自治医科大学ロゴ
自治医科大学整形外科
 Department of Orthopaedic Surgery,
 Jichi Medical University



〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL 0285-44-2111(代表)
FAX 0285-44-1301
伝統ある医療技術と 理念を継承した安心感のある医療 伝統ある医療技術と 理念を継承した安心感のある医療 伝統ある医療技術と 理念を継承した安心感のある医療 伝統ある医療技術と 理念を継承した安心感のある医療 伝統ある医療技術と 理念を継承した安心感のある医療

ようこそ、自治医科大学整形外科のホームページへ。
自治医科大学整形外科では、関連する基幹病院との連携を持って、如何なる状況でも専門医療をお約束します。高度医療だけでなく皆様に愛され、慕って頂ける地域医療の両極を担う医局です。


【教授】
竹下  克志

  平成26年5月から自治医科大学整形外科教室を預かりました竹下克志です。 初代教授である御巫清允先生、次に大井淑雄教授、そして星野雄一前教授が大きく発展なさって来られました。 現在の教室は膝や股関節の変形性関節症、成人脊椎疾患、腱板損傷など変性疾患をリハビリテーション科と緊密な関係を持ちながら研究・診療を行っています。 さらに救命救急センターを中心とし麻酔科や手術部と連携しながら高エネルギー多発外傷など大学病院ならではの外傷を扱っておりますし、地域の要請の強い一般的な救急外傷にも対応しています。 またとちぎ子ども医療センター附属のグループは脳性麻痺から極めて珍しい疾患の小児整形疾患に対して豊富な知識と経験に基づいた診療を行っています。 さて自治医大のある栃木県はバスケットや野球を始めとしてスポーツ王国で、教室自体もスポーツに励む教室員・同門が多く、100キロマラソンに参加する猛者もおります。 スポーツ整形外科でも獨協医大と連携しながらスポーツ検診などで活動を広げております。

  自治医大は全国津々浦々に優れた医療を提供することを目的に昭和47年に設立されたユニークな大学です。 整形外科教室は自治医大学卒業生だけではなく、全国さまざまな大学出身者によって構成されています。 自治医大卒業生は全国の地域医療に多大な貢献をして参りました。 整形外科への志向を持ちながら行政や制度の狭間で地域によってはその希望を叶えられない卒業生もおります。 自治医大の臨床教室として日本整形外科学会とも協力して整形外科を希望する卒業生の進路の相談や手助けを最大限行ってまいりますので、是非ご相談ください。 また女性医師との会話の中ではっきりしたことですが、性に関係なく両親の介護や育児などから定型的でない勤務形態が必要な医師が増えています。 勤務病院の体制に大きく依存する問題ですが、教室員の希望があれば、可能な限りの医局の対応と病院への働きかけを行ってまいります。

  医学の日進月歩といえる進歩に加えて、医療環境が激変しております。 臨床教室である自治医科大学整形外科も一層患者の視点から見て納得できるような臨床、臨床に還元可能な研究など時代に合った方向性を目指し、さらに充実した体制に向って邁進いたします。

自治医科大学附属
さいたま医療センター

とちぎメディカルセンターしもつが

石橋総合病院

新上三川病院

地域医療機能推進機構
うつのみや病院

芳賀赤十字病院

地方独立行政法人
新小山市民病院

友愛記念病院

とちぎリハビリテーションセンター

結城病院

東京西徳洲会病院


  野球医療サポート栃木


トップページ  | 教授挨拶  | 教室案内   ― 業績紹介  | スタッフ紹介 |
レジデント・研修について  ― 卒業生向けページ  / 研修生向けページ  / 女性医師支援ページ  | 臨床研究について  | 医局員向けページ |
他病院・ドクター向けページ  ― 診療体制  / セカンドオピニオンについて  / 外来案内  / 関連病院リスト |
患者様向けページ ― 診療体制  / セカンドオピニオンについて  / 関連病院リスト  | お問い合わせ  | 個人情報保護方針  | サイトマップ |
Copyright Jichi Medical University All rights reserved.