自治医科大学 小児科学講座 | Jichi Medical University Dept. of Pediatrics

自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、大学病院併設型の小児病院です。

2009年

calendar

reload

(A)原著論文

  1. Balgobind BV, Raimondi SC, Harbott J, Zimmermann M, Alonzo TA, Auvrignon A, Beverloo HB, Chang M, Creutzig U, Dworzak MN, Forestier E, Gibson B, Hasle H, Harrison CJ, Heerema NA, Kaspers GJ, Leszl A, Litvinko N, Lo Nigro L, Morimoto A, Perot C, Pieters R, Reinhardt D, Rubnitz JE, Smith FO, Stary J, Stasevich I, Strehl S, Taga T, Tomizawa D, Webb D, Zemanova Z, Zwaan CM, van den Heuvel-Eibrink MM.: Novel prognostic subgroups in childhood 11q23/MLL-rearranged acute myeloid leukemia: results of an international retrospective study. Blood 2009; 114: 2489-2496.
  2. Dateki S, Kumamoto T, Takayanagi T, Ohki T, Takahashi N, Moriuchi H :Differential T-cell response in a young child and neonates with toxic shock syndrome. Pediatr Int 2009; 51: 155-156.
  3. Imashuku S, Kinugawa N, Matsuzaki A, Kitoh T, Ohki K, Shioda Y, Tsunematsu Y, Imamura T, Morimoto A. : Langerhans cell histiocytosis with multifocal bone lesions: comparative clinical features between single and multi-systems. Int J Hematol 2009; 90: 506-512.
  4. Kamizono S, Duncan GS, Seidel MG, Morimoto A, Hamada K, Grosveld G, Akashi K, Lind EF, Haight JP, Ohashi PS, Look AT, Mak TW.: Nfil3/E4bp4 is required for the development and maturation of NK cells in vivo. J Exp Med 2009; 206: 2977-2986.
  5. Kanai T, Yamagata T, Momoi MY : Macrophage inflammatory protein-1β and interleukin-8 associated with idiopathic steroid-sensitive nephrotic syndrome Pediatr Int. 51:443-447, 2009.
  6. Kanda J, Ichinohe T, Shimazaki C, Hamaguchi M, Watanabe A, Ishida H, Yoshihara T, Morimoto A, Uoshima N, Adachi S, Inukai T, Sawada A, Oka K, Itoh M, Hino M, Maruya E, Saji H, Uchiyama T, Kodera Y. : Long-term survival after HLA-haploidentical SCT from noninherited maternal antigen-mismatched family donors: impact of chronic GVHD. Bone Marrow Transplant 2009; 44: 327-329.
  7. Komiyama M, Takahashi N, Yada Y, Koike Y, Honma Y, Aihara T, Momoi M:Hypothyroxinemia and effectiveness of thyroxin supplementation in very low birth weight infants with abdominal distension and poor weight gain. Early Hum Dev 2009; 85: 267-270
  8. Kumagai, H., Matsumoto, S., Ebashi, M., Ohsone, T.: Acute Pancreatitis Associated with Rotavirus Infection. Indian Pediatr 46: 1099-1101, 2009.
  9. Momoi T, Fujita E, Senoo H, Momoi MY : Genetic factors and epijenetic factors for autism:endoplasmic reticulum stress and impaired synaptic function. Cell Biol Int 2009;34:13-19.
  10. Ohkuchi, A., Matsubara, S., Takahashi, K., Inoue, S., Saito, T., Mitsuhashi, T., Yamagata, T., Takahashi, N., Watanabe, A., Shimada, T., Suzuki, M. : Ehlers-Danlos type IV in pregnancy with a history of myocardial infarction. J. Obstet. Gynaecol. Res. 35:797-800, 2009.
  11. Ohkuma A, Noguchi S, Sugie H, Malicdan MC, Fukuda T, Shimazu K, L?pez LC, Hirano M, Hayashi YK, Nonaka I, Nishino I.: Clinical and genetic analysis of lipid storage myopathies. Muscle Nerve. 2009 Mar;39(3):333-42.
  12. Saito, M., Gunji, Y., Kashii, Y., Odaka, J., Yamauchi, T., Kanai, N., Momoi, M. Y.: Refractory Kaposiform hemangioendotelioma that expressed vascular endothelial growth factor receptor (VEGFR)-2 and VEGFR-3: A case reort. J Pediatric Hematology /Oncology 31:194-197.Kaposiform hemangioendothelioma.
  13. Saito M, Takahashi N, Ueda S, Kuwabara Y, Komiyama M, Koike Y, Yada, Y, Honma Y, Momoi MY:Cytokine profile in a premature infant with systemic Bacillus cereus infection. Pediatr Int 2010; 52: e34-e36.
  14. Saito, T., Saito, O., Maeda, T., Ito, C., Ando, Y., Yamagata, T., Muto, S., Momoi, M., Kusano, E.: Metabolic and Hemodynamic Advantages of an Acetate-Free Citrate Dialysate in a Uremic Case of Congenital Methylmalonic Acidemia. Am. J. Kidney Dis. 54:764-769, 2009.
