自治医科大学 小児科学講座 | Jichi Medical University Dept. of Pediatrics

自治医科大学とちぎ子ども医療センターは、大学病院併設型の小児病院です。

2013年

calendar

(A)原著論文

  1. 青栁 順, 小高 淳, 黒岩祐梨, 金井孝裕, 中島尚美, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 古川理恵子, 相原敏則, 日向泰樹, 中村 繁, 川合志奈, 中井秀郎, 桃井真里子:DMSA腎シンチグラフィーを契機に瀰漫性の近位尿細管障害が判明した1乳児例.日小児腎不全会誌 33:181-183, 2013.
  2. 英 雅世, 沼崎 啓:川崎病におけるイムノカードマイコプラズマ陽性例の臨床的検討.小児感染免疫25:131-136, 2013.
  3. 小森咲子, 南 孝臣, 谷口祐子, 石井朋之, 岡 健介, 高田亜希子, 佐藤智幸, 片岡功一, 吉田 真, 山形崇倫:IVIG不応で類白血病反応を呈した川崎病の1例.心臓 45:1452-1453, 2013.
  4. 河野由美:わが国におけるフォローアップ体制の構築とそのプロダクト.日周産期・新生児会誌 117:109-112, 2013.
  5. 門田行史, 檀はるか, 檀一平太, 長嶋雅子, 續木大介, 久徳康史, 山形崇倫, 郡司勇治, 渡辺英寿, 桃井真里子:fNIRSを用いたADHDの実行機能解析とMPHの薬理効果の検討-小児における早期診断を目指して.日薬物脳波会誌 14:113-126, 2013.
  6. 長嶋雅子, 森 雅人, 門田行史, 山形崇倫, 野崎靖之, 福田冬季子, 杉江秀夫, 桃井真里子:軽症胃腸炎に伴うけいれんで入院した18例の臨床像と治療効果の後方視的検討.脳と発達 45:62-63, 2013.
  7. 新島 瞳, 五十嵐浩, 齋藤貴志, 野崎靖之, 勝部奈都子, 山形崇倫, 桃井真里子:初回髄液検査で細胞数増多を認めなかったインフルエンザ菌による細菌性髄膜炎の1例.小児臨 66:1719-1724, 2013.
  8. 小坂 仁, 井上 健, 才津浩智:先天性大脳白質形成不全症の臨床症状と分子病態:シンポジウム3, 先天性大脳白質形成不全症―疾患概念の確立から, 病態解析・治療的展望まで.特集・第54回日本小児神経学会総会.脳と発達45:127-131, 2013.
  9. 坂本謙一, 今村俊彦, 中谷拓也, 大曽根眞也, 小松博史, 森本 哲, 黒田啓史, 細井 創:Infectious complications during induction phasechemotherapy in the treatment of pediatricpatients with acute lymphocytic leukemia JACLS-ALL02.日小児血がん会誌 50:55-60, 2013.
  10. 島村若通, 横山孝二, 熊谷秀規, 木村岳人, 桃井真里子:学童期に発見された先天性胆嚢欠損症の1例.小児臨 66:1767-1770, 2013.
  11. 谷口祐子, 門田行史, 英 雅世, 醍醐政樹, 嶋岡 鋼, 梅崎 光, 田中吾朗, 沼﨑 啓, 福田冬季子, 山形崇倫, 天野直子, 長谷川奉延, 桃井真里子, 郡司勇治:日齢 7に感染を契機に副腎不全が増悪したX連鎖性先天性副腎低形成症の1例.小児臨 66:247-252, 2013.
  12. Abe, J. , Nakamura, K., Nishikomori, R., Kato, M., Mitsuiki, N., Izawa, K., Awaya, T., Kawai, T., Yasumi, T., Toyoshima, I., Hasegawa, K., Ohshima, Y., Hiragi, T., Sasahara, Y., Suzuki, Y., Kikuchi, M., Osaka, H., Ohya, T., Ninomiya, S., Fujikawa, S., Akasaka, M., Iwata, N., Kawakita, A., Funatsuka, M., Shintaku, H., Ohara, O., Ichinose, H., Heike, T.:A nationwide survey of Aicardi-Goutieres syndrome patients identifies a strong association between dominant TREX1 mutations and chilblain lesions:Japanese cohort study.Rheumatology 53:448-458, 2013.
