自治医科大学 小児科学講座 | Jichi Medical University Dept. of Pediatrics

自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、大学病院併設型の小児病院です。

2011年

calendar

reload

(A)原著論文

  1. 平嶋良章, 今村俊彦, 山下哲史, 古谷明代, 内藤岳史, 石田宏之, 森本 哲, 阪上順一, 若林直樹, 光藤章二, 細井 創:ダブルバルーン小腸内視鏡にて診断・止血しえた,同種造血幹細胞移植後の多発性小腸潰瘍による小腸出血の7歳男児例.日小児血液会誌25:140-145,2011.
  2. 井上元子,山形崇倫,門田行史,英 雅世,森 雅人,福田冬季子,野崎靖之,長嶋雅子,水口雅,杉江秀夫,桃井真里子:急性脳症40例の臨床的検討.小児臨64:2215-2223, 2011.
  3. 石田宏之, 内藤岳史, 田村真一, 渡辺信和, 森本 哲, 今村俊彦:完全キメラ状態での長期骨髄不全に対して末梢血幹細胞輸注を必要とした再生不良性貧血.日小児血液会誌 25:146-151, 2011.
  4. 石井のぞみ,佐藤紀子,安藤朗子,加部一彦,山口規容子,米本直裕,河野由美:極低出生体重児の3歳予後と集団保育参加の関係について.日未熟児新生児会誌 23(1) 141-149, 2011.
  5. 石井朋之,森 雅人,山形崇倫,桃井真里子:ラモトリギンが有効であったWest症候群の2例. 小児臨64:299-304,2011.
  6. 勝部奈都子,五十嵐浩,齋藤貴志,山形崇倫,桃井真里子:小児の潜在性菌血症に対する臨床的検討.小児臨11:2378-2382,2011.
  7. 木村岳人,熊谷秀規,松本静子,江橋正浩,楠 進:免疫グロブリン大量静注療法が奏功したフォスファチジン酸添加 (ELISA法) による抗ガングリオシド抗体陽Guillain-Barre症候群の幼児. 茨城県立病院医誌 28: 27-32, 2011.
  8. 門田行史,中瀬葉子,中村幸恵,早瀬朋美,翁 由紀子,柏井良文,郡司勇治,今村俊彦,森本 哲,桃井真里子 : 眼球突出で発症したB前駆型急性リンパ性白血病/非ホジキンリンパ腫の2例.小児臨 64:2047-51,2011.
  9. 高田亜希子,市橋光他:腹痛が唯一の症状であったHenoch-Schonlein紫斑病の1例:小児診療74(9): 167-171, 2011.
  10. 横山孝二,森本 哲,四元 茂,高橋尚人,森本康子,村上智明,白石裕比湖,桃井眞里子:RSウイルス感染に合併した重症間質性肺炎の2例.日小児会誌 114:1431-1435, 2010.
  11. Coenen, EA., Raimondi, SC., Harbott, J., Zimmermann, M., Alonzo, TA., Auvrignon, A., Beverloo, HB., Chang, M., Creutzig, U., Dworzak, MN., Forestier, E., Gibson, B., Hasle, H., Harrison, CJ., Heerema, NA., Kaspers, GJ., Leszl, A., Litvinko, N., Lo Nigro, L., Morimoto, A., Perot, C., Reinhardt, D., Rubnitz, JE., Smith FO., Stary J., Stasevich I., Strehl, S., Taga, T., Tomizawa, D., Webb, D., Zemanova, Z., Pieters, R., Zwaan, CM., van den Heuvel-Eibrink, MM.:Prognostic significance of additional cytogenetic aberrations in 733 de novo pediatric 11q23/MLL-rearranged AML patients: results of an international study. Blood 117: 7102-7111,2011.
  12. Hayakawa, T., Morimoto, A., Nozaki, Y., Kashii, Y., Aihara, T., Maeda, K., Momoi, M.:Mesenteric Venous Thrombosis in a Child with Type II Protein S Deficiency. J Pediatr Hematol Oncol 33:141-143,2011.
  13. Imaizumi, M., Tawa, A., Hanada, R., Tsuchida, M., Tabuchi, K., Kigasawa, H., Kobayashi, R., Morimoto, A., Nakayama, H., Hamamoto, K., Kudo, K., Yabe, H., Horibe, K., Tsuchiya, S., Tsukimoto, I.: Prospective study of a therapeutic regimen with all-trans retinoic acid and anthracyclines in combination of cytarabine in children with acute promyelocytic leukaemia: the Japanese childhood acute myeloid leukaemia cooperative study. Br J Haematol 152: 89-98,2011.
  14. Imashuku, S., Kudo, N., Kaneda, S., Kuroda, H., Shiwa, T., Hiraiwa, T., Inagaki, A., Morimoto, A.: Treatment of patients with hypothalamic-pituitary lesions as adult-onset Langerhans cell histiocytosis. Int J Hematol 94:556-560, 2011.
