自治医科大学ロゴ  自治医科大学  整形外科
〒329-0498
栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL 0285-44-2111(代表)FAX 0285-44-1301

業績紹介(2016年)

自治医科大学整形外科は、論文や学会発表、著書や講演・セミナー等、様々な分野での業績を有しております。
業績をジャンル別に取りまとめましたので、是非御確認下さい。

尚、過去の業績紹介は、 ページの最下部 にまとめています。


A.原著論文 B.学会発表 C.著書・総説 D.講演・セミナー・その他

A. 原著論文

1) Akiyama, T., Kanda, S., Maeda, A., Saita, K.: Inferior gluteal artery detection at the greater sciatic notch with a computer-assisted navigation system during pelvic and sacral tumor resection. Comput Assist Surg (Abingdon) 21(1) 18-24, 2016
2) Akiyama, T., Saita, K., Chikuda, H., Horiguchi, H., Fushimi, K., Yasunaga, H.: Mortality and Morbidity following Surgery for Primary Malignant Musculoskeletal Tumors in the Pelvis and Limbs: A Retrospective Analysis Using the Japanese Diagnosis Procedure Combination Database. J Cancer Ther 7(4) 303-10, 2016
3) Akiyama, T., Saita, K., Chikuda, H., Horiguchi, H., Fushimi, K., Yasunaga, H.: Risk factors associated with in-hospital postchemotherapy mortality in patients with malignant musculoskeletal tumors. J Cancer Ther Jun 7(6) 363-369, 2016
4) Akiyama, T., Saita, K., Ogura, K., Kawai, A., Imanishi, J., Yazawa, Y., Kawashima, N., Ogata, T.: The effect of an external hip joint stabiliser on gait function after surgery for tumours located around the circumference of the pelvis: Analysis of 7 cases of internal hemipelvectomy or proximal femur resection. Int Orthop 40(3) 561-7, 2016
5) Hara, N., Matsudaira, K., Masuda, K., Tohnosu, J., Takeshita, K., Kobayashi, A., Murakami, M., Kawamura, N., Yamakawa, K., Terayama, S., Ogihara, S., Shiono, H., Morii, J., Hayakawa, K., Kato, S., Nakamura, K., Oka, H., Sawada, T., Inuzuka, K., Kikuchi, N.: Psychometric Assessment of the Japanese Version of the Zurich Claudication Questionnaire (ZCQ): Reliability and Validity. PLoS One 11(7) e0160183, 2016
6) Hirai, T., Yoshii, T., Iwanami, A., Takeuchi, K., Mori, K., Yamada, T., Wada, K., Koda, M., Matsuyama, Y., Takeshita, K., Abematsu, M., Haro, H., Watanabe, M., Watanabe, K., Ozawa, H., Kanno, H., Imagama, S., Fujibayashi, S., Yamazaki, M., Matsumoto, M., Nakamura, M., Okawa, A., Kawaguchi, Y.: Prevalence and Distribution of Ossified Lesions in the Whole Spine of Patients with Cervical Ossification of the Posterior Longitudinal Ligament A Multicenter Study (JOSL CT study). PLoS One 11(8) e0160117, 2016
7) Hozumi, J., Sumitani, M., Matsubayashi, Y., Abe, H., Oshima, Y., Chikuda, H., Takeshita, K., Yamada, Y.: Relationship between Neuropathic Pain and Obesity. Pain Res Manag 2016 (Article ID 2487924), 2016
8) Iijima, Y., Ajiki, T., Murayama, A., Takeshita, K.: Effect of Artificial Nerve Conduit Vascularization on Peripheral Nerve in a Necrotic Bed. PRS-GO 4(3) e665, 2016
9) Iwata, S., Uehara, K., Ogura, K., Akiyama, T., Shinoda, Y., Yonemoto, T., Kawai, A.: Reliability and Validity of the Musculoskeletal Tumor Society Scoring System for the Lower Extremity. Clin Orthop Relat Res 474(9) 2044-52, 2016
10) Kimura, A., Endo, T., Inoue, H., Takeshita, K.: Intervertebral bridging ossifications increase the risk of intravertebral cleft formation following a vertebral compression fracture. Eur Spine J 25(11) 3456-3462, 2016
11) Matsubayashi, Y., Shimizu, T., Chikuda, H., Takeshita, K., Oshima, Y., Tanaka, S.: Correlations of Cervical Sagittal Alignment before and after Occipitocervical Fusion. Global Spine J 6(4) 362-9, 2016
12) Mori, K., Yoshii, T., Hirai, T., Iwanami, A., Takeuchi, K., Yamada, T., Seki, S., Tsuji, T., Fujiyoshi, K., Furukawa, M., Nishimura, S., Wada, K., Koda, M., Furuya, T., Matsuyama, Y., Hasegawa, T., Takeshita, K., Kimura, A., Abematsu, M., Haro, H., Ohba, T., Watanabe, M., Katoh, H., Watanabe, K., Ozawa, H., Kanno, H., Imagama, S., Ito, Z., Fujibayashi, S., Yamazaki, M., Matsumoto, M., Nakamura, M., Okawa, A., Kawaguchi, Y.: Prevalence and distribution of ossification of the supra/interspinous ligaments in symptomatic patients with cervical ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine: a CT-based multicenter cross-sectional study. BMC Musculoskelet Disord 17(1) 492, 2016
13) Oichi, T., Oshima, Y., Taniguchi, Y., Matsubayashi, Y., Chikuda, H., Takeshita, K., Tanaka, S.: Cervical Anterolisthesis: A Predictor of Poor Neurological Outcomes in Cervical Spondylotic Myelopathy Patients After Cervical Laminoplasty. SPINE 41(8) E467-73, 2016
14) Oshima, Y., Kelly, MP., Song, KS., Park, MS., Chuntarapas, T., Vo, KD., Yeom, JS., Takeshita, K., Riew, KD.: Spinolaminar Line Test as a Screening Tool for C1 Stenosis. Global Spine J 6(4) 370-4, 2016
