自治医科大学ロゴ
自治医科大学整形外科
 Department of Orthopaedic Surgery,
 Jichi Medical University



〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL 0285-44-2111(代表)
FAX 0285-44-1301

業績紹介(2015年)

自治医科大学整形外科は、論文や学会発表、著書や講演・セミナー等、様々な分野での業績を有しております。
業績をジャンル別に取りまとめましたので、是非御確認下さい。


A.原著論文 B.学会発表 C.著書・総説 D.講演・セミナー・その他

A. 原著論文

1) 飯島裕生,萩原秀,杉本直哉,安食孝士,竹下克志:上肢発生の骨軟部腫瘍および腫瘍類似疾患の報告−MRI術前診断の有用性−.日本手外科学会雑誌31(6)969-973,2015
2) 猪股保志,渡邉英明,菅原亮,吉川一郎,竹下克志:短距離走で生じた坐骨結節剥離骨折の1例.日本小児整形外科学会雑誌24(2)221-224,2015
3) 遠藤照顕,木村敦,井上泰一,星地亜都司,竹下克志:腰部神経根症における腰痛の検討.Journal of Spine Research 6(6)1056-1060,2015
4) 金谷裕司,谷口信行:整形外科・外傷領域におけるPOCUS(point of care ultrasound)の利用.臨床病理63(6)725-732,2015
5) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:乳児期の外傷性脳出血後の痙性麻痺による左手関節屈曲変形 手関節固定術の1経験.栃木県整形外科医会会誌29(1)14-17,2015
6) 神田翔太郎,税田和夫,遠藤実,秋山達:大腿骨転子部骨折に対するAlexa nailの使用経験.骨折37(1)235-239,2015
7) 木村明徳,笹沼秀幸,西頭知宏,関矢仁:両側化膿性足関節炎に対して鏡視下滑膜切除を行った1例.JOSKAS 40(2)504-505,2015
8) 木村明徳,高徳賢三,関矢仁:TKA後の後外側部痛に対して鏡視下膝窩筋腱解離が著効した一例.栃木県整形外科医会会誌29(1)18-21,2015
9) 久保達也,笹沼秀幸,金谷裕司,関矢仁,竹下克志:化膿性肩関節炎に対する鏡視下手術とペンローズドレーン留置による開放ドレナージ術の成績.肩関節39(3)791-793,2015
10) 齊藤寿大,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,渡邉英明,竹下克志,伊澤一彦:中学生広域野球肘検診における野球肘障害と肩関節理学所見の関係.肩関節39(2)550-552,2015
11) 西頭知宏,松村福広,伴光正,渡邉英明,吉川一郎:同一下肢複合骨折の治療成績−整形重度外傷の治療成績は進歩しているのか―.骨折37(2)467-469,2015
12) 西頭知宏,笹沼秀幸:凍結肩に対する腕神経叢ブロック下肩関節授動術後2年の臨床成績.肩関節39(2)529-531,2015
13) 笹沼秀幸,飯島裕生,伊澤一彦,竹下克志:栃木県における新人高校生投手の肩・肘障害の特徴.日本臨床スポーツ医学会誌23(3)538-542,2015鈴木喜貴,辻太一,小原徹哉,齋藤敏樹,野原亜也斗,菅原亮,瀧村浩介,大田恭太郎,川上紀明:脊髄髄膜瘤に伴う脊柱後弯症に対する矯正固定術の手術成績.Journal of Spine Research 5(11)1559-1565,2014
14) 笹沼秀幸,金谷裕司,原田亮,竹下克志:人工肩関節置換術−インプラントデザインからリハビリ治療まで−.運動器リハビリテーション26(3)283-289,2015
15) 星地亜都司,木村敦,紺野愼一,矢吹省司,田中こなぎ,林邦彦:ロコモ25の国民標準値とロコモ全国推計.日本整形外科学会雑誌89(5)373-375,2015
16) 関矢仁,高徳賢三:関節鏡視下半月板切除術におけるinframeniscalアプローチの有用性.東日本整形災害外科学会雑誌27(1)30-34,2015
17) 関矢仁,高田尚,高徳賢三:脛骨顆間隆起骨折に対する新しい治療法−近位内側ポータルからの鏡視とエンドボタンによる内固定−.JOSKAS 40(2)418-419,2015
18) 関矢仁,金谷裕司,高徳賢三,木村明徳,高田尚:同一人工膝関節機種における後十字靭帯温存・切除による術後可動域の比較.日本人工関節学会誌45 449-450,2015
19) 西村貴裕,飯島裕生,齊藤寿大,村山瑛,安食孝士,竹下克志,松村福広:大腿骨病的骨折術後における歩行能力と生存率の検討.栃木県整形外科医会会誌29(1)3-6,2015
20) 福島崇,関矢仁,高徳賢三:外傷を契機に軟骨下骨骨嚢胞を生じ、骨軟骨移植を行った1例.JOSKAS 40(1)194-195,2015
21) 宮本理,小島隆治,伊志嶺卓,坂口亮人:片側腸骨窩膿瘍を伴う両側化膿性股関節炎を二期的DAA-THAで治療した1例.Hip Joint 41 1002-1004,2015
22) 村山瑛,渡邉英明,猪股保志,菅原亮,吉川一郎,萩原佳代,井上泰一,竹下克志:特発性側弯症における術後肩バランスとSRS-22を用いた術後成績の検討.日本小児整形外科学会雑誌24(2)238-241,2015
23) 渡邉英明,堀口逸子,早坂信哉,萩原佳代,菅原亮,井上泰一,竹下克志,丸井英二,吉川一郎:自己回答式質問調査による一般人の整形外科的相補代替医療の利用とその特徴.日本整形外科学会雑誌89(7)534,2015
24) 渡邉英明,吉川一郎:二分脊椎の内反尖足に伴う下腿内捻症に対する小切開遠位回旋骨切り術.日本足の外科学会雑誌36(1)25-28,2015
25) 渡邉英明,吉川一郎,萩原佳代,菅原亮,猪股保志,村山瑛,井上泰一,竹下克志:Pavlik harnessによる発育性股関節形成不全症の治療成績.日本小児整形外科学会雑誌24(1)18-22,2015
26) 渡邉英明,吉川一郎,菅原亮:下腿内捻症に対する小切開遠位回旋骨切り術.日本小児整形外科学会雑誌24(1)143-144,2015
27) 渡邉英明:人工膝関節全置換術中の空気止血帯による凝固線溶系血液マーカーの変動.整形外科66(13)1419-1421,2015
28) Hashizume, H., Konno, SI., Takeshita, K., Fukui, M., Takahashi, K., Chiba,K., Miyamoto, M., Matsumoto, M., Kasai, Y., Kanamori, M., Matsunaga, S., Hosono, N., Kanchiku, T., Taneichi, H., Tanaka, N., Kanayama, M., Shimizu, T., Kawakami, M.: Japanese orthopaedic association back pain evaluation questionnaire (JOABPEQ) as an outcome measure for patients with low back pain: reference values in healthy volunteers J Orthop Sci 20(2)264-280, 2015
29) Inoue, H., Montgomery, SR., Aghdasi, B., Kaner, T., Tan, Y., Tian, H., Terrell, R., Wang, JC., Daubs, MD.:The Effect of Bone Morphogenitic Protein-2 Injection at Different Time Points on Intervertebral Disk Degeneration in a Rat Tail Model. J Spinal Disord Tech 28(1)E35-E44,2015