  15. Irie, T., Tagawa, N., Tanabe, M., Moriya, T., Yoshizawa, M., Iijima, T., Itho, K., Yokoyama, T., Kumagai, H., Taniguchi, N.: Transmission of 100-MHz-range ultrasound through a fused quartz fiber. J Med Ultrasonics 38:119-127,2011.
  16. Kamio, T., Ito, E., Ohara, A., Kosaka, Y., Tsuchida, M., Yagasaki, H., Mugishima, H., Yabe, H., Morimoto, A., Ohga, S., Muramatsu, H., Hama, A., Kaneko, T., Nagasawa, M., Kikuta, A., Osugi, Y., Bessho, F., Nakahata, T., Tsukimoto, I., Kojima, S.: Relapse of aplastic anemia in children after immunosuppressive therapy: a report from the Japan Childhood Aplastic Anemia Study Group. Haematologica 96:814-819,2011.
  17. Kanai,T., Shiraishi,H., Yamagata,T., Ito, T., Odaka,J., Saito,T., Aoyagi,J., Momoi,M.Y.:Elevated serum interleukin-7 level on idiopathic steroid-sensitive nephrotic syndrome. Pediatr Int 53(6):906-909,2011.
  18. Kanai,T., Yamagata,T., Ito,T., Odaka,J., Saito,T., Aoyagi,J., Kobayashi, M., Ohashi,T., Ueda,Y., Momoi,M.Y.: Foot process effacement with normal urinalysis in classic Fabry disease. J. Inherit. Met. Dis. Reports 1:39-42, 2011.
  19. Kawamata,R., Takahashi,N., Yada,Y., Koike,Y., Kono,Y., Momoi,M.Y. : Cytokine profile of a premature infant with early-onset listeriosis,Pediatr Int 54. (in press),2012.
  20. Kikuchi,Y., Gunji,Y., Kashii,Y., Morimoto,A., Masuzawa,A., Takatsuka,Y., Fujita,E., Komine,M., Ohtsuki,M., Matsubara,D., Kobayashi,C., Sakurai,A., Yanase,K., Kato,K., Koike,K., Tsuchida,M., Momoi,M.Y.: A 6-year-old girl with primary cutaneous aggressive epidermotropic CD8+ T-cell lymphoma. Pediatr Int 53:393-396,2011.
  21. Koike,Y., Takahashi,N., Yada,Y., Kawamata,R., Sato,Y., Momoi,M.Y. : Selectively high level of serum interleukin 5 in a newborn infant with cow's milk allergy, Pediatrics 127: 231-234,2011.
  22. Kojima,K., Takahashi,N., Yada,Y., Koike,Y., Matano,M., Kono,Y., Momoi, M.Y.: White matter damage in a neonate of disseminated herpes simplex virus infection. Pediatr Int (in press),2011.
  23. Kono,Y., Mishina,J., Yonemoto,N., Kusuda,S., Fujimura,M.: Outcomes of very low birth weight infants at three years of age born in 2003- 2004 in Japan. Ediatr Int 53:1051-8,2011.
  24. Kono,Y., Mishina,J., Yonemoto,N., Kusuda,S., Fujimura,M.: Neonatal correlates of adverse outcomes in very low birth weight infants in NICU-Network. Pediatr Int 53:930-935, 2011.
  25. Kumagai,H., Matsumoto,S., KimuraT., Hirota,N.: Resolution of cyclic vomiting after appendectomy in a girl. Clin Res Hepatol Gastroenterol (formerly Gastroenterol Clin Biol) 35:678-681,2011.
  26. Kusuda,S., Takahashi,N., Saitoh,T., Terai,M., Kaneda,H., Kato,Y., et al. : A survey of pediatric ward hospitalization due to respiratory syncytial virus infection after the introduction of palivizumab to high risk infants in Japan. Pediatr Int 2012 (in press).
  27. Maekawa,M., Ito,C., Toyama,Y., Suzuki-Toyota,F., Fujita,E (Jimbo E)., Momoi,T., Toshimori,K.: Localisation of RA175 (Cadm1), a cell adhesion molecule of the immunoglobulin superfamily, in the mouse testis, and analysis of male infertility in the RA175-deficient mouse. Andrologia 43:180-188,2011.
  28. Maruyama,A., Takahashi,N., Gunji,Y., Morimoto,A., Yada,Y., Koike,Y., Momoi, M.Y.:Congenital hemophagocytic lymphohistiocytosis in a preterm infant, Cytokine profile and a review of the disease. J Pediatr Hematol Oncol 33:e209-e212,2011.
  29. Monden,Y., Shiraish,H., Ichida,F., Momoi,M.:Trisomy 13 in a 9-year-old girl with left ventricular noncompaction. Pediatric cardiology, 32:206-7,2011.