15) Oshima, Y., Takeshita, K., Taniguchi, Y., Matsubayashi, Y., Doi, T., Ohya, J., Soma, K., Kato, S., Oka, H., Chikuda, H., Tanaka, S.: Effect of Preoperative Sagittal Balance on Cervical Laminoplasty Outcomes. SPINE 41(21) E1265-E1270, 2016
16) Seichi, A., Kimura, A., Konno, S., Yabuki, S.: Epidemiologic survey of locomotive syndrome in Japan. J Orthop Sci 21(2) 222-5, 2016
17) Sekiya, H., Takatoku, K., Kimura, A., Kanaya, Y., Fukushima, T., Takeshita, K.:Arthroscopic fixation with EndoButton for tibial eminence fractures visualised through a proximal superomedial portal: a surgical technique. Journal of Orthopaedic Surgery 24(3) 417-420, 2016
18) Nagata, J., Kojima, Y., Satomura, K., Ishiko, T., Ajiki, T.:Anatomic Variations of the Flexor Carpi Radialis Brevis: A Report of Five Cases. The Journal of Hand Surgery 21(1) 113-115, 2016
19) Sasanuma, H., Sugimoto, H., Kanaya, Y., Iijima, Y., Saito, T., Saito, T., Takeshita, K.: Magnetic resonance imaging and short-term clinical results of severe frozen shoulder treated with manipulation under ultrasound- guided cervical nerve root block. J shoulder Elbow Surg 25(1) e13-20, 2016
20) Sugawara, R., Watanabe, H., Hagiwara, K., Inoue, H., Takeshita, K., Kikkawa, I.:Radiological results of treatment using an extensive anterolateral approach for developmental dysplasia of the hip: minimum 5-year follow-up. Journal of Pediatric Orthopaedics B 25(6) 499-503, 2016
21) Takahashi, T., Kondo, E., Yasuda, K., Miyatake, S., Kawaguchi, Y., Onodera, J., Kitamura, N.: Effects of Ligament Remnant Tissue Preservation on the Tendon Graft after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: Biomechanical and Immunohistological Evaluations with A Sheep Model. American Journal of Sports Medicine 44(7) 1708-16, 2016
22) Zeng, C., Xiong, J., Wang, JC., Inoue, H., Tan, Y., Tian, H., Aghdasi, B.: The Evaluation and Observation of "Hidden" Hypertrophy of Cervical Ligamentum Flavum, Cervical Canal, and Related Factors Using Kinetic Magnetic Resonance Imaging. Global Spine J 6(2) 155-63, 2016
23) 飯島裕生,笹沼秀幸,原田亮,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,中島寛大,矢野雄一郎,伊澤一彦,竹下克志:医療機関で行う野球肘検診の有用性.JOSKAS 41(2)554-555, 2016 
24) 大西和友,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,上田祐輔,星加昭太,濱田博成,飯島裕生,松葉友幸,森石丈二:患者立脚肩関節評価法Shoulder36を用いた鏡視下腱板修復術後評価の検討.肩関節40(2)491-494, 2016
25) 小倉浩一,上原浩介,秋山達,税田和夫,岩田慎太郎,米本司,篠田裕介,河野博隆,渡辺典子,朴文華,川井章:日本語版Toronto Extremity Salvage Score下肢の開発 言語的妥当性を担保した翻訳版の作成.整形外科67(3)223-227, 2016
26) 小沼早希,菅原亮,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:観血的整復術後に転位し, 再手術に至った上腕骨通顆骨折の1例.日本小児整形外科学会雑誌25(2)247-250, 2016
27) 金谷裕司,笹沼秀幸,原田亮,齊藤寿大,福島崇,飯島裕生,竹下克志:RSA術後に神経障害を呈した症例.肩関節 40(2)697-700, 2016
28) 金子千恵,高野洋志,高久克己,小山隆司,宮本理:人工股関節置換術後に手術部位感染からE.coliを検出した1症例.臨床検査栃木11(2)21-23, 2016
29) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:脳性麻痺症例にみられた左第1趾リスフラン関節症の1例.栃木県整形外科医会会誌 30 11-14, 2016
30) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:幼児期の急性脳症後遺症による右股関節脱臼の1例.栃木県整形外科医会会誌 30 15-17, 2016
31) 川田英樹,石川義久,石塚謙,萩原佳代,星野雄一,雨宮昌栄:臨床室 二度の脳出血による右内反尖足変形の1例.整形外科67(4)331-333, 2016
32) 木村明徳,高徳賢三,関矢仁:膝窩嚢腫に対する関節鏡視下手術.JOSKAS 41(2)486-487, 2016
33) 齊藤寿大,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,中島寛大,矢野雄一郎,亀田正裕,阿久津仁,伊澤一彦,竹下克志:広域野球肘検診で発見されたosteochondritis dissecans (OCD)の治療成績.JOSKAS 41(2)552-553, 2016
34) 笹沼秀幸,金谷裕司,原田亮,齊藤寿大,安藤治郎,竹下克志:リバース型人工肩関節置換術術後の輸血状況.肩関節 40(3)1052-1054, 2016
35) 西頭知宏,笹沼秀幸:慢性期石灰沈着性腱板炎に伴う肩関節拘縮に対する頚椎神経根ブロック下徒手授動術の1例.肩関節 40(2)764-766, 2016
36) 西頭知宏,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,竹下克志:重度凍結肩に対する第5.6頚椎神経根ブロック下授動術の短期成績.肩関節 40(2)635-638, 2016
37) 菅原亮,吉川一郎,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志:当院における二分脊椎に伴う麻痺性股関節脱臼・亜脱臼症例の検討−観血的整復術の適応について−.日本小児整形外科学会雑誌25(2)190-194, 2016
38) 菅原亮,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:先天性股関節脱臼における術前MRI, 関節造影の有用性.日本小児整形外科学会雑誌 25(1)71-75, 2016
39) 関矢仁,竹下克志:嚢胞性病変に対する関節鏡手術におけるインジゴカルミンの有用性.関東整形災害外科学会雑誌 47(5)335-339, 2016
40) 濱田博成,菅谷啓之,高椅憲正,河合伸昭,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,松葉友幸,前田和博,森石丈二,國吉一樹:反復性肩関節脱臼に生じた関節包断裂・HAGL病変修復後に腋窩神経麻痺を認めた3症例.肩関節40(2)767-770, 2016
41) 原田亮,笹沼秀幸,金谷裕司,飯島裕生,竹下克志:関節鏡視下腱板修復術前後のヘモグロビン値低下に影響する因子の検討.肩関節 40(2)565-567, 2016
42) 福島崇,笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,西頭知宏,竹下克志:重度凍結肩患者に対して行った超音波ガイド下頚椎神経根ブロックによる関節授動術後に生じた上腕骨頭骨挫傷の6ヶ月後のMRI変化と臨床成績の評価.肩関節 40(2)644-647, 2016
43) 前田陽典,税田和夫,秋山達,遠藤実,神田翔太郎:仙骨脆弱性骨折の経験.関東整形災害外科学会雑誌47(4)215-218, 2016
44) 宮本理,小島隆治,伊志嶺卓,坂口亮人:2DCTを用いた寛骨臼側術前計画の精度.Hip Joint 42(2)999-1001, 2016
45) 渡邉英明,吉川一郎,萩原佳代,菅原亮,猪股保志,村山瑛,井上泰一,竹下克志:小児における脊柱側弯症術中ならびに術後神経学的合併症.日本小児整形外科学会雑誌25(2)204-207, 2016