30) Kato, S., Oshima, Y., Oka, H., Chikuda, H., Takeshita, Y., Miyoshi, K., Kawamura, N., Matsuda, K., Kunogi, J., Okazaki, R., Azuma, S., Hara, N., Tanaka, S., Takeshita, K.: Comparison of the Japanese Orthopaedic Association (JOA) score and modified JOA (mJOA) score for the assessment of cervical myelopathy: A Multicenter observational study. Plos One 10(4)e0123022, 2015
31) Kato, S., Chikuda, H., Ohya, J., Oichi, T., Matsui, H., Fushimi, K., Takeshita, K., Tanaka, S., Yasunaga, H.: Risk of infectious complications associated with blood transfusion in elective spinal surgery ? a propensity score matched analysis. Spine J. 01525-9, 2015
32) Kato, S., Chikuda, H., Ohya, J., Hayakawa, K., Takeshita, K., Tanaka, S., Ogata, T.: Phosphorylated neurofilament subunit levels in the serum of cervical compressive myelopathy patients. J Clin Neurosci. 22(10)1638-1642, 2015
33) Kimura, A., Endo, T., Inoue, H., Takeshita, K.: Intervertebral bridging ossifications increase the risk of intravertebral cleft formation following a vertebral compression fracture. Eur Spie J. 2015
34) Kimura, A., Endo, T., Inoue, H., Seichi, A, Takeshita, K.: Impact of Axial Neck Pain on Quality of Life in Patients Undergoing Cervical Laminoplasty. Spine 40(24)E1292-1298, 2015
35) Matsubayashi, Y., Takeshita, K., Sumitani, M., Oshima, Y., Tonosu, J., Kato, S., Ohya, J., Oichi, T., Okamoto, N., Tanaka, S.: Psychometric Validation of the Japanese Version of the Neuropathic Pain Symptom Inventory. Plos One 10(11)e0143350, 2015
36) Matsuda, Y., Watanabe, H., Furukawa, R., Aihara, T., Kikkawa, I.:Os Sustentaculi with Pain in a Child. Journal of Japanese Pediatric Orthopaedic Association 24(1)126-129,2015
37) Ohya, J., Chikuda, H., Kato, S., Hayakawa, K., Oka, H., Takeshita, K., Tanaka, S., Ogata, T.: Elevated Levels of Phosphorylated Neurofilament Heavy Subunit in the Cerebrospinal Fluid of Patients with Lumbar Spinal Stenosis: Preliminary Findings. Spine J 00265-X, 2015
38) Ohya, J., Chikuda, H., Oichi, T., Horiguchi, H., Takeshita, K., Tanaka, S., Yasunaga, H.: Perioperative stroke in patientsundergoing elective spinal surgery: a retrospective analysis using the Japanese diagnosis procedure combination database. BMC Musculoskelet Disord. 16(1)276, 2015
39) Oichi, T., Oshima, Y., Takeshita, K., Chikuda, H., Tanaka, S.: Evaluation of Comorbidity Indices for a Study of Patient Outcomes Following Cevical Decompression Surgery: A Retrospective Cohort Study. Spine 40(24)1941-1947, 2015
40) Sasanuma, H., Sugimoto, H., Kanaya, Y., Iijima, Y., Saito, T., Saito, T., Takeshita, K.:Magnetic resonance imaging and short-term clinical results of severe frozen shoulder treated with manipulation under ultrasound-guided cervical nerve root block. J Shoulder Elbow Surg. 1-8, 2015
41) Sugawara, R., Tsuji, T., Saito, T., Nohara, A., Kawakami, K., Kawakami, N.: Medially misplaced pedicle screws in patients without neurogical deficts following scoliosis surgery: to observe or to remove?. Eur Spine J
42) Watanabe, H., Horiguchi, I., Hayasaka, S., Hagiwara, K., Sugawara, R.,Inoue, H., Takeshita, K., Marui, E., Kikkawa, I.: Determining the general utilization and characteristics of orthopedic complementary and alternative medicine using a self-administered online questionnaire in Japan. J Orthop Sci. 547-550,2015
43) Watanabe, H., Horiguchi, I., Hayasaka, S., Hagiwara, K., Sugawara, R.,Inoue, H., Takeshita, K., Marui, E., Kikkawa, I.: Determining the general utilization and characteristics of orthopedic complementary and alternative medicine using a self-administered online questionnaire in Japan. J Orthop Sci. 547-550,2015
44) Watanabe, H., Kikkawa, I., Hagiwara, K., Sugawara, R., Inoue, H., Takeshita, K.:Severe Transient Synovitis Differential Dianosis from Septic Arthritis. J Jpn Ped Orthop Ass 24(2)280-285,2015