  30. Morimoto,A., Shioda,Y., Imamura,T., Kanegane,H., Sato,T., Kudo,K., Nakagawa, S., Nakadate,H., Tauchi,H., Hama,A., Yasui, M., Nagatoshi,Y., Kinoshita,A., Miyaji,R., Anan,T., Yabe,M., Kamizono,J.: For the LCH Committee, the Japanese Pediatric Leukemia /Lymphoma Study Group, Nationwide Survey of Bisphosphonate Therapy for Children with Reactivated Langerhans Cell Histiocytosis in Japan. Pediatr Blood Cancer 56:110-115,2011.
  31. Murakami,I., Oka,T., Kuwamoto,S., Kato, M., Hayashi,K., Gogusev,J., Imamura,T., Morimoto,A., Imashuku,S., Yoshino, T.: Tyrosine phosphatase SHP-1 is expressed higher in multisystem than in single-system Langerhans cell histiocytosis by immunohistochemistry. Virchows Arch 459:227-234,2011.
  32. Nakamura,S., Morimoto,A., Oh,Y., Hayase,T., Kashii,Y., Gunji,Y., Momoi, M.Y.:Cost effectiveness of prophylactic treatment with activated prothrombin complex concentrate in a patient with inhibitor-positive hemophilia A. Blood Coagul Fibrinolysis Apr:23(3):235-7,2011.
  33. Odaka,J., Kanai,T., Ito,T., Takashi S., Aoyagi,J. and Momoi,M.: Dense deposit disease with steroid pulse therapy.自治医科大学紀要 34:97-100,2011.
  34. Shioda,Y., Adachi,S., Imashuku,S., Kudo,K., Imamura,T., Morimoto,A.: Analysis of 43 cases of Langerhans cell histiocytosis (LCH)-induced central diabetes insipidus registered in the JLSG-96 and JLSG-02 studies in Japan. Int J Hematol 94:545-551,2011.
  35. Takahashi,N., Kitajima,H., Kusuda,S., Morioka,I., Itabashi,K.: Pandemic (H1N1) 2009 in neonates, Japan. Emerg Inf Dis 17 (9):1763-65,2011.
  36. Tanabe,Y., Fujita,E (Jimbo E)., Momoi, T.: FOXP2 promotes the nuclear translocation of POT1, but FOXP2(R553H), mutation related to speech-language disorder, partially prevents it. Biochem Biophys Res Commun 410:593-596,2011.
  37. Yada,Y., Honma,Y., Koike,Y., Takahashi, N., Momoi,M.Y.: The association of chronic lung disease with Ureaplasma colonization and Interleukin-8 of cord. Blood.Pediatr Int 53:(2010 Feb 3[Epub ahead of print]),2011.
  38. Yokoyama,K., Takahashi,M., Nishizawa, T., Nagashima,S., Jirintai,S., Yotsumoto,S., Okamoto,H., Momoi, M.Y.:Identification and characterization of a natural inter-genotypic (2b/1b) recombinant hepatitis C virus in Japan. Arch Virol 156:1591-1601,2011.

(B) 学会発表

  1. 青柳 順,金井孝裕,小高 淳,伊東岳峰,斉藤貴志,桃井真里子:右心室内に巨大血栓を合併したIgM腎症の一例.第114回日本小児科学会学術集会,東京,2011年8月12-14日.(日小児会誌115(2): 438, 2011)
  2. 青柳 順,金井孝裕,小高 淳,中村幸恵,森本 哲,佐藤智幸,片岡功一,白石裕比湖,伊東岳峰,斎藤貴志,中島尚美,上田善彦,桃井眞里子:WT1陰性の異形成腎に心筋症を合併した1男児例.第33回日本小児腎不全学会学術集会, 静岡, 2011年10月20-21日(日小児腎不全会誌:147,2011).
  3. 藤田(神保)恵理子,山形崇倫,桃井真里子:自閉性障害患者に見出された変異蛋白による小胞体ストレスと分子病態との関係.第53回日本小児神経学会総会,横浜,2011年5月27日 (脳と発達:240,2011)
  4. 藤田(神保)恵理子,田辺裕子,桃井隆,桃井真里子:Catnap2 expression in the cerebellum of the Foxp2(R552H) mice, with mutation related to the speech-language disorder.第34回日本分子生物学会年会,横浜,2011年12月14日.( 2P-0860,2011)
  5. 藤田(神保)恵理子,田辺裕子,桃井隆,桃井真里子:自閉性障害候補遺伝子CADM1ノックアウトマウスにおける超音波音声.第34回日本神経科学大会,横浜,2011年9月15日.(P2-c16,2011)
  6. 英 雅世,山形崇倫,井上元子,門田行史,後藤珠子,桃井真里子:インフルエンザ脳症43例のまとめ.第53回日本小児神経学会総会,横浜,2011年5月26-28日.(脳と発達43(Suppl) :218,2011)
  7. 早瀬朋美, 冨士根明雄, 小熊真紀子, 森 雅人, 野崎靖之, 森本 哲, 桃井真里子:ADH不適合分泌症候群と脳神経麻痺で発症した神経精神 SLEの1例.第20回日本小児リウマチ学会総会, 那覇,2011年2月11 -13日.