▲ページTOPに戻る

B. 学会発表

1) Ajiki, T., Iijima, Y., Murayama, A., Takeshita, K.: Effect of artificial nerve conduit vascularization on peripheral nerve in a necrotic bed. IFSSH 2016.10.24, Buenos Aires.
2) Akiyama, T., Ogura, K., Gokita, T., Tsukushi, S., Iwata, S., Nakamura, T., Matsumine, A., Yonemoto, T., Nishida, Y., Saita, K., Kawai, A., Matsumoto, S., Yamaguchi, T.: POSTOPERATIVE OUTCOME AND PATHOLOGICAL INFILTRATIVE FEATURE OF SACRAL CHORDOMAS: A RETROSPECTIVE ANALYSIS OF 46 CASES. CTOS 2016.11.9-12, Lisbon.
3) Akiyama, T., Saita, K.: Risk factors associated with in-hospital postchemotherapy mortality in patients with malignant musculoskeletal tumors. 17Th Europea nMusculo-Skeletal Oncology Society 2016.5.25-27, Nantes.
4) Akiyama, T., Saita, K.: RISK FACTORS INCREASING IN-HOSPITAL MORTALITY AFTER CHEMOTHERAPY FOR PATIENTS WITH MALIGNANT MUSCULOSKELETAL TUMORS. CTOS 2016.11.9-12, Lisbon.
5) Akiyama, T., Saku, I., Imada, H., Yamaguchi, T.: Low grade osteosarcoma inside and outside of bone. 43rd Annual meeting and Musculoskeletal Imaging Course of the International Skeletal Society 2016.9.6-9, Paris.
6) Akiyama, T., Uehara, K., Ogura, K., Shinoda, Y., Iwata, S., Saita, K., Tanzawa, Y., Nakatani, F., Yonemoto, T., Kawano, H., Davis, AM., Kawai, A.: Validation of the Toronto Extremity Salvage Score in patients with malignant musculoskeletal tumor in the upper extremitie. 17Th European Musculo-Skeletal Oncology Society 2016.5.25-27, Nantes.
7) Inomata, Y., Watanabe, H., Takeshita, K., Kikkawa, I.: Factors involved in outcomes of orthotic therapy for AIS at our hospital. 第15回自治医科大学シンポジウム抄録集58,2016 第15回自治医科大学シンポジウム2016.9.16,下野市.
8) Inoue, H., Watanabe, H., Nishimura, T., Kimura, A., Shiraishi, Y., Endo, T., Takeshita, K.:Normal Craniocervical-Junction Craniometry Determined by Computed Tomography. 7th CSRS-AP 2016.4.21-23, Korea.
9) Inoue, H., Watanabe, H., Shiraishi, Y., Okami, H., Takeshita, K.: The Difference of Blood Markers Between Pulmonary Embolism And Deep Venous Thrombosis After Spine Surgery. Euro Spine 2016 2016.10.5-7, Berlin.
10) Iwata, S., Suehara, Y., Shinoda, Y., Kakunaga, S., Akiyama, T., Hiraga, H., et al.: Risk factors of symptomatic venous thromboembolism in sarcoma patients:a japanese prospective multicenter study. 17Th European Musculo-Skeletal Oncology Society 2016.5.25-27, Nantes.
11) Nishimura, T., Inoue, H., Watanabe, H., Takeshita, K.:The Inter- and Intra-class Reliability of Craniometry in the Normal Craniocervical Junction Using Computed Tomography. 7th CSRS-AP 2016.4.21-23, Korea.
12) Sasanuma, H., Iijima, Y., Kanaya, Y., Takeshita, K.: Characteristics of dynamic magnetic resonance imaging of idiopathic severe frozen shoulder. 13th ICSES 2016.5.18-20, KOREA.
13) Takahashi, T., Kondo, E., Kawaguchi, Y., Onodera, J., Miyatake, S., Iwasaki, N., Yasuda, K.: Effects of Ligament Remnant Tissue Preservation on the Tendon Graft after Anterior Cruciate Ligament Reconstruction: Biomechanical and Immunohistological Evaluations with A Sheep Model. Orthopaedic Research Society (ORS) 2016 Annual Meeting 2016.3.5-8, Disney's Coronado Springs Resort Orlando, Florida. (New Investigator Recognition Award Finalist)
14) 安食孝士,飯島裕生,村山瑛,竹下克志:末梢神経再生における血管柄付き人工神経の効果.第15回日本再生医療学会総会2016.3.17,大阪.
15) 安食孝士,飯島裕生,村山瑛,竹下克志:ラット血管付き人工神経の作成と神経再生効果の検討.日本手外科学会雑誌33(1)S189,2016 第59回日本手外科学会学術集会2016.4.21-22,広島.
16) 秋山達:骨・軟部腫瘍外科における手術支援 骨・軟部腫瘍手術におけるCTナビゲーションシステム使用のコツと限界.日本整形外科学会雑誌90(6)S1296,2016 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会2016.7.15,東京.
17) 秋山達,五木田茶舞,小倉浩一,筑紫聡,岩田慎太郎,中村知樹,松峯昭彦,米本司,西田佳弘,川井章,松本誠一:脊索腫切除検体の病理学的特徴と術後成績についての解析.日本整形外科学会雑誌90(3)S852,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
18) 秋山達,上原浩介,小倉浩一,税田和夫,岩田慎太郎,篠田裕介,丹澤義一,中谷文彦,米本司,河野博隆,川井章:日本語版Toronto Extremity Salvage Score (TESS)上肢の信頼性・妥当性の検証.日本整形外科学会雑誌90(3)S613,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
19) 秋山達,上原浩介,小倉浩一,税田和夫,岩田慎太郎,米本司,石井猛,篠田裕介,河野博隆,中馬広一,川井章:日本語版Toronto Extremity Salvage Score (TESS) 上肢の開発−言語的妥当性を担保した翻訳版の作成−.日本整形外科学会雑誌90(2)S167,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.12,横浜.
20) 天海裕至,坂口亮人,木村明徳:ショートステムを用いた、外閉鎖筋温存後方アプローチTHAの試み.第43回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集607,2016 第43回日本股関節学会学術集会2016.11.4,大阪.