  13. Anselm, I., Azzouz, H., Bratkovic, D., de Brouwer, A., Hamel, B., Kleefstra, T., Yntema, H., Campistol, J., Vilaseca, MA, .Cheillan, D., D’Hooghe, M., Diogo, L., Garcia, P., Valongo, C., Fonseca, M., Frints, S., Wilcken, B., von der Haar, S., Meijers-Heijboer, HE., Hofstede, F., Johnson, D., Kant, SG., Lion-Francois, L., Pitelet, G., Longo, N., Maat-Kievit, JA., Monteiro, JP., Munnich, A., Muntau, AC., Nassogne, MC., Osaka, H., Ounap, K., Pinard, JM., Quijano-Roy, S., Poggenburg, I., Poplawski, N., Abdul-Rahman, O., Ribes, A., Arias, A., Yaplito-Lee, J., Schulze, A., Schwartz, CE., Schwenger, S., Soares, G., Sznajer, Y., Valayannopoulos, V., VanEsch, H., Waltz, S., Wamelink, MM., Pouwels, PJ., Errami, A., van der Knaap, MS., Jakobs, C., Mancini, GM., Salomons, GS.:Phenotype and genotype in 101 males with X-linkedcreatine transporter deficiency.J Med Genet 50:463-472, 2013.
  14. Aoyagi, J., Kanai, T., Ito, T., Odaka, J., Saito, T., and Momoi, MY.:Cytokine dynamics in a 14-year-old girl with tubulointerstitial nephritis anduveitis syndrome.CEN Case Reports 2013 June 9.[Epub ahead of print]
  15. Imashuku, S., Shimazaki, C., Tojo, A., Imamura, T., Morimoto, A.:Management of adult Langerhans cell histiocytosis based on the characteristic clinical features.World J Hematol 2:89-98, 2013.
  16. Ishii, N., Kono, Y., Yonemoto, N., Kusuda, S., Fujimura, M.:Outcomes of Infants Born at 22 and 23 Weeks’ Gestation.Pediatrics 132:62-71, 2013.
  17. Iwasa, M., Yamagata, T., Mizuguchi, M., Itoh, M., Matsumoto, A., Hironaka, M., Honda, A., Momoi, M.Y., Shimozawa, N.:Contiguous ABCD1 DXS1357E deletion syndrome:Report of an autopsy case.Neuropathology 33:292-298, 2013.
  18. Kato, M., Yamagata, T., Kubota, M., Arai, H., Yamashita, S., Nakagawa, T., Fujii, T., Sugai, K., Imai, K., Uster, T., Chitayat, D., Weiss, S., Kashii, H., Kusano, R., Matsumoto, A., Nakamura, K., Oyazato, Y., Maeno, M., Nishiyama, K., Kodera, H., Nakashima, M., Tsurusaki, Y., Miyake, N., Saito, K., Hayasaka, K., Matsumoto, N., Saitsu, H.:Clinical spectrum of early onsetepileptic encephalopathies caused by KCNQ2mutation.Epilepsia 54:1282-1287, 2013.
  19. Kikkawa, I., Aihara, T., Morimoto, A., Watanabe, H., Furukawa, R.:Langerhans cell histiocytosis case with dense metaphyseal band sign.Pediatr Int 55:96-98, 2013.
  20. Kimura-Ohba, S., Kagitani-Shimono, K., Hashimoto, N., Nabatame, S., Okinaga, T., Murakami, A., Miyake, N., Matsumoto, N., Osaka, H., Hojo, K., Tomita, R., Taniike, M., Ozono, K.:A case of cerebral hypomyelination with spondylo-epi-metaphyseal dysplasia.Am J Med Genet A 161:203-207, 2013.
  21. Kodera, H., Nakamura, K., Osaka, H., Maegaki, Y., Haginoya, K., Mizumoto, S., Kato, M., Okamoto, N., Iai, M., Kondo, Y., Nishiyama, K., Tsurusaki, Y., Nakashima, M., Miyake, N., Hayasaka, K., Sugahara, K., Yuasa, I., Wada, Y., Matsumoto, N., Saitsu, H.:De novo mutations in SLC35A2 encoding a UDP-galactose transporter cause early-onset epileptic encephalopathy.Hum Mutat 34:1708-1714, 2013.
  22. Kosho, T., Okamoto, N., Ohashi, H., Tsurusaki, Y., Imai, Y., Hibi-Ko, Y., Kawame, H., Homma, T., Tanabe, S., Kato, M., Hiraki, Y., Yamagata, T., Yano, S., Sakazume, S., Ishii, T., Nagai, T., Ohta, T., Niikawa, N., Mizuno, S., Kaname, T., Naritomi, K., Narumi, Y., Wakui, K., Fukushima, Y., Miyatake, S., Mizuguchi, T., Saitsu, H., Miyake, N., Matsumoto, N.:Clinical correlations of mutations affecting six components of the SWI/SNF complex:Detailed description of 21 patients and a review of the literature.Am J Med Genet A161:1221-1237, 2013.
  23. Kouga, T., Iai, M., Yamashita, S., Aida, N., Takanashi, JI., Osaka, H.:A Child with Three Episodes of Reversible Splenial Lesion.Neuropediatrics 44:199-202, 2013.
  24. Matsufuji, M., Osaka, H., Gotoh, L., Shimbo, H., Takashima, S., Inoue, K.:Partial PLP1 DeletionCausing X-Linked Dominant Spastic Paraplegia Type 2.Pediatr Neurol 49:477-481, 2013.
