自治医科大学 小児科学講座 | Jichi Medical University Dept. of Pediatrics

自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、大学病院併設型の小児病院です。

2008年

calendar

(A)原著論文

  1. Dateki S, Takayanagi M, Ohki T, Takahashi N, Moriuchi Y. : Differential T cell response in a young child and neonates with toxic shock syndrome. Pediatr Int 2009 (in press).
  2. Fujita E, Tanabe Y, Shiota A, Ueda M, Suwa K, Momoi MY, Momoi T : Ultrasonic vocalization impairment of Foxp2 (R552H) knockin mice related to speech-language disorder and abnormality of Purkinje cells. PANAS 105:3117-3122,2008.
  3. Furutani A, Imamura T, Ueda I, Takanashi M, Hirashima Y, Nakatani T, Inaba T, Morimoto A.: Hemophagocytic lymphohistiocytosis during maintenance treatment of precursor B-cell acute lymphoblastic leukemia. Int J Hematol. 88: 610-612, 2008.
  4. Hayase T, Shimizu J, Goto T, Nozaki Y, Mori M, Takahashi N, Namba E, Yamagata T, Momoi MY.: Unilaterally and rapidly progressing white matter lesion and elevated cytokines in a patient with Tay-Sachs disease. Brain Dev 2009; Epub.
  5. Ichihashi K, Yada Y, Takahashi N, Honma Y, Momoi YM. : Integrated backscatter of the brain of preterm infants. J Perinat Med 2008;36:253-55.
  6. Imashuku S, Okazaki NA, Nakayama M, Fujita N, Fukuyama T, Koike K, Minato T, Kobayashi R, Morimoto A.: Treatment of neurodegenerative CNS disease in langerhans cell histiocytosis with a combination of intravenous immunoglobulin and chemotherapy. Pediatr Blood Cancer, 50: 308-311, 2008.
  7. Imashuku S, Shioda Y, Kobayashi R, Hosoi G, Fujino H, Seto S, Wakita H, Oka A, Okazaki N, Fujita N, Minato T, Koike K, Tsunematsu Y, Morimoto A.: Neurodegenerative central nervous system disease as late sequelae of Langerhans cell histiocytosis. Report from the Japan LCH Study Group. Haematologica. 93: 615-618. 2008.
  8. Kano G, Morimoto A, Takanashi M, Hibi S, Sugimoto T, Inaba T, Yagi T, Imashuku S.: Ikaros dominant negative isoform (Ik6) induces IL-3-independent survival of murine pro-B lymphocytes by activating JAK-STAT and up-regulating Bcl-xl levels.Leuk Lymphoma. 49: 965-973, 2008.
  9. Komiyama M, Takahashi N, Yada Y, Koike Y, Honma Y, Aihara T, Momoi M. : Hypothyroxinemia and effectiveness of thyroxin supplementation in very low birth weight infants with abdominal distension and poor weight gain. Early Hum Dev 2009;85,267-270.
    Kono Y, Mishina J, Sato N, Watanabe T, Honma Y : Developmental characteristics of very low-birthweight infants at 18 month’ corrected age according to birthweight. Pediatr int 50(1) 23-28, 2008.
  10. Kosaka Y, Yagasaki H, Sano K, Kobayashi R, Ayukawa H, Kaneko T, Yabe H, Tsuchida M, Mugishima H, Ohara A, Morimoto A, Otsuka Y, Oga S, Bessho F, Nakahata T, Tsukimoto I, Kojima S.: Prospective multicenter trial comparing repeated immunosuppressive therapy with stem cell transplantation from an alternative donor as second-line treatment for children with severe and very severe aplastic anemia. Blood. 111: 1054-1059, 2008.
  11. Matsushita H, Nakajima H, Nakamura Y, Tsukamoto H, Tanaka Y, Jin G, Yabe M, Asai S, Ono R, Nosaka T, Sugita K, Morimoto A, Hayashi Y, Hotta T, Ando K, Miyachi H.: C/EBPalpha and C/EBPvarepsilon induce the monocytic differentiation of myelomonocytic cells with the MLL-chimeric fusion gene. Oncogene. 27: 6749-6760, 2008
  12. Morimoto A, Kobayashi R, Maeda M, Asami K, Bessho F, Imashuku S; Japan LCH Study Group.: Impact of reactivation on the sequelae of multi-system Langerhans cell histiocytosis patients. Pediatr Blood Cancer. 50: 931-932, 2008.
  13. Morimoto A, Imamura T, Ishii R, Nakabayashi Y, Nakatani T, Sakagami J, Yamagami T.: Successful management of severe L-asparaginase-associated pancreatitis by continuous regional arterial infusion of protease inhibitor and antibiotic. Cancer. 113: 1362-1369, 2008
  14. Nakatani T, Imamura T, Ishida H, Wakaizumi K, Yamamoto T, Otabe O, Ishigami T, Adachi S, Morimoto A.: Frequency and clinical features of the JAK2 V617F mutation in pediatric patients with sporadic essential thrombocythemia. Pediatr Blood Cancer. 51: 802-805, 2008
  15. Ohkuma A, Noguchi S, Sugie H, Malicdan MC, Fukuda T, Shimazu K, L?pez LC, Hirano M, Hayashi YK, Nonaka I, Nishino I. : Clinical and genetic analysis of lipid storage myopathies.  Muscle Nerve. 2009 Mar;39(3):333-42.