21) 飯島裕生,笹沼秀幸,金谷裕司,竹下克志:重度凍結肩に対する当院の治療法−サイレント・マニピュレーションの臨床成績−.第219回栃木県整形外科医会 2016.11.26,宇都宮.
22) 飯島裕生,笹沼秀幸,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,竹下克志:糖尿病合併凍結肩へのサイレント・マニピュレーションの治療成績.第43回日本肩関節学会抄録集 230,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.21,広島.
23) 飯島裕生,笹沼秀幸,原田亮,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,中島寛大,竹下克志,亀田正裕,矢野雄一郎,伊澤一彦,大木武:医療機関で行なった2年間の少年野球肘検診の報告−縦断的検討を含めて−.日本整形外科スポーツ医学会雑誌36(4)546,2016 第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会2016.9.17,札幌.
24) 飯島裕生,笹沼秀幸,原田亮,金谷裕司,福島崇,中島寛大,亀田正裕,矢野雄一郎,伊澤一彦,種市洋,竹下克志:栃木県における公式高校野球部1年生に対する肩・肘検診の報告.日本整形外科学会雑誌90(3)S819,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
25) 飯島裕生,笹沼秀幸,原田亮,金谷裕司,村山瑛,福島崇,齊藤寿大,中島寛大,矢野雄一郎,亀田正裕,伊澤一彦,竹下克志:硬式高校野球部1年生における肩・肘障害と肘障害経験率の調査−栃木県内43校、192名に対する検診結果より−.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S75,2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.12,岡山.
26) 飯島裕生,菅谷啓之,高橋憲正,松木圭介,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,濱田博成:大および広範囲腱板断裂術後の再断裂と術前T2値の検討−T2マッピングによる定量的評価−.JOSKAS 41(4)134,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28,福岡.
27) 伊志嶺卓,宮本理,小島隆治,坂口亮人,竹下克志:人工骨頭置換術後反復性脱臼に対し脱臼制動術を行った1 例.第46回日本人工関節学会プログラム・抄録集 471,2016 第46回日本人工関節学会 2016.2.26,大阪.
28) 稲田智,菅原亮,渡邉英明,吉川一郎,萩原佳代,竹下克志:手指の軟部組織腫脹を伴った結核性骨髄炎の一例.日本小児整形外科学会雑誌,2016 関東小児整形外科研究会 2016.2.6,東京.
29) 犬童麻依子,笹井祥充,岡本阿由美,秋山達,永井勝信:右腋窩悪性腫瘍術後にリンパ浮腫を呈した男性症例を経験して.日本作業療法学会抄録集50回PF-1-5A,2016 第50回日本作業療法学会 2016.9.9-11,札幌.
30) 井上泰一,木村敦,白石康幸,遠藤照顕,竹下克志:腰部脊柱管狭窄症に対し行った棘突起縦割椎弓切除術と棘突起切除椎弓切除術の比較−術後2年の検討−.日本整形外科学会雑誌90(3)S894,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
31) 井上泰一,竹下克志,新井康久,白土修,土肥徳秀,山崎健,宇野耕吉,柳田晴久,赤居正美,岩谷力:特発性側弯症における日本版側弯症QOL質問票の各ドメインにおける妥当性検証.第50回日本側彎症学会演題抄録集 316,2016 第50回日本側彎症学会 2016.11.17,京都.
32) 井上泰一,竹下克志,司馬立,M&Mレポートアウトカム委員会:側弯症一次検診における日本版側弯症QOL質問票(SJ27)の結果.Journal of Spine Research 7(3)269,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.14,千葉.
33) 井上泰一,湯澤洋平,金子剛士,林明彦,近藤幹大,古閑比佐志,高野裕一,竹下克志,稲波弘彦:脊椎内視鏡下椎弓切除術(MEL),椎間板摘出術(MED)における硬膜損傷の特徴.Journal of Spine Research 7(3)522,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.15,千葉.
34) 井上泰一,湯澤洋平,高野裕一,古閑比佐志,竹下克志,稲波弘彦:内視鏡下椎間板摘出術における硬膜損傷の特徴.第19回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会プログラム・抄録集 58,2016 第19回日本低侵襲脊椎外科学会学術集会 2016.11.24,東京.
35) 井上泰一,渡邉英明,西村貴裕,木村敦,白石康幸,遠藤照顕,竹下克志:頸椎CTにおける頭蓋骨から上位頸椎にかけての正常値.Journal of Spine Research 7(3)456,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.15,千葉.
36) 猪股保志,渡邉英明,井上泰一,竹下克志,吉川一郎:AIS装具治療成績に関与する因子について.第50回日本側彎症学会演題抄録集 172,2016 第50回日本側彎症学会 2016.11.18,京都.
37) 猪股保志,渡邉英明,竹下克志,吉川一郎:小児陳旧性大腿骨頸部骨折に外反骨切り術を行った2例.日本小児整形外科学会雑誌25(3)S148,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.
38) 猪股保志,渡邉英明,竹下克志,吉川一郎:当院におけるAIS装具治療成績に関与する因子について.日本小児整形外科学会雑誌25(3)S142,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.
39) 今釜史郎,安藤圭,竹内一裕,加藤仁志,竹下克志,松山幸弘,渡邉航太,松本守雄,吉井俊貴,大川淳:胸椎後縦靭帯骨化症の手術成績−多施設前向き研究−.日本整形外科学会雑誌90(2)S92,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.12,横浜.
40) 岩田慎太郎,上原浩介,小倉浩一,秋山達,篠田裕介,米本司,鴨田博人,小林英介,石井猛,中馬広一,河野博隆,川井章:下肢Musculoskeletal Tumor Society Scoring Systemの信頼性と妥当性の検証 多施設共同横断的研究.日本整形外科学会雑誌90(6)S1299,2016 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会2016.7.15,東京. 
41) 岩田慎太郎,米本司,川井章,平賀博明,外堀司,秋山達,角永茂樹,篠田裕介,末原義之,綿貫宗則,上田孝文:骨・軟部悪性腫瘍患者における症候性静脈血栓塞栓症発症のリスクファクター−骨軟部肉腫治療研究会(JMOG)前向き観察研究−.日本整形外科学会雑誌90(3)S1070,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.15,横浜.
42) 上田祐輔,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,星加昭太,濱田博成,飯島裕生,松葉友幸:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する鏡視下病巣掻把術後の中長期成績評価.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S22, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.12, 岡山.
43) 上原浩介,小倉浩一,秋山達,篠田裕介,丹沢義一,小林英介,中谷文彦,岩田慎太郎,石井猛,米本司,中馬広一,河野博隆,川井章:上肢Musculoskeletal Tumor Society Scoring Systemの信頼性と妥当性の検証 多施設共同横断的研究.日本整形外科学会雑誌90(6)S1299,2016 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会2016.7.15,東京.
44) 梅本尚可,山田朋子,中村哲史,鷲野聡,秋山達,清崎浩一,野首光弘,田中亨,出光俊郎:日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会プログラム・抄録集32回172,2016 日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会2016.5.27-28,鹿児島.
45) 尾市健,大島寧,筑田博隆,谷口優樹,松林嘉孝,熊野洋,早川謙太郎,福島成欣,大谷隼一,竹下克志,田中栄:頸椎椎弓形成術後椎弓癒合発生の危険因子の検討および椎弓癒合が術後アウトカムに与える影響.Journal of Spine Research 7(3)249,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.14,千葉.