  25. Matsumoto, A., Kuwajima, M., Miyake, K., Kojima, K., Nakashima, N., Jimbo, EF., Kubota, T., Momoi, MY., Yamagata, T.:An Xp22.12 microduplication including RPS6KA3 identified in a family withvariably affected intellectual and behavioraldisabilities.J Hum Genet 58:755-757, 2013.
  26. Mitani, T., Aida, N., Tomiyasu, M., Wada, T., Osaka, H.:Transient ischemic attack-like episodes without stroke-like lesions in MELAS.Pediatr Radiol 43:1400-1403, 2013.
  27. Monden, Y., Mori, M., Kuwajima, M., Goto, T., Yamagata, T., Momoi, MY.:Late-onset Leigh syndrome with myoclonic epilepsy with ragged-red fibers.Brain Dev 35:582-585, 2013.
  28. Morimoto, A., Shimazaki, C., Takahashi, S., Yoshikawa, K., Nishimura, R., Wakita, H., Kobayashi, Y., Kanegane, H., Tojo, A., Imamura, T., Imashuku, S.:Therapeutic outcome of multifocal Langerhans cell histiocytosis in adults treated with the Special C regimen t formulated by the Japan LCHStudy Group.Int J Hematol 97:103-108, 2013.
  29. Morioka, S., Morimoto, M., Yamada, K., Hasegawa, T., Morita, T., Moroto, M., Isoda, K., Chiyonobu, T., Imamura, T., Nishimura, A., Morimoto, A., Hosoi, H.:Effects of chemotherapy on the brain in childhood.diffusion tensor imaging of subtle white matter damage.Neuroradiology 55:1251-1257, 2013.
  30. Murakami, I., Morimoto, A., Oka, T., Kuwamoto, S., Kato, M., Horie, Y., Hayashi, K., Gogusev, J., Jaubert, F., Imashuku, S., Al-Kadar, LA., Takata, K., Yoshino, T.:IL-17A receptor expression differs between subclasses of Langerhans cell histiocytosis, which might settle the IL-17A controversy.Virchows Arch 462:219-228, 2013.
  31. Nakamura, K., Kodera, H., Akita, T., Shiina, M., Kato, M., Hoshino, H., Terashima, H., Osaka, H., Nakamura, S., Tohyama, J., Kumada, T., Furukawa, T., Iwata, S., Shiihara, T., Kubota, M., Miyatake, S., Koshimizu, E., Nishiyama, K., Nakashima, M., Tsurusaki, Y., Miyake, N., Hayasaka, K., Ogata, K., Fukuda, A., Matsumoto, N., Saitsu, H.:De Novo Mutations in GNAO1, Encoding a Galphao Subunit of Heterotrimeric G Proteins, Cause Epileptic Encephalopathy.Am J Hum Genet 93:496-505, 2013.
  32. Nakamura, K., Kato, M., Osaka, H., Yamashita, S., Nakagawa, E., Haginoya, K., Tohyama, J., Okuda, M., Wada, T., Shimakawa, S., Imai, K., Takeshita, S., Ishiwata, H., Lev, D., Lerman-Sagie, T., Cervantes-Barragan, DE., Villarroel, CE., Ohfu, M., Writzl, K., Gnidovec Strazisar, B., Hirabayashi, S., Chitayat, D., Myles Reid, D., Nishiyama, K., Kodera, H., Nakashima, M., Tsurusaki, Y., Miyake, N., Hayasaka, K., Matsumoto, N., Saitsu, H.:Clinical spectrum of SCN2Amutations expanding to Ohtahara syndrome.Neurology 81:992-998, 2013.
  33. Ohba, C., Osaka, H., Iai, M., Yamashita, S., Suzuki, Y., Aida, N., Shimozawa, N., Takamura, A., Doi, H., Tomita-Katsumoto, A., Nishiyama, K., Tsurusaki, Y., Nakashima, M., Miyake, N., Eto, Y., Tanaka, F., Matsumoto, N., Saitsu, H.:Diagnostic utility of whole exome sequencing in patients showing cerebellar and/or vermis atrophy in childhood.Neurogenetics 14:225-232, 2013.
  34. Ravenscroft, G., Miyatake, S., Lehtokari, VL., Todd, EJ., Vornanen, P., Yau, KS., Hayashi, YK., Miyake, N., Tsurusaki, Y., Doi, H., Saitsu, H., Osaka, H., Yamashita, S., Ohya, T., Sakamoto, Y., Koshimizu, E., Imamura, S., Yamashita, M., Ogata, K., ShiinaBryson-Richardson, RJ., Vaz, R., Ceyhan, O., Brownstein, CA., Swanson, LC., Monnot, S., Romero, NB., Amthor, H., Kresoje, N., Sivadorai, P., Kiraly-Borri, C., Haliloglu, G., Talim, B., Orhan, D., Kale, G., Charles, AK., Fabian, VA., Davis, MR., Lammens, M., Sewry, CA., Manzur, A., Muntoni, F., Clarke, NF., North, KN., Bertini, E., Nevo, Y., Willichowski, E., Silberg, IE., Topaloglu, H., Beggs, AH., Allcock, RJ., Nishino, I., Wallgren-Pettersson, C., Matsumoto, N., Laing, NG.:Mutations in KLHL40 Are a Frequent Cause of Severe Autosomal-Recessive Nemaline Myopathy.Am J Hum Genet 93:6-18, 2013.