  16. Ohkuma A, Nonaka I, Malicdan MC, Noguchi S, Ohji S, Nomura K, Sugie H, Hayashi YK, Nishino I. : Distal lipid storage myopathy due to PNPLA2 mutation. Neuromuscul Disord. 2008;18(8):671-4.
  17. Saito M, Takahashi N, Ueda S, Kuwabara Y, Komiyama M, Koike Y, Yada Y, Honma Y, Momoi M. : Cytokine profile in a premature infant with systemic Bacillus cereus infection. Pediatrics International,Vol.52, No.4, 2010. (in press)
  18. Sohn EH, Kim HS, Lee AY, Fukuda T, Sugie H, Kim DS.A novel PYGM mutation in a Korean patient with McArdle disease: the role of nonsense-mediated mRNA decay. Neuromuscul Disord. 2008 Nov;18(11):886-9.
  19. Takahashi N, Hasegawa H, Komiyama M, Ohki T, Yada Y, Koike Y, Kawamata R, Honma Y, Momoi M.:Selective excretion of anti-inflammatory cytokine Interleukin-10 in a superantigen-inducing neonatal infectious disease. Cytokine 2009; 45: 39-93.
  20. Wada M, Kusuda S, Takahashi N, Nishida H. : Fluid and electrolyte balance in extremely premature infants<24 weeks of gestation in the first week of life. Pediatr Int 2008; 50: 331-6.
  21. Todo K, Morimoto A, Osone S, Nukina S, Ohtsuka T, Ishida H, Yoshihara T, Todo S.: Isolated relapse of acute lymphoblastic leukemia in the breast of a young female. Pediatr Hematol Oncol. 25: 607-613, 2008.
  22. Yagyu S, Morimoto A, Kakazu N, Tamura S, Fujiki A, Nakase Y, Iehara T, Hosoi H, Kuroda H.: Late appearance of a Philadelphia chromosome in a patient with therapy-related acute myeloid leukemia and high expression of EVI1. Cancer Genet Cytogenet. 180: 115-120, 2008
  23. Yamagata, T., Urano, H., Weeber, E.J., Nelson, D.L., Nishijima, I. Impaired hippocampal synaptic function in secretin deficient mice. Neuroscience. 154:1417-22,2008.
  24. Zhiling, Y., Fujita, E., Tanabe, Y., Yamagata, T., Momoi, T., Momoi, M.Y.:Mutations in the gene encoding CADM1 are associated with autism spectrum disorder. Biochem. Biophys. Res. Commun. 377:926-9,2008.
  25. 青柳 順, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 小林真美, 本間洋子, 森澤雄司, 桃井真里子 :当院NICUにおける速乾性擦式消毒剤個人携帯とmupirocin非選択的全例塗布によるMRSA保菌抑制の試み. 日本周産期・新生児医学会雑誌2008 ;44 (4) :1147-1151.
  26. 今宿晋作, 塩田曜子, 小池健一, 小林良二, 港敏則, 岡崎なぎさ, 藤田直人, 細井岳, 瀬戸嗣郎, 藤野寿典, 脇田久, 岡明, 恒松由記子, 森本 哲:ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)における中枢神経変性疾患の症例研究.日本医事新報,4391:69-73,2008
  27. 鯉渕晴美, 紺野 啓, 桃谷孝之, 四元 茂, 谷口信行:静脈管開存症の1例.日本超音波医学会誌, 35(5) : 573-575, 2008.
  28. 小宮山真美, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 本間洋子, 桃井真里子 :超低出生体重児における甲状腺ホルモン補充療法. 日本小児科学会雑誌 2008; 112: 494-498.
  29. 齋藤幸枝, 土持若葉, 上野浩晶, 野間健之, 秋山 寛, 水田雅也, 石川眞理, 松倉 茂, 福田冬季子, 杉江秀夫, 中里雅光 糖原病IIIa型に慢性膵炎を合併し糖尿病を生じた1例 糖尿病51巻7号 Page615-618(2008.07)
  30. 関戸真理恵,黒田早恵,藤田ひとみ,嶋岡 鋼,田中吾朗,桃谷孝之,森嶋 計,澁澤公行,四元 茂,桃井眞里子:Mesodiverticular bandによるイレウスを合併したMeckel憩室の1例.
    小児科臨床, 61(4) : 843-846, 2008.
  31. 杉江秀夫:発達障害児への対応にかかわる医療・教育連携のあり方. 小児科臨床 2008、61(12):2659-62.
  32. 津久井舞未子,礒田憲夫,大竹俊哉,東澤俊彦,大澤博之,佐藤 慎,砂田富美子,小野和則,長嶺伸彦,井戸健一,菅野健太郎,桃谷孝之,四元 茂,田中 享:若年男性で急性発症した自己免疫性肝炎の1例. 肝臓, 49(5) : 200-208, 2008.
