自治医科大学 小児科学講座 | Jichi Medical University Dept. of Pediatrics

自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、大学病院併設型の小児病院です。

2010年

calendar

reload

(A)原著論文

  1. Fujita, E., Dai, H., Tanabe, Y., Zhiling, Y., Yamagata, T., Miyakawa, T., Tanokura, M., Momoi, MY., Momoi, T.:Autism spectrum disorder is related to endoplasmic reticulum stress induced by mutations in the synaptic cell adhesion molecule, CADM1.Cell Death Dis. 1:e47,2010.
  2. Hayase, T., Shimizu, J., Goto, T., Nozaki, Y., Mori, M., Takahashi, N., Namba, E., Yamagata, T., Momoi, MY.,: Unilaterally and rapidly progressing white matter lesion and elevated cytokines in a patient with Tay-Sachs disease. Brain Dev. 32:244-247,2010.
  3. Ichikawa, M., Takahashi, N., Yada, Y., Koike, Y., Kawamata, R., Kono, Y., Honma, Y., Yotsumoto, S., Momoi, MY.,:Selectively high levels of serum interleukin-17 in a newborn infant with progressive severe cholestasis. Pediatrics 126: 247-250,2010.
  4. Imamura, T., Sato, T., Shiota, Y., Kanegane, H., Kudo, K., Nakagawa, S., Nakadate, S., Tauchi, H., Kamizono, J., Morimoto, A.: Outcome of pediatric patients with Langerhans cell histiocytosis treated with 2 chlorodeoxyadenosine: a nationwide survey in Japan. Int J Hematol 91:646-651,2010
  5. Imashuku, S., Shioda, Y., Tsunematsu, Y., Imamura, T., Morimoto, A.:VCR/AraC chemotherapy and ND-CNS-LCH. Pediatr Blood Cancer 55: 215-216,2010.
  6. Kanai, T., Yotsumoto, S., Momoi MY.: Norovirus-associated Renal Acute Renal Failure with Nephrotic Syndrome. Pediatr Int. 2010; 52: e23-5.
  7. Kanai, T., Shiraishi, H., Ito, T., Odaka, J., Saito, T., Aoyagi, J., Ueda, Y.,Momoi,MY.:Plasma exchange and tacrolimus therapy for focal segmental glomerulosclerosis collapsing variant and the cytokine dynamics. Ther Apher 2010; 14: 603-5.
  8. Kanai, T., Shiraishi, H., Yamagata, T., Ito, T., Odaka, J., Saito, T., Aoyagi, J., Momoi, M.Y.: Th2 cells predominate in idiopathic steroid-sensitive nephrotic syndrome. Clin. Exp. Nephrol. 14:578-583,2010.
  9. Kawamata, R., Takahashi, N., Yada, Y., Koike, Y., Kono, Y., Momoi, MY : Cytokine profile of a premature infant with early-onset listeriosis. Pediatr Int 54 (in press), 2012.
  10. Koike, Y., Takahashi, N., Yada, Y., Kawamata, R., Sato, Y., Momoi, MY : Selectively high level of serum interleukin 5 in a newborn infant with cow's milk allergy. Pediatrics 127:231-234,2011.
  11. Kudo, K., Ohga, S., Morimoto, A., Ishida, Y., Suzuki, N., Hasegawa, D., Nagatoshi, Y., Kato, S.,Ishii, E.: Improved outcome of refractory Langerhans cell histiocytosis in children with hematopoietic stem cell transplantation in Japan. Bone Marrow Transplant 45:901-906,2010.
  12. Kudo, K., Hama, A., Kojima, S., Ishii, R., Morimoto, A.: Bessho F, Sunami S, Kobayashi N, Kinoshita A, Okimoto Y, Tawa A, Tsukimoto I:Mosaic Down syndrome-associated acute myeloid leukemia does not require high dose cytarabine treatment for induction and consolidation therapy. Int J Hematol 91:630-635,2010.
  13. Kumagai, H., Matsumoto, S., Nozu, K.: Hypokalemic rhabdomyolysis in a child with Gitelman's syndrome. Pediatr Nephrol 25: 953-955, 2010. DOI 10.1007/s00467-009-1412-6.
  14. Kusuda, S., Takahashi, N., Saitoh, T., Terai, M., Kaneda, H., Kato, Y., et al. : A survey of pediatric ward hospitalization due to respiratory syncytial virus infection after the introduction of palivizumab to high risk infants in Japan. Pediatr Int 2012 (in press)
  15. Maekawa, M., Ito, C., Toyama, Y., Suzuki-Toyota, F., Fujita, E., Momoi, T., Toshimori, K.: Localisation of RA175 (Cadm1), a cell adhesion molecule of the immunoglobulin superfamily, in the mouse testis, and analysis of male infertility in the RA175-deficient mouse. Andrologia. 43:180-188,2011.
  16. Maruyama, A., Takahashi, N., Gunji, Y., Morimoto, A., Yada, Y., Koike,Y., Momoi, MY. : Congenital hemophagocytic lymphohistiocytosis in a preterm infant: Cytokine profile and a review of the disease. J Pediatr Hematol Oncol 2011 (in press)
  17. Matsubara, D., Nakashima, N., Kikuchi, Y., Aoyagi, J., Kanazawa, K., Masuzawa, A., Momoi, MY : Unusual skin lesion observed in a boy with Henoch-Sch?nlein purpura: Bullae and skin ulcers. Pediatr Int. 52:e82-5, 2010.