46) 大島寧,竹下克志,筑田博隆,谷口優樹,松林嘉孝,大科将人,福島成欣,村瀬修平,齋木文子,岡敬之,田中栄:頚椎椎弓形成術における術後軸性疼痛の発生予測因子.日本整形外科学会雑誌90(3)S873,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
47) 大西和友,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,上田祐輔,星加昭太,濱田博成,飯島裕生,松葉友幸,柴山一洋:野球選手の肘頭疲労骨折に対する体外衝撃波療法の治療経験.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S143, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.13,岡山.
48) 小川将也,高橋恒存,小川敦子,笹沼秀幸,安食孝士,竹下克志:大学水泳選手の競技開始時期と肩関節可動域ならびに関節laxityの関係性調査.日本整形外科スポーツ医学会雑誌36(4)345,2016 第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 2016.10.8-9,札幌.【学生と若手医師が語るスポーツ整形外科 最優秀演題賞受賞】
49) 小倉浩一,上原浩介,秋山達,岩田慎太郎,篠田裕介,小林英介,丹沢義一,中谷文彦,税田和夫,米本司,石井猛,河野博隆,中馬広一,川井章:日本語版Toronto Extremity Salvage Score (TESS)下肢の異文化間適合および信頼性・妥当性の検証.日本整形外科学会雑誌90(6)S1298,2016 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会2016.7.15,東京.
50) 小倉浩一,上原浩介,秋山達,税田和夫,篠田裕介,岩田慎太郎,米本司,石井猛,河野博隆,中馬広一,川井章:日本語版Toronto Extremity Salvage Score (TESS)下肢の開発−言語的妥当性を担保した翻訳版の作成−.日本整形外科学会雑誌90(2)S168,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.12,横浜.
51) 生越敦子,木村雅史,萩原敬一,柳澤真也,中川智之,高橋恒存,塩澤裕行,鈴木浩介:Roux-Goldthwait法後縫着部痛を伴った1例.東日本整形災害外科学会雑誌28(3)292,2016 第65回東日本整形災害外科学会2016.9.22,箱根.
52) 金谷裕司:症候性腱板断裂におけるDynamic造影MRIの特徴的所見.第43回日本肩関節学会抄録集 151,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.21,広島.
53) 金谷裕司,渡邉英明,谷口信行:小児Monteggia骨折の超音波画像.日本超音波学会雑誌,2016 日本超音波医学会第89回学術集会2016.5.29,京都.
54) 金谷裕司,笹沼秀幸,原田亮,齊藤寿大,飯島裕生,竹下克志:Suture anchorを用いた上腕二頭筋長頭腱固定の短期成績.JOSKAS41(4)526,2016 第8回JOSKAS 2016.7.30,福岡.
55) 吉川一郎,川上紀明,渡邉英明,萩原佳代,菅原亮,猪股保志,竹下克志:形成不全性高度腰椎すべり症に対するJackson法による手術治療.日本小児整形外科学会雑誌25(3)S61,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.1,仙台.
56) 吉川一郎,渡邉英明,菅原亮,猪股保志,萩原佳代,川上紀明,竹下克志:軟骨無形成症2症例における脊椎病変の手術治療について.日本整形外科学会雑誌90(10)789,2016 第28回日本整形外科学会骨系統疾患研究会2016.12.3,仙台.
57) 木村明徳,高徳賢三,宮井保尚,仲村将幸,滝直也,関矢仁:膝窩嚢腫の嚢腫壁の性状には関節腔との交通の有無が関係する.JOSKAS41(4)447,2016 第8回JOSKAS 2016.7.29,福岡.
58) 木村敦,白石康幸,井上泰一,遠藤照顕,竹下克志:頚椎椎弓形成術後の矢状面アライメントの変化を予測する因子の検討.日本整形外科学会雑誌90(2)S87,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.12,横浜.
59) 木村敦,白石康幸,井上泰一,遠藤照顕,竹下克志:頚椎椎弓形成術後の頚部痛を予測する因子の検討.日本運動器疼痛学会誌8(3)S78,2016 第9回日本運動器疼痛学会 2016.11.27,東京.
60) 倉品渉,内田拓実,伊澤一彦,飯島裕生,笹沼秀幸,亀田正裕,矢野雄一郎:中学生野球選手における肘内側障害と身体機能の検討.日本整形外科スポーツ医学会雑誌36(4)361,2016 第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会2016.9.16,札幌.
61) 小林寛,秋山達,大隈知威,平井利英,大木孝裕,澤田良子,津田祐輔,池上政周,小倉浩一,今西淳悟,篠田裕介,山本愛一郎,五嶋孝博,田中栄,河野博隆:3Dフルオロベースナビゲーションシステムは、骨発生腫瘍性骨軟化症の手術において有効である.日本整形外科学会雑誌90(6)S1208,2016 第49回日本整形外科学会骨・軟部腫瘍学術集会2016.7.14,東京.
62) 齊藤寿大,笹沼秀幸,飯島裕生,竹下克志,伊澤一彦,矢野雄一郎,亀田正裕:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の検診群と外来初診群の比較.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S76, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.12,岡山.
63) 齊藤寿大,笹沼秀幸,飯島裕生,原田亮,金谷裕司,福島崇,中島寛大,矢野雄一郎,亀田正裕,伊澤一彦,竹下克志:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の検診群と一般外来群での競技復帰状況の比較.JOSKAS 41(4)505,2016 第8回JOSKAS 2016.7.29,福岡.
64) 齊藤寿大,笹沼秀幸,金谷裕司,飯島裕生,原田亮,竹下克志:関節窩高度骨欠損例にReverse Shoulder Arthroplastyを行った1例.第43回日本肩関節学会抄録集 219,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.21,広島.
65) 西頭知宏,笹沼秀幸,金谷裕司,齊藤寿大,渡邉英明,吉川一郎,竹下克志:凍結肩に対する頚椎神経根ブロック下授動術後の1年成績.第43回日本肩関節学会抄録集 144,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.21,広島.
66) 坂口亮人,福島崇,天海裕至,宮本理,伊志嶺卓,蓮江正賢:Direct Anterior approach (AMIS) において短外旋筋群はどこに見えているのか?〜Cadaver を用いた実験より〜.第46回日本人工関節学会プログラム・抄録集 566,2016 第46回日本人工関節学会 2016.2.27,大阪.
67) 朔伊作,木村明徳,秋山達:膝蓋下脂肪体に生じた関節周囲骨軟骨腫症の3例の治療経験.JOSKAS41(4)143,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28,福岡.
68) 笹沼秀幸,飯島裕生,金谷裕司,福島崇,齊藤寿大,竹下克志:上腕骨近位部粉砕骨折に対するRSAの使用経験.第43回日本肩関節学会抄録集 148,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.21,広島.
69) 笹沼秀幸,飯島裕生,齊藤寿大,竹下克志,伊澤一彦,矢野雄一郎,亀田正裕,種市洋:検診で発見された無症候性上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の治療成績.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S80, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.12,岡山.
70) 笹沼秀幸,金谷裕司,飯島裕生,齊藤寿大,原田亮,竹下克志:重度特発性凍結肩のdynamic MRIを用いた血流評価.日本整形外科学会雑誌90(3)S740,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
71) 笹沼秀幸,飯島裕生,原田亮,金谷裕司,齊藤寿大,滝直也,竹下克志:スーチャーブリッジ法による鏡視下腱板修復術の成績と再断裂症例の特徴.JOSKAS 41(4)423,2016 第8回JOSKAS 2016.7.29,福岡.
72) 塩澤裕行,萩原敬一,柳澤真也,生越敦子,中川智之,高橋恒存,鈴木浩介,木村雅史:小児に生じた骨内に侵食した膝半月板嚢腫に対し関節鏡下手術を行った1例.東日本整形災害外科学会雑誌28(3)291,2016 第65回東日本整形災害外科学会2016.9.22,箱根.
73) 柴山一洋,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,松葉友幸,濱田博成,田中雄也:Suture bridge法による鏡視下肩甲下筋腱修復術の治療成績 術後腱板修復状態と術後2年の臨床成績.JOSKAS 41(4)125,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