  8. 早瀬朋美, 森本 哲, 翁 由紀子, 中村幸恵, 柏井良文, 金井孝裕, 松原大祐, 相原敏則, 田附裕子, 前田貢作, 桃井真里子:著明なNSE上昇を認めた卵巣原発未分化胚細胞腫の1例.日本小児血液,がん学会学術集会, 前橋, 2011年11月25日-26日.
  9. 早瀬朋美, 山岸裕和, 川原勇太, 柏井良文, 森本 哲, 福田冬季子,桃井真里子:蚊アレルギーを契機に診断されたNK細胞型慢性活動性EBウイルス感染症の1男児例.第123回日本小児科学会栃木県地方会, 足利, 2011年8月27日.
  10. 本間洋子, 河野由美, 米本直裕, 藤村正哲:周産期センターネットワーク2003~2005年出生極低出生体重児の3歳予後,多胎児の在胎週数別予後.(日未熟児新生児会誌23(3) 680, 2011)
  11. 本間洋子, 河野由美, 米本直裕, 藤村正哲:厚生労働科学研究「周産期母子医療センターネットワーク,フォローアップ班」周産期センターネットワーク2003~2005年出生極低出生体重児の3歳予後 多胎児の予後.(日周産期,新生児医会誌 47(2): 378, 2011)
  12. 池田尚広, 長嶋雅子, 福田冬季子, 森雅人, 山形崇倫, 桃井真里子: けいれん重積型急性脳症を発症したアデノウイルス2型感染症の1例.第16回日本神経感染症学会学術総会, 東京, 2011年11月3日. (NEUROINFECTION 16: 162)
  13. 池田尚広, 山下信一郎, 後藤珠子, 市橋 光, 森 雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子: Sturge-Weber症候群2例の中枢神経画像および神経症状の検討. 第54回日本小児神経学会総会,横浜, 2011年5月26日.(脳と発達 43: 310, 2011)
  14. 井上元子,山形崇倫,門田行史,英 雅世,森 雅人,福田冬季子,野崎靖之,長嶋雅子,杉江秀夫,桃井真里子:急性脳症40例の臨床的検討.第53回日本小児神経学会総会,横浜, 2011年5月27日. (脳と発達 43suppl: S289,2011)
  15. 入江喬介,田川憲男,田邊将之,佐藤正和,守屋 正,吉澤昌純,伊東紘一,横山 卓,熊谷秀規,谷口信行: 石英ファイバーを用いた100 Hz帯超音波伝送. 第84回日本超音波医学会超音波医学学術集会,東京,2011年5月27-29日.
  16. 石井のぞみ, 佐藤紀子, 加部一彦, 米本直裕, 河野由美:厚生労働科学研究「周産期母子医療センターネットワーク, フォローアップ班 周産期センターネットワーク2003~2005年出生極低出生体重児の3歳予後 在胎28週未満児の週数別比較. (日周産期新生児医会誌 47(2), 377, 2011)
  17. 石井のぞみ, 佐藤紀子, 加部一彦, 米本直裕, 河野由美:周産期センターネットワーク2003~2005年出生極低出生体重児の3歳予後,在胎28週未満児の週数別後障害の内容.(日未熟児新生児会誌 23(3) 679, 2011)
  18. 勝部奈都子,中島尚美,長嶋雅子,池田尚広,高田亜希子,佐藤智幸,片岡功一,南 孝臣,森 雅人,白石裕比湖,桃井真里子:嘔吐,活気不良を契機に診断されたビタミンB1欠乏症の1例.第124回日本小児科学会栃木県地方会,下野市,2011年11月27日.
  19. 川原勇太,森本 哲,早瀬朋美,中村幸恵, 柏井良文,福田冬季子,桃井真里子:脱感作療法によってL-asparaginaseの再投与が可能であった薬剤過敏症を伴う急性リンパ性白血病の1例.第53回日本小児血液,がん学会学術総会, 群馬,2011年11月25-27日.
  20. 川原勇太,森本 哲,増澤亜紀,早瀬朋美,中村幸恵,柏井良文,桃井真里子:シクロフォスファミド(CY)パルスが奏効したステロイド抵抗性hepatitic variant of liver GVHDの1例.第33回日本造血細胞移植学会総会,松山市,2011年3月10日.
  21. 小池泰敬:感染症以外の原因によるHLH. 第56回日本未熟児新生児学会ワークショップ「早産児の炎症性疾患への対応」,東京, 2011年11月13-15日.