  18. Morimoto, A., Ishida, Y., Suzuki, N., Ohga, S., Shioda, Y., Okimoto, Y., Kudo, K., Ishii, E.: Nationwide survey of single-system single site Langerhans cell histiocytosis in Japan. Pediatr Blood Cancer 54:98-102,2010.
  19. Nagai, K., Yamamoto, K., Fujiwara, H., An, J., Ochi, T., Suemori, K., Yasumi, T., Tauchi, H., Koh, K., Sato, M., Morimoto, A., Heike, T., Ishii, E., Yasukawa, M.: Subtypes of familial hemophagocytic lymphohistiocytosis in Japan based on genetic and functional analyses of cytotoxic T lymphocytes. PLoS One. 5:e14173,2010.
  20. Nakashima, N., Yamagata, T., Mori, M., Kuwajima, M., Suwa, K., Momoi, MY.: Expression analysis and mutation detection of DLX5 and DLX6 in autism. Brain Dev. 32:98-104,2010.
  21. Narumi, S., Numakura, C., Shiihara, T., Seiwa, C., Nozaki, Y., Yamagata, T., Momoi, MY., Watanabe, Y., Yoshino, M., Matsuishi, T., Nishi, E., Kawame, H., Akahane, T., Nishimura, G., Emi, M., Hasegawa, T.: Various types of LRP5 mutations in four patients with osteoporosis-pseudoglioma syndrome: identification of a 7.2-kb microdeletion using oligonucleotide tiling microarray. Am. J. Med. Genet A. 152A:133-140,2010.
  22. Ogawa, A., Ogawa, E., Yamamoto, S., Fukuda, T., Sugie, H., Kohno, Y.:Case of glycogen storage disease type VI (phosphorylase deficiency) complicated by focal nodular hyperplasia. Pediatr Int. 52(3):e150-3,2010.
  23. Ohga, S., Kudo, K., Ishii, E.,, Honjo, S., Morimoto, A., Osugi, Y., Sawada, A., Inoue, M., Tabuchi, K., Suzuki, N., Ishida, Y., Imashuku, S., Kato, S., Hara, T.:Hematopoietic stem cell transplantation for familial hemophagocytic lymphohistiocytosis and Epstein-Barr virus-associated hemophagocytic lymphohistiocytosis in Japan. Pediatr Blood Cancer 54:299-306,2010.
  24. Saito, M., Takahashi, N., Ueda, S., Kuwabara, Y., Komiyama, M., Koike, Y., Yada, Y., Honma, Y., Momoi, MY : Cytokine profile in a premature infant with systemic Bacillus cereus infection. Pediatr Int 52:e34-e36,2010.
  25. Saitsu, H., Tohyama, J., Kumada, T., Egawa, K., Hamada, K., Okada, I., Mizuguchi, T., Osaka, H., Miyata, R., Furukawa, T., Haginoya, K., Hoshino, H., Goto, T., Hachiya, Y., Yamagata, T., Saitoh, S., Nagai, T., Nishiyama, K., Nishimura, A., Miyake, N., Komada, M., Hayashi, K., Hirai, S.I., Ogata, K., Kato, M., Fukuda, A., Matsumoto, N.: Dominant-Negative Mutations in alpha-II Spectrin Cause West Syndrome with Severe Cerebral Hypomyelination, Spastic Quadriplegia, and Developmental Delay. Am. J. Hum. Genet. 86:881-891,2010.
  26. Sugie, Y., Sugie, H., Fukuda, T., Osawa, J. :Study of HOXD genes in autism particularly regarding the ratio of second to fourth digit length. Brain Dev. 32(5):356-61,2010.
  27. Takahashi, N., Uehara, R., Kobayashi, M., Yada, Y., Koike, Y., Kawamata, R., Odaka, J., Honma, Y., Momoi, MY : Cytokine profiles of seventeen cytokines, growth factors and chemokines in cord blood and its relation to perinatal clinical findings. Cytokine 49:331-337,2010.
  28. Takayanagi, Y., Fujita, E., Yu, Z., Yamagata, T., Momoi, M.Y., Momoi, T., Onaka, T.: Impairment of social and emotional behaviors in Cadm1-knockout mice. Biochem. Biophys. Res. Commun.396:703-708,2010.
  29. Yada, Y., Honma, Y., Koike, Y., Takahashi, N., Momoi, MY : Association of development of chronic lung disease of newborns with neonatal colonization of Ureaplasma and cord blood interleukin-8 level. Pediatr Int. Oct; 52(5):718-22,2010.
  30. Yada, Y., Honma, Y., Koike, Y., Takahashi, N., Momoi, MY: The association of chronic lung disease with Ureaplasma colonization and Interleukin-8 of cord blood. Pediatr Int 53: (2010 Feb 3[Epub ahead of print]). 2011.
  31. Yokoyama, K., Takahashi, N., Yada, Y., Koike, Y., Kawamata, R., Uehara, R., Kono, Y., Honma, Y., Momoi, MY : Prolonged maternal magnesium administration and bone metabolism in neonates. Early Hum Dev 86:187-191,2010.