  33. 横山孝二,桃谷孝之,市川万邦,熊谷秀規,四元 茂,桃井眞里子,田辺英明,前田貢作,金川公夫:新生児期発症の原発性硬化性胆管炎. 小児科臨床, 61(9) : 1899-1904, 2008.

(B) 学会発表

  1. Inamori E:Psychological Support in NICU for Families of Infant with Severe Disease. 11th? World Association For Infant Mental Health, Yokohama, Augst 1-5 2008.
  2. Kamio T, Ito E, Ohara A, Kosaka Y, Tsuchida M, Mugishima H, Yabe H, Morimoto A, Ohga S, Yagasaki H, Bessho F, Nakahata T, Kojima S.: Relapse of Children with Aplastic Anemia after Immunosuppressive Therapy. 50th American Society of Hematology Annual Meeting, San Francisco, 2008.12.
  3. Kanai T, Ito T. Odaka J, Saito T, Aoyagi J, Momoi MY. : The elevated MIP-1β and normalized IL-8 in remission on Idiopathic Steroid-Sensitive Nephrotic Syndrome in Children. 日本小児腎臓病学会雑誌 21: 113, 2008. 第41回日本小児腎臓病学会学術集会.
  4. Kumagai H. : Pediatric medical services in a regional institution. The 6th International Conference on Maternal and Child Health Handbook, Tokyo (Japan), November 8-10, 2008.
  5. Morimoto A, Ishii E, Ohga S, Kudou K, Ishida Y, Suzuki N.: Nationwide survey of single system single site (SS-s) Langerhans cell histiocytosis in Japan. 23th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Berlin, Germany, 2008. 10.
  6. Murakami I, Oka T, Sato H, Morito T, Takata K, Shinno Y, Takano M, Washio K, Ko S, Tamura M, Ohnishi N, Ichimura K, Sato Y, Yanai H, Ohara N, Kondo E, Takahashi K, Tanaka T, Gogusev J, Jaubert F, Morimoto A, Imashuku S, Akagi T, Yoshino T.: Immunohistchemical analysis of PTPN6 (SHP1) on Langerhans cell histiocytosis. 23th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Berlin, Germany, 2008. 10.
  7. Ohga S, Kudo K, Osugi Y, Sawada A, Tabuchi K, Suzuki N, Morimoto A, Ishida Y, Kato S, Ishii E and The HLH/LCH and SCT Committees in the Japanese Society of Pediatric Hematology.: Hematopoietic stem cell transplantation for familial hemophagocytic lymphohistiocytosis or Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis in Japan. 23th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Berlin, Germany, 2008. 10.
  8. Nakashima, N., Yamagata, T., Zhiling, Y., Saito, M., Mori, M., Momoi, M.Y.: Genes relating synaps in 7q31 as Candidate genes for Autism. Philaderphia, 2008年11月12日 (Am. J. Hum. Genet. S78:334,2008).
  9. Saito M, Yamagata T, Nakashima N, Mori M, Momoi MY.:Syntrophin-γ2 that interacts with neuroligins is not related with autism. 58th Annual Meeting, November 11-15, 2008. (ASHG 58th Annual Meeting 358, 2008)
  10. Shioda Y, Morimoto A, Ueyama J, Shimada H, Fujimoto J, Tsunematsu Y, Imashuku S.: Langerhans cell histiocytosis involving the thyroid associated with cervical soft tissue mass in children: report of three cases. 23th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Berlin, Germany, 2008. 10.
  11. Takahashi N : Current situation of MRSA infections and emerging neonatal infectious disease induced by TSST-1 in Japan. 15th Congress of Federation of Asia and Oceania Perinatal Societies (Naogoya, May 22, 2008)