▲ページTOPに戻る

B. 学会発表

1) 秋山達,税田和夫:骨盤腫瘍手術のピットフォール. 日本整形外科学会雑誌89(2)S356,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.22,神戸.
2) 秋山達,税田和夫,小倉浩一,川井章,今西淳悟,矢沢康男,川島則天,緒方徹:三次元動作解析法による骨盤部腫瘍切除術後患者の歩行分析 股関節安定化による歩行機能改善効果の検討.日本整形外科学会雑誌39(6)S1197,2015第48回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会2015.7.9,香川.
3) 安食孝士,小林英司,Rodney Dilley, Wayne Morrison:ラット鼠径部組織再生チャンバーを使った血管柄付き新生組織作成の試み.東日本整形災害外科学会雑誌27(3)282,2015第64回東日本整形災害外科学会 2015.9.11,福島.
4) 安食孝士,飯島裕生,村山瑛,竹下克志:血管柄付き人工神経による末梢神経軸索再生の試み.第26回日本末梢神経学会学術集会プログラム・抄録集101,2015第26回日本末梢神経学会学術集会 2015.9.18,長野.
5) 安食孝士,飯島裕生,村山瑛,竹下克志:血管柄付き人工神経による末梢神経の軸索再生効果.日本整形外科学会雑誌89(8)S1495,2015第30回日本整形外科学会基礎学術集会 2015.10.22,富山.
6) 安食孝士,飯島裕生,村山瑛,竹下克志:ラット血管柄付き人工神経の作成と応用.日本マイクロサージャリー学会学術集会プログラム・抄録集42回 186,2015 第42回日本マイクロサージャリー学会学術集会 2015.11.26-27,さいたま.
7) 天海裕至,井上泰一,遠藤照顕,木村敦,竹下克志:抗凝固薬内服中に起こった胸髄くも膜下血腫の1例.栃木県整形外科医会会誌29(1)64,2015
8) 飯島裕生,笹沼秀幸,金谷裕司,村山瑛,福島崇,蓮江正賢,中島寛大,矢野雄一郎,亀田正裕,伊澤一彦,大木武:医療機関で行う野球肘検診の有用性−二次検診受診率の向上を目指して−. JOSKAS 40(4)540,2015第7回JOSKAS 2015.6.20,札幌市.
9) 飯島裕生,笹沼秀幸,金谷裕司,村山瑛,福島崇,蓮江正賢,中島寛大,矢野雄一郎,亀田正裕,伊澤一彦,大木武:少年野球肘検診におけるエコー検査と単純X線の比較.日本整形外科スポーツ医学会雑誌35(4)461,2015第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2015.9.12,京都.
10) 飯島裕生,菅谷啓之,高橋憲正,松木圭介,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,森石丈二:腱板筋脂肪変性の測定部位による比較 T2値による検討.第42回日本肩関節学会抄録集P110,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
11) 伊志嶺卓,坂口亮人:AMIStem-H(Medacta社)の使用経験.第45回日本人工関節学会プログラム・抄録集376,2015第45回日本人工関節学会 2015.2.28,福岡.
12) 伊志嶺卓,坂口亮人,福島崇:プロカルシトニンが正常であった化膿性股関節炎の1例.第42回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 681,2015 第42回日本股関節学会学術集会2015.10.31,大阪.
13) 井上悟史,菅谷啓之,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,濱田博成,飯島裕生:水泳愛好家に対する関節鏡視下腱板修復術の成績.第42回日本肩関節学会抄録集P210,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
14) 井上泰一,渡邉英明,村山瑛,大上仁志,白石康幸,竹下克志:脊椎手術後の肺塞栓診断のための血液マーカー.日本整形外科学会雑誌89(3)S794,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.23,神戸.
15) 井上泰一渡邉英明,白石康幸,大上仁志,木村敦,遠藤照顕,竹下克志:脊椎手術における周術期の深部静脈血栓と肺塞栓の発生率−DVT-CTを使った評価−.Journal of Spine Research 6(3)731,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.18,山口.
16) 井上泰一,木村敦,遠藤照顕,渡邉英明,竹下克志:腰部脊柱管狭窄症に対し椎弓切除術を行った患者の早期大腿四頭筋筋力の評価について.運動器リハビリテーション26(2)251,2015第27回日本運動器科学会2015.7.4,宮崎.
17) 井上泰一,木村敦,遠藤照顕,白石康幸,竹下克志:脊椎手術における肺塞栓の血液マーカーの動態.JASA 4th Annual Meetingプログラム・抄録集 36,2015 JASA 4th Annual Meeting 2015.8.1-2,福岡.
18) 井上泰一,木村敦,遠藤照顕,菅原亮,渡邉英明,竹下克志:環軸椎に発生したaccessory jointの2例.第22回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会プログラム及び抄録318,2015 第22回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会 2015.9.18-19,東京.
19) 井上泰一,竹下克志,司馬立,M&Mレポートアウトカム委員会:側弯症一次検診の正常者における日本版側弯症QOL質問票の結果.第49回日本側彎症学会抄録集 142,2015 第49回日本側彎症学会 2015.11.5-6,新潟.
20) 井上泰一,湯澤洋平,金子剛士,林明彦,近藤幹大,古閑比佐志,高野裕一,竹下克志,稲波弘彦:内視鏡下椎間板摘出術(MED)における硬膜損傷の特徴.第216回栃木県整形外科医会2015.11.14,宇都宮.
21) 今釜史郎,安藤圭,竹内一裕,星地亜都司,竹下克志,長谷川智彦,松山幸弘,相澤俊峰,中川幸洋,筑田博隆,渡辺雅彦,山田圭,戸山芳昭,松本守雄,吉井俊貴,大川淳:胸椎後縦靭帯骨化症手術に関する多施設前向き研究(第1報).Journal of Spine Research 6(3)420,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.16-18,福岡.
22) 上田裕輔,松木圭介,河合伸昭,星加昭太,大西和友,渡海守人,濱田博成,飯島裕生,高橋憲正,菅谷啓之:日本人における肩甲骨関節窩の3次元計測.第42回日本肩関節学会抄録集P303,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
23) 上田裕輔,菅谷啓之,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,星加昭太,飯島裕生,濱田博成,前田和博:MRIで診断しえた腱板断裂患者の治療経過.第42回日本肩関節学会抄録集P107,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
24) 遠藤照顕,井上泰一,木村敦,竹下克志:胸椎におけるナビゲーション併用の椎弓根スクリューの検討.第9回CAOS研究会プログラム・抄録集20,2015 第9回CAOS研究会 2015.3.12,岡山.
25) 遠藤実,税田和夫,内田満夫,神田翔太郎,秋山達,前田陽典,佐々木洋和:CRP値を用いた化膿性脊椎炎の予後予測についての検討.日本整形外科学会雑誌89(3)S549,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.23,神戸.
26) 尾市健,大島寧,谷口優樹,松林嘉孝,熊野洋,早川謙太郎,福島成欣,大谷隼一,筑田博隆,竹下克志,田中栄:頸椎前方すべりは頸椎椎弓形成術術後成績の予後不良因子である.Journal of Spine Research 6(3)258,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.16-18,福岡.
27) 大島寧,稲波弘彦,高野裕一,筑田博隆,竹下克志,田中栄:圧迫性頸髄症に対する正中進入内視鏡下頚椎椎弓切除術の短期手術成績.Journal of Spine Research 6(3)342,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.16-18,福岡.
28) 小沼早希,菅原亮,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:観血的整復固定術後に転移し再手術にいたった小児上腕骨通顆骨折の一例.日本小児整形外科学会雑誌24(3)S155,2015第26回日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.5 岐阜.
29) 金谷裕司,関矢仁,高徳賢三,高田尚:同一機種におけるPCLの温存・切除が術中gapおよび術直後のストレスXPに与える影響.第45回日本人工関節学会プログラム・抄録集376,2015第45回日本人工関節学会 2015.2.27,福岡.