  32. 小池泰敬,高橋尚人,川又 竜,矢田ゆかり,本間洋子,桃井真里子:脳室内出血予防インドメタシン投与が超低出生体重児に与える影響の検討.日児誌 114 (9):1406-1411, 2010.
  33. 俣野美雪,高橋尚人,矢田ゆかり,小池泰敬,川又 竜,河野由美,桃井真里子:直接ビリルビン高値を呈した極低出生体重児の臨床像の解析.小児科診療73(7): 1232-1236, 2010.
  34. 門田行史,山形崇倫,福田冬季子,森雅人,杉江秀夫,桃井真里子:欠神てんかんに複雑部分発作を合併した1例. 小児科臨床63: 265-270, 2010.
  35. 鈴木由芽,森雅人,後藤珠子,山形崇倫,桃井眞里子:膵炎を発症した重症心身障害児の3例. 小児科臨床 63: 1979-1983, 2010.
  36. 鈴木由芽,野口ひとみ,柏井良文,山形崇倫,郡司勇治,桃井眞里子:長期経管栄養管理中に発症した巨赤芽球性貧血の1例. 小児科 51: 833-836, 2010.
  37. 横山孝ニ,森本 哲,四元 茂,高橋尚人,森本康子,村上智明,白石裕比湖,桃井真里子:RSウイルス感染症に合併した重症間質性肺炎の2例.日児誌 114:1431-1435,2010.
  38. 吉田秀樹,今村俊彦,森岡茂己,安 炳文,森本 哲,木崎善郎,幸道直樹,細井 創:リツキシマブを含む多剤併用化学療法が奏功したびまん性大細胞型B細胞リンパ腫の1例.日本小児血液学会雑誌 24:219-224,2010.

(B) 学会発表

  1. Asano, T., Kogawa, K., Morimoto, A., Ishida, Y., Suzuki, N., Ohga, S., Kudo, K., Ohta, S., Wakiguchi, H., Tabuchi, K., Kato, S., Ishii, E.: Hemophagocytic lymphohistiocytosis after hematopoietic stem cell transplantation in children: nationwide survey of Japan. 26th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Boston, October 2010.
  2. Jimbo, E., Dai Hongmei, Tanabe,Y., Zhiling Yu, Yamagata,T., Miyakawa,T.,Tanokura,T., Momoi,MY., Momoi,T.:Autism Spectrum Disorder is related to endoplasmic reticulum stress induced by mutations in the synaptic cell adhesion molecule, CADM1. BMB2010(第33回日本分子生物学会大会,第83回日本生化学会大会合同大会), 神戸, 2010年12月7日.
  3. Goto, T., Mori, M., Yamagata, T., Momoi, MY.,: A case of Leigh syndrome with Complex I deficiency presenting diffuse necrotizing change in the white matter. The 11th International Child Neurology Congress, Cairo, May 4, 2010.
  4. Imanishi, K., Takahashi, N., Kato, H., Matsuda, Y., Uchiyama, T. : Development of CD4+ T cells and their responses to bacterial superantigens. 14th International Congress of Immunology, Kobe, Japan, Aug 23-27. (25)
  5. Kudo, K., Morimoto, A., Imamura, T., Shioda, Y., Sato, T., Ishii, E., Horibe, K., Kinugawa, N., Tsunematsu ,Y., Imashuku, S.: Outcome of poor responders at 6 weeks of induction therapy: JLSG-02 protocol study for multisystem Langerhans cell histiocytosis in Japan. 26th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Boston, October 2010.
  6. Monden,Y., Yamagata,T., Fukuda,T., Mori, M., Sugie, H., Momoi, MY.: Five cases of frontal lobe epilepsy with absence and complex generalized seizures. The 11th International Child Neurology Congress, Cairo, May 4, 2010.
  7. Monden,Y.,Yamagata,T., Mori, M., Fukuda, T., Sugie, H., Momoi, MY. : Clinical and EEG analysis of frontal absence epilepsy; The International Journal of Child Neuropsychiatry; 11th International Child Neurology Congress.Page137( 2010.5)
  8. Morimoto ,A., Nakamura, S., Shioda, Y., Imamura, T., Oh, Y., Imashuku,S.,Momoi,MY. :Comprehensive analysis of serum cytokine/ chemokine and growth factors in pediatric patients with Langerhans cell histiocytosis. 26th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Boston, October 2010.
  9. Nagai, K., Yamamoto, K., Fujiwara, H., Jhun, A., Ochi, T., Suemori, K., Tauchi, H., Koh ,K., Sato, M., Morimoto, A., Ishii, E., Yasukawa, M.:Real incidence and variation of familial hemophagocytic lymphohistiocytosis in Japan based on genetic and functional analyses of cytotoxic T lymphocytes. 26th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Boston, October 2010.
  10. Nagashima, M., Yamagata, T., Monden, Y., Mori, M., Momoi, MY: Idursulfase replacement therapy for Hunter syndrome. The 11th International Child Neurology Congress, Cairo, May 6, 2010.
  11. Oh, Y., Morimoto, A., Itoh, T., Kashii, Y., Gunji, Y., Momoi, MY.:A case of case of Langerhans cell histiocytosis with a recurrent CNS mass lesion successfully treated with 2-chlorodeoxyadenosine. 26th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Boston, October 2010.