  12. Takahashi N : The 21st Annual Congress of the Korean Society of Perinatology.
    Seoul, Korea. Nov 14 2008 , nvited lectures 「Struggle against MRSA infections in Japanese NICUs from 1990s」「Pathophysiology of an emerging neonatal infectious disease induced by a bacterial superantigen」
  13. 青柳 順, 伊東岳峰, 金井孝裕, 斎藤貴志, 小高 淳, 桃井真里子:体重減少・蛋白尿にて発見された尿細管間質性腎炎ぶどう膜炎(TINU)症候群の一例. 日本小児科学会第115回栃木県地方会, 2008年7月12日
  14. 青柳 順,金井孝裕, 伊東岳峰,斉藤貴志, 小高 淳,桃井真里子:RPGNで発症したMPGN typeⅠの一例.第30回日本小児腎不全学会総会・学術集会 抄録集;49 2008
  15. 遠藤薫, 鈴木直輝, 金岡千尋, 西山修平, 青木正志, 竪山真規, 糸山泰人, 福田冬季子, 杉江秀夫, 埜中征哉, 西野一三:成人型Pompe病に対する酵素補充療法の治療経験, 第49回日本神経学会, 2008年5月, 横浜 (臨床神経学 48巻7号 Page521)
  16. 馬場勝尚, 前田貢作, 田辺好英, 柳澤智彦, 久田正昭, 早川貴裕, 福田冬季子, 柏井良文, 郡司勇治, 杉江秀夫, 桃井真里子:思春期早発にて発見された副腎皮質癌の一例. 第24回日本小児がん学会, 幕張, 2008年11月14日.(小児がん プログラム・総会号:368、2008)
  17. 冨士根明雄, 森 雅人, 福田冬季子, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:欠神発作に眼瞼ミオクローヌスを伴った1例. 第2回日本てんかん学会関東甲信越地方会, 東京, 2008年6月14日 (てんかん研究 26:461,2008)
  18. 藤田ひとみ, 鈴木由芽, 後藤珠子, 諏訪清隆, 森 雅人, 山形崇倫, 桃井真里子: 長期経管栄養管理中の貧血ー胃液廃棄による内因子欠乏例を中心に. 第50回日本小児神経学会総会, 東京, 2008年5月30日(脳と発達 40:S427,2008)
  19. 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子:遅発型ポンペ病の診断に関する問題点について. 日本小児神経学会 第50回日本小児神経学会総会 第50回総会記念国際小児神経シンポジウム 2008, (脳と発達40巻Suppl. PageS252)
  20. 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子, 林由紀子, 西野一三:臨床的に肢帯型筋ジストロフィー症と診断された症例におけるacid-alpha glucosidase活性の検索. 第50回日本先天代謝異常学会, 米子, 2007年10月 (日本先天代謝異常学会雑誌24巻2号 Page147)
  21. 後藤珠子, 藤田ひとみ, 諏訪清隆, 森 雅人, 福田冬季子, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:当科でのインフルエンザ脳症6年間のまとめ. 第50回日本小児神経学会総会, 東京, 2008年5月30日(脳と発達 40:S357,2008)
  22. 後藤珠子, 山形崇倫, 伊藤千春, 武藤重明, 草野英二, 松原大祐, 長谷川有紀, 山口清次, 杉江秀夫, 桃井真里子:成人したメチルマロン酸血症の剖検例. 第50回日本先天代謝異常学会総会, 米子, 2008年11月6日 (日本先天代謝異常学会誌 24:65,2008)
  23. 早川貴裕, 福田冬季子, 柏井良文, 郡司勇治, 杉江秀夫, 桃井真里子, 柳澤智彦, 田辺好英, 前田貢作:思春期早発で発見された副腎皮質腫瘍の2歳男児例. 第113回日本小児科学会栃木県地方会, 獨協医科大学, 2008年3月30日.(日小誌112:1149、2008)
  24. 早川貴裕, 森本 哲, 柏井良文, 郡司勇治, 四元 茂, 今村俊彦, 桃井真里子:血球貪食性リンパ組織球症(HLH)で発症したB前駆細胞型ALLの1例. 第50回日本小児血液学会, 幕張, 2008年11月14日.(日小血誌 プログラム・総会号:285、2008)
  25. 本間洋子:「シンポジウム周産期の感染」Ureaplasma と慢性肺疾患. 第18回日本産科新生児血液学会 2008年6月27-28日,九州大学医学部百年講堂.
  26. 本間洋子, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 高橋尚人, 桃井真里子: 早産児の呼吸器予後. 第41回日本小児呼吸器疾患学会, 函館, 2008年10月3-5日.
  27. 市川万邦,桃谷孝之,横山孝二,熊谷秀規,齋藤貴志,伊東岳峰,小高 淳,金井孝裕,四元 茂,桃井真里子:潰瘍性大腸炎における血球成分除去療法の初期導入についての検討.第113回日本小児科学会栃木県地方会,壬生(栃木),2008年3月10日.
  28. 井上真紀子, 森本 哲, 早川貴裕, 柏井良文, 郡司勇治, 桃井真里子:病的骨折を契機に診断された急性リンパ性白血病の一例. 第50回日本小児血液学会,幕張,2008年14日.(日小血誌 プログラム・総会号:276、2008)
  29. 井上元子, 森 雅人, 山形崇倫, 桃井真里子:知的障害、てんかん、小眼球症を合併した16番短腕、17番長腕染色体転座例. 第50回日本小児神経学会総会, 東京, 2008年5月29日(脳と発達 40:S275,2008)
  30. 伊東岳峰, 金井孝裕, 齊藤貴志, 青柳 順, 小高 淳, 桃井真里子:シクロスポリン+LDLアフェレーシスで軽快せずタクロリムス+血漿交換で改善した巣状糸球体硬化症虚脱型亜型の一例.第30回日本小児腎不全学会,那須塩原市,2008年10月2日.
  31. 伊東岳峰, 金井孝裕, 小高 淳, 斉藤貴志, 桃井真里子:膜性増殖性糸球体腎炎(MPGN)Ⅰ型・Ⅲ型 4例の臨床的検討.第43回日本小児腎臓病学会,福岡市,2008年6月13日.