30) 金谷裕司,笹沼秀幸,飯島裕生,齊藤寿大,福島崇,木村明徳,竹下克志:結節間溝内注射(groove block)は上腕二頭筋腱病変の診断に有用か?.JOSKAS 40(4)165,2015第7回JOSKAS 2015.6.18,札幌市.
31) 金谷裕司,笹沼秀幸,原田亮,天海裕至,齊藤寿大,竹下克志:Reverse型TSA後の上肢長の変化と神経症状の関係.第42回日本肩関節学会抄録集P188,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.9,仙台.
32) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:乳幼児の外傷性脳出血後の痙性麻痺による左手関節屈曲変形−手関節固定術の1経験−.第214回栃木県整形外科医会 2015.2.21 宇都宮市.
33) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:2度の脳出血による右内反尖足変形の治療 1例報告.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 52(8-9)567,2015第52回日本リハビリテーション医学会学術集会2015.5.28-30,東京.
34) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:脳性麻痺症例にみられた左第1趾リスフラン関節症の1例.第215回栃木県整形外科医会 2015.6.6,宇都宮.
35) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:幼児期の急性脳症後遺症による右股関節脱臼の一例.第216回栃木県整形外科医会2015.11.14,宇都宮.
36) 河内辰夫,長崎隆司,藤平淳一,萩原佳代,星野雄一:ベルト式骨格筋電気刺激法(B-SES)使用での有効性の検討.第40回日本運動療法学会大会抄録集P49,2015第40回日本運動療法学会2015.6.13,さいたま.
37) 吉川一郎,渡邉英明,菅原亮,萩原佳代,竹下克志:Down症に伴う環軸椎不安定症の外科治療.日本小児整形外科学会雑誌24(3)S46,2015第26回日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.4 岐阜.
38) 木村明徳,高徳賢三,関矢仁:人工膝関節後の後外側痛に対して関節鏡視下膝窩筋腱解離が著効した1例.第214回栃木県整形外科医会 2015.2.21 宇都宮市.
39) 木村明徳,関矢仁,高徳賢三:膝窩嚢腫に対する関節鏡下手術.JOSKAS 40(4)237,2015第7回JOSKAS 2015.6.18,札幌市.
40) 木村敦,遠藤照顕,井上泰一,竹下克志:頚椎椎弓形成術前後の軸性疼痛がQOLに与える影響の検討.Journal of Spine Research 6(3)751,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.18,山口.
41) 木村敦,遠藤照顕,井上泰一,竹下克志:靭帯骨化による椎体間架橋は椎体骨折遷延治癒の危険因子である.日本整形外科学会雑誌89(3)S642,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.23,神戸.
42) 久保達也,関矢仁,高徳賢三:同一機種TKAでのPCL温存・切除による患者立脚型機能評価の比較.JOSKAS 40(4)273,2015第7回JOSKAS 2015.6.18,札幌市.
43) 倉林寛,滝直也,伊志嶺卓,安食孝士,竹下克志:壊死性筋膜炎の早期診断におけるLRINEC scoreの有用性の検討.第216回栃木県整形外科医会2015.11.14,宇都宮
44) 税田和夫,穴水依人,秋山達,遠藤実,神田翔太郎,前田陽典:骨粗鬆症性椎体骨折に対する手術成績. 関東整形災害外科学会雑誌46(臨増)60,2015 第55回関東整形災害外科学会 2015.3.27,埼玉.
45) 税田和夫,秋山達,遠藤実,神田翔太郎,前田陽典:化膿性脊椎炎保存治療における抗菌薬投与期間.関東整形災害外科学会雑誌46(臨増)99,2015 第55回関東整形災害外科学会 2015.3.28,埼玉.
46) 税田和夫,穴水依人,秋山達,遠藤実,神田翔太郎,前田陽典:骨粗鬆症性椎体骨折後遅発性麻痺の手術成績. Journal of Spine Research 6(3)431,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.17,山口.
47) 齊藤寿大,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,中島寛大,村山瑛,矢野雄一郎,亀田正裕,阿久津仁,伊澤一彦:広域野球肘検診で発見された上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(OCD)の治療成績.JOSKAS 40(4)430,2015第7回JOSKAS 2015.6.19,札幌市.
48) 齊藤寿大,杉本直哉,萩原秀,金谷裕司,笹沼秀幸,天海裕至:肩甲骨関節窩に骨欠損を伴う関節炎にReverse Shoulder Arthroplastyを行った1例.関東整形災害外科学会雑誌46(5)308,2015第677回整形外科集談会 東京地方会 2015.6.27,東京.
49) 西頭知宏,笹沼秀幸:石灰性腱板炎後拘縮に対する頚椎神経根ブロック下授動術の1例.第42回日本肩関節学会抄録集P206,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.9,仙台.
50) 西頭知宏,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,竹下克志:重度凍結肩に対する第5.6頸椎神経根ブロック下授動術の短期成績.第42回日本肩関節学会抄録集P274,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
51) 西頭知宏,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,竹下克志:重度凍結肩に対する頸椎神経根ブロック下授動術後のSF-36の推移.第42回日本肩関節学会抄録集P274,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
52) 笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,竹下克志:重度化膿性肩関節炎に抗生剤入りセメントステムを用いて治療した一例.第23回関東肩を語る会 2015.1.18,東京.
53) 笹沼秀幸,飯島裕生,矢野雄一郎,亀田正裕,伊澤一彦,福島崇:野球肘障害に対する指導者の意識調査−野球肘検診時の監督アンケート−.日本肘関節学会雑誌22(1)S36,2015 第27回日本肘関節学会学術集会 2015.2.13,沖縄.
54) 笹沼秀幸,金谷裕司,齊藤寿大,飯島裕生:SF-36を用いた鏡視下腱板修復術後のQOL評価−術後6か月までの短期成績の報告−.JOSKAS 40(4)168,2015第7回JOSKAS 2015.6.18,札幌市.
55) 笹沼秀幸,金谷裕司,原田亮,飯島裕生,齊藤寿大,竹下克志:リバース型人工肩関節置換術の輸血状況.第42回日本肩関節学会抄録集P188,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.9,仙台.
56) 笹沼秀幸,杉本英治,金谷裕司,原田亮,齊藤寿大,西頭知宏,飯島裕生,竹下克志:Characteristics of Dynamic MR imaging of idiopathic severe frozen shoulder. 第42回日本肩関節学会抄録集P327,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
57) 白石康幸,木村敦,遠藤照顕,井上泰一,竹下克志:頚椎椎弓形成術前後の軸性疼痛がQOLに与える影響の検討.Journal of Musculoskeletal Pain Research 7(3)S54,2015第8回日本運動器疼痛学会 2015.12.13,名古屋.
58) 菅原亮,吉川一郎,渡邉英明,萩原佳代,川上紀明,竹下克志:当院における二分脊椎に伴う股関節脱臼・亜脱臼症例の検討−手術すべきかどうか?.第32回日本二分脊椎研究会プログラム・抄録集P13,2015 第32回日本二分脊椎研究会 2015.7.4,大阪.
59) 菅原亮,川上紀明,辻太一,木村敦,遠藤照顕,井上泰一,竹下克志:側弯症手術における神経症状を伴わない脊柱管内へのscrew誤刺入の検討:抜去すべきかどうか?.第22回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会プログラム及び抄録P192,2015第22回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会 2015.9.18,東京.