  12. Tanabe,Y.,Fujiwara,Y.Fujita,E.,Kasahara,T., Shigeki,Y.,Momoi,T.: The temporal expression and cytoplasmic localization of the novel Foxp2 isoform lacking forkhead domain in the developing Purkinje cells. BMB2010(第33回日本分子生物学会大会,第83回日本生化学会大会合同大会), 神戸, 2010年12月8日.
  13. 安達みちる,長谷川三希子,河野由美 他: 脳の器質的異常を有しながら独歩を獲得した極低出生体重児の運動機能獲得時期について.理学療法学32 :315, 2010.
  14. 青柳 順,金井孝裕,伊東岳峰,小高 淳,斉藤貴志,桃井真里子:小児腎疾患におけるステロイド治療の骨塩量への影響.第53回日本腎臓学会学術総会,神戸,2010年6月16日~18日,日本腎臓学会誌 52巻3号 学術総会号 P285 (2010).
  15. 早瀬朋美,谷口周平,翁由紀子,中村幸恵,柏井良文,郡司勇治,森本哲,桃井真里子:強化療法中にメソトレキサートによる遅発性過敏反応が出現した急性リンパ性白血病の2例.第52回日本小児血液学会総会,大阪,2010年12月17-19日.
  16. 本間洋子, 河野由美:厚生労働科学研究「周産期母子医療センターネットワーク」フォローアップ研究班 ネットワークデータベースにおける双胎極低出生体重児の3歳予後.日本未熟児新生児学会雑誌22: 695, 2010.
  17. 藤田恵理子, 代紅梅, 田辺裕子, Yu Zhiling, 山形崇倫, 宮川拓也 ,田野倉優, 桃井真里子, 桃井隆: 自閉性障害におけるCadm1遺伝子変異に誘導される小胞体ストレス. Neuro2010(第33回日本神経科学大会,第53回日本神経化学会大会,第20回日本神経回路学会大会合同大会), 神戸, 2010年9月2日.
  18. 池田尚広,冨士根明雄,門田行史,福田冬季子,山形崇倫,杉江秀夫,桃井真里子:髄膜炎菌性髄膜炎例におけるサイトカイン解析。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S292,2010)
  19. 井上元子,横山孝二,池田尚広,中村幸恵,熊谷秀規,四元 茂,岡本宏明,桃井眞里子. TTVによる急性肝炎が考えられた2症例.第120回日本小児科学会栃木県地方会,下野,2010年7月11日.
  20. 石井朋之,山形崇倫,福田冬季子,森雅人,杉江秀夫,飯塚敦夫,遠山潤,桃井真里子:ミオクロニー失立てんかん著効例を中心としたラモトリギンの治療効果の検討。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S264,2010)
  21. 伊東岳峰,金井孝裕,青柳 順,齊藤貴志,小高 淳,桃井真里子 :小児腎疾患30例におけるミゾリビン血中濃度と各影響因子の検討.第113回日本小児科学会,盛岡市,2010年4月.
  22. 伊東岳峰,金井孝裕,青柳 順,齊藤貴志,小高 淳,桃井真里子 :小児腎疾患36例におけるミゾリビン血中濃度と各影響因子の検討.第53回日本腎臓学会,神戸市,2010年6月.
  23. 伊東岳峰,金井孝裕,青柳 順,齊藤貴志,小高 淳,桃井真里子 :小児頻回再発型ステロイド依存性特発性ネフローゼ症候群に対するミゾリビン併用療法の長期成績.第45回日本小児腎臓病学会,大阪市,2010年6月.
  24. 伊東岳峰,小熊真紀子,五十嵐浩:当科での過去3年間の学校検尿のまとめ.第119回日本小児科学会栃木県地方会,壬生, 2010年3月.
  25. 上谷良行, 河野由美, 藤村正哲:厚生労働科学研究周産期医療ネットワーク班 2005年出生超低出生体重児の3歳時予後全国調査成績.日本未熟児新生児学会雑誌22:568, 2010.
  26. 金井孝裕, 小高淳, 伊東岳峰, 斎藤貴志, 青柳順, 桃井真里子:小児特発性ネフローゼ症候群における白血球分画の検討.第45回日本小児腎臓病学会,大阪市,2010年6月.
  27. 金井孝裕, 小高淳, 伊東岳峰, 斎藤貴志, 青柳順, 桃井真里子:小児IgA腎症の口蓋扁桃におけるC3活性化因子発現の検討.  第53回日本腎臓学会, 神戸市,2010年6月.
  28. 勝部奈都子,長嶋雅子,野崎靖之,福田冬季子,森雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫,桃井真里子:当科で経験したβラクタマーゼ非産生アンピシリン耐性インフルエンザ桿菌による髄膜炎の検討. 第52回日本小児神経学会, 福岡, 2010年5月22日.
  29. 勝部奈都子,齋藤貴志,五十嵐浩,桃井真里子:当科における潜在性菌血症の臨床的検討.第120回日本小児科学会栃木県地方会,下野,2010年7月11日.
  30. 川原勇太, 青柳順, 斉藤貴志, 野崎靖之, 森本康子, 片岡功一, 南孝臣, 村上智明, 白石裕比湖, 水田耕一, 多賀直行, 竹内護, 桃井真里子:門脈体循環シャントを結紮後、酸素飽和度が上昇した肺動静脈瘻を伴う多脾症候群の1例. 第119回日本小児科学会栃木県地方会, 壬生, 2010年3月14日.