74) 白石康幸,中間季雄,井上泰一,遠藤照顕,木村敦,竹下克志:胸腰椎破裂骨折に対する椎体形成併用後方固定術の抜釘後の治療成績.Journal of Spine Research 7(3)261,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.14,千葉.
75) 菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田裕輔,星加昭太,飯島裕生,松葉友幸,柴山一洋,濱田博成:反復性肩関節脱臼に対する鏡視下手術.日本整形外科学会雑誌90(2)S355,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.13,横浜.
76) 菅原亮,川上紀明,小原徹哉,辻太一,齋藤敏樹,渡邉英明,竹下克志,吉川一郎:軟骨無形成症に伴う大後頭孔狭窄の3例.日本整形外科学会雑誌90(10)789,2016 第28回日本整形外科学会骨系統疾患研究会2016.12.3,仙台.
77) 菅原亮,吉川一郎,渡邉英明,猪股保志,萩原佳代,川上紀明,竹下克志:二分脊椎に伴う脊柱変形の検討−麻痺レベルによる特徴的な脊柱変形は存在するか? 日本小児整形外科学会雑誌25(3)S81,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.
78) 菅原亮,吉川一郎,渡邉英明,猪俣保志,萩原佳代,川上紀明,竹下克志:二分脊椎に伴う脊柱変形の検討―麻痺レベルによる特徴的な脊柱変形は存在するのか? 第33回日本二分脊椎研究会抄録集27,2016 第33回日本二分脊椎研究会2016.7.16,福岡.
79) 菅原亮,渡邉英明,猪股保志,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:大腿骨頭骨端核出現時期の検討−骨端核出現遅延はどの時期まで正常範囲と考えられるか? 日本小児整形外科学会雑誌25(3)S156,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.
80) 菅原亮,渡邉英明,萩原佳代,竹下克志,吉川一郎:大腿骨頭骨端核出現時期の検討−骨端核出現遅延はどの時期まで正常範囲と考えられるか−.日本整形外科学会雑誌90(3)S909,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
81) 杉本直哉,萩原佳代,稲田智,溝部弘敬,萩原秀:骨粗鬆性椎体骨折に対するGips bedとTPTD連日製剤を用いた積極的保存療法.日本骨粗鬆症学会雑誌2 Suppl.1 270,2016 第18回日本骨粗鬆症学会2016.10.6-8,仙台.
82) 鈴木拓弥,高橋恒存,萩原敬一,柳澤真也,生越敦子,伊東美栄子,中川智之,片山和洋,上野哲,高橋佑介,金古晢一,大澤貴志,竹下克志,木村雅史:ACL再建術患者の術前治療開始時期が術後筋力に与える影響.第43回日本臨床バイオメカニクス学会 2016.9.16-18,札幌.
83) 関矢仁,高徳賢三,宮井保尚,仲村将幸,猪股保志,大上仁志:膝窩嚢腫に対する新たな知見.第217回栃木県整形外科医会 2016.2.20,宇都宮.
84) 関矢仁,高徳賢三,宮井保尚,仲村将幸,猪股保志,大上仁志:関節鏡手術におけるインジコカルミンの有用性.関東整形災害外科学会雑誌47(臨増号外)121,2016 第56回関東整形災害外科学会 2016.3.26,東京.
85) 関矢仁,高徳賢三,高田尚,金谷裕司,笹沼秀幸,竹下克志:下腿外旋変形例での人工膝関節における回旋変形の矯正法について.日本整形外科学会雑誌90(2)S280,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.12,横浜.
86) 関矢仁,高徳賢三,木村明徳,金谷裕司,竹下克志:関節鏡視下脛骨顆間隆起骨折に対する新しい治療法.日本整形外科学会雑誌90(3)S580,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
87) 関矢仁,高徳賢三,金谷裕司,福島崇,木村明徳,竹下克志:足関節鏡視下関節固定術では軟骨下骨を温存したほうがよい.日本整形外科学会雑誌90(3)S947,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
88) 関矢仁,高徳賢三,宮井保尚,仲村将幸,滝直也:膝関節鏡におけるinframeniscal portalの有用性.JOSKAS41(4)227,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28,福岡.
89) 高橋淳,田中雅人,酒井大輔,谷口優樹,池上章太,竹下克志:思春期特発側彎症Lenke type1カーブに対する矯正角に基づいた最適なスクリューの数の検討.Journal of Spine Research 7(3)649,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.15,千葉.
90) 高徳賢三,関矢仁,高田尚:関節鏡下半月板切除術後のMRIでの骨髄内変化−術後1ヶ月.JOSKAS 41(4)468,2016 第8回JOSKAS 2016.7.29,福岡.
91) 高橋恒存,大澤貴志,萩原敬一,柳澤真也,生越敦子,伊東美栄子,中川智之,片山和洋,塩澤裕行,鈴木浩介,上野哲,常起忠,竹下克志,木村雅史:術前MRIによるACL遺残組織の評価.第43回日本臨床バイオメカニクス学会 2016.10.8-9,札幌.
92) 高橋恒存,大澤貴志,萩原敬一,柳澤真也,生越敦子,中川智之,片山和洋,塩澤裕行,鈴木浩介,常起忠,笹沼秀幸,福島崇,宇川聖美,竹下克志,木村雅史:ACL再損傷症例の移植腱と初回損傷ACLとの組織学的比較.第43回関東膝を語る会 2016.11.19,東京.
93) 高橋恒存,近藤英司,北村信人,小野寺純,河口泰之,横田正司,宮武慎,井上雅之,佃幸一郎,岩崎倫政,安田和則:遺残靱帯組織の温存が膝前十字靱帯再建術の結果に与える効果(第3報) 成羊モデルにおける画像的評価および組織学的評価.日本整形外科学会雑誌90(8)S1525,2016 第31回日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10.13-14,福岡.【優秀演題賞 優秀賞受賞】
94) 高橋恒存,笹沼秀幸:大学・社会人ラグビー選手の膝メディカルチェック評価項目の妥当性評価.JOSKAS 41(4)134,2016 第8回日本関節鏡・膝・スポーツ外科学会2016.7.29,福岡.
95) 高橋憲正,菅谷啓之,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,濱田博成,松葉友幸,柴山一洋:野球選手の肘内側障害に対する体外衝撃波療法の経験.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S26, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.12,岡山.
96) 高橋憲正,菅谷啓之,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,松葉友幸,柴山一洋,永田純一,田中雄大:反復性肩関節前方不安定症に対する鏡視下Bankart法の現状と課題 スポーツ競技者の反復性肩関節脱臼に対する鏡視下手術成績.JOSKAS 41(4)120,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
97) 高橋憲正,菅谷啓之,渡海守人,松木圭介,大西和友,上田裕輔,星加昭太,濱田博成,飯島裕生,松葉友幸,柴山一洋:鏡視下腱板修復術 断裂形態における手技の工夫.日本整形外科学会雑誌90(2)S350,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.13,横浜.
98) 滝直也,笹沼秀幸,原田亮,金谷裕司,吉川一郎,竹下克志:反復性肩関節前方脱臼を来したShprintzen-Goldberg syndromeの1例.第217回栃木県整形外科医会 2016.2.20,宇都宮.
99) 滝直也,笹沼秀幸,原田亮,金谷裕司,竹下克志:反復性肩関節脱臼を来したShprintzen-Goldberg syndromeの1例.第43回日本肩関節学会抄録集 302,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.22,広島.
100) 竹内大作,種市洋,橋爪洋,金森昌彦,寒竹司,金山雅弘,松本守雄,松山幸弘,笠井裕一,竹下克志,山崎健,田中信弘,松永俊二,宮本雅史,田中雅人,紺野慎一,川上守:腰椎変性側弯症の健康関連QOL低下に及ぼすエックス線学的(脊柱変形)パラメータを検討する多施設横断的臨床研究.第50回日本側彎症学会演題抄録集 177,2016 第50回日本側彎症学会 2016.11.18,京都.
101) 竹下克志:側彎症とロコモティブシンドローム.運動器リハビリテーション27(2)144,2016 第28回日本運動器科学会 2016.7.9-10,会津若松.