  35. Suzuki, Y., Takahashi, N., Yada, Y., Koike, Y., Matano, M., Nishimura, H., Kono, Y.:Hemophagocytic lymphohistiocytosis in a newborn infant born to a mother with Sjögren syndrome antibodies.J Perinatol 33:569-571, 2013.
  36. Takahashi, Y., Muramatsu, H., Sakata, N., Hyakuna, N., Hamamoto, K., Kobayashi, R., Ito, E., Yagasaki, H., Ohara, A., Kikuchi, A., Morimoto, A., Yabe, H., Kudo, K., Watanabe, KI., Ohga, S., Kojima, S.:on behalf of the Japan Childhood Aplastic Anemia StudyGroup.Rabbit antithymocyte globulin and cyclosporine as first-line therapy for children with acquired aplastic anemia.Blood 121:862-863, 2013.
  37. Tanabe, Y., Fujita, E(Jimbo E)., Hayashi, Y.K., Zhu, X., Lubbert, H., Mezaki, Y., Senoo, H., Momoi, T.:Synaptic adhesion molecules in Cadm family at the neuromuscular junction.Cell Biol Int 37:731-736, 2013.
  38. Yoneda, Y., Haginoya, K., Kato, M., Osaka, H., Yokochi, K., Arai, H., Kakita, A., Yamamoto, T., Otsuki, Y., Shimizu, SI., Wada, T., Koyama, N., Mino, Y., Kondo, N., Takahashi, S., Hirabayashi, S., Takanashi, JI., Okumura, A., Kumagai, T., Hirai, S., Nabetani, M., Saitoh, S., Hattori, A., Yamasaki, M., Kumakura, A., Sugo, Y., Nishiyama, K., Miyatake, S., Tsurusaki, Y., Doi, H., Miyake, N., Matsumoto, N., Saitsu, H.:PhenotypicSpectrum of COL4A1 Mutations:Porencephaly to Schizencephaly.Ann Neurol 73:48-57, 2013.

(B) 学会発表

  1. 萩野谷和裕, 加藤光広, 小坂 仁, 横地健治, 荒井 洋, 和田敬仁, 小山典久, 近藤典子, 高橋 悟, 平林伸一, 平井聡里, 才津浩智:COL4A1変異の臨床病型の広がり:孔脳症から裂脳症まで.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  2. 英 雅世, 山形崇倫, 池田尚広, 宮内彰彦, 石井朋之, 長嶋雅子, 門田行史, 森 雅人, 杉江秀夫, 桃井眞里子:inosinpranobex内服とIFN-betaの髄注併用療法を行い臨床症状が改善したSSPE例.第55回日本小児神経学会総会学術集会, 大分, 2013年5月30日~6月1日.(脳と発達45(Suppl):S412, 2013)
  3. 早瀬朋美, 川原勇太, 柏井良文, 森本 哲:デフェラシロクスの併用によりメソトレキセート排泄遅延をきたした急性白血病の小児例.第75回日本血液学会学術集会, 札幌, 2013年10月11日~13日.
  4. 早瀬朋美, 川原勇太, 八木正樹, 南 孝臣, 金井信行, 山口岳彦, 五味 玲, 森本 哲:自己末梢血幹細胞移植併用大量化学療法を行った髄上皮腫の一例.第55回日本小児血液・がん学会学術集会, 福岡, 2013年11月29日~12月1日.
  5. 池田貴江, 伊東岳峰, 熊谷秀規, 別井広幸, 齊藤 洋, 川原勇太, 森本 哲, 小高 淳, 金井孝裕, 山形崇倫, 鈴木寿人:急性腎不全を合併した低力価寒冷凝集素症の小児例.第129回日本小児科学会栃木県地方会, 大田原, 2013年7月27日.
  6. 今川英里, 小坂 仁, 山下暁朗, 椎名政昭, 高橋英彦, 杉江秀夫, 中島光子, 鶴崎美徳, 才津浩智, 緒方一博, 松本直通, 三宅紀子:ケトン血症を伴うLeigh 脳症兄弟例のエクソーム解析.第58回小児科 日本人類遺伝学会, 仙台, 2013年11月20日~23日.
