医局員募集

シニアレジデントの1日

シニアレジデントの1日は主に病棟でジュニアレジデントと共に主治医として診療を行うことから始まります。一人の主治医の受け持ち患者数は7~8人です。1週間に救急患者を含めて約3名の新入院があります。年間80~100例の腎生検を施行おり、隔週ごとに、病理専門医を交えて、診断と治療法についての検討を行っています。

また、他科からのコンサルテーション、透析療法、アフェレーシス、腎移植などの症例、を通して、一般内科的な基礎知識のもとに、腎臓病学を専門的に学ぶ機会が得られます。シニアレジデント期間中、一年間の、当科の関連病院での勤務があります。

更に、ジュニアレジデント、学生の指導も行うとともに、臨床や基礎医学をテーマとするランチョンセミナーや、ベーシックジャーナルクラブに参加、発表する機会も得られます。 シニアレジデントの1週間の仕事内容は、以下のようになっています。

緊急入院となった患者さん、及び予定入院患者さんの診療
(P.M.)他科からコンサルテーションの診療を受ける
研究・勉強
(A.M.)MC、教授回診 (P.M.)レジデントカンファレンス(MC)
(P.M.)ランチョンセミナー、腎生検カンファランス、医局会など
(A.M.)MC、腎生検
(P.M.)ジュニアレジデント向けのエッセンスレクチャー
研究・勉強
(A.M.)MC、腎生検、予定入院患者さんの診療 (P.M.)レジデントカンファレンス(MC)
(P.M.)腎移植カンファランス、病棟医長回診
(A.M.)MC
ベーシックジャーナルクラブ(基礎医学の勉強)、外来診療
(P.M.)外来診療
(A.M.)病棟
(P.M.)研究・勉強