102) 田中雄也,菅谷啓之,高橋憲正,松木圭介,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,濱田博成:軟骨片を主とした関節内遊離体を合併した少年野球選手の上腕骨小頭離断性骨軟骨炎の3例.JOSKAS 41(4)215,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
103) 中間季雄,宮本理,萩原浩好,山村麻由,西村貴裕,渡邉英明:腰痛症、腰部脊柱管狭窄症患者の健康度調査−一般外来における大規模調査−.日本整形外科学会雑誌90(3)S874,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
104) 永田純一,菅谷啓之,高橋憲正,松木圭介,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,濱田博成:interference screwによる上腕二頭筋長頭筋腱固定術後のMRI画像評価.JOSKAS 41(4)553,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
105) 西村貴裕,井上泰一,渡邉英明,竹下克志:頭蓋骨から上位頚椎におけるCT測定値の検者間信頼性及び検者内信頼性.Journal of Spine Research 7(3)298,2016 第45回日本脊椎脊髄病学会学術集会 2016.4.14,千葉.
106) 萩原佳代,渡邉英明,猪股保志,吉川一郎:高年齢発症ペルテス病の治療成績.日本小児整形外科学会雑誌25(3)S162,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.
107) 蓮江正賢,坂口亮人,伊志嶺卓,宮本理:人工股関節全置換術後感染に対してカップのみ抜去し2期的再置換術を行った1例.第43回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集708,2016 第43回日本股関節学会学術集会2016.11.5,大阪.
108) 長谷川翔一,神田翔太郎,前田陽典,遠藤実,税田和夫,秋山達:メロレオストーシス軟部骨化病変切除により20年来の疼痛を除去できた1例.関東整形災害外科学会雑誌47(4)246,2016 第56回関東整形災害外科学会2016.3.25-26,東京.
109) 濱田博成,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,松葉友幸,柴山一洋:ハンドボール選手における反復性肩関節脱臼の手術成績.JOSKAS 41(4)430,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
110) 濱田博成,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,松葉友幸,森石丈二:尺骨近位骨幹部疲労骨折に衝撃波治療を行った1例.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S143, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会 2016.2.13,岡山.
111) 原口一史,木村敦,日野敏明:外来患者におけるサルコペニアとロコモティブ症候群関連疾患.日本整形外科学会雑誌90(3)S966,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.14,横浜.
112) 東高弘,田中浩史,高田尚,中島寛大,刈谷裕成,清水健太郎:人工肘関節置換術の4名.第219回栃木県整形外科医会 2016.11.26,宇都宮.
113) 福島崇,笹沼秀幸,飯島裕生,原田亮,金谷裕司,竹下克志:重度凍結肩患者に対して行った超音波ガイド下頚椎神経根ブロックによる関節受動術後に生じた上腕骨骨頭骨挫傷の6ヶ月後のMRI変化.JOSKAS41(4)478,2016 第8回JOSKAS 2016.7.29,福岡.
114) 福島崇,笹沼秀幸,高橋恒存,飯島裕生,金谷裕司,竹下克志:人工肩関節置換術での深部静脈血栓と肺塞栓の造影CT評価.第43回日本肩関節学会抄録集 341,2016 第43回日本肩関節学会 2016.10.22,広島.
115) 星加昭太,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田祐輔,飯島裕生,濱田博成,柴山一洋:プロ野球選手の無症候性肘内側側副靱帯のマイクロコイルを用いたMRI 評価.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S48, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会2016.2.12,岡山.
116) 星加昭太,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田祐輔,飯島裕生,濱田博成,柴山一洋:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎分離期に対する積極的保存療法の効果.第28回日本肘関節学会学術集会プログラム・抄録集S78, 2016 第28回日本肘関節学会学術集会2016.2.12,岡山.
117) 前田和博,菅谷啓之,高橋憲正,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,濱田博成,飯島裕生:野球選手の肘内側障害に対する体外衝撃波療法の経験.JOSKAS 41(4)213,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
118) 松葉友幸,菅谷啓之,高橋憲正,松木圭介,渡海守人,大西和友,上田祐輔,星加昭太,飯島裕生,濱田博成:一次修復困難な広範囲腱板断裂に対するテフロンフェルトを用いた鏡視下パッチ法の長期成績.JOSKAS 41(4)127,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28-30,福岡.
119) 宮本理:DAA-THA 後に観血的整復を要した人工股関節脱臼.第46回日本人工関節学会プログラム・抄録集 574,2016 第46回日本人工関節学会 2016.2.27,大阪.
120) 宮本理,小島隆治,伊志嶺卓,蓮江正賢,坂口亮人,高田尚,竹下克志:転位型大腿骨頚部骨折における寛骨臼形成不全.第43回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集448,2016 第43回日本股関節学会学術集会2016.11.5,大阪.
121) 宮本理,小島隆治,久保達也,高田尚,竹下克志:大腿骨頚部骨折における後方アプローチ人工骨頭置換術後脱臼の要因と問題点.骨折38(Supple)S134,2016 第42回骨折治療学会2016.7.1,東京.
122) 宮本理,小島隆治,竹下克志:DAA-THAで術中にワイヤリングを行った症例の検討.第43回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集592,2016 第43回日本股関節学会学術集会2016.11.4,大阪.
123) 宮本理,竹下克志:前方アプローチTHA術後にSSIを生じた関節リウマチの1例.第39回日本骨・関節感染症学会プログラム・抄録集116,2016 第39回日本骨・関節感染症学会2016.7.8,岡山.
124) 宮本理,小島隆治,上本宗唯,笹沼秀幸,竹下克志:股関節滑膜性骨軟骨腫症に対し鏡視下摘出を試みた3例.JOSKAS41(4)187,2016 第8回JOSKAS 2016.7.28,福岡.
125) 村山瑛,安食孝士,井上泰一,竹下克志:一方向性多孔性人工骨を用いた血管付き人工骨の作成.第36回整形外科バイオマテリアル研究会2016.12.3,大阪.
126) 山中卓哉,渡邉英明:単純X線で診断できなかったが単純MRIで診断できた幼児の上腕骨内顆骨骨折.第219回栃木県整形外科医会 2016.11.26,宇都宮.
127) 山中卓哉,渡邉英明,猪股保志,吉川一郎:単純X線で診断できなかったが単純MRIで診断できた幼児の上腕骨内顆骨折.日本小児整形外科学会雑誌25(3)S139,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.
128) 山村麻由:大腿骨転子部骨折の手術待機日数は術後ADLに影響を与えるか? The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine JARM2016 I276,2016 第53回日本リハビリテーション医学会学術集会2016.6.9-11,京都.
129) 横田正司,小野寺純,近藤英司,北村信人,後藤佳子,高橋恒存,和田進,舛田哲朗,比嘉浩太郎,岩崎倫正,安田和則:遺残組織を温存した解剖学的2束前十字靭帯再建術が移植腱の再構築過程に与える効果−MRIを用いた検討−.日本整形外科学会雑誌90(3)S1103,2016 第89回日本整形外科学会学術総会2016.5.15,横浜.
130) 渡邉英明,井上泰一,白石康幸,村山瑛,菅原亮,吉川一郎,竹下克志:脊椎手術における思春期と高齢者の凝固線溶系血液マーカーの術後変動の違い.日本整形外科学会雑誌90(3)S910,2016 第89回日本整形外科学会学術集会 2016.5.12,横浜.
131) 渡邉英明,吉川一郎,萩原佳代,猪股保志,山中卓哉,井上泰一,菅原亮,竹下克志:大腿骨頭すべり症に対する安静牽引後In Situ Fixationの成績.日本小児整形外科学会雑誌25(3)S160,2016 第27回日本小児整形外科学会学術集会 2016.12.2,仙台.

