血管内超音波検査

最近、超音波の探触子(血管造影に用いられるカテーテルに似た形をしている)を血管内に挿入し、血管の内部のようすおよび血管壁の厚さ内部の石灰化などを描出するような検査が行われ始めている。
これは、血管造影では内腔の狭窄、閉塞については判断できるが、壁や血栓の厚さなどについてはわからないために、特に冠動脈の狭窄性病変でこれらを知る目的で、威力を発揮している。たとえば、最近行われるようになったPTCAでは、拡張させた後に検査してみると血管壁の解離が起こりやすいことがこの検査でよくわかるようになった。

前のページにもどる