  15. Samada K, Shiraishi H, Aoyagi J, Momoi MY : Cerebral hemorrhage associated with sildenafil (Revatio) in an infant. Pediatr Cardiol. 30(7): 998-999, 2009.
  16. Suzuki N, Morimoto A, Ohga S, Kudo K, Ishida Y, Ishii E. : Characteristics of Hemophagocytic Lymphohistiocytosis in Neonates: A Nationwide Survey in Japan. J Pediatr 2009; 155: 235-238.e1.
  17. Takahashi N, Hasegawa H, Komiyama M, Ohki T, Yada Y, Koike Y, Kawamata R, Honma Y, Momoi M:Selective excretion of anti-inflammatory cytokine Interleukin-10 in a superantigen-inducing neonatal infectious disease. Cytokine 2009; 45: 39-43
  18. Takahashi N, Kato H, Imanishi K, Ohki T, Uehara R, Momoi MY, Nishida H, Uchiyama T: Change of specific T cells in an emerging neonatal infectious disease induced by a bacterial superantigen. Microbiol Immunol 2009; 53: 524-530.
  19. Takahashi N, Uehara R, Kobayashi M, Yada Y, Koike Y, Kawamata R, Odaka J, Honma Y, Momoi MY:Cytokine profiles of seventeen cytokines, growth factors and chemokines in cord blood and its relation to perinatal clinical findings. Cytokine 2010;49:331-337.
  20. Takahashi N, Uehara R, Nishida H, Sakuma I, Yamasaki C, Takahashi K, Honma Y, Momoi MY, Uchiyama T:Clinical features of neonatal toxic shock syndrome-like exanthematous disease emerging in Japan. J Infect 2009; 59: 194-200.
  21. Tsukimoto I, Tawa A, Horibe K, Tabuchi K, Kigasawa H, Tsuchida M, Yabe H, Nakayama H, Kudo K, Kobayashi R, Hamamoto K, Imaizumi M, Morimoto A, Tsuchiya S, Hanada R. : Risk-Stratified Therapy and the Intensive Use of Cytarabine Improves the Outcome in Childhood Acute Myeloid Leukemia: The AML99 Trial From the Japanese Childhood AML Cooperative Study Group. J Clin Oncol 2009; 27: 4007-4013.
  22. Yokoyama K, Takahashi N, Yada Y, Koike Y, Kawamata R, Uehara R, Kono Y, Honma Y, Momoi MY: Prolonged maternal magnesium administration and bone metabolism in neonates. Early Hum Dev 2010; 86: 187-191.
  23. Yoshida H, Ishida H, Yoshihara T, Kamesaki T, Kuwana M, Imamura T, Morimoto A. : Complications of Evans’ syndrome in an infant with hereditary spherocytosis: a case report. J Hematol Oncol 2009; 2: 40.
  24. 勝見良樹, 家原知子, 菊地顕, 宮地充, 平嶋良章, 中谷拓也, 柳生茂希, 清水智子, 土屋邦彦, 今村俊彦, 森本哲, 藤田直久, 細井創:当院で経験した血液培養陽性の小児がん患者からの考察.小児がん 46: 317-323, 2009.
  25. 熊谷秀規, 江橋正浩, 松本静子, 小高淳, 郡司勇治, 大内達男, 伊東紘一:剣道により発症した exertional myohemoglobinuria の男子例. 小児科臨床 62: 267-271, 2009.
  26. 桃井真里子:臨床医学の展望 小児科学.日本医事新報4431:32-65, 2009.
  27. 門田行史, 山形崇倫, 福田冬季子, 森雅人, 杉江秀夫, 桃井真里子;欠神てんかんに複雑部分発作を合併した1例・小児科臨床(印刷中)
  28. 長嶋雅子, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 川又竜, 桃井真里子:Down症候群新生児に対する心臓手術拒否例と過去の報告例のまとめ. 小児科臨床2009;62:2069-2074.
  29. 翁由紀子, 森雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:著明な高血糖を来したロタウイルス腸炎の1例. 小児科臨床 62:2057-2061, 2009.
  30. 柴田真弓, 今村俊彦, 中谷拓也, 平嶋良章, 森本哲:寛解導入療法直後にL-asparaginaseによる脂肪性肝炎をきたした急性リンパ性白血病の1例.日本小児血液学会雑誌 2009; 23: 31-36.
  31. 杉江陽子, 杉江秀夫:広汎性発達障害の神経生物学的機序と治療:自閉症スペクトラム障害におけるSSRIの臨床効果およびSLC6A4と5-HTR2A遺伝子多型との関係. 脳と精神の医学 20(2) :119-132 2009
  32. 杉江陽子, 杉江秀夫:自閉症スペクトラム障害における周生期および新生児期関連要因. 精神神経学雑誌 111(11):1397-1403, 2009.