  22. 河野由美:早産児の神経発達予後とフォローアップの課題.(日未熟児新生児会誌23(3):481, 2011)
  23. 河野由美:厚生労働科学研究「周産期母子医療センターネットワーク」班,晩期循環不全に対するステロイド投与基準をめぐって,長期予後の視点から NDBにおけるLCCの3歳予後.(日未熟児新生児会誌:23(2):255-256, 2011)
  24. 河野由美, 米本直裕, 楠田聡, 藤村正哲: 厚生労働科学研究:「周産期母子医療センターネットワーク・フォローアップ班」 周産期センターネットワーク2003-2005年出生極低出生体重児の3歳予後,死亡,CP,発達遅滞の施設間比較.(日周産期,新生児医会誌 47(2):377, 2011)
  25. 熊谷秀規:粘膜免疫からみた小児消化器疾患 乳児血便・リンパ濾胞増殖症.第38回日本小児栄養消化器肝臓学会,盛岡,2011年10月7-9日.
  26. 黒岩祐梨,小高 淳,横山孝二,南 孝臣,木村岳人,熊谷秀規,森本 哲,桃井眞里子: 急性腹症で発症した高安病の女子例. 第38回日本小児栄養消化器肝臓学会,盛岡,2011年10月7-9日.
  27. 松本 瞳,山形崇倫,森 雅人,福田冬季子,野崎靖之,杉江秀夫,門田行史,長嶋雅子,桃井真里子:難治てんかん患者におけるレベチラセタムの使用経験.第45回日本てんかん学会, 新潟, 2011年10月6日.(てんかん研究 29(2): 303,2011).
  28. 門田行史,檀一平太,長嶋雅子,山形崇倫,渡辺英寿,桃井真里子:近赤外線スペクトロスコピーを用いた注意欠陥多動性障害の治療効果の評価.第53回日本小児神経学会総会,横浜, 2011年4月6日.
  29. 門田行史,山形崇倫,森 雅人,村山 圭,大竹 明,桃井真里子:両側黒質,淡蒼球に病変を呈し,CoQ10投与後に改善があったミトコンドリア複合体Ⅰ欠損の男児例.第55回日本小児神経学会関東地方会,東京,2011年9月17日.
  30. 長嶋雅子, 池田貴江, 森 雅人, 山形崇倫, 杉江秀夫, 桃井真里子:ミオクロニー発作を伴う前頭欠神てんかんと考えられる一例.日本てんかん学会 関東・甲信越地方会, 2011年6月22日. (てんかん研究29(3):504, 2012.01).
  31. 長嶋雅子, 森 雅人, 門田行史, 野崎靖之,福田冬季子, 杉江秀夫, 山形崇倫, 桃井真里子:注意欠陥,多動性障害に対する塩酸メチルフェニデート,アトモキセチン塩酸塩の効果,副作用の検討.第53回日本小児神経学会総会,横浜,2011年5月26-28日.(脳と発達 43 Suppl:S258,2011.05)
  32. 長嶋雅子, 森 雅人, 山形崇倫, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子:ケトン食療法に伴い白血球,血小板数減少を来した1症例.第45回日本てんかん学会,新潟,2011年10月6-7日.(てんかん研究29:2,420,2011.09).
  33. 中村幸恵,増澤亜紀,川原勇太,早瀬朋美, 柏井良文,森本 哲,桃井真里子: MRD陽性が持続し第一寛解期に造血幹細胞移植を施行したearly T-cell precursor ALLの一症例.第53回日本小児血液・がん学会学術総会,群馬,2011年11月25-27日.
  34. 小高 淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 青柳順, 齋藤貴志, 中島尚美, 山形崇倫, 桃井真里子:SELDI-TOF MS法による,小児特発性ステロイド感受性ネフローゼ症候群における特異的因子の解析.自治医科大学シンポジウム,下野市, 2011年9月1日.
  35. 小高 淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳 順, 久保太郎, 中村繁, 川合志奈, 中井秀郎, 木村貴明, 石川暢夫, 八木澤隆, 桃井真里子:異なる経過を辿り生体腎移植に至った3小児例の移植後の自己管理.第44回日本臨床腎移植学会,神戸,2011年1月27日.
  36. 小高 淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 斎藤貴志, 青柳 順, 上田善彦, 桃井真里子:高IgG4血症を有し腎に肉芽腫性血管炎を来した女児例.第77回関東小児腎臓病研究会,東京,2011年1月15日.
  37. 小高 淳, 金井孝裕, 中島尚美, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳 順, 尾田高志, 上田善彦, 桃井真里子:急性血液浄化療法を要したNAPlr陽性の肺炎球菌感染後急性糸球体腎炎の女児例.栃木ネフローゼ研究会,栃木,2011年9月15日.