  32. 伊東岳峰, 増澤亜紀, 圓谷理恵, 柏井良文, 森本 哲, 郡司勇治, 四元 茂, 桃井真里子:2-CdA療法が奏効した乳児期発症ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)の一例.第50回日本小児血液学会,千葉市,2008年11月14日.日小血誌 プログラム・総会号:285、2008)
  33. 金井孝裕, 三浦健一郎, 久野正貴, 古江健樹, 宮村正和, 秋岡祐子, 桃井眞里子, 服部元史:生体腎移植後の血清クレアチニン値上昇において、アデノウイルス11型感染と拒絶反応の鑑別を要した一例. 第41回日本臨床腎移植学会 プログラム・抄録集 129, 2008. 第41回日本臨床腎移植学会.
  34. 金井孝裕, 小高 淳, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳 順, 桃井眞里子:小児特発性ネフローゼ症候群の血中サイトカイン濃度変化の検討. 日本小児科学会雑誌 112: 196, 2008. 第111回日本小児科学会学術集会総会.
  35. 金井孝裕, 小高 淳, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳 順, 桃井眞里子:MIP-1βは小児特発性ステロイド感受性ネフローゼ症候群の寛解期に上昇する. 日本腎臓学会雑誌50: 346, 2008. 第51回日本腎臓学会学術総会.
  36. 加藤啓輔, 柳瀬健太郎, 櫻井彩子, 小林千恵, 平井みさ子, 柏井良文, 小池和俊, 土田昌宏:ネララビン投与を行った再発前駆T細胞性リンパ芽球性白血病の2症例. 第50回日本小児血液学会, 幕張, 2008年11月14日.(日小血誌 プログラム・総会号:278、2008)
  37. 川又 竜, 白石裕比湖, 高橋尚人, 市橋 光, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 佐藤麻美, 保科 優, 平久保由香, 森本康子, 本間洋子, 桃井真里子: 胎児期発症のQT延長症候群の1例. 第113回日本小児科学会栃木県地方会.
  38. 川又 竜, 高橋尚人, 小林真美, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 河野由美, 本間洋子, 桃井真里子 : 腹部膨満と体重増加不良を呈する極低出生体重児に対する甲状腺ホルモン補充療法. 第53回日本未熟児新生児学会 ワークショップ.
  39. 川又 竜, 高橋尚人, 小池泰敬, 矢田ゆかり, 本間洋子, 桃井真里子 : 明な先天性甲状腺機能低下症を合併した4p-症候群(Wolf-Hirschhorn症候群)の1例. 第44回日本周産期新生児医学会, 横浜市, 2008年7月15日.
  40. 菊池由紀子, 柏井良文, 郡司勇治, 森本 哲, 増澤亜紀, 高塚由佳, 藤田悦子, 小宮根真弓, 大槻マミ太郎, 松原大祐, 加藤啓輔, 小池和俊, 土田昌宏, 桃井真里子:Primary cutaneous aggressive epidermotropic CD8+ cytotoxic T-cell lymphomaの6歳女児例. 第50回日本小児血液学会,幕張,2008年11月.
  41. 小池泰敬, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 本間洋子, 桃井真里子 : 著明な肺高血圧により救命困難であったAlveolar capillary dysplasiaの2例. 第53回日本未熟児新生児学会, 札幌市, 2008年10月30日-11月1日.
  42. 小池泰敬, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 本間洋子, 桃井真里子, 東山信彦, 泉 章夫, 松原茂樹 : 在胎38週以降の胎児期から急激な増大傾向を見せた巨大頸部腫瘤を伴う多発性血管肉腫の一例. 第44回日本周産期・新生児医学会, 横浜市, 2008年7月13日-15日.
  43. 河野由美 : フォローアップ体制の現状:総合周産期母子医療センターでは. 第21回ハイリスク児フォローアップ研究会, 神戸, 2008年5月18日.
  44. 河野由美, 三科潤 : 極低出生体重児の幼児期のBMIの経時的変化. 第111回日本小児科学会学術集会, 東京, 2008年4月25-27日.
  45. 熊谷秀規,江橋正浩,松本静子,小高 淳,郡司勇治,大内達男,伊東紘一:剣道により発症したexertional myohemoglobinuriaの男子例.第113回日本小児科学会栃木県地方会,壬生(栃木),2008年3月10日.
  46. 熊谷秀規,江橋正浩,松本静子,小高 淳,郡司勇治,大内達男,伊東紘一:剣道により発症したexertional myohemoglobinuriaの男子例.第89回日本小児科学会茨城地方会,つくば,2008年6月22日.
  47. 熊谷秀規,松本静子,江橋正浩,大曽根卓:ロタウイルス関連急性膵炎の乳児例.第114回日本小児科学会栃木県地方会,宇都宮,2008年7月12日.
  48. 熊谷秀規,松本静子,江橋正浩,大曽根卓:ロタウイルス関連急性膵炎の乳児例.第35回日本小児栄養消化器肝臓学会,東京,2008年10月11, 12日.
  49. 熊谷秀規,松本静子,江橋正浩,大曽根卓:ロタウイルス関連急性膵炎の乳児例.第90回日本小児科学会茨城地方会,水戸,2008年11月2日.
  50. 俣野美雪, 桃谷孝之, 柚木佐与, 小高 淳, 嶋岡 鋼, 梅崎 光, 沼崎 啓, 田中吾朗, 江口光興, 田辺好英, 久田正昭, 馬場勝尚, 柳澤智彦,辻 由紀, 前田貢作:化膿性甲状腺炎を合併した梨状窩瘻の1例. 第115回日本小児科学会栃木地方会,自治医大,2008年1月9日.