  33. 杉山照幸, 伊東紘一, 小島正幸, 小形幸代, 横山卓, 熊谷秀規, 仁平武, 浅野康治郎, 平井太, 福屋裕嗣, 成富琢磨, 春山航一, 清水晶平: 新超音波造影剤(ソナゾイド)を用いた造影超音波法による肝腫瘍性病変の診断能に関する研究 ? SPIO-MRI およびダイナミックCTとの比較研究 -. 済生会・福祉共同研究平成20年度版: 34-38, 2009.
  34. 鈴木章史, 関根良介, 横山卓, 杉山照幸, 岡崎洋雄, 小形幸代, 間中一至, 熊谷秀規, 中山雅之, 江橋正浩, 小島正幸, 伊東紘一, 片岡秀樹, 大津秀穂, 薄井尊信, 谷口信行, 尾本きよか, 亀崎豊美:小型ユビキタス超音波検査診断装置のへき地・地域医療ならびに救急医療における効果と問題点に関する研究. 映像メディカル 41: 198-207, 2009.

(B) 学会発表

  1. Adachi S, Hayashi A, Hamada H, Kizaki Z, Ono S, Morimoto A.: A case of pulmonary LCH with recurrent life-threatning pneumothorax treated with prednisolone and 6-mercaptopurine. 25th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Bilbao, Spein, September 2009.
  2. Kanai T, Ito T, Odaka J, Saito T, Momoi MY : Plasma exchange + tacrolimus therapy improved the status of refractory FSGS collapsing variant resistant to conventional therapy Korea-Japan Pediatric Nephrology Seminar 2009; 40.(Suwon Korea)
  3. KogawaK, Sato H, Asano T, Ohga S, Kudo K, Morimoto A, Sato T, Ohta S, Wakiguchi H, Kanegane H, Oda M, Ishii E.: Nationwide survey of children with EBV-HLH in Japan. 25th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Bilbao, Spein, September 2009.
  4. Kudo K, Ohga S, Morimoto A, Ishida Y, Suzuki N, Hasegawa D, Nagatoshi Y, Kato S, Ishii E. : Improved outcome of refractory Langerhans cell histiocytosis in children with hematopoietic stem cell transplantation in Japan. 25th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Bilbao, Spein, September 2009.
  5. Morimoto A.: LCH research in Japan. 31st Korean Society of Pediatric Hematology-Oncology Spring Meeting, Daegu, Korea, March 2009.
  6. Morimoto A, Shioda Y, Imamura T, Kanegane H, Sato T, Kudo K, Nakagawa S, Nakadate N, Tauchi H, Nagatoshi Y, Kinoshita A, Miyaji R, Anan T, Yabe M, Kamizono J.: Bisphosphonate therapy for children with Langerhans cell Histiocytosis: a nationwide survey in Japan. 25th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Bilbao, Spein, September 2009.
  7. Sugie H, Sugie Y: Newly Discovered Myopathic Glycogen Storage Diseases, 9th AOMC Scientific Meeting, Seoul, Korea March 25, 2009.
  8. Suzuki N, Morimoto A, Ohga S, Kudo K, Ishida Y, Sato T, Ishii E.: Neonatal henophagocytic lymphohistiocytosis in Japan. 25th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Bilbao, Spein, September 2009.
  9. 青柳順, 伊東岳峰, 金井孝裕, 斎藤貴志, 小高淳, 桃井真里子:体重減少・蛋白尿にて発見された、尿細管間質性腎炎ぶどう膜炎(TINU)症候群の一例.第75回関東小児腎臓研究会, 東京, 2009年1月17日.
  10. 青柳順, 金井孝裕, 伊東岳峰, 斉藤貴志, 小高淳, 桃井真里子:腎疾患におけるステロイド治療の骨塩量への影響.第112回日本小児学会総会・学術集会, 奈良, 2009年4月(日本小児科学会雑誌 113巻2号 P259) .
  11. 冨士根明雄, 森雅人, 福田冬季子, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:小児てんかん患児に対するトピラマートの使用経験. 第51回日本小児神経学会, 米子, 2009年5月28日.
  12. 福田冬季子:遺伝性神経・筋疾患 診断と治療の最前線 ポンペ病(糖原病II型)における酵素補充療法と効果に関与する病態研究”骨格筋におけるautophagy”の進歩 より良好な治療効果を目指して. 第51回日本小児神経学会, シンポジウム, 米子, 2009年5月28日.
  13. 福田冬季子, 石井朋之, 杉江秀夫, 桃井真里子, 林由紀子, 西野一三: 肢帯型筋ジストロフィー症と臨床診断された98症例における酸性α-グルコシダーゼ活性測定. 第51回日本小児神経学会, 米子, 2009年5月28日.
  14. 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子, 林由紀子, 西野一三:臨床的に肢帯型筋ジストロフィー症と診断された症例におけるacid-alpha glucosidase活性の検索. 第51回日本先天代謝異常学会, 東京, 2009年11月5日.
  15. 早川貴裕, 森本哲, 柏井良文, 郡司勇治, 前田貢作, 桃井真里子:上腸間膜静脈血栓症を来し、プロテインS異常症が疑われた5歳女児例.第51回日本小児血液学会, 浦安市, 2009年11月29日(日小血誌 プログラム・総会号:473、2009).