60) 菅原亮,田中雅人,高橋淳,酒井大輔,谷口優樹,竹下克志:思春期特発性側弯症に対する後方矯正固定術におけるチタン合金ロッドとコバルトクロムロッドの無作為化比較試験(第三報).第49回日本側彎症学会抄録集2015第49回日本側彎症学会 2015.11.5-6, 新潟.
61) 菅原亮,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:先天性股関節脱臼における術前MRI、関節造影と術中所見の比較.日本小児整形外科学会雑誌24(3)S101,2015第26回日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.4 岐阜.
62) 菅原亮,吉川一郎,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志:当院における二分脊椎に伴う股関節脱臼・亜脱臼症例の検討−手術すべきかどうか?.日本小児整形外科学会雑誌24(3)S114,2015第26回日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.5 岐阜.
63) 杉本直哉,齊藤寿大,萩原秀,萩原佳代:テリパラチド(TPTD)治療継続率の検討.Osteoporosis Japan 23(Supple)231,2015 第17回日本骨粗鬆症学会2015.9.17-19,広島.
64) 星地亜都司,木村敦,紺野愼一,矢吹省司:本邦におけるロコモティブシンドロームの疫学.日本整形外科学会雑誌89(3)S597,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.23,神戸.
65) 星地亜都司,木村敦,矢吹省司,紺野愼一:運動器イノベーション 運動器・ロコモに対する新たな取り組み 本邦におけるロコモティブシンドロームの疫学.運動器リハビリテーション26(2)145,2015第27回日本運動器科学会 2015.7.4,宮崎.
66) 関矢仁,高徳賢三,高田尚,木村明徳,金谷裕司:同一機種TKAでのPCL温存・切除による術後可動域の比較. 第45回日本人工関節学会プログラム・抄録集401,2015第45回日本人工関節学会 2015.2.28,福岡.
67) 関矢仁,高徳賢三,高田尚,金谷裕司,木村明徳:下腿外旋変形例での人工膝関節における回旋変形の矯正法について.関東整形災害外科学会雑誌46(臨増)133,2015 第55回関東整形災害外科学会 2015.3.28,埼玉.
68) 関矢仁,高徳賢三,木村明徳:膝窩嚢腫の嚢腫壁の性状と関節腔との関係についての考察.JOSKAS 40(4)237,2015第7回JOSKAS 2015.6.18,札幌市.
69) 関矢仁,高徳賢三,宮井保尚,金谷裕司,竹下克志:TKA術後感染に対する関節鏡視下デブリドマン.東日本整形災害外科学会雑誌27(3)241,2015第64回東日本整形災害外科学会 2015.9.12,福島.
70) 関矢仁,高徳賢三,宮井保尚,仲村将幸,金谷裕司,木村明徳,竹下克志:関節リウマチでの重度外反母趾に対する第一MTP関節固定にはロッキングプレートが有用である.日本足の外科学会雑誌36(2)S179,2015 第40回日本足の外科学会・学術集会2015.10.29-30,東京.
71) 高田尚,関矢仁,高徳賢三:成人に発症した滑膜性血管腫の6例.JOSKAS 40(4)261,2015第7回JOSKAS 2015.6.18,札幌市.
72) 高橋憲正,菅谷啓之,松木圭介,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,飯島裕生,濱田博成,前田和博:肩関節のスポーツ損傷 投球障害肩に対する治療戦略 投球障害肩に対する保存療法の進め方.日本整形外科スポーツ医学会雑誌35(4)396,2015第41回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2015.9.12,京都.
73) 田中雅人,高橋淳,酒井大輔,谷口優樹,竹下克志,廣岡孝彦,尾崎敏文:多施設共同研究による思春期特発性側彎症に対するrib humpを減少させる要因の検討.Journal of Spine Research 6(3)383,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.16-18,福岡.
74) 谷聡二,遠藤実,秋山達,神田翔太郎,前田陽典,税田和夫:腸恥滑液包炎に深部静脈血栓症を合併し、内科的管理後にTHAを行い良好な経過を得た一例.第45回日本人工関節学会プログラム・抄録集433,2015第45回日本人工関節学会 2015.2.27,福岡.
75) 永田純一,小島安弘,里村健志,石河利之,安食孝士:橈骨遠位端骨折の手術中に破格筋を認めた5例の検討.日本手外科学会雑誌32(1)2-A-EP-41,2015第58回日本手外科学会学術集会 2015.4.16-17,東京.
76) 中村雅也,中村博亮,波呂浩孝,竹下克志,持田譲治:整形外科における脊椎脊髄外科の現状 新専門医制度の構築に向けて.中部日本整形外科災害外科学会雑誌58(秋季学会)43,2015 第125回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会2015.10.2-3,愛知.
77) 西村貴裕,飯島裕生,村山瑛,安食孝士,松村福広,竹下克志:大腿骨転移性骨腫瘍術後における歩行能力と生存率の検討. 関東整形災害外科学会雑誌46(臨増)147,2015 第55回関東整形災害外科学会 2015.3.28,埼玉.
78) 西村貴裕,飯島裕生,笹沼秀幸,安食孝士, 竹下克志,松村福広:大腿骨転移性骨腫瘍術後における歩行能力、生存率の検討.栃木県整形外科医会会誌29(1)54,2015
79) 西村貴裕,小沼早希,金谷裕司,伊志嶺卓,安食孝士,竹下克志:血友病A患者の大腿骨頸部骨折の治療経験.関東整形災害外科学会雑誌46(5)308,2015第677回整形外科集談会 東京地方会 2015.6.27,東京.
80) 長谷川翔一,神田翔太郎,前田陽典,遠藤実,秋山達,税田和夫:メロリオストーシス軟部病変切除により20年来の疼痛を除去できた1例.関東整形災害外科学会雑誌46(5)310,2015第677回整形外科集談会 東京地方会 2015.6.27,東京.
81) 濱田博成,菅谷啓之,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,井上悟史,飯島裕生:関節包断裂・HAGL病変修復後に腋窩神経麻痺を認めた3症例.第42回日本肩関節学会抄録集P280,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
82) 早川謙太郎,大谷隼一,加藤壮,相馬一仁,土肥透,谷口優樹,大島寧,竹下克志,田中栄,緒方徹,筑田博隆:脳脊髄液中バイオマーカーを用いた腰部脊柱管狭窄症の重症度評価. Journal of Spine Research 6(3)606,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.16-18,福岡.
83) 早川謙太郎,大谷隼一,加藤壮,相馬一仁,土肥透,谷口優樹,大島寧,竹下克志,田中栄,緒方徹,筑田博隆:脳脊髄液中バイオマーカーを用いた腰部脊柱管狭窄症の重症度評価. 日本整形外科学会雑誌89(3)S633,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.23,神戸.
84) 林志賢,菅原亮,渡邉英明,吉川一郎:新生児に発症した、腸骨化膿性骨髄炎の1例.第215回栃木県整形外科医会 2015.6.6,宇都宮.
85) 林志賢,菅原亮,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:乳児期に発症した化膿性仙腸関節炎の一例.日本小児整形外科学会雑誌24(3)S138,2015第26回日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.5 岐阜.
86) 原田亮,笹沼秀幸,金谷裕司,天海裕至,飯島裕生,竹下克志:鏡視下腱板修復術後のヘモグロビン値低下に影響する因子の検討.第42回日本肩関節学会抄録集P239,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
87) 波呂浩孝,中村博亮,中村雅也,竹下克志,持田譲治:脊椎脊髄外科における新専門医制度に対応した取り組みの開始.中部日本整形外科災害外科学会雑誌58(秋季学会)44,2015 第125回中部日本整形外科災害外科学会・学術集会 2015.10.2-3,愛知.
88) 福島崇,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,亀田正裕,矢野雄一郎,伊澤一彦:広域野球肘検診における2次検診受診率の調査−外側障害と内側障害の受診率の比較−.日本肘関節学会雑誌22(1)S140,2015 第27回日本肘関節学会学術集会 2015.2.14,沖縄.
89) 福島崇:広域野球肘検診における2次検診受診率の調査 外側障害と内側障害の受診率の比較.栃木県整形外科医会会誌29(1)59,2015
90) 福島崇,笹沼秀幸,杉本英治,金谷裕司,原田亮,西頭知宏,竹下克志:重度凍結肩関節受動術後に生じた骨挫傷の6ヶ月後のMRI変化.第42回日本肩関節学会抄録集P297,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
