入局を考える方へ

HOME > 入局を考える方へ > 後期(産婦人科専攻医)研修

後期(産婦人科専攻医)研修

2019年度 自治医科大学産婦人科研修プログラムを公開します。

注:尚、『専門研修プログラム』は、日本産科婦人科学会の一次審査を通過したものであり、日本専門医機構の二次審査を踏まえて修正・変更があることをご了承ください。

基幹施設が自治医科大学附属病院であり、主な連携施設が国際医療福祉大学病院、佐野厚生総合病院、芳賀赤十字病院、那須赤十字病院、足利赤十字病院であり、栃木県内の研修で産婦人科専攻医を取得する事が可能なプログラムです。 特徴は以下です。

1)豊富な症例数:

プログラム全体の年間の症例数が豊富です(資料3)。
例)自治医大(年間):分娩1000件、帝王切開500件(前置胎盤30件)、開腹手術400件(悪性腫瘍200件)、体外受精800件と臨床症例が多数かつ多彩なため、臨床スキルの修得が速く、臨床応用力を身につける事ができます。

2)充実の指導体制:

プログラム全体で30人以上の指導医(自治医大には15名が在籍)が専攻医の指導を行います。

3)サブスペシャリティの取得も可能:

基幹施設である自治医大には、主要3分野 (周産期・婦人科腫瘍・生殖内分泌不妊)、それぞれの専門医(周産期専門医8名、がん治療認定医8名、婦人科腫瘍専門医4名、生殖医療専門医2名など)がそろっているため、産婦人科専門医取得後のサブスペシャリティ取得のサポート体制も充実しています。

専攻医の採用

現在調整中ではありますが、以下の日程を予定しておりますが、詳細につきまして個別に対応致しますので、産婦人科まで電話:0285-58-7376(医局直通)又はメール kr23@jichi.ac.jpで希望の旨をお伝えください。
(予定)
一次募集期間:平成31年10月22日から11月21日まで
二次募集期間:平成31年12月22日から01月21日まで

募集人数

募集定員は12名

採用状況

2017年度プログラム専攻医6名
2018年度プログラム専攻医5名

医局見学

見学は、随時可能ですので、産婦人科まで電話:0285-58-7376(医局直通)又はメール kr23@jichi.ac.jpで希望の旨をお伝えください。

関連情報