  16. 本多正和, 原嶋宏子, 星野正也, 赤塚淳弥, 山崎太郎, 森雅人, 村山圭, 高柳正樹, 雨宮伸, 大竹明:ミトコンドリア呼吸鎖異常症(MRCD)の責任遺伝子同定へのアプローチ. 第112回日本小児科学会学術集会, 奈良, 平成21年4月17日-19日, (日本小児科学会雑誌113(2) 274, 2009)
  17. 保科優, 菊池豊:合併奇形のない修正大血管転位の管理.第4回栃木小児循環器病研究会, 宇都宮, 2009年5月21日.
  18. 池田尚広, 中村幸恵, 市川万邦, 横山孝二, 柏井良文, 郡司勇治, 森本哲, 四元茂, 桃井真里子:肝炎発症時からCD4+細胞の減少を認めた肝炎後再生不良性貧血の1例.第51回日本小児血液学会, 浦安市, 2009年11月29日(日小血誌 プログラム・総会号:334、2009).
  19. 池田尚広, 鈴木峻, 冨士根明雄, 福田冬季子, 森雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 四元茂, 桃井真里子:多臓器不全、髄膜炎、急性脳症を呈した髄膜炎菌感染症の1例. 第117回日本小児科学会栃木県地方会, 2009年7月11日 (日本小児科学会雑誌113巻12号 1903)
  20. 稲森絵美子, 矢田ゆかり, 高橋尚人, 河野由美, 本間洋子, 桃井真里子:広汎性発達障害が疑われた低出生体重児の長期的支援について.第54回日本未熟児新生児学会, 横浜市, 2009年12月1日(日本未熟児新生児学会雑誌2009;21:581).
  21. 井上真紀子, 福田冬季子, 森本哲, 森雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:経口デキサメサゾン大量療法を行ったOpsoclonus-polymyoclonia syndromeの1例. 第51回日本小児神経学会総会, 米子, 2009年5月28日.(脳と発達41巻:S323, 2009)
  22. 井上元子, 山形崇倫, 森雅人, 冨士根明雄, 後藤珠子, 桃井真里子:小児のてんかんに対するガバペンチンの有効性の検討. 第51回日本小児神経学会, 米子, 2009年5月29日.
  23. 石井朋之, 山形崇倫, 冨士根明雄, 福田冬季子, 森雅人, 杉江秀夫, 桃井真里子:West症候群を含む難治性てんかんへのラモトリギンの治療効果の検討. 第43回日本てんかん学会学術集会, 弘前, 2009年10月22日.
  24. 金井孝裕, 伊東岳峰, 小高淳, 斉藤貴志, 青柳順, 桃井真里子:小児特発性ステロイド感受性ネフローゼ症候群のTh1/Th2細胞数比とIL-4, 5濃度の検討.(日本小児科学会雑誌 2009.113;259).
  25. 金井孝裕, 伊東岳峰, 小高淳, 斉藤貴志, 青柳順, 桃井真里子:PE+TAC療法にて改善したステロイド抵抗性FSGS症例の血中サイトカイン濃度変化. 日本透析医学会雑誌2009.42: 144.
  26. 金井孝裕, 伊東岳峰, 小高淳, 斉藤貴志, 青柳順, 桃井真里子:血中IL-7の小児特発性ステロイド感受性ネフローゼ症候群に対するバイオマーカーとしての可能性.日本小児腎臓病学会雑誌 2009. 22; 156.
  27. 川又竜, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 河野由美, 長嶋雅子, 桃井真里子:早産児リステリア感染症症例におけるサイトカインプロファイル.第45回日本周産期・新生児医学会, 名古屋市, 2009年7月14日(日本周産期・新生児医学会雑誌2009;45:720).
  28. 木村岳人, 市川万邦, 横山孝二, 熊谷秀規, 桃谷孝之, 四元茂, 桃井真里子:深部静脈血栓症を合併した潰瘍性大腸炎の14歳男子例. 第36回日本小児栄養消化器肝臓学会, 札幌, 2009年10月9-11日.
  29. 小池泰敬, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 川又竜, 河野由美, 桃井真里子:末梢血サイトカインプロファイルで特異的IL-5高値の新生児ミルクアレルギーの一例, 第45回日本周産期・新生児医学会, 名古屋市, 2009年7月14日(日本周産期・新生児医学会雑誌2009;45:721).
  30. 河野由美:SGA児の発達予後とプログラミング, 第9回新生児栄養フォーラム(抄録集p101-107) 2009年, 兵庫県淡路.
  31. 河野由美, 三科潤, 米本直裕, 藤村正哲:厚生労働科学研究周産期フォローアップ班 周産期ネットワーク施設の極低出生体重児の3歳時フォローアップ率への影響要因の検討.日本小児科学会雑誌 113;395, 2009年, 奈良.