91) 星加昭太,菅谷啓之,高橋憲正,松木圭介,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,飯島裕生,森石丈二:日本人における上腕骨頭サイズの検討.第42回日本肩関節学会抄録集P290,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
92) 星加昭太,菅谷啓之,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,飯島裕生,濱田博成,森石丈二:コリジョンアスリートにおけるUnstable Painful Shoulder.第42回日本肩関節学会抄録集P153,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
93) 前田陽典,税田和夫:急性化膿性関節炎と思わせた潰瘍性大腸炎に伴う膝関節炎の一例. 第45回日本人工関節学会プログラム・抄録集575,2015第45回日本人工関節学会 2015.2.28,福岡.
94) 前田陽典,税田和夫,秋山達,遠藤実,佐々木洋和,神田翔太郎:仙骨脆弱性骨折の4例.関東整形災害外科学会雑誌46(臨増)139,2015 第55回関東整形災害外科学会 2015.3.28,埼玉.
95) 前田陽典,神田翔太郎,遠藤実,秋山達,税田和夫:健常成人発症の内閉鎖筋膿瘍の一例.関東整形災害外科学会雑誌46(5)318,2015第677回整形外科集談会 東京地方会 2015.6.27,東京.
96) 前田和博,菅谷啓之,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,濱田博成,飯島裕生:大結節巨大化性病変により難治性インピンジメントを生じた2例.第42回日本肩関節学会抄録集P255,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
97) 松木圭介,菅谷啓之,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔, 濱田博成,飯島裕生:リバース型人工肩関節の生体内3次元動態解析.第42回日本肩関節学会抄録集P120,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
98) 松木圭介,菅谷啓之,星加昭太,高橋憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田裕輔,濱田博成,飯島裕生:日本人中高年女性における上腕骨近位部の3次元計測.第42回日本肩関節学会抄録集P111,2015 第42回日本肩関節学会 2015.10.10,仙台.
99) 宮本理,小島隆治,福島崇,坂口亮人,関矢仁,竹下克志:後方アプローチを用いた人工骨頭置換術における脱臼予防の一工夫.第45回日本人工関節学会プログラム・抄録集528,2015第45回日本人工関節学会 2015.2.27,福岡.
100) 宮本理,小島隆治,坂口亮人,中間季雄,関矢仁,竹下克志:後方アプローチを用いた人工骨頭置換術における後方関節包温存の意義.関東整形災害外科学会雑誌46(臨増)56,2015 第55回関東整形災害外科学会 2015.3.27,埼玉.
101) 宮本理,福島崇,小島隆治,小島正博,佐藤貫洋,中間季雄,竹下克志:後方アプローチを用いた関節包温存人工骨頭置換術と従来法の術中脱臼位の比較.骨折37(Supple)S117,2015第41回骨折治療学会 2015.6.26,奈良.
102) 宮本理,小島隆治,伊志嶺卓,坂口亮人,竹下克志:2DCTを用いた寛骨臼側術前計画の制度. 第42回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 675,2015 第42回日本股関節学会学術集会2015.10.31,大阪.
103) 村山瑛,渡邉英明,井上泰一,大上仁志,白石康幸,竹下克志:脊椎手術後の静脈血栓症の発生率. 日本整形外科学会雑誌89(3)S793,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.23,神戸.
104) 山口直紀,笹沼秀幸:バレーボール選手の外傷障害予防に対する国際サッカー連盟推奨外傷予防プログラム(FIFA11+)の有効性調査 1年間の前向き研究.日本整形外科スポーツ医学会雑誌35(4)268,2015
105) 山村麻由,萩原浩好,宮本理,中間季雄,萩原秀,杉本直哉,渡邉英明:陳旧性小指MP関節掌側脱臼の1例.第215回栃木県整形外科医会 2015.6.6,宇都宮市.
106) 山村麻由,萩原浩好,宮本理,中間季雄,萩原秀,杉本直哉,渡邉英明:陳旧性小指MP関節掌側脱臼の1例.The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine 52(12)781,2015 第52回日本リハビリテーション医学会学術集会2015.5.28-30,東京.
107) 渡辺航太,松本守雄,宇野耕吉,鈴木哲平,川上紀明,辻太一,柳田晴久,平野徹,山崎健,南昌平,伊藤学,種市洋,今釜史郎,竹下克志,山元拓哉:乳幼児側彎症に対するGrowing Rod法の治療成績 最終固定例での検討.Journal of Spine Research 6(3)269,2015 第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2015.4.16-18,福岡.
108) 渡邉航太,松本守雄,宇野耕吉,鈴木哲平,川上紀明,辻太一,柳田晴久,平野徹,山崎健,南昌平,伊藤学,種市洋,今釜史郎,竹下克志,山元拓哉:乳幼児側弯症に対するgrowing rod法の治療成績−最終固定例での検討−. 日本整形外科学会雑誌89(3)S975,2015 第88回日本整形外科学会学術総会 2015.5.24,神戸.
109) 渡邉英明,吉川一郎,萩原佳代,菅原亮,井上泰一,竹下克志:小児における脊柱側弯症術中・術後神経学的合併症.日本小児整形外科学会雑誌24(3)S89,2015第26回日本小児整形外科学会学術集会 2015.12.4 岐阜.
110) Inoue, H., Watanabe, H., Shiraishi, Y., Kimura, A., Endo, T., Takeshita, K:The predictive factors for early diagnosis of pulmonary embolism after lumbar spine surgery. 42nd ISSLS 2015.6.8-12, San Francisco.
111) Hagiwara, H., Ajiki, T., Hagiwara, S., Sugimoto, N., Nakama, S., Miyamoto, O., Yamamura, M., Sahara, Y., Takeshita, K.:Intra-Articular Metacarpal Head Fracture Assicuated With Enchondroma. 16th EFORT Congress 2015.5.27-29, Czech Republic
112) Murayama, A., Watanabe, H., Inoue, H.: The Incidence of Venous Thromboembolism Following Spinal Surgery Using 16-Row Multidetector Computed Tomography. AAOS 2015.3.24-28, Las Vegas
113) Sasanuma, H., Kanaya, Y., Iijima, Y., Saito, T., Harada, R., Takeshita, K.: The characteristics of idiopathic frozen shoulders complicated by humeral bone bruising after manipulation under ultrasound-guided cervical nerve root block. 23th SECEC-ESSE Congress 2015.9.16-19, Milan.
114) Sasanuma, H., Kanaya, Y., Iijima, Y., Saito, T., Harada, R., Takeshita, K.: Clinical results of manipulation of severe frozen shoulder in diabetic patients under ultrasound guided cervical nerve root block. 23th SECEC-ESSE Congress 2015.9.16-19, Milan.
115) Takeshita, K.: Adult Deformity including SAI. Adult Spine Deformity Symposium 2015.9.20, Seuol
116) Takeshita, K.: Strategy for cervical spine deformity surgery. Adult Spine Deformity Symposium 2015.9.20, Seuol