  7. 伊東紘一, 入江喬介, 長谷川智仁, 徳森圭輔, 横山 卓, 熊谷秀規, 田川憲男, 守屋 正, 吉澤昌純, 廣田紀男:細径ファイバーを用いた高周波帯超音波伝送による組織画像.日本超音波医学会第86回学術集会, 大阪, 2013年5月24日~26日.
  8. 神保恵理子, Yu Zhiling, 小島華林, 松本 歩, 田辺裕子, 桃井 隆, 桃井眞里子:自閉性障害患者に見出したGPR85変異についての解析.第36回日本神経科学大会, 京都, 2013年6月22日.
  9. 川原勇太, 八木正樹, 翁由紀子, 早瀬朋美, 柏井良文, 古川理恵子, 相原敏則, 土屋欣之, 吉本多一郎, 森本 哲:Melanotic neuroectodermal tumor of infancyを合併したWHIM症候群の1例.第55回日本小児血液・がん学会学術集会, 福岡, 2013年11月29日~12月1日.
  10. 川又 竜, 佐藤未織, 後藤昌英, 横山孝二:マイコプラズマ感染症の診断法の検討~マイコプラズマ抗原迅速診断キットの活用について~.第104回茨城県小児科学会, 日立, 2013年11月.
  11. 木村岳人, 横山孝二, 熊谷秀規, 桃谷孝之, 山形崇倫:小児期発症炎症性腸疾患36例の臨床像の検討.第129回日本小児科学会栃木県地方会, 大田原, 2013年7月27日.
  12. 小林 瑞, 小高 淳, 伊東岳峰, 齋藤貴志, 青柳 順, 中島尚美, 金井孝裕, 石井朋之, 宮内彰彦, 横山孝二, 南 孝臣, 上田善彦, 桃井眞里子:シクロスポリンAで不完全寛解Ⅰ型に導入できたびまん性メサンギウム硬化症の小児例.第48回日本小児腎臓病学会, 徳島, 2013年6月28日~29日.
  13. 小林 瑞, 鈴木由芽, 俣野美雪, 小池泰敬, 矢田ゆかり, 河野由美, 辻 由貴, 馬場勝尚, 薄井佳子, 小野 滋, 前田貢作:胃破裂を合併した先天性甲状腺機能低下症の1例.第49回日本周産期新生児医学会, 横浜, 2013年7月16日.(日周産期・新生児会誌 49:859, 2013)
  14. 小寺啓文, 中村和幸, 秋田天平, 椎名政昭, 加藤光広, 星野英紀, 寺嶋 宙, 小坂 仁, 中村真一, 遠山 潤, 熊田竜郎, 古川智範, 岩田暁美, 椎原 隆, 久保田雅也, 早坂 清, 緒方一博, 福田敦夫, 松本直通, 才津浩智:3 量体G タンパク質Gαo サブユニットをコードするGNAO1 のde novo 変異はてんかん性脳症を引き起こす.第58回日本人類遺伝学会, 仙台, 2013年11月20日~23日.
  15. 小池泰敬, 河野由美, 矢田ゆかり, 俣野美雪, 鈴木由芽, 下澤弘憲, 渡邉知佳, 山形崇倫, 高橋尚人, 渡部功之, 鈴村 宏, 有阪 治:脳室内出血予防のインドメタシン投与が血中サイトカインおよび核内転写因子プロファイルに及ぼす影響の検討.第58回日本未熟児新生児学会, 石川, 2013年11月30日.(日未熟児新生児会誌 58:281, 2013)
  16. 小島華林, 神保恵理子, 山形崇倫, 森 雅人, 桃井真里子:自閉性障害におけるG-protein-coupled receptor 37(GPR37/PaelR)遺伝子変異に誘導される小胞体ストレス.第55回日本小児神経学会学術集会, 大分, 2013年5月30日~6月1日.(脳と発達45:S359, 2013)
  17. 小森咲子, 下澤弘憲, 渡邉知佳, 鈴木由芽, 俣野美雪, 佐藤智幸, 小池泰敬, 矢田ゆかり, 南 孝臣, 河野由美, 山形崇倫:lipo PGE1からの離脱に成功した, 染色体異常を合併する左心低形成症候群の一例.第58回日本未熟児新生児学会, 金沢, 2013年11月30日~12月2日.
  18. 河野由美:早産低出生体重児の予後からみた新生児医療の課題と今後の対策 早産低出生体重児の発達予後.日小児会誌 117:258, 2013.
  19. 河野由美:在胎30週未満の極低出生体重児の3歳時の体格と発達の関連.日周産期・新生児会誌 49:623, 2013.
  20. 熊谷秀規, 横山孝二, 木村岳人, 野崎靖之, 山形崇倫:周期的に腹痛と便潜血陽性, 炎症反応がみられるヌーナン症候群の男児:小児期炎症性腸疾患(IBD)36例の臨床像の検討.第6回仙台小児IBD研究会, 仙台, 2013年5月18日.