  32. 河野由美, 米本直裕, 三科潤, 楠田聡, 藤村正哲:厚生労働科学研究「周産期母子医療センターネットワーク班」 周産期ネットワーク登録極低出生体重児の3歳時予後(2) 在胎30週未満の在胎週数別検討 日本周産期・新生児医学会雑誌45; 577, 2009年, 名古屋.
  33. 久保田仁守, 前田貢作, 田辺好英, 馬場勝尚, 太田学, 植田綾子, 福島秀彰, 柏井良文, 森本哲, 金川公夫, 相原敏則:術前診断に難渋した右副腎腫瘍の1幼児例.第117回日本小児科学会栃木県地方会, 大田原市, 2009年7月11日(日小誌113:1905、2009).
  34. 熊谷秀規, 松本静子, 野津寛大:低カリウム血性横紋筋融解症をきたしたGitelman症候群の女子.第119回日本小児科学会栃木県地方会, 壬生(栃木), 2010年3月14日.
  35. 熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 目黒由行, 関根良介, 横山卓, 小島正幸:H. pylori 感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子.第116回日本小児科学会栃木県地方会, 壬生, 2009年3月29日.
  36. 熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 目黒由行, 関根良介, 横山卓, 小島正幸:H. pylori 感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子.第92回日本小児科学会茨城地方会, 筑波, 2009年6月21日.
  37. 熊谷秀規, 松本静子, 江橋正浩, 目黒由行, 横山卓, 小島正幸:H .pylori 感染を伴った穿孔性十二指腸潰瘍の男子.第36回日本小児栄養消化器肝臓学会, 札幌, 2009年10月9-11日.
  38. 俣野美雪, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 川又竜, 河野由美, 桃井真里子:直接ビリルビン高値を呈した極低出生体重児の臨床像の解析.第54回日本未熟児新生児学会, 2009年12月1日(横浜), 日本未熟児新生児学会雑誌2009;21:371.
  39. 松本瞳、市川万邦、森雅人、山形崇倫、杉江秀夫、桃井真里子:7年を経て対側に再燃した片眼性外眼筋炎の一例. 小児神経学会関東地方会、東京、2009年3月7日.
  40. 松本静子, 熊谷秀規, 金子真也, 齋藤真理, 郡司勇治:異好性抗体 HAMA (human anti-mouse antibody) によりインフルエンザ簡易検査キットで偽陽性を示したと考えられる川崎病の男児.第118回日本小児科学会栃木県地方会, 下野, 2009年11月1日.
  41. 門田行史, 山形崇倫, 福田冬季子, 森雅人, 杉江秀夫, 桃井真里子:欠神てんかんに複雑部分発作を合併した男児例. てんかん学会関東甲信越地方会,
  42. 森浩輝, 野崎靖之, 福田冬季子, 森雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:末梢神経障害を合併した非ヘルペス性辺縁系脳炎の女子例. 第51回日本小児神経学会, 米子, 2009年5月29日.
  43. 森雅人, 後藤珠子, 大竹明, 桃井真里子:呼吸鎖複合体異常症におけるミトコンドリアDNA変異の検討. 第51回日本小児神経学会, 米子, 2009年5月28日.
  44. 長嶋雅子, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子:Pallister-Hall症候群の1例.第43回日本小児内分泌学会学術集会, 栃木, 2009年10月2日.
  45. 長嶋雅子, 森雅人, 福田冬季子, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:軽症胃腸炎に伴うけいれんで入院した18例の検討 .第51回日本小児神経学会学術集会, 米子, 2009年5月29日.
  46. 長嶋雅子, 森雅人, 福田冬季子, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:難治性てんかんに対する経口フェノバルビタール大量療法.第43回日本てんかん学会学術集会, 弘前, 2009年10月22日.
  47. 長嶋雅子, 高橋尚人, 河野由美, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 川又竜, 漆原由佳, 桃井真里子:頭部MRI検査により脳腫瘍の確認で診断されたPallister-Hall症候群の1例.第45回日本周産期・新生児医学会, 2009年7月13日(名古屋), 日本周産期・新生児医学会雑誌2009;45:483.
  48. 長嶋雅子, 山形崇倫, 俣野美雪, 齋藤真理, 森雅人, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子:当院におけるHunter症候群7例のまとめ.第51回先天性代謝異常学会学術集会, 東京, 2009年11月3日.
  49. 中島正幸, 松石豊次郎, 芳野信, 古賀靖敏, 山下裕史朗, 内藤悦雄, 大竹明, 森雅人.:Blue native polyacrylamide gel electrophoresis(BN-PAGE)にてミトコンドリア呼吸鎖Iの活性低下を認めたLeigh脳症の一例. 第51回日本小児神経学会総会, 鳥取, 2009年5月28日?30日.(脳と発達41 Suppl. S284, 2009)
  50. 中村幸恵, 池田尚広, 森雅人, 柏井良文, 郡司勇治, 高橋尚人, 森本哲, 桃井真里子:日齢1から制御不能な高サイトカイン血症と進行性の皮膚壊疽をきたした乳児例.第19回日本小児リウマチ学会総会・学術集会, 京都, 2009年10月2-4日.