▲ページTOPに戻る

C. 著書・総説

1) 秋山達:Musculoskeletal Tumor 骨・軟部腫瘍 脊椎、骨盤周辺発生の悪性腫瘍に対する治療 骨盤部・脊椎悪性骨腫瘍の局所療法に関するエビデンス. 癌と化学療法 pp313-316, 2016
2) 秋山達:【整形外科手術名人のknow-how】患肢温存骨盤骨悪性腫瘍手術.整形・災害外科59(4)362-365, 2016
3) 秋山達,上原浩介,小倉浩一,税田和夫,岩田慎太郎,米本司,石井猛,篠田裕介,河野博隆,櫻井卓郎,中馬広一,川井章:日本語版Toronto Extremity Salvage Score (TESS)−上肢の開発 言語的妥当性を担保した翻訳版の作成.整形外科67(9)933-937, 2016
4) 秋山達:Musculoskeletal Tumor 骨・軟部腫瘍 脊椎、骨盤周辺発生の悪性骨腫瘍に対する治療 骨盤部・脊椎悪性骨腫瘍の局所療法に関するエビデンス.癌と化学療法43(3)313-316, 2016
5) 遠藤照顕,竹下克志:【脊椎・脊髄外傷診療の最前線】脊椎・脊髄外傷の診断・評価 有限要素法による脊椎の力学的解析.整形外科67(8)719-723, 2016
6) 吉川一郎:編集「こどもの運動器検診の診察ポイント」,Monthly Book Orthopedics 29(13), 2016
7) 木村敦:【脊椎・脊髄外傷診療の最前線】脊髄再生・損傷の基礎研究 脊髄損傷部におけるアストロサイトの機能.整形外科67(8)847-851, 2016
8) 木村敦:【ERの現場において遭遇する機会の多い運動器疾患】頸椎疾患.月刊レジデント9(6)43-51, 2016
9) 竹下克志:【骨関節疾患の疼痛管理−健康寿命延伸を目指して】脊椎変性疾患の疼痛 病態.THE BONE 30(3)269-272, 2016
10) 竹下克志:【骨粗鬆症の診断と治療update】骨粗鬆症の治療 骨粗鬆症性椎体圧迫骨折に対する手術治療.Bone Joint Nerve 6(1)131-136, 2016
11) 竹下克志:診療の秘訣 腰痛と脊柱変形.Modern Physician 36(6)599, 2016
12) 竹下克志:【日常診療と慢性疼痛の管理】慢性頸部痛.成人病と生活習慣病 46(7)824-829, 2016
13) 竹下克志:ナビゲーションシステムを用いた側弯症手術のadvantageとpitfall.関節外科35(7)696-700, 2016
14) 早坂信哉,渡邉英明:幸福をもたらすお風呂のヒミツ お風呂でお手軽エステ 充実のバスタイムで美を制す! ライフスタイル情報紙 2-3, 大阪, エム・シー・アンド・ビー, 2016
15) 渡邉英明:【特集:こどもの運動器検診の診察ポイント】股関節痛.Monthly Book Orthopaedics 29(13)62-66, 2016
16) 渡邉英明:専門医試験をめざす症例問題トレーニング 肩甲帯・肩・肘関節疾患.整形外科67(9)993-997, 2016
17) 渡邉英明:【第4章 小児の骨折】小児肘周辺の骨折.日常診療の疑問に答える骨折の保存的治療168-178, 2016

▲ページTOPに戻る

D. 講演・セミナー・その他

1) Akiyama, T.: Surgical management of sacral chordoma. 4th Sarcoma Symposium 2016.11.6,Singapore.
2) 秋山達:一から始める医学研究 〜自治さいたまでの6年を振り返って〜.第5回薬師寺会 2016.9.3
3) 秋山達:ハイリスクな悪性骨軟部腫瘍をより安全に治療する試み.川越市医師会学術講演会 2016.9.29,川越市.
4) 安食孝士:手指の拘縮−デュピュイトラン拘縮を中心に−.栃木県整形外科医会研修会 2016.3.17,小山市.
5) 飯島裕生:野球肘検診における超音波検査の活用.栃木超音波研究会第15回特別セミナー 2016.1.11,下野市.
6) 飯島裕生:上腕骨小頭離断性骨軟骨炎に対する鏡視下病巣掻把術後の中長期成績.第4回栃木県運動機能研究会 2016.1.29,栃木.
7) 井上泰一:腰椎疾患に対する内視鏡治療.読売・日本テレビ文化センター健康公開講座【背骨の疾患とその治療】2016.3.13,宇都宮市.
8) 遠藤照顕:頸椎疾患に対する治療.読売・日本テレビ文化センター健康公開講座【背骨の疾患とその治療】2016.3.13,宇都宮市.
9) 金谷裕司:肩関節疾患へのRSAの適応.第4回難治症例検討会 2016.1.6,宇都宮市.
10) 金谷裕司:肩関節疾患と超音波画像.栃木超音波研究会第15回特別セミナー 2016.1.11,下野市.
11) 金谷裕司:整形外科診療を変える運動器超音波検査.第4回Tochigi Orthopedics Youth Meeting 2016.1.30,下野市.
12) 吉川一郎:小児整形外科疾患―背骨と骨折について―.栃木県柔道整復師会講演会 2016.7.10,宇都宮市.
13) 吉川一郎:書評「小児・新生児診療ゴールデンハンドブック(改訂第2版)」,整形外科67(11)1214, 2016
14) 木村敦:成人脊柱変形に対する治療.読売・日本テレビ文化センター健康公開講座【背骨の疾患とその治療】2016.3.13,宇都宮市.
15) 笹沼秀幸:JOSKAS 関節鏡セミナー インストラクター(肩関節鏡)2016.7.30,福岡.
16) 笹沼秀幸:学生野球肘検診と肩肘障害の現状.平成28年度関東甲信越静学校医協議会 2016.8.25,宇都宮市.
17) 笹沼秀幸:学校運動器検診(上肢).栃木県臨床整形外科医会 2016.3.3,宇都宮市.
18) 笹沼秀幸:上肢スポーツ障害.栃木県医師会運動器検診講習会 2016.2.28,宇都宮市.
19) 笹沼秀幸:ダイナミックMRIが捉えたBurning sign. 大阪肩関節鏡フォーラム 2016 2016.3.26,大阪.
20) 笹沼秀幸:ボストン肩関節鏡セミナー インストラクター 2016.3.21-22,Boston.
21) 笹沼秀幸,矢野雄一郎,伊澤一彦,亀田正裕,飯島裕生,齊藤寿大,石川和由,倉品渉,押山徳,野澤健二:栃木県青少年野球団体協議会野球手帳の作成 2016.3
22) 菅原亮:こどもの脊柱変形−検診から診断、治療まで. 第24回芳賀病診連携懇話会 2016.6.9,真岡市.
23) 菅原亮:腰痛症の診断と治療−ベッドサイドでの診療ポイント. プライマリケア医のための腰痛診療セミナー 2016.11.25,真岡市.
24) 杉本直哉:骨粗鬆症に伴う脆弱性骨折症例に対するテリパラチド連日製剤の有用性.FORTEO Web Conference 2016.11.8
25) 杉本直哉:脆弱性骨折を有する骨粗鬆症患者におけるテリパラチド連日製剤の使用経験.第4回さいたま外傷 〜匠の会〜 2016.2.20,大宮市.
26) 高橋恒存:北大スポーツ医学分野への留学記.第5回ぐんま膝を診る会 2016.7.2,前橋.
27) 竹下克志:整形外科医からみた脊椎疾患治療.慢性疼痛研究会 2016.6.30,下野市.
28) 竹下克志:整形外科医が考える痛みの治療戦略.栃木慢性腰痛カンファレンス 2016.8.3,宇都宮市.

▲ページTOPに戻る

過去の業績紹介

2015年の実績紹介   2014年の実績紹介

▲ページTOPに戻る

Copyright Jichi Medical University All rights reserved.