  21. 熊谷秀規:小児の血便について, および小児のダブルバルーン内視鏡の話題.第12回茨城県央小児救急医療研究会, 水戸, 2013年9月18日.
  22. 黒田友紀子, 大橋育子, 高野亨子, 和田敬仁, 松井 潔, 小坂 仁, 黒澤健司:次世代シークエンサーを用いた小児神経疾患のターゲットシークエンス解析のワークフロー.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  23. 黒川愛恵, 山形崇倫, 山岸裕和, 宮内彰彦, 齋藤貴志, 石井朋之, 門田行史, 森 雅人, 杉江秀夫, 桃井真里子:トピナマートが有効であった先天性パラミオニアの1例.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.(脳と発達 45:S328, 2013.)
  24. 俣野美雪, 矢田ゆかり, 小池泰敬, 鈴木由芽, 渡邉知佳, 下澤弘憲, 河野由美:TSH高値を伴わない低サイロキシン血症の極低出生体重児に対する甲状腺ホルモン補充療法の検討.第58回日本未熟児新生児学会, 石川, 2013年12月1日.(日未熟児新生児会誌 58:360, 2013)
  25. 松本 歩, 山形崇倫, 野崎靖之, 神保恵理子, 永田浩一, 桃井真里子:発達障害患者CNV領域におけるシナプス関連分子の解析.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  26. 松本 歩, 野崎靖之, 神保恵理子, 永田浩一, 桃井真里子, 山形崇倫:発達障害患者のCNV領域におけるシナプス関連分子の解析.第12回自治医大シンポジウム, 栃木, 2013年9月5日.
  27. 丸山秀彦, 米本直裕, 河野由美, 楠田 聡, 藤村正哲:超低出生体重児におけるNICU入院中の低い成長速度スコアは, 3歳時予後に対する有意な予測因子である.日周産期・新生児会誌 49:618, 2013.
  28. 宮武聡子, 輿水江里子, 林由起子, Gianina Ravenscroft, 三宅紀子, 土井 宏, 鶴崎美徳, 才津浩智, 小坂 仁, 山下純正, 大宅 喬, 増澤祐子, 今村伸太朗, 山下倫明, 椎名政昭, 緒方一博, 西野一三, NigelLaing, 松本直通:ネマリンミオパチーの新規原因遺伝子KLHL40 の同定.第58日本人類遺伝学会, 仙台,  2013年11月20日~23日.
  29. 宮内彰彦, 山形崇倫, 渡辺芽里, 英 雅世, 伊東岳峰, 門田行史, 森 雅人, 杉江秀夫, 桃井真里子:急性散在性脳脊髄炎治癒後に視神経炎を発症した小児例.第58回小児神経関東地方会, 東京, 2013年3月9日.(脳と発達 45:397, 2013)
  30. 宮内彰彦, 山形崇倫, 中山佐与, 門田行史, 森 雅人, 福田冬季子, 杉江秀夫, 高橋幸利, 桃井真里子:シクロホスファミド, リツキシマブ併用療法が有効であった抗NMDA受容体脳炎小児例.第55回日本小児神経学会総会, 大分, 2013年5月30日〜6月1日.(脳と発達 45(増):S292, 2013)
  31. 宮内彰彦, 池田尚広, 長嶋雅子, 門田行史, 森 雅人, 杉江秀夫, 山形崇倫:トピラマートの難治性てんかん小児例に対する治療効果の検討.第47回日本てんかん学会学術集会, 北九州, 2013年10月11日〜12日.(てんかん研 31:445, 2013)
  32. 大場ちひろ, 小坂 仁, 井合瑞江, 山下純正, 鈴木ゆめ, 相田典子, 土井 宏, 冨田敦子, 西山精視, 鶴崎美徳, 中島光子, 三宅紀子, 田中章景, 松本直通, 才津浩智:小児期に小脳萎縮を呈する疾患における全エクソーム解析による遺伝子診断.第58回放射線科 日本人類遺伝学会, 仙台, 2013年11月20日~23日.
  33. 大城亜希子, 高木真理子, 安西理恵, 奥田美津子, 高野亨子, 和田敬仁, 井合瑞江, 山下純正, 小坂 仁, 相田典子:全脊髄炎を呈し, 重度の後遺症を残した急性散在性脳脊髄炎の一例.第58回日本小児神経学会関東地方会, 東京, 2013年3月9日.
  34. 奥田美津子, 安西理恵, 高木真理子, 高野亨子, 和田敬仁, 井合瑞江, 山下純正, 小坂 仁, 新宅治夫:日内変動のあるジストニアを認め, 遺伝子解析で瀬川病と診断した9歳女児例.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  35. 小坂 仁, 井上 健:序論:シンポジウム3, 先天性大脳白質形成不全症―疾患概念の確立から, 病態解析・治療的展望まで.特集・第54回日本小児神経学会総会, 脳と発達 45:121, 2013.