  51. 松本 歩, 森 雅人, 山形崇倫, 桃井真里子, 根本健二, 村井弘通, 武田いづみ:14番環状染色体の1例. 第48回日本小児神経学会関東地方会, 東京, 2008年3月8日 (脳と発達41;69,2008)
  52. 松本 歩, 山形崇倫, 後藤珠子, 杉江秀夫, 桃井真里子: 音刺激により脱力発作が誘発されたミオクロニー失立てんかん例. 第50回日本小児神経学会総会, 東京, 2008年5月30日(脳と発達 40:S377,2008)
  53. 水落建輝, 西浦博史, 木村昭彦, 松石豊次郎, 松本志郎, 三渕浩, 岡島英明, 猪股裕紀洋, 福田冬季子, 杉江秀夫:多彩な症状をきたし肝移植を行った糖原病IV型(Andersen病)の1例.第111回日本小児科学会学術集会,2008年4月 (日本小児科学会雑誌113巻2号)
  54. 森本 哲, 石井榮一, 大賀正一, 工藤寿子, 石田也寸志, 鈴木信寛:SS型LCHの臨床経過:後方視的検討.第50回日本小児血液学会,幕張,2008年11月.
  55. 森本康子, 保科 優, 白石裕比湖, 平久保由香, 市橋 光, 河田政明, 立石篤史: 新生児完全大血管転位の冠動脈走行評価におけるMDCTの有用性. 第44回日本小児循環器学会学術集会, 郡山, 2008年7月3日.
  56. 森本康子, 保科 優, 白石裕比湖, 市橋 光, 桃井真里子, 河田政明: 狭小化心房中隔裂開術(static BAS)が有効であった3例. 第56回日本心臓病学会学術集会, 東京, 2008年9月9日.
  57. 長岡由修, 家里琴絵, 川村健太郎, 久保憲昭, 大門祐介, 浅沼秀臣, 小原敏生, 長尾雅悦, 福田冬季子, 杉江秀夫: 糖原病IIIa型の1例 第111回日本小児科学会学術集会,2008年4月( 日本小児科学会雑誌113巻2号 Page385)
  58. 中村恭子, 池澤誠, 小篠史郎, 野村恵子, 木村重美, 三池輝久, 杉江秀夫 : 生後6ヵ月時に偶然高CK血症・高トランスアミナーゼ血症が確認された1症例. 第50回日本小児神経学会総会 第50回総会記念国際小児神経シンポジウム 2008 (脳と発達 40巻4号 Page344 2007), 東京, 2008年5月.
  59. 中村幸恵,早川貴裕,柏井良文,郡司勇治,森本 哲,桃井真里子:AML(M5)治療終了後1年後に非結核性抗酸菌感染症に罹患した一例.第50回日本小児血液学会,千葉,2008年11月14日. (日小血誌 プログラム・総会号:296、2008)
  60. 小高 淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 斎藤貴志, 桃井真里子:急性腎不全・ネフローゼ症候群で発症しステロイド療法が奏効した非IgA型メサンギウム増殖性糸球体腎炎の1例. 第114回日本小児科学会栃木県地方会,2008年3月30日.
  61. 小高 淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 斎藤貴志, 桃井真里子:急性腎不全・ネフローゼ症候群で発症しステロイド療法が奏効した非IgA型メサンギウム増殖性糸球体腎炎の1例. 日本小児腎臓病学会, 2008年6月14日.
  62. 小高 淳,金井孝裕,伊東岳峰,斎藤貴志,青柳 順,中村 繁,中井秀郎,金川公夫,相原敏則,桃井真里子:膿尿・細菌尿を呈さなかった急性巣状細菌性腎炎の1例.第115回日本小児科学会栃木県地方会,2008年7月12日.
  63. 酒井哲郎, 赤塚淳弥, 星野正也, 大竹明, 雨宮伸, 福田冬季子, 杉江秀夫:当科で経過観察中の肝型糖原病の3症例について第111回日本小児科学会学術集会,2008年4月 (日本小児科学会雑誌113巻2号 Page384)
  64. 佐々木美香,千葉睦実,塚原央之,千田勝一,米沢俊一,熊谷秀規:2歳で発症した分類不能型炎症性腸疾患の難治例. 第8回日本小児IBD研究会,東京,2008年2月17日.
  65. 佐藤優子, 福田冬季子, 後藤珠子, 森 雅人, 山形崇倫, 四元 茂, 杉江秀夫, 桃井真里子:インフルエンザ脳症を反復した若年性特発性関節炎例. 第50回日本小児神経学会総会, 東京, 2008年5月29日(脳と発達 40:S351,2008)
  66. 杉江陽子, 杉江秀夫, 福田冬季子, 大澤純子, 鈴木輝彦, 大関武彦:自閉性障害および自閉症のない発達障害におけるHOXD11遺伝子多型と第2指長と第4指長比との関連について. 日本小児神経学会 第50回日本小児神経学会総会 第50回総会記念国際小児神経シンポジウム (脳と発達40巻Suppl. PageS205), 東京, 2008年5月.