  51. 中村幸恵, 池田尚広, 柏井良文, 郡司勇治, 高橋尚人, 森本哲, 桃井真里子:日齢1に進行性の皮膚壊疽で発症した血球貪食性リンパ組織球症(HLH)の一例.第51回日本小児血液学会, 浦安市, 2009年11月29日(日小血誌 プログラム・総会号:457、2009).
  52. 中島尚美, 菊池豊, 松原大輔, 鈴木由芽, 翁由紀子, 金沢鏡子, 保科優, 桃井真里子:気管支喘息薬物療法再開の予測因子の検討.第112回日本小児科学会日本小児科学会, 奈良, 2009年4月17日-19日(日本小児科学会雑誌113:356, 2009).
  53. 小高淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳順, 桃井真里子:特発性小児ステロイド感受性ネフローゼ症候群の発症率季節性変化.第10回東京腎炎・ネフローゼ研究会, 平成21年7月25日.
  54. 翁由紀子, 鈴木由芽, 松原大輔, 金沢鏡子, 保科優, 中島尚美, 菊池豊, 桃井真里子:インフルエンザウイルス感染に対する麻黄湯の使用経験.第116回日本小児科学会栃木県地方会, 壬生町, 2009年3月29日(日本小児科学会雑誌113:1283, 2009).
  55. 齋藤真理, 兪志凌, 藤田恵理子, 田辺裕子, 山形崇倫, 桃井隆, 桃井真里子:自閉性障害病因遺伝子としてのCADM1遺伝子変異の同定.日本人類遺伝学会, 2009年9月25日.
  56. 佐間田一則, 白石裕比湖, 森本康子, 河田政明, 竹内護, 桃井真里子: シルデナフィル(レバチオ)使用後に脳内出血を来した乳児肺動静脈瘻の1例. 日本小児循環器学会雑誌25(3): 544, 2009.
  57. 杉江陽子, 大澤純子, 福田冬季子, 杉江秀夫, 大関武彦:自閉症スペクトルムの臨床表現形とセロトニントランスポーター遺伝子多型の検討. 第51回日本小児神経学会, 米子, 2009年5月28日.
  58. 杉山奈都子, 長嶋雅子, 野崎靖之, 福田冬季子, 森雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:当科で経験したBLNARによる髄膜炎7例の検討. 日本神経感染症学会, 宇都宮, 2009年10月16日.
  59. 鈴木由芽, 山形崇倫, 福田冬季子, 桃井真里子:ラモトリギンにより尿細管障害を発症した女児例.小児神経学会関東地方会, 横浜, 2009年9月19日.
  60. 鈴村宏, 高橋尚人, 新田晃久, 渡部功之, 有阪治:栃木県における2008年度RSウイルス感染症入院症例の在胎週数調査.第54回日本未熟児新生児学会, 2009年12月1日(横浜), 日本未熟児新生児学会雑誌2009;21:564.
  61. 鈴村宏, 高橋尚人, 山崎弦, 嶋岡鋼, 高橋努, 石井徹, 大木丈弘, 五十嵐浩, 中島尚美, 島村泰史, 小林靖明, 藤澤正英, 有阪治:栃木県における2008年度乳児RSウイルス感染症入院症例の調査報告:早産児はパリビズマブで守れたか? 第117回日本小児科学会栃木県地方会, 大田原市, 2009年7月11日.(日本小児科学会雑誌 113:1904, 2009).
  62. 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 川又竜, 本間洋子, 桃井真里子:サイトカインプロファイルによる慢性肺疾患児の多種類持続的高サイトカイン血症の証明.第112回日本小児科学会, 2009年4月17日(奈良)日本小児科学会雑誌2009; 113:246.
  63. 高橋尚人:教育講演「新生児疾患とサイトカイン」第45回日本周産期・新生児医学会。2009年7月12日(名古屋), 日本周産期・新生児医学会雑誌2009;45:968-970.
  64. 高橋尚人:総合周産期センターNICUにおける新生児死亡の臨床像と家族対応.日本生命倫理学会第21回年次大会, 2009年11月14日(横浜).
  65. 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 川又竜, 河野由美, 稲森絵美子, 本間洋子, 桃井真里子:NICUにおける新生児死亡の臨床像とその家族への対応.第54回日本未熟児新生児学会, 2009年11月30日(横浜)日本未熟児新生児学会雑誌2009;21:478.
  66. 谷口周平, 佐藤優子, 松本瞳, 中村幸恵, 柏井良文, 森本哲, 桃井真里子:両側下腿静脈から下大静脈に血栓を形成したAT-III欠損症の幼児例.第118回日本小児科学会栃木県地方会, 下野市, 2009年11月1日(日小誌114:903、2010).
  67. 矢田ゆかり, 高橋尚人, 小池泰敬, 川又竜, 河野由美, 桃井真里子:Selective IUGR20組を含む、一絨毛膜二羊膜双胎96組の臨床像の検討, 第54回日本未熟児新生児学会, 2009年12月1日(横浜), 日本未熟児新生児学会雑誌2009;21:343.
