多重反射(エコー)


多重反射(エコー)は、2つの境界面の間を、超音波が何回も反射することで発生するものです。所見としてよく知られているのは、胆嚢ポリープ、胆嚢の腺筋症(adenomyomatosis)、腎結石、胆石の純コレステロール石などに伴うコメットサインと呼ばれるもので、強い反射面で何度も行き来した超音波が、そのたびに探触子に返ってくるために、反射体から尾を引くようにみえます(トレーニングの中に胆嚢のコメットサインがのっています)。
  

アーチファクトのページにもどる