  36. 小坂 仁:小児期発症の脊髄小脳変性症:レビューと鑑別診断 シンポジウム2DNA修復障害と神経変性.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  37. 齊藤 洋, 熊谷秀規, 伊東岳峰, 小高 淳, 長嶋雅子, 横山孝二, 砂田圭二郎, 山形崇倫:IBDUの女子.第7回仙台IBD研究会, 仙台, 2013年11月16日.
  38. 佐藤昌司, 吉冨智幸, 宮下 進, 松田義雄, 久保隆彦, 塩崎有宏, 齋藤 滋, 河野由美, 藤村正哲, 楠田 聡:日本産科婦人科学会周産期委員会 産科-小児科データベース連結の試み(第1報):日産婦周産期登録と新生児臨床研究ネットワークデータ連結.日周産期・新生児会誌 49:878, 2013.
  39. 佐藤未織, 後藤昌英, 川又 竜, 横山孝二:特発性縦隔気腫・硬膜外気腫の1例.第104回日本小児科学会茨城地方会, 茨城, 2013年11月.
  40. 佐藤智幸, 高田亜希子, 古井貞浩, 岡 健介, 片岡功一, 南 孝臣, 宮原義典, 河田政明, 白石裕比湖, 桃井真里子:心収縮力低下を伴った先天性心疾患の慢性心不全に対するカルベジロールの効果.第49回日本小児循環器学会学術集会, 東京, 2013年7月11日~13日.(日小児循環器会誌29(suppl):284)
  41. 佐藤智幸, 岡 健介, 高田亜希子, 南 孝臣, 片岡功一, 宮原義典, 河田政明, 山形崇倫:当院におけるAmplatzer Septal Occluder (ASO) による経皮的心房中隔欠損閉鎖術の経験.第130回日本小児科学会栃木県地方会, 下野, 2013年11月17日.
  42. 関根沙知, 前田貢作, 小野 滋, 馬場勝尚, 薄井佳子, 辻 由貴, 河原仁守, 福田篤久, 島村若道, 横山孝二, 熊谷秀規:繰り返す下血にて発見された十二指腸異所性膵の1例.第129回日本小児科学会栃木県地方会, 大田原, 2013年7月27日.
  43. 下澤弘憲, 小池泰敬, 俣野美雪, 鈴木由芽, 渡邉知佳, 小森咲子, 矢田ゆかり, 前田貢作, 河野由美:術後に急性腎障害を合併したCongenital Mesoblastic Nephromaの早産極低出生体重児の1例.第58回日本未熟児新生児学会, 石川, 2013年12月1日.(日未熟児新生児会誌 58:336, 2013)
  44. 鈴木 峻, 保科 優, 植田綾子, 別井広幸, 齋藤真理, 菊池 豊, 桃井眞里子:「LAMP法による新たなマイコプラズマ感染症の診断-当院における有用性の検討-」.日本小児科学会栃木地方会, 2013年3月.
  45. 高木真理子, 高野亨子, 奥田美津子, 和田敬仁, 井合瑞江, 山下純正, 小坂 仁:m.3697G>A/ND1変異を認めたLeigh症候群の2症例.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  46. 高野亨子, 高木真理子, 奥田美津子, 和田敬仁, 井合瑞江, 山下純正, 小坂 仁:生後4カ月に発症し急速な退行を示したvanishing white matter diseaseの1例.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  47. 高野亨子, 小坂 仁, 大橋育子, 黒田友紀子, 黒澤健司, 相田典子, 村山 圭:14q12 欠失症候群の1 例.第58回代謝科 日本人類遺伝学会, 仙台, 2013年11月20日~23日.
  48. 田辺裕子, 藤田(神保)恵理子, 桃井 隆:マウス脳における自閉性障害に関係するCadm1とCntnap2の分子複合体の解析.第36回日本神経科学大会, 京都, 2013年6月21日.
  49. 谷口祐子, 山形崇倫, 池田尚広, 宮内彰彦, 門田行史, 森 雅人, 野崎靖之, 杉江秀夫, 髙橋幸利, 桃井眞里子:抗NMDA受容体脳炎小児例7例の臨床的解析.第55回小児神経学会総会, 大分, 2013年5月.
  50. 矢田ゆかり, 小池泰敬, 鈴木由芽, 俣野美雪, 下澤弘憲, 谷口周平, 河野由美:当院における早産双胎の長期予後.第49回日本周産期新生児医学会, 横浜, 2013年7月14日.(日周産期・新生児会誌49:791, 2013)
  51. 山岸裕和, 長嶋雅子, 田中大輔, 小高 淳, 田中吾朗, 沼崎 啓, 桃井真里子, 郡司勇治:右肘と右腋窩リンパ節の腫脹を認めた猫ひっかき病の1例.第130回日本小児科学会栃木県地方会, 2013年11月17日.