  67. 鈴木由芽, 森 雅人, 後藤珠子, 山形崇倫, 桃井真里子: 膵炎を発症した重症心身障害児の3例. 第50回日本小児神経学会総会, 東京, 2008年5月30日(脳と発達 40:S426,2008)
  68. 高橋尚人 : スーパー抗原性外毒素産生菌感染症の現状と予防対策. 第23回日本環境感染学会総会, 日本環境感染学会学会雑誌23 suppl ;122:2008, 長崎, 2008年2月22日.
    高橋尚人 : 未成年者の医療における同意. 第38回日本医事法学会ワークショップ, 自治医大,2008年11月16日.
  69. 高橋尚人, 長谷川久弥, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 小宮山真美, 川又 竜, 本間洋子, 桃井真里子 : スーパー抗原による新生児TSS様発疹症における抑制性サイトカインIL-10の選択的分泌. 第111回日本小児科学会, 東京, 2008年4月26日, 日本小児科学会誌2008;112:230.
  70. 横山孝二,高橋尚人, 本間洋子, 河野由美,矢田ゆかり, 小池泰敬, 川又 竜,桃井真里子 : 母体へのMgSO4製剤投与が胎児・新生児骨代謝に及ぼす影響の検討. 第44回日本周産期・新生児医学会, 横浜市, 2008年7月15日.

(C) 著書・総説

  1. 福田冬季子, 杉江秀夫:ミオパチー 臨床と治療研究の最前線;代謝性ミオパチーの治療:現状と未来 Pompe病(糖原病II型) 酵素補充療法の現状と診断方法および病態研究における進歩. 医学のあゆみ226巻5号 411-415.
  2. 福田冬季子, 杉江秀夫:代謝性ミオパチーの治療:現状と未来 Pompe病(糖原病II型) 酵素補充療法の現状と診断方法および病態研究における進歩 医学のあゆみ 226(5):411-415、2008.
  3. 今宿晋作, 上田育代, 森本 哲, 石井榮一:家族性血球貪食症候群 治療と予後.血液・腫瘍科,57 Suppl. 6:101-108,2008.
  4. 金井孝裕:小児救急外来におけるcommon diseaseの対応とトリアージ. 小山, 2008.5月.
  5. 金井孝裕, 伊藤岳峰, 小高 淳, 齋藤貴志, 青柳 順, 桃井真里子:小児特発性ステロイド感受性ネフローゼ症候群におけるTh1/Th2バランス異常とIL-4,5の変化. 第9回東京腎炎・ネフローゼ研究会, 東京, 2008.7月.
  6. 川又 竜, 高橋尚人 : NICUで使われる薬剤をマスターする! 投与方法と観察ポイント 抗菌薬. ネオネイタルケア 第28巻11号 メディカ出版.
  7. 川又竜, 高橋尚人:抗菌薬. Neonatal Care 2008;21:1185-1192.
  8. 河野由美 : 極低出生体重児の養護. 山口 徹 北原光夫 福井次矢編, 今日の治療指針 p979~980, 2008.
  9. 河野由美 : 極低出生体重児. 松下竹次 駒松仁子編 キャリーオーバーと生育医療 p26~31, 2008.
  10. 河野由美:NICU卒業生のフォローアップ 低出生体重児の成長 小児科診療 71(9), 1467-1471, 2008.
  11. 河野由美:新生児室での管理 退院時の保健指導 一般新生児を対象に 臨床婦人科産科 62( 2), 189-191, 2008.
  12. 河野由美 : 周産期脳障害の要因 子宮内発育不全と周産期脳障害. 周産期医学 38(6), 875~678, 2008.
  13. 河野由美 : フォローアップに必要な検査. 周産期医学 38, 574~578, 2008.
  14. 河野由美, 三科 潤 : 超低出生体重児の長期予後. 産婦人科治療 96 846~850, 2008.
  15. 河野由美, 三科 潤 : 子宮内発育遅延児のフォローアップ-IUGR児の身体発育,神経学的予後とフォローアップ上の留意点. 産科と婦人科 75(8) 1000~1004, 2008.
  16. 桃井真里子:ミトコンドリア遺伝病. 小児内科 40:1277-1282, 2008.
  17. 桃井真里子:臨床医学の展望 小児科学. 日本医事新報 4378号, 2008.
  18. 桃井真里子:タミフル問題の本質はどこにあるのか? 感染・炎症・免疫 38:251-256,医薬の門社,東京, 2008.
  19. 森本 哲:組織球の疾患.小児科学,1330-1335,医学書院,東京,2008.
  20. 森本 哲:サイトカインに関する検査と治療薬 副腎皮質ステロイド薬.小児科診療,71:2221-2226,2008.
  21. 大竹悠子, 山形崇倫:要注意 この感染症にこの合併症. RSウイルスによる脳症. 小児内科 40:602-603, 2008.
