アミロイド腎症
(Renal amyloidosis)

エオジンに薄く染まる無構造物質が糸球体内、血管壁に沈着する。Congo-Red染色が出ればアミロイド-シス。電顕的には10nm程の細線維(amyloid fibril)が不規則に束状に交錯する。
     (82回PAS、Congo-Red染色、84回Congo-Red染色)

  1. (閑話休題:Virchowは、この物質のヨ−ド・硫酸反応がセルロ−スに似ているので”澱粉 Amylum”からAmyloidと命名したが実際には蛋白であった。)

    Back TOC Next