▲ページTOPに戻る

C. 著書・総説

1) 秋山達,税田和夫:無茎腓骨移植術を用いた骨盤悪性切除後の骨盤輪再建術.別冊整形外科68 172-175,2015
2) 金谷裕司,谷口信行:整形外科・外傷領域におけるPOCUS(point of care ultrasound)の利用.臨床病理63(6)725-732,2015
3) 金谷裕司,松村福広:【特集:肩関節周囲骨折update】<上腕骨>上腕骨近位端骨折に対するロッキングプレート.Monthly Book Orthopaedics 58-64,2015
4) 杉本英治,笹沼秀幸,加藤さくら:【腱板断裂の診断と治療】MRIによる診断の基本−画像から診断する手術適応になりやすい症例とは−.関節外科34(10)946-953,2015
5) 星地亜都司,木村敦,紺野愼一,矢吹省司,田中こなぎ,林邦彦:ロコモの診断基準策定のためのエビデンス ロコモ25の国民標準値とロコモ全国推計.日本整形外科学会89(5)373-375,2015
6) 関矢仁:【変形性膝関節症の診断と治療】変形性膝関節症に対する鏡視下デブリドマン.別冊整形外科67 130-133,2015
7) 竹下克志:【視座】共感と医療.臨床整形外科50(1)3,2015
8) 竹下克志:慢性頸部痛診療のトピックス.ペインクリニック36(4)473-481,2015
9) 竹下克志:【シンポジウム 非特異的腰痛を考える−腰痛の科学】腰痛の評価法.Journal of Spine Research 6(6)1000-1003,2015
10) 竹下克志:【私の処方】頚椎症性神経根症.Modern Physician 35(7)903,2015
11) 竹下克志:W ロコモティブシンドロームを構成する疾患 脊椎疾患 脊柱靭帯骨化症 黄色靭帯骨化症.日本医師会雑誌144特別号 S176-S178,2015
12) 村井邦彦,笹沼秀幸:【各論】8.上腕骨近位部骨折.骨・関節疾患の在宅医療 64-72,2015
13) 渡邉英明:【学会を聞く】第25回日本小児整形外科学会・第26回日本整形外科学会骨系統疾患研究会.整形外科66(2)189-191,2015
14) 渡邉英明:【骨・関節疾患】肘内障、上腕骨顆上骨折、上腕骨外顆骨折.今日の小児治療指針第16版 811-812,2015