  22. 高橋尚人, 仁志田博司:新生児・幼小児の薬用量。新生児に一般的に投与してはならない治療薬。治療薬マニュアル 2008, p11-17. 高久史麿 矢崎義雄監修, 総2075p、付録318p (医学書院, 東京)
  23. 高橋尚人:新生児黄色ブドウ球菌感染症と最近の知見-新生児TSS様発疹症。「こどもの感染症の診かた」第10巻新生児感染症 2008.
  24. 高橋尚人:新生児「産婦人科学テキスト」倉知博久 吉村泰典編集p671-693. 2008.中外医学社(東京)
  25. 高橋尚人:新生児の管理。「産婦人科診療指針2版」鈴木光明編集 p171-177. 2008中外医学社 東京.
  26. 高橋尚人:T細胞レセプター解析による感染症の診断法. 小児科診療 2008; 71:43-48.
  27. 高橋尚人:院内感染防止策Prevention of Nosocomial Infections in Nurseries. 臨床婦人科産科 2008; 62: 185-187.
  28. 高橋尚人:新生児黄色ブドウ球菌感染症と最近の知見-新生児TSS様発疹症-こどもの感染症の診かた 新生児感染症2008;10:20-21.
  29. 高橋尚人:NICU感染対策. Circles 2008; 10:10-13.
  30. 高橋尚人:早産児の家族への対応. 小児科診療 2008; 71: 793-796.
  31. 高橋尚人:ブドウ球菌. カレントテラピー 2008;26:722-723.
  32. 高橋尚人:新生児医療の進歩と展望. 小児科診療2008;71:2029-2033.
  33. 高橋尚人:新生児感染症の話題. 感染と消毒 2008;15:71-75.
  34. 高橋尚人:サイトカインと小児疾患?新生児疾患. 小児科診療2008; 71: 2197-2202.
  35. 高橋尚人:細菌検査. 周産期医学 2008;38suppl 403-407.
  36. 田澤雄作, 北島博之, 北島博之, 河野由美, 船越晶子, 脇 明子 : メディアと育児環境-子どもの身体と心が危ない!-. 日本未熟児新生児学会雑誌 20(2) 205-210, 2008.
  37. 上田育代, 森本 哲, 今宿晋作:家族性血球貪食症候群 病態と診断,血液・腫瘍科,57 Suppl. 6:92-100,2008.
  38. 山形崇倫:脳・神経疾患・病態の理解と看護の要点. 熱性けいれん-疾患・分類,けいれんへの対応. こどもケア 2 :10-14,2008.

(D) その他

  1. 伊東岳峰, 増澤亜紀, 圓谷理恵, 柏井良文, 郡司勇治, 四元  茂, 桃井真里子:2-CdA療法が奏効した乳児期発症ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)の一例. 第26回LCH研究会, 大阪, 2008年3月22日.
  2. 柏井良文:小児科領域における感染症診断のポイント. 第35回臨床検査技師研修会,自治医科大学, 2008年6月26日.
  3. 熊谷秀規:こどものメタボ. 常陸大宮市市民フォーラム「メタボリック症候群を考える2008」,常陸大宮,2008年2月17日.
  4. 熊谷秀規:児童生徒のアレルギー疾患について:子ども達が安全に学校生活を送るために. 平成20年度大子町学校健康教育研修会,大子(茨城)2008年12月4日.
  5. 森本 哲:JLSG-02の中間報告.第24回LCH研究会,大阪,2008年3月22日.
  6. 森本 哲 : Langerhans cell histiocytosis (LCH) の治療の進歩. 平成20年度TCCSG総会, 東京, 2008年5月25日
  7. 森本 哲 : Langerhans cell histiocytosis (LCH) の治療の進歩. LCH患者会, 東京, 2008年8月16日.
  8. 森本 哲, 八田佳奈子 : EBウイルス感染症におけるサイトカイン領域の遺伝子多型の解析. 第15回ヘルペス感染症研究会,札幌,2008年8月23日.
  9. 杉江秀夫, 福田冬季子:糖原病症例の長期予後追跡のためのデータベース作成に関する研究. 松原洋一(班長):厚生労働省成育医療研究委託費「先天代謝異常症の診断ネットワークを介した長期予後システムの構築」報告書 2008年.
  10. 杉江秀夫, 福田冬季子, 杉江陽子, 武関美香, 砂田芳秀(班長):厚生省精神・神経疾患研究委託「筋ジストロフィー及び関連疾患の分子病態解明、診断法確立と薬物治療の開発に関する研究」報告集 2008.
  11. 杉江秀夫, 福田冬季子, 杉江陽子:知的障害児のコミュニケーション・行動支援法開発と有効性評価に関する研究。稲垣真澄(班長):厚生労働科学研究(障害保健福祉総合研究事業)「小児行動の二次元尺度化に基づく発達支援策の有効性定量評価に関する研究」報告書 2008.
  12. 高橋尚人:RSウイルス感染症の現状と産科・小児科の連携によるPalivizumab投与. 第26回日本周産期・新生児医学会周産期シンポジウムランチョンセミナー, 高崎市, 2008年1月19日.
  13. 高橋尚人:産科・小児科の連携によるRSウイルス感染症の予防. 日本産婦人科学会ランチョンセミナー, 横浜市, 2008年4月15日.