  68. 矢田ゆかり, 高橋尚人, 河野由美, 小池泰敬, 川又竜, 本間洋子, 桃井真里子:当院における不妊治療が新生児医療に与える影響の検討 第2報.第45回日本周産期・新生児医学会, 2009年7月13日(名古屋), 日本周産期・新生児医学会雑誌2009;45:645.
  69. 横山孝二, 森本哲, 四元茂、高橋尚人, 森本康子, 村上智明, 白石裕比湖, 桃井真里子:RSウイルス感染に合併した間質性肺炎の2例. 第116回日本小児科学会栃木県地方会, 2009年3月29日.
  70. 柚木佐与, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子, 水田耕一, 河原崎秀雄:当院における生体肝移植後糖尿病(PTDM)の検討.第43回日本小児内分泌学会学術集会.栃木.2009年10月1-3日.
  71. 柚木佐与, 嶋岡鋼, 俣野美雪, 小高淳, 梅崎光, 沼崎啓, 田中吾朗, 江口光興, 桃谷孝之, 橋本雅章:当院における在宅往診ターミナルケアの経験.第116回日本小児科学会栃木県地方会.2009年3月29日.

(C) 著書・総説

  1. 1)Morimoto A. : Langerhans cell histiocytosis, In: Encyclopedia of Cancer. Schwab M (ed), Springer, New York, 2009
  2. 2)福田冬季子:悪性高熱症候群、小児の症候群、小児科診療72巻増刊 188, 2009.
  3. 3)福田冬季子:子どもの成長と発達の障害 早期発見を見極める桃井真里子編 永井書店, 219-226, 2009.
  4. 4)福田冬季子:糖代謝異常症(筋型糖原病)症例から学ぶ先天代謝異常症―日常診療からのアプローチ (単行本) 日本先天代謝異常学会 編集18-23, 2009
  5. 5)福田冬季子, 杉江秀夫:Pompe病の酵素補充療法(Myozyme), Annual Review神経2009.中外医学社 Pp197-202, 2009.
  6. 6)福田冬季子, 杉江秀夫:Pompe病(糖原病II型)-酵素補充療法の現状と診断方法および病態研究における進歩 別冊 医学のあゆみミオパチー 臨床と治療研究の最前線 埜中征哉編 226: 79-83, 2009.
  7. 7)福田冬季子, 杉江秀夫:生化学診断ポンペ病(糖原病II型)ポンペ病(糖原病II型)診断と治療社 衛藤義勝編 92-95, 2009.
  8. 8)早川貴裕, 森本哲:【これでわかる!病態からみた免疫抑制剤の使い方】血球貪食症候群, 血球貪食性リンパ組織球症.小児内科 2009; 41: 1574-1577.
  9. 9)早川貴裕, 増澤亜紀, 森本哲:組織球増殖性疾患.ココからはじめる小児がん看護, へるす出版, 東京, 2009, p111-116.
  10. 稲森絵美子:個別検査法 成長と発達の障害 早期発見を見極める.ももいまりこ編, 永井書店, 2009年, p246-255.
  11. 井上真紀子, 杉江秀夫:opsoclonus-polymyoclonia症候群.小児科診療2009年増刊号.小児の症候群.The Journal of pediatric practice vol.72:p158
  12. 河野由美:新生児のフォローアップ外来の実際.月刊レジデント2(3), 147-152, 2009年.
  13. 河野由美:低出生体重児への育児支援.周産期医学 39(2), 225-229, 2009年。
  14. 河野由美:新生児のフォローアップ外来の実際と極低出生体重児の成長・発達.チャイルドヘルス 12(9), 625-630, 2009年.
  15. 河野由美:チャイルド・シート. 周産期医学 39(8), 1111-1113, 2009年.
  16. 河野由美: B型肝炎ワクチン接種.周産期医学 39(8), 1118-1120, 2009年.
  17. 河野由美:フォローアップからみた生育限界へのチャレンジ.周産期医学 39(10), 1319-1322, 2009年.
  18. 河野由美:新生児疾患、新生児の分娩外傷.金澤一郎・長井良三編, 今日の診断指針 p1810~1812, 医学書院、2009年.
  19. 熊谷秀規:国際会議のフィールド視察団を迎えて:母子手帳の可能性を再認識. 済生 85: 88-89, 2009.
  20. 熊谷秀規, 米沢俊一: 症状からみた鑑別と救急処置 吐血, 下血. カラー版 現場で役立つ小児救急アトラス, 初版, 内山聖, 安次峰馨編集. p 78-79, 西村書店, 2009.
  21. 熊谷秀規:小児の症候群 血液・腫瘍 Hermansky-Pudlak 症候群. 小児診療 72増刊: 262, 2009.
  22. 杉江秀夫:糖代謝異常症1(肝型糖原病)Meet the expert, 症例から学ぶ先天代謝異常症.日本先天代謝異常学会編、診断と治療社 pp.2-4, 2009.
  23. 杉江秀夫:ポンぺ病「生化学的診断」ポンぺ病(糖原病II型).衛藤義勝編、診断と治療社 pp.92-95, 2009.
