては、もともと内科などで1つの検査を専門とされていた方が、後に検査領域に移動されることが多いためと考えられます。当科の特徴は、検体全領域に通じている専門医の育成に努めていることで、加えて生理機能の検査専門医がこれを支えています。

  当科の得意としているものに超音波検査があります。現在私と他の3名の先生方で超音波検査全体を見させていただいており、超音波検査室の運営と研修医の育成に努めています。当院の超音波検査室では、医師と臨床検査技師の協力の下、腹部、心臓、乳腺、甲状腺、血管など全領域を対象として年間2万件もの検査が行われています。日本超音波医学会の専門医の受験者を見ると、腹部、心臓、乳腺など臓器・領域ごとに受験されることが多いのですが、本教室で研修を受けられた方には全領域を網羅して勉強いただいた上で、総合での受験を推薦しております。最近では病院の検査室で、オールラウンドに超音波検査ができる医師の需要が増えています。

 講座で行っている研究は、検体を用いた研究、超音波を用いた計測に力をいれ、学位取得の指導も行っています。また、病院は検査専門医と超音波専門医の認定研修施設となっていますので、両方の資格取得のための研修が可能で、これまで内科など他の科をされてきた先生、これからこの領域の専門医となりたい方など、ご気軽にご相談ください。現在、教室内の複数の先生がこれらの資格を目指して勉強しておられます。

  今後も、検査の部門で「統合」をキーワードに、検査を目指す先生が偏りなく勉強できるような態勢を整えて行きたいと思っています。

山田教授からのご挨拶

臨床検査は言うまでもなく医療には欠かせないもので、その重要性は高くなる一方です。それを実施し、研究し、教育するのが私たちの分野です。ところで臨床検査というと、多くの臨床医にとっては、あまりに身近過ぎ、また話題によっては疎遠に感じているのではないでしょうか。例えば、多くの内科医は血算や一般的な生化学検査などは日常的に精通しており、臨床的評価においてはなにも検査専門医の出番ではないと思っているでしょう。それはその通りです。しかし例えばアルカリホスファターゼという酵素が血液中で活性が高くなるのはどういうメカニズムが背景にあるのか?どのようなサンプルで測定値に影響がでるのか?なんにも異常がないのに高い症例に遭遇したらどう考えたらいいのか?など少し突っ込んだ話題となると詳しく説明できる人はそうはいないでしょう。私たちは臨床検査も勿論サイエンスであると信じています。その項目はどのような物性であるか、どのように測定するのか、どのような機序で検査値が変動するのか、などなど知識として持ち、明確でない場合は自ら研究し、それを啓発する、それが私たちの仕事です。以上のことは臨床検査医学を説明するためのほんの一例であり、実際は間口が広く、やりようによっては自身の実力を存分に発揮できる分野です。少しでも興味を持たれた方、いつでもwelcomeです。

ページトップに戻る