  52. 山本亜矢子, 大城亜希子, 安西里恵, 高木真理子, 奥田美津子, 新保裕子, 高野亨子, 和田敬仁, 井合瑞江, 山下純正, 小坂 仁:ATG>AGG (開始コドン)の変異で軽症の表現型を示したPelizaeus-Merzbacher病の一男児例.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  53. 山下純正, 和田敬仁, 小坂 仁, 柴崎 淳, 松井 潔:ポーランドメービウス症候群の神経病理―血管障害との関連において―.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  54. 楊 志亮, 小島華林, 松本 歩, 神保恵理子, 桃井真里子, 山形崇倫:CADM1に結合する足場タンパクMUPP1の遺伝子変異の探索.第12回自治医大シンポジウム, 栃木, 2013年9月5日.
  55. 横山孝二, 矢野智則, 竹澤敬人:小児ダブルバルーン内視鏡検査135件の安全性と有効性の検討.第85回日本消化器内視鏡学会総会, 京都, 2013年5月.
  56. 吉冨智幸, 佐藤昌司, 宮下 進, 松田義雄, 久保隆彦, 塩崎有宏, 齋藤 滋, 河野由美, 藤村正哲, 楠田 聡:日本産科婦人科学会周産期委員会 産科-小児科データベース連結の試み(第2報):極低出生体重児の母体MgSO4投与と3歳時予後との関連.日周産期・新生児会誌 49:877, 2013.
  57. 和田敬仁, 立川正憲, 伊藤慎悟, 大槻純男, 新保裕子, 小坂 仁:クレアチントランスポーター欠損症5 家系の分子遺伝学的検討.第58回神経内科 日本人類遺伝学会, 仙台, 2013年11月20日~23日.
  58. 渡邉知佳, 河野由美, 上谷良行:超低出生体重児の3歳, 6歳時の神経学的予後とその変化.日周産期・新生児会誌 49:422, 2013.
  59. 山形崇倫, 松本 歩, 永田浩一:発達障害患者CNV領域におけるシナプス関連分子の解析.シンポジウム11.ゲノム構造・機能から見た発達障害疾患の病態理解.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.(脳と発達 45:S160, 2013)
  60. Fujimura, M., Kono, Y., Yonemoto, N., et al:The larger risk of poor cognitive function than that of CP with smaller gestation of preterm birth <29 weeks.Pediatric Academic Societies Annual Meeting, Washington DC, May 5, 2013.
  61. Imamura, T., Fujiki, A., Nakatani, T., Hirashima, Y., Tamura, S., Osone, S., Ishida, H., Morimoto, A., Kuroda, H., Hibi, S., Imashuku, S., Hosoi, H.:ABT-737 restores prednisolone sensitivity in early T-cell precursor acute lymphoblastic leukemia with high MEF2C expression.New Orleans, USA, 2013.
  62. Kimura, T., Yokoyama, K., Kumagai, H., Yamagata, T.:A three-year-old boy with intestinal Behcet's disease presenting with periodic fever as the initial symptom.2013 Joint Meeting of 13th Asian Pan-Pacific Society for PediatricGastroenterology, Hepatology and Nutrition and 40th Japanese Society for Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition, Tokyo, October 31-November 3, 2013.
  63. Kojima, K., Yamagata, T., Matsumoto, A., Nakamura, S., Jimbo, E.F., Momoi, M.Y.:Mutations in Secretin receptor may be related to autism Spectrum disorder.American Society of Human Genetics(ASHG) 63nd annual meeting, Boston, USA, October 22-27, 2013.(Poster Abstract(Online):250, 2013)
  64. Kumagai, H., Katsuyama, K., Hara, S., Yokoyama, K., Kimura, T., Itoh, K., Taniguchi, N., Yamagata, T.:Comparison of sound speed and fat deposition in the liver using a new ultrasound system.2013 Joint Meeting of 13th Asian Pan-Pacific Society for Pediatric Gastroenterology, Hepatology andNutrition and 40th Japanese Society for Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition, Tokyo, October 31-November 3, 2013.
  65. Matsumoto, A., Mizuno, M., Hamada, N., Jimbo, E.F., Kojima, K., Momoi, M.Y., Nagata, K., Yamagata, T.:Contribution of Scaffold proteins todevelopmental disorder.The 63rd Annual Meetingfor the American Society of Human Genetics.Boston, October 22-26, 2013.
  66. Miyauchi, A., Monden, Y., Mori, M., Sugie, H., Osaka, H., Murayama, K., Ohtake, A., Yamagata, T.:ANDUFA1 mutation in a boy with mitochondrialcomplexⅠdeficiency.The 55th Annual Meeting ofThe Japanese Society for Inherited MetabolicDiseases(JSIMD), Tokyo, November 27-29, 2013.
  67. Miyauchi, A., Monden, Y., Mori, M., Sugie, H., Osaka, H., Murayama, K., Ohtake, A., Yamagata, T.:A