  38. 大谷英之, 横山孝二, 谷口祐子, 森 雅人, 熊谷秀規, 桃井眞里子:当院で経験したWilson病9例のまとめ.第122回日本小児科学会栃木地方会, 壬生町, 2011年5月15日.(日小児会誌 115:1468, 2011)
  39. 齋藤真理,中島尚美,下澤弘憲,川原勇太,保科 優,菊池豊:1ヵ月検診児のHPT値とビタミンK欠乏関連因子の検討. 第114回日本小児科学会学術総会,東京,2011年8月12日-14日. (日小児会誌 115:393, 2011)
  40. 佐藤智幸, 片岡功一, 南 孝臣, 宮原義典, 立石篤, 河田政明, 白石裕比湖, 桃井真里子:新生児期に施行した二重結紮術後の遺残動脈管開存にコイル塞栓術が困難であった1症例.第23回日本Pediatric Interventional Cardiology 学会学術集会, 岡山, 2011年1月22日.
  41. 佐藤智幸, 片岡功一, 岡 健介, 南 孝臣, 五十嵐浩, 白石裕比湖, 多賀直行, 籏義仁, 桃井真里子:頻拍誘発性心筋症の1例.第122回日本小児科学会栃木県地方会, 壬生, 2011年5月15日.
  42. 佐藤智幸, 岡 健介, 片岡功一, 南 孝臣, 桑田知之, 河田政明, 白石裕比湖, 桃井真里子:Crossed pulmonary arteries(Crossed PA)に左肺動脈狭窄を伴った22q11.2欠失症候群の2例.第17回日本胎児心臓病学会, 旭川, 2011年2月18日.
  43. 佐藤智幸, 岡 健介, 片岡功一, 南 孝臣, 宮原義典, 河田政明, 白石裕比湖, 桃井真里子:Crossed pulmonary arteries(Crossed PA)に左肺動脈狭窄を伴った22q11.2欠失症候群の2例.第47回日本小児循環器学会総会, 福岡, 2011年7月7日.
  44. 島村若通,西村 仁,門田行史,横山孝二,熊谷秀規,桃井真里子:回盲部潰瘍を認めた3歳男児. 第11回日本小児IBD研究会,大阪, 2011年2月13日.
  45. 清水正樹,菅野啓一, 河野由美:周産期センターネットワーク2003~2005年出生極低出生体重児の3歳児予後,院外出生児の3歳時予後の検討.(日周産期・新生児医会誌47(2):378, 2011)
  46. 下澤弘憲,保科 優,川原勇太,齋藤真理,中島尚美,菊池 豊,桃井真里子:メチマゾールにより先天性頭皮欠損症を呈した新生児例.第122回日本小児科学会栃木県地方会,壬生町,2011年3月27日.
  47. 杉江陽子(浜松医科大学 小児科), 福田冬季子, 遠藤雄策, 河野由美, 小黒範子, 清水純, 杉江秀夫:自閉症スペクトラム障害児の出生時の両親年齢と行動評価との関連. (脳と発達 43 Suppl:S224, 2011)
  48. 鈴木由芽,高橋尚人,矢田ゆかり,小池泰敬,俣野美雪,渡邉知佳,西村仁,河野由美,桃井眞里子:母体由来の自己抗体により発症したと考えられる新生児血球貪食症候群の1例.(日周産期・新生児医会誌47:572,2011)
  49. 高田亜希子,白石裕比湖,桃井真里子他:学校心臓検診で診断された左室心筋緻密化障害の家族例.日本小児科学会栃木県地方会,足利,2011年8月.
  50. 高橋尚人:文科省整備事業による自治医大周産期センターの取り組み.第47回日本周産期・新生児医学会シンポジウム「次世代周産期の人材育成」,札幌,2011年7月12日.
  51. 高梨潤一,久保田雅也,廣瀬伸一,山形崇倫,浜野晋一郎,奥村彰久,後藤知英,椎原隆,柏木充,児玉和彦,河野剛,藤井克則,斎藤義朗,山内秀雄,水口 雅: Acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion [AESD] における早期診断に関する後方視的検討.第53回日本小児神経学会総会,横浜,2011年5月27日.(脳と発達 43suppl:S215, 2011).
  52. 谷口祐子,門田行史,英 雅世,醍醐政樹,嶋岡 鋼,梅崎 光,沼崎 啓,田中吾朗,福田冬季子,山形崇倫,桃井真里子,郡司勇治:家族歴から早期治療が可能だったX連鎖性先天性副腎低形成の1新生児例.第124回日本小児科学会栃木県地方会,下野市,2011年11月27日.(日小児会誌116(4):767,2012)
  53. 谷口祐子,長嶋雅子,森 雅人,森本 哲,門田行史,五味 玲,坂谷貴司,山形崇倫,桃井真里子:白質病変を伴ったhigh grade neuroepithelial tumor例.第53回小児神経学会総会,横浜,(脳と発達2011).
  54. 横山孝二,熊谷秀規,木村岳人,四元 茂,岡本宏明,桃井真里子: HCV 2b/1b recombinant strain の解析.第38回日本小児栄養消化器肝臓学会,盛岡,2011年10月7~9日.