  24. 杉江秀夫:代謝性ミオパチー, 小児内科 41, 増刊号:926-932, 2009.
  25. 杉江秀夫:糖原病II型(Pompe病)へのアプローチ―生化学診断. 神経内科 70(5):431-433, 2009.
  26. 高橋尚人:新生児ループス.小児科診療2009;72suppl:490.
  27. 高橋尚人:NTEDの最近の動向.小児科診療 2009; 72: 1627-1632.
  28. 高橋尚人:新生児TSS様発疹症(NTED).周産期医学2009; 39: 779-783.
  29. 高橋尚人: 新生児敗血症.小児内科増刊号「小児疾患診療のための病態生理」2009;41:190-193.
  30. 高橋尚人:1か月児健診.小児科臨床 2009; 62: 2621-2626.
  31. 高橋尚人:MRSAで発疹が出たといわれましたが?.周産期医学増刊号「周産期相談318」2009;39増刊号:495-497.
  32. 高橋尚人:新生児の敗血症、髄膜炎.In: 今日の治療指針 2009年版, 医学書院, 東京, 2009年, p 971-972.
  33. 高橋尚人, 仁志田博司:新生児・幼小児の薬用量。新生児に一般的に投与してはならない治療薬.In: 治療薬マニュアル 2009, 高久史麿・矢崎義雄監修, 医学書院, 東京, 2009, 付録p11-17.
  34. 高橋尚人:母子感染予防対策.In: 小児科研修ノート五十嵐隆責任編集, 診断と治療社, 東京, 2009年, p159-162
  35. 高橋尚人:「新生児」.In:専門医をめざす!小児科試験問題集, 五十嵐隆総編集, 中山書店, 東京, 2009年, p37-66.
  36. 高橋尚人:新生児疾患とサイトカイン.日本周産期・新生児医学会雑誌 2009; 45:968-970.
  37. 矢田ゆかり:小児科医から不妊治療現場への提言.エビデンスを目指す不妊・不育外来実践ハンドブック(中外医学社):207-211, 2009.
  38. 矢田ゆかり:皮膚に発疹が出てきました。アトピーですか?.周産期医学別冊, 2009年.
  39. 矢田ゆかり:頭や眉毛のところにかさかさの固まりがついてしまいましたが?.周産期医学別冊, 2009年.
  40. 矢田ゆかり:顔や首にボツボツ発疹が出てきてしまいましたが?.周産期医学別冊, 2009年.
  41. 矢田ゆかり:同じ方向ばかり向いて寝ているため頭が変形してしまいましたが?.周産期医学別冊, 2009年.
  42. 山形崇倫:反射の診かた。ベッドサイドの小児神経・発達の診かた.鴨下重彦監修, 南山堂, p157-170, 2009.
  43. 山形崇倫:頭痛の診かた。ベッドサイドの小児神経・発達の診かた.鴨下重彦監修, 南山堂, p257-264, 2009.
  44. 山形崇倫, 松本歩:抗てんかん薬。類似薬の使い分け.藤村昭夫編, 羊土社p231-252, 2009.

(D) その他

  1. 稲森絵美子, 星子真美, 松本歩, 矢田ゆかり, 高橋尚人, 河野由美, 本間洋子, 桃井真里子:広汎性発達障害と考えられた極低出生体重児の長期的支援について. 第23回ハイリスク児フォローアップ研究会, 大宮, 2009年6月7日.
  2. 熊谷秀規:小児の成長と成長障害~成長曲線から見えてくるもの. 2009年度常陸大宮市学校健康教育研究部研修会, 常陸大宮, 2009年8月20日.
  3. 熊谷秀規:喘息と上手につきあおう. 平成21年度茨城県長期療養児療育相談指導事業, 那珂, 2009年12月17日.
  4. 森本哲:JLSG-96登録症例の経過.第26回LCH研究会, 大阪, 2009年3月.
  5. 森本哲:厚労省乳児LCH班の発足と日本LCH研究会JLSG.LCH患者会, 名古屋, 2009年11月.
  6. 森本哲, 今村俊彦, 金兼弘和, 神薗淳司, 工藤寿子, 佐藤貴, 塩田曜子, 田内久道, 中川慎一郎, 中舘尚也:LCH骨病変・再発症例に対するBisphosphonate・COXⅡinhibitor療法―全国アンケート調査結果―:JPLSG LCH委員会.第6回JPLSG研究会, 名古屋, 2009年6月.
  7. 森本哲, 島崎千尋, 西田隆昭, 信藤肇, 高橋聡, 吉川浩平, 西村良成, 川上延代, 脇田 久, 小林 裕, 今宿晋作:日本LCH研究グループ.JLSG-02に登録された成人LCH症例:中間報告.第26回LCH研究会, 大阪, 2009年3月.
  8. 齋藤真理, 山形崇倫, 桃井真理子:網羅的遺伝子発現解析による自閉性障害の病態関連分子の同定. 自治医大シンポジウム.