ご挨拶

研究の紹介

 臨床検査医学に関わる多方面の研究を行っています。検体検査部門では、生化学検査、特に炎症と脂質・リポ蛋白に関する研究を行っています。炎症(血清アミロイドA)や酸化ストレス、リポ蛋白の変性(酸化LDL)などの検査の開発ならびに膠原病、動脈硬化性疾患、代謝性疾患(糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドローム)に対する臨床応用について研究を進めています。

 生理機能検査部門では、超音波検査を主体にした研究を行っています。超音波の検査では、組織音響特性に関する研究、乳腺腫瘍の三次元表示、画像の表示法に関する研究、ドプラ法による血流量計測、超音波の生体作用、超音波を用いた血管弾性計測について研究をすすめています。

 検体検査マーカーと生理機能検査マーカーとの橋渡し研究も行っています。最近の学術振興会科学研究費補助金のテーマとしては、紺野 「せん断波伝搬の実時間映像化による高精度の組織弾性評価とその展開」、鯉渕 「超音波エネルギーを用いたカテーテル関連バイオフィルム血流感染症の新規予防法の開発」、岩津 「慢性腎臓病における血中Calciprotein particle測定の臨床的意義」、澤幡 「肺がん免疫療法における新規効果予測検査の開発研究」 です。

  厚生労働省科学研究費補助金としては、山田:難治性疾患克服研究事業「アミロイドーシスに関する調査研究」で分担研究を行っています。

ページトップに戻る