医局のご紹介

HOME > 医局のご紹介

医局のご紹介

自治医科大学産科婦人科学講座は、昭和49年の附属病院開院に伴って開講されました。附属病院長には松本清一教授(現名誉教授)が就任され、初代教授の玉田太朗教授(現名誉教授)のもと、助教授1、講師2、助手1名のスタッフと3名のレジデントでスタートしました。その後、第二代教授に佐藤郁夫教授(現名誉教授)が就任されました。平成11年には、埼玉県に大宮医療センター(現さいたま医療センター) が開設され鈴木光明教授のもと、婦人科診療がスタートしました。平成14年からは大講座となり、第三代鈴木光明主任教授、松原茂樹教授による体制となりました。そして平成27年からは松原茂樹第四代主任教授、藤 原寛行教授による体制がスタートしました。自治医大卒業生は卒業後出身都道府県で義務年限に入るため、直接入局することはできませんが、国内のあらゆる大学から入局者を迎え、現在までに講座在籍者は170名を超えています。産科、婦人科腫瘍、生殖内分泌の産婦人科の3本柱が偏ることなく整備され、それぞれの分野で教授・准教授が配置されているため、診療・研究・教育の全ての分野で多くの医局員が活躍しています。