  31. 川原勇太, 森本哲, 増澤亜紀, 中村幸恵, 柏井良文, 相原敏則, 久保田仁守, 馬場勝尚, 前田貢作, 桃井真理子:Auto PBSCTを施行したMYCN高増幅low stage神経芽腫の1例. 第26回日本小児がん学会, 大阪, 2010年12月18日.
  32. 菊池豊,中島尚美,保科優 :3Dエコーの新生児への臨床応用気管支喘息薬物療法再開の予測因子の検討:第113回日本小児科学会学術集会,盛岡市,2010年4月23-25日(日本小児科学会雑誌114:234, 2010)
  33. 木村岳人,熊谷秀規,松本静子,江橋正浩:免疫グロブリン大量静注療法が奏功した抗ガングリオシド抗体陽性Guillain-Barre症候群の幼児.第120回日本小児科学会栃木県地方会,下野,2010年7月11日.
  34. 木村岳人,熊谷秀規,松本静子,江橋正浩:免疫グロブリン大量静注療法 (IVIG) が奏功した抗ガングリオシド抗体陽性 Guillain-Barre 症候群 (GBS) の幼児.第96回日本小児科学会茨城地方会,ひたちなか市 2010年11月28日.
  35. 木村岳人,熊谷秀規,松本静子,金井孝裕,小高 淳,内谷 哲,目黒茂樹:乳児尿路感染症の画像評価:排泄時膀胱造影 (VCUG) と Tc-DMSA シンチグラフィー.第11回常陸水戸画像診断研究会,常陸大宮 2010年11月13日.
  36. 小池泰敬,高橋尚人,矢田ゆかり,河野由美,俣野美雪,桃井真里子:当院NICUにおける慢性肺疾患に対する吸入ステロイドの効果の検討.日本未熟児新生児学会雑誌2010; 22: p203.
  37. 河野由美, 三科潤 他:厚生労働科学研究「周産期母子医療センターネットワーク」班 晩期循環不全に対するステロイド投与基準をめぐって 長期予後の視点から ネットワークデータベースにおける晩期循環不全の3歳予後 日本未熟児新生児学会雑誌22:464, 2010.
  38. 河野由美, 米本直裕, 三科潤 他:周産期センターネットワークの在胎22~25週出生児の3歳時予後 海外報告との比較.日本小児科学会雑誌114: 240, 2010.
  39. 熊谷秀規,松本静子,野津寛大:低カリウム血性横紋筋融解症をきたしたGitelman症候群の女子.第119回日本小児科学会栃木県地方会,壬生(栃木),2010年3月14日.
  40. 熊谷秀規,松本静子,野津寛大:Gitelman症候群の小児にみられた低カリウム血性横紋筋融解症.第113回日本小児科学会学術集会,盛岡,2010年4月23~25日.
  41. 熊谷秀規,松本静子,江橋正浩,木村岳人,目黒由行,横山 卓,小島正幸,廣田紀男:虫垂切除後に周期性嘔吐が消失した女児.第37回日本小児栄養消化器肝臓学会,高松2010年10月8~10日.
  42. 熊谷秀規,松本静子,野津寛大:低カリウム (K) 血性横紋筋融解症をきたした Gitelman症候群の女子.第96回日本小児科学会茨城地方会,ひたちなか2010年11月28日.
  43. 倉田和美,谷口周平,宮内彰彦,沼崎啓,山形崇倫,下泉秀夫,郡司勇治:若年で発症したナルコレプシーの1例. 第121回日本小児科学会栃木県地方会2010年11月14日(日本小児科学会雑誌 115:696-697,2011)
  44. 黒岩祐梨,門田行史,岡野彩子,福田冬季子,森雅人,山形崇倫,杉江秀夫,桃井真里子:脊髄灰白質の長大病変で発症したADEMの一例。第53回日本小児神経学会関東地方会,東京,2010年9月11日(脳と発達 43:251, 2011)
  45. 俣野美雪, 高橋尚人, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 河野由美, 桃井真里子:心臓腫瘍と回腸閉鎖を合併した2番染色体長腕部分欠失の1例.日本周産期・新生児医学会雑誌(1348-964)46巻2号 Page715(2010.06).
  46. 宮内彰彦,杉山奈都子,長嶋雅子,門田行史,野崎靖之,福田冬季子,森雅人,山形崇倫,杉江秀夫,桃井真里子:当科で経験したGBSによる髄膜炎6例の臨床的検討。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S291,2010)
  47. 門田行史,森雅人,山形崇倫,長嶋雅子,福田冬季子,杉江秀夫,桃井真里子:小児期発症のMELASの2剖検例。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S226,2010)
  48. 門田行史,山形崇倫,福田冬季子,森雅人,杉江秀夫,桃井真里子:欠神てんかんに複雑部分発作を合併した1例・てんかん研究(0912-0890)27巻3号 Page442(2010.01)
  49. 森雅人,松本歩,福田冬季子,根本健二,村井弘通,武田いづみ,山形崇倫,桃井真里子:14番環状染色体症候群の2例。第44回日本てんかん学会. 岡山,2010年10月15日(てんかん研究 28:359,2010)
  50. 森本 哲.LCHの病態解明と治療の進歩.第52回日本小児血液学会総会.大阪,2010年12月.