  55. 柚木佐与, 柏井良文, 鈴木由芽, 早瀬朋美,中村幸恵,森本 哲, 五味 玲, 桃井真里子:横紋筋肉腫型の化学療法が奏効したatypical teratoid/rhabdoid tumor(AT/RT)の1例.第122回日本小児科学会栃木県地方会,壬生町,2011年5月.
  56. Kudo,K., Kobayashi,R., Kosaka,Y., Tsuchida, M., Mugishima, H., Ohara, A., Yagasaki, H., Yabe, .H, Morimoto, A., Takahashi, Y., Ohga, S., Nakahata, T., Kojima, S.: Antithymocyte Globulin (ATG), Cyclosporine (CyA), and Danazol Versus ATG and CyA As Treatment for Children with Aplastic Anemia,Result of Matched-Pair Analysis. 53rd Annual Meeting of the American Society of Hematology, San Diego USA, December 11, 2011.
  57. Morimoto, A.: Preliminary result of comparative study on Korean and Japanese patients with multisystem-LCH, Part 2, Treatment and outcomes. International Symposium of Rare Diseases. Seoul Korea, December 8, 2011.
  58. Morimoto, A. : Recent advance in Langerhans cell histiocytosis.52nd Spring Meeting of the Korean Society of Hematology Abstract 2011, Seoul Korea, May 28, 2011.
  59. Morimoto A., ShimazakiC., Takahashi S., Yoshikawa K., Kuroda R., Wakiya H., Kobayashi H., Kanegane H., Akiyama S., Tojyo A., Imamura T., Imashuku S. :Multifocal LCH in adult patients treated with special C regimen of JLSG-02 protocol, 27th Annual Meeting of the Histiocyte Society. Viena Austria, October 17, 2011.
  60. Murakami I., Oka T., Hayashi K., Gogusev J., Jaubert .F, Morimoto A., Imashuku S., Yoshino T.: Gene expression profiling of PTPN6 (SHP-1) transfected Langerhas cell-like cell line (ELD-1) -compared with open data of LCH subtype (GSE16395). 27th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Viena Austria, October 17, 2011.
  61. Nakashima,N., Yamamgata,T., Saito, M., Nozaki,Y., Momoi,MY.: Duplication of GPC3 in the boy with growth retardation and developmental delay. 12th Internetional Congress of Human Genetics 2011, Montreal (Canada), October 11-15 2011.
  62. Saito, M., Yamagata, T., Shiba, Y., Nakashima, N., Nagashima, M., Jimbo, E., Momoi, MY.: Deletion of MAOA and MAOB in male siblings with severe mental retardation and autistic phenotype. 12th Internetional Congress of Human Genetics 2011,Montreal(Canada), October 11-15, 2011.

(C) 著書・総説

  1. 小池泰敬:臍帯が取れていないとき,肉芽があるとき,周囲に発赤があるときの処理法について教えてください.小児内科, 43(増):900-902, 2011,
  2. 河野由美:超低出生体重児の予後と支援.小児内科, 43(7): 1170-1174, 2011.
  3. 河野由美:ハイリスク児のフォローアップ,NICUを退院した子どもたちへの支援. 小児保健研究, 70(2), 134-137, 2011.
  4. 河野由美:極低出生体重児のキャリーオーバー. 保健の科学, 53(8), 540-545, 2011.
  5. 河野由美:乳幼児診療A to Z 体重増加不良. 小児科, 52(5):681-684, 2011.
  6. 河野由美:低出生体重児の精神運動発達.周産期医学, 41(5):815-816, 2011.
  7. 河野由美:新生児の聴覚スクリーニング.周産期医学, 41(5):1024-1025, 2011.
  8. 俣野美雪,高橋尚人:敗血症・髄膜炎・肺炎. 周産期医学増刊号「周産期医学必修知識」, 41(増):574-575,2011.
  9. 森本 哲:サイトカイン調節異常からみたウイルス関連血球貪食症候群のEBMに基づく治療進歩は?.EBM小児疾患の治療, 中外医学社,東京,2011.
  10. 森本 哲:子どもの臨床検査,マクロファージ活性化症候群が疑われるとき.小児科診療,74(増):285-288,2011.
  11. 長嶋雅子, 山形崇倫:全面改訂版 必携!けいれん,意識障害その時どうする,けいれん重積への救急対応,診察のポイント(解説/特集).小児内科, 43(3):306-309,2011.
  12. 小高 淳, 金井孝裕, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳 順, 久保太郎, 中村 繁, 川合志奈, 中井秀郎, 木村貴明, 石川暢夫, 八木澤 隆, 桃井真里子:異なる経過を辿り生体腎移植に至った3小児例の移植後の自己管理. 腎移植症例集, 108-109, 2011.
  13. 翁 由紀子,森本 哲:ランゲルハンス細胞組織球症.小児がん診療ハンドブック,医薬ジャーナル社,大阪,395-403,2011.