▲ページTOPに戻る

D. 講演・セミナー・その他

1) 秋山達:転移性骨腫瘍に対する整形外科的なアプローチ.Tochigi-standard cancer treatment study meeting 2015.5.28 下野市.
2) 秋山達:後腹膜肉腫症例から見た各科連携〜整形外科医の視点から〜.Saitama Sarcoma Conference 2015.12.10 さいたま市.
3) 井上泰一:Kinematic MRIについて.第9回栃木脊椎外科カンファランス 2015.1.14 宇都宮市.
4) 井上泰一:脊椎圧迫骨折に対するテリパラチド週1回製剤の疼痛軽減効果.第26回栃木県骨・カルシウム代謝研究会 2015.6.19 宇都宮市.
5) 井上泰一:内視鏡下の硬膜損傷とその修復手技.第1回脊椎外科近未来研究会ビデオセミナー 2015.12.3 東京.
6) 遠藤照顕:脊髄ヘルニアの手術治療.第9回栃木脊椎外科カンファランス 2015.1.14 宇都宮市.
7) 金谷裕司:関節窩に高度骨欠損を生じた単関節炎に対してRSAを行った1例.第5回両毛地区肩を語る会 2015.5.16 群馬.
8) 吉川一郎:小児の脊柱変形の診断と治療.側弯症とその治療 2015.9.13 宇都宮市.
9) 吉川一郎:小児の脊椎疾患.第26回日本小児整形外科学会学術集会 綾仁冨彌セミナー 2015.12.4 岐阜.
10) 木村敦:アクアポリン4水チャンネルが脊髄損傷後の機能回復に与える影響.北関東脊髄外科研究会 2015.11.27 宇都宮市.
11) 税田和夫:骨粗鬆症性椎体骨折後対麻痺に対する脊柱短縮術.第44回日本脊椎脊髄病学会学術集会ビデオセッション2015.4.17 山口.
12) 笹沼秀幸:少年野球でのメディカルサポートの重要性.2015リトルリーグ北関東連盟 指導者講習会 2015.2.15 宇都宮市.
13) 笹沼秀幸:栃木県における広域野球肘検診の試み.第24回小山市の地域完結型医療を育てる会 2015.3.26 小山市.
14) 笹沼秀幸:リビジョン症例に対するリバース型人工肩関節の治療経験.TORNIER RSA Symposium 2015.4.26 東京.
15) 笹沼秀幸,金谷裕司,原田亮,竹下克志:高齢者の上腕骨近位部粉砕骨折に対するRSAの治療経験.第16回栃木骨折治療研究会 2015.9.24 宇都宮市.
16) 齊藤寿大:平成27年度石橋高校野球教室 指導者対象講習 2015.12.23
17) 白石康幸:強直性脊椎骨増殖症(ASH)の脊椎骨折に対する低侵襲脊椎後方固定術の経験.北関東脊髄外科研究会 2015.11.27 宇都宮市.
18) 菅原亮:こどもの脊柱変形の診断と治療.北関東脊髄外科研究会 2015.4.24 宇都宮市.
19) 菅原亮:Case presentations. Shinanomachi Spinal deformity seminar 2015 with SRS travelling fellows 2015.5.19 東京.
20) 菅原亮:小児整形外科の役割−小児整形はこんなもんなんだ.大塚製薬社内講演会 2015.9.7 宇都宮市.
21) 菅原亮:側弯症手術における神経症状のない脊柱管内へのscrew誤刺入の検討.第49回側弯症学会のベストペーパー受賞 2015.11.6 新潟.
22) 杉本直哉:脆弱性骨折を有する骨粗鬆症患者におけるテリパラチド連日製剤の使用経験−上腕骨近位部骨折および大腿骨近位部骨折症例について−.FORTEO National Web Conference 2015.3.24
23) 杉本直哉:生活習慣病と骨粗鬆症.第三回石橋エリア病診連携研究会 2015.6.12 石橋.
24) 杉本直哉:骨粗鬆症の最近の治療. 第20回宇南地区整形外科研究会 2015.6.16 宇都宮.
25) 杉本直哉:脆弱性骨折を有する骨粗鬆症患者におけるテリパラチド連日製剤の使用経験.埼玉西部地区骨形成研究会 2015.6.18 川越市.
26) 杉本直哉:脆弱性骨折を有する骨粗鬆症患者におけるテリパラチド連日製剤の使用経験−上腕骨近位部骨折および大腿骨近位部骨折症例について−.朝日医学・医療セミナー Bone Masters Course W ?trauma/joint-関東 2015.7.11 東京.
27) 杉本直哉:脆弱性骨折を有する骨粗鬆症患者におけるテリパラチド連日製剤の使用経験.宇都宮市臨床整形外科医会講演会 2015.7.16 宇都宮市.
28) 杉本直哉:脆弱性上腕骨骨折に対する保存的治療‐テリパラチドの有用性について−.Trauma Advanced Seminar 2015.8.30 川崎.
29) 杉本直哉:骨粗鬆症の診断と治療−何故、治療が必要なのか−.なでしこフォーラム in 小山 2015.10.15 小山市.
30) 竹下克志:頚椎変形における手術的治療.第12回脳頭頸部疾患研究会 2015.9.7 下野市.
31) 竹下克志:成人の脊柱変形の診断と治療.側弯症とその治療 2015.9.13 宇都宮市.
32) 竹下克志:小児側弯の診断と治療.第53回獨整会公開学術講演会 2015.9.16 宇都宮市.
33) 竹下克志:小児側弯症に対する後方手術の注意点.北関東脊椎外科研究会 2015.9.26 宇都宮市.
34) 竹下克志:側弯症の診断と治療.第28回西新宿整形外科研究会 2015.12.2 東京.
35) 東高弘:病院における骨粗鬆症治療薬の使い分け.第24回小山市の地域完結型医療を育てる会 2015.3.26 小山市. 
36) 宮本理:当院における感染症に対する取組み.第23回栃木県股関節研究会 2015.3.20 宇都宮市.
37) 宮本理:大腿骨頚部骨折における後方アプローチ人工骨頭置換術後脱臼の要因と問題点.第26回栃木県骨・カルシウム代謝研究会 2015.6.19 宇都宮市.
38) 宮本理:THA術後治療に難渋したSurgical Site Infectionについて.第24回栃木県股関節研究会 2015.11.20 宇都宮市.
39) 渡邉英明:若手医師に知ってもらいたい小児整形外科(乳児編).第2回Tochigi Orthopedics Youth Meeting 2015.2.21 下野市.

▲ページTOPに戻る

Copyright Jichi Medical University All rights reserved.