  51. 森本 哲,島崎千尋,高橋 聡,吉川浩平,黒田梨恵,脇田 久,小林 裕,金兼弘和,秋山聖子,今宿晋作.JLSG-02に登録された成人例の多病変型ランゲルハンス細胞組織球症(LCH)の中間報告.第72回日本血液学会総会,横浜,2010年9月.
  52. 鍋谷まこと, 河野由美, 米本直裕 他:周産期センターネットワーク2003・2004年出生極低出生体重児の3歳時予後の検討 脳室内出血の重症度と予後. 日本周産期・新生児医学会雑誌 46: 607, 2010.
  53. 長嶋雅子,福田冬季子,門田行史,宮内彰彦,勝部奈都子,山形崇倫,桃井真里子:乳腺炎に起因したと考えられる遅発型B群溶連菌髄膜炎の1症例.第119回日本小児科学会栃木県地方会,栃木,2010年3月14日
  54. 長嶋雅子,福田冬季子,杉江陽子,森雅人,山形崇倫,杉江秀夫,桃井真里子:McArdle病の重症度とACE多型との関係。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S415,2010)
  55. 長嶋雅子,山形崇倫,柚木佐与,森雅人,杉江秀夫,桃井真里子,五味玲,渡辺英寿:嗅覚刺激で複雑部分発作が誘発された側頭葉腫瘍例。第44回日本てんかん学会. 岡山,2010年10月15日(てんかん研究 28:304,2010)
  56. 中村幸恵,翁由紀子,早瀬朋美,柏井良文,森本哲,桃井真里子:インヒビター陽性血友病A患児に対するAPCC定期投与の有用性.第52回日本小児血液学会総会,大阪,2010年12月17-19日.
  57. 中島尚美,井上元子,渡辺知佳,早川貴裕,金沢鏡子,保科優,菊池豊:当院の乳児UTI症例における画像評価および予後の検討:第113回日本小児科学会学術集会,盛岡市,2010年4月23-25日(日本小児科学会雑誌114:379, 2010)
  58. 野崎靖之, 山形崇倫, 齋藤真理, 久保田健夫, 小崎健次郎, 西村 玄, 桃井真里子:Xq26微小欠失により重度知的障害、特異的顔貌、短指趾や骨線状硬化を示した1女性例. 日本人類遺伝学会 第55回大会, 大宮, 2010年10月27日-30日.
  59. 齋藤真理,山形崇倫,森雅人,門田行史,長嶋雅子,桃井眞里子:自閉性障害のアレーCGH解析とMAOA,MAOB遺伝子欠失男児例。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月22日(脳と発達42:S299,2010)
  60. 島村若通,中村幸恵,英雅世,大谷英之,金井孝裕,森本 哲,桃井真里子:当院における小児若年性特発性関節炎(全身型)に対する抗ヒトIL-6レセプターモノクローナル抗体の使用経験.第120回日本小児科学会栃木県地方会,栃木,2010年7月11日.
  61. 清水正樹, 菅野啓一, 河野由美 他:周産期センターネットワーク2003・2004年極低出生体重児の3歳児予後 母体ステロイド投与の有無と予後の検討. 日本周産期・新生児医学会雑誌 46: 607, 2010.
  62. 下澤弘憲,齋藤真理,川原勇太,保科優,中島尚美,菊池豊,森本哲,桃井真里子:血球貪食症候群を呈したデング熱男児例:第121回日本小児科学会栃木県地方会,下野市,2010年11月14日.(日本小児科学会雑誌 115 :695,2011.
  63. 杉山奈都子,長嶋雅子,門田行史,福田冬季子,山形崇倫,杉江秀夫,桃井真里子:インフルエンザ桿菌髄膜炎の治療効果の検討。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S291,2010)
  64. 鈴木由芽,齋藤真理,森雅人,山形崇倫,桃井眞里子:1q43に微少欠失が確認された小頭症の女児例。第52回日本小児神経学会総会, 福岡, 2010年5月20日(脳と発達42:S445,2010)
  65. 高橋尚人,北島博之,楠田 聡,森岡一朗:パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009の新生児症例についての2009年度全国調査.2010年11月6日(神戸)日本未熟児新生児学会 2010; 22:472.
  66. 高橋尚人:救急医療の現場からみた子どもの権利.日本生命倫理学会第22回年次大会,シンポジウム「子どもをめぐる生命倫理と法」(愛知、藤田保健衛生大学)2010年11月21日.
  67. 谷口周平,佐藤優子,金井慎一,長嶋雅子,野崎靖之,福田冬季子,森雅人,杉江秀夫,山形崇倫,桃井真里子:無呼吸発作で発症しzonisamideが有効であった乳児複雑部分発作の1例?. 第52回日本小児神経学会関東地方会,東京,2010年3月20日(脳と発達 42:475, 2010.)
  68. 谷口祐子,大谷英之,早瀬朋美,翁由紀子,中村幸恵,伊藤岳峰,柏井良文,森本哲,桃井真里子:最近当院で経験したランゲルハンス細胞組織球症(LCH)8例のまとめ.第121回日本小児科学会栃木県地方会,下野市,2010年11月14日.