  14. 鈴木由芽,高橋尚人:血球系の異常,新生児の白血球増多症,減少症. 周産期医学, 41:1129‐1131, 2011.
  15. 鈴木由芽,高橋尚人:MRSA感染症. 周産期医学,41(増):582‐583,2011.
  16. 高橋尚人,仁志田博司:新生児・幼小児の薬用量,新生児に一般的に投与してはならない治療薬,治療薬マニュアル.2011, p11-18.高久史麿・矢崎義雄監修,総2104p,付録274p (医学書院,東京).
  17. 高橋尚人:新生児・早産児の薬物療法. 小児科診療「エキスパートが教える研修医のための薬の使いかた」, 74: 715-718,2011.
  18. 高橋尚人:敗血症・髄膜炎. みる・きく・わかる新生児の症状・所見マスターブック, メディカ出版,176-18,2011.
  19. 高橋尚人:感染防止. 周産期医学増刊号「周産期診療指針2010」, 40(増):499-501, 2010.
  20. 高橋尚人:免疫~同種免疫性溶血性貧血~. Neonatal Care, 24:466-471, 2011.
  21. 高橋尚人:新生児感染症. Fetal and Neonatal Medicine, 3:76-80, 2011.
  22. 高橋尚人:文科省整備事業による自治医大周産期センターの取り組み. 日本周産期・新生児医学会, 47:800-802,2011.
  23. 高橋尚人:胎児・新生児の免疫系の発達.周産期医学増刊号「周産期医学必修知識」,  41(増):502-503, 2011.
  24. 高橋尚人:胎児・新生児の免疫とその異常.周産期医学増刊号「周産期医学必修知識」41(増):572-573, 2011.
  25. 高橋尚人:新生児学. 小児科学改訂第10版.P277-324,五十嵐隆編集.総1141p.文光堂,東京,2011.
  26. 高橋尚人,仁志田博司:新生児・幼小児の薬用量,新生児に一般的に投与してはならない治療薬. 治療薬マニュアル2012, p11-19. 高久史麿,矢崎義雄監修,総2204p,付録284p (医学書院,東京).
  27. 横山孝二, 四元 茂:治療薬・治療指針. ポケットマニュアル2011.東京,羊土社,162-166, 486-497, 2011.
  28. 横山孝二, 岡本宏明:母児感染が問題になる感染症 B/C型以外のウイルス性肝炎.東京,周産期医学, 41:225-229, 2011.
  29. Imashuku, S., Morimoto,A.: Management of Langerhans cell histiocytosis (LCH) -induced central diabetes insipidus and its associated endocrinological/ neurological sequelae. In: Kamoi K, ed. Diabetes Insipidus, Croatia: InTech – Open Access Publisher, 1-10, 2011.

(D) その他

  1. 河野由美:新生児・小児科連携セミナー NICU退院児のフォローアップにおける院内連携・地域連携のあり方. 奈良医科大学,2011年6月17日.
  2. 河野由美:愛知県委託事業県研修会 低出生体重児・早産児の予後と発育・発達評価. 名古屋市,ウインクあいち,2012年1月19日.
  3. 熊谷秀規: 保育教育現場での活用実態プレリミナリー調査.平成22年度児童関連サービス調査研究等事業 母子健康手帳の活用に関する調査報告書,主任研究者 中村安秀 平成23年 財団法人こども未来財団: 46-56, 2011.
  4. 熊谷秀規:母子健康手帳の活用に関する調査研究:保育教育現場での活用実態プレリミナリー調査. 母子健康手帳セミナー「次世代を育む母子手帳」(こども未来財団児童関連サービス調査研究事業「母子健康手帳の活用に関する調査研究」研究班主催),東京,2011年2月27日.
  5. 熊谷秀規:子どもの身長を評価していますか? ~3歳児健診・身体計測・学校健診にて~.第15回学校保健・保健活動セミナー(ファイザー株式会社・日本教育新聞社共催),水戸,2011年6月25日.
  6. 森本 哲,今村俊彦,金兼弘和,神薗淳司,工藤寿子,佐藤 貴,塩田曜子,田内久道,中川慎一郎,中舘尚也:JPLSG 臨床研究LSG-10.平成23年度堀部班班会議,名古屋,2011年6月18日.
  7. 森本 哲,今村俊彦,金兼弘和,神薗淳司,工藤寿子,佐藤 貴,塩田曜子,田内久道,中川慎一郎,中舘尚也:臨床研究LCH-11キックオフ.平成23年度堀部班班会議,名古屋,2011年11月4日.
  8. 森本 哲:ランゲルハンス細胞組織球症(LCH). 第4回若手臨床血液学セミナー, 東京, 2011年11月19日.
  9. 小高 淳:小児特発性ネフローゼ症候群. 栃木ネフローゼ友の会, 2011年6月.
  10. Morimoto A.: General Review and Recent Advances of LCH. Pediatric Grand Round lecture, Seoul Korea, December 9, 2011.