  69. 渡辺知佳, 本間洋子, 高橋尚人, 河野由美, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 俣野美雪, 桃井真里子:電子カルテ情報による2,000人の正期産児における低出生体重に関連する周産期因子の検討.日本未熟児新生児学会雑誌22巻3号;585.2010.
  70. 横山孝二,熊谷秀規,四元 茂,岡本宏明,桃井眞里子:ワクチン接種の継続により,B型肝炎ウイルスが陰性化した母子感染例.第37回日本小児栄養消化器肝臓学会,高松2010年10月8~10日.

(C) 著書・総説

  1. 藤村正哲, 平野慎也, 河野由美 他:新しい新生児医療システム. 新生児臨床研究ネットワークNRN(neonatal research network),母子保健情報 62: 81-87,2010
  2. 藤村正哲, 楠田 聡, 河野由美 他:新生児救急医療の発展と課題 アウトカムはどうすれば改善できるか? 小児保健研究69:2195-201,2010.
  3. 早川貴裕、森本 哲.小児の薬の使い方,血球貪食性リンパ組織球症.小児内科,42(増刊号):592-595,2010.
  4. 小池泰敬:退院時の指導.船戸正久、高田哲編著:医療従事者と家族のための小児在宅医療支援マニュアル第二版.大阪,メディカ出版,2010,p162-167.
  5. 小池泰敬, 高橋尚人:新生児の感染症.小児看護.東京,へるす出版,2010,p1638-1641.
  6. 河野由美:SGA児の長期予後 神経学的障害と発達予後 周産期医学 40:235-239, 2010.
  7. 河野由美:先天異常の長期フォローアップ:小児科医によるフォローアップの連携. 周産期医学 40:1179-1182, 2010.
  8. 河野由美:新しい新生児医療システム. ハイリスク児の長期フォローアップ:母子保健情報62:106-110, 2010.
  9. 俣野美雪:周産期診療指針2010 新生児編 新生児疾患の治療指針 敗血症・髄膜炎(解説/特集). 周産期医学 40(増刊):721-723,2010.12.
  10. 俣野美雪:周産期救急疾患への対応 妊産婦・新生児死亡を防ぐために 新生児救急疾患 敗血症・髄膜炎・GBS感染症への対応(解説/特集): 周産期医学40(6):957-960,2010.6.
  11. 門田行史,山形崇倫:小児の治療指針 14.精神 広汎性発達障害(高機能以外). 小児科診療 73:792-794,2010.
  12. 村上一郎、林 一彦、森本 哲.ランゲルハンス細胞組織球増殖症.リンパ球増殖疾患 癌診療指針のための病理診断プラクティス,295-303,中山書店,東京,2010.
  13. 長嶋雅子,杉江秀夫:フロッピーインファント.小児科臨床ピクシス23見逃せない先天代謝異常:33-35
  14. 杉江秀夫:Meet the expert糖原病.遠藤文夫編(日本先天代謝異常学会)「症例から学ぶ先天代謝異常症糖代謝異常」,診断と治療社,東京,pp2-4,2010.
  15. 杉江秀夫,杉江陽子:筋痛・運動不耐.五十嵐隆総編集 小児科臨床ピクシス「見逃せない先天代謝異常」,中山書店,東京,pp.36-38,2010.
  16. 高橋尚人:感染症が疑われる児の管理. 小児科診療 2010; 73 (9): 1481-1484.
  17. 高橋尚人:新生児の感染症. 母子保健情報 2010;62:70-74.
  18. 高橋尚人:新生児・早産児. 小児科診療「小児の輸液ベーシックガイド」2011;74:213-218.
  19. 高橋尚人:「敗血症・髄膜炎」みる・きく・わかる新生児の症状・所見マスターブック、メディカ出版2011; 176-180.
  20. 高橋尚人:感染防止.周産期医学増刊号「周産期診療指針2010」2010;40増刊号:499-501.
  21. 高橋尚人:細菌感染.小児科臨床ピクシス新生児医療 2010, pp144-149. 五十嵐隆・渡辺とよ子編集,総324p (中山書店、東京)。
  22. 高橋尚人:NICUにおける感染症とその対応.NICU看護の知識と実際 2010, pp122-135.楠田聡編集、総258ページ(メディカ出版、大阪).
  23. 高橋尚人:慢性期の感染症対策.In: 新生児慢性肺疾患の診療指針 改訂2版藤村正哲監修,メデイカ出版, 大阪, 2010, p73-76.
  24. 高橋尚人:各領域のMRSA保菌者対策とMRSA感染症の診断・治療10.小児科領域.In: MRSA-基礎・臨床・対策-改訂版 河野茂編,医薬ジャーナル社,大阪,2010, p267-275.
  25. 高橋尚人:新生児TSS様発疹症.In:小児科臨床ピクシス年代別子どもの皮膚疾患 五十嵐隆・馬場直子編集,総213,中山書店,東京,2010, p6-7.
  26. 高橋尚人:分娩室での新生児ケア.In:小児の治療指針 小児科診療増刊号,総947p,診断と治療社,東京,2010;73:p824-826.
  27. 高橋尚人, 仁志田博司:新生児・幼小児の薬用量。新生児に一般的に投与してはならない治療薬. 治療薬マニュアル 2010, p11-18. 高久史麿・矢崎義雄監修, 総1999p,付録271p (医学書院、東京).
  28. 高橋尚人,仁志田博司:新生児・幼小児の薬用量.新生児に一般的に投与してはならない治療薬.治療薬マニュアル.2011, p11-18. 高久史麿・矢崎義雄監修,総2104p,付録274p (医学書院、東京).
  29. 高橋尚人(責任編集),矢田ゆかり,河野由美,小池泰敬,本間洋子:新生児ポケットマニュアル.診断と治療社、東京、2010.
  30. 矢田ゆかり:選択的帝王切開の時期と児の合併症.周産期医学40:1485-87,2010.
  31. 山形崇倫:小児の精神疾患;ADHDを中心に ADHDの遺伝学. Pharma Med 28:13-16, 2010.
  32. 横山孝二,四元 茂:治療薬・治療指針 ポケットマニュアル 2010.東京,羊土社,2010 p.161-164, 482-491.

(D) その他

  1. 井上元子,横山孝二,池田尚広,中村幸恵,熊谷秀規,四元 茂,岡本宏明,桃井眞里子:TTV (Torque teno virus) による急性肝炎が考えられた2症例.日小児会誌 114: 1620, 2010.
  2. 金井孝裕:小児腎臓病治療の最前線.  古河保健所2010年2月.
  3. 金井孝裕:こどもの腎臓病と学校生活. 宇都宮教育委員会 2010年10月.
  4. 金井孝裕:小児腎疾患における日常生活の注意点. 筑西保健所 2010年12月.
  5. 柏井良文:こどもの感染症 ?よく見る病気とその管理?.平成22年度栃木県医師会乳幼児保健講習会,宇都宮市護国会館,2010年10月27日.
  6. 木村岳人,熊谷秀規,松本静子,江橋正浩:免疫グロブリン大量静注療法 (IVIG) が奏功した抗ガングリオシド抗体陽性 Guillain-Barre 症候群 (GBS) の幼児.日小児会誌 114: 1620, 2010.
  7. 河野由美:教育講演 ハイリスク児のフォローアップ:NICUを退院した子どもたちへの支援.第57回日本小児保健協会学術集会,新潟,2010年9月17日.
  8. 河野由美:ワークショップ講演 新生児期の栄養と児の成長発達.第10回新生児栄養フォーラム,東京,2010年5月23日.
  9. 熊谷秀規:1.成長曲線から見えてくるもの.2.新しい予防接種について.平成22年度大子町養護教諭・保健師研修会,大子(茨城)2010年8月24日.
  10. 熊谷秀規,松本静子,野津寛大:低カリウム (K) 血性横紋筋融解症をきたしたGitelman症候群 (GS) の女子.日小児会誌 114: 1096, 2010.
  11. 熊谷秀規,松本静子,野津寛大:Gitelman症候群の小児にみられた低カリウム血性横紋筋融解症.日小児会誌 114: 230, 2010.
  12. 熊谷秀規,松本静子,江橋正浩,木村岳人,目黒由行,横山 卓,小島正幸,廣田紀男:虫垂切除後に周期性嘔吐が消失した女児.日小児栄消肝会誌 24 増刊: 126, 2010.
  13. 松本静子,熊谷秀規,金子真也,齋藤真理,郡司勇治:異好性抗体HAMA (human anti-mouse antibody) によりインフルエンザウイルス簡易検査キットで偽陽性を示したと考えられる川崎病の男児.日小児会誌 114: 904, 2010.
  14. 高橋尚人:文部科学省周産期医療環境整備事業(人材養成環境整備)周産期教育部門創設による支援体制構築 自治医大周産期センターの取り組み.新生児医療連絡会,神戸,2010年7月12日.
  15. 高橋尚人:周産期・新生児感染症の病像・病態・対応―GBS、サイトカイン、新型インフルエンザ―. 第3回周産期新生児感染症研究会, 神戸, 2010年7月31日.
  16. 高橋尚人:周産期医療におけるサイトカインの意義と2009年新型インフルエンザの影響について.第43回岩手周産期研究会,盛岡,2010年8月21日.
  17. 高橋尚人:新生児疾患の病態とサイトカイン.第2回周産期医療研修会,金沢(石川県医師会館),2010年10月27日.
  18. 高橋尚人:2009年度のパンデミックインフルエンザA(H1N1)2009とRSV感染症.第55回日本未熟児新生児学会ランチョンセミナー,神戸,2010年11月6日.
  19. 高橋尚人,北島博之,楠田 聡,森岡一朗:パンデミックインフルエンザA(H1N1)2009の新生児症例についての2009年度全国調査.日本小児科学会新生児委員会報告,日本小児科学会雑誌 2010; 114(10)1625-1628.
  20. 山形崇倫:シンポジウム:発達障害のバイオマーカーの進歩,自閉性障害の分子遺伝学的研究. 第104回日本小児精神神経学会,徳島,2010年11月13日(日本小児精神神経学会プログラム・抄録集 104:24-25,2010.)
  21. 横山孝二,熊谷秀規,四元 茂,岡本宏明,桃井眞里子:ワクチン接種の継続により,B型肝炎ウイルスが陰性化した母子感染例.日小児栄消肝会誌 24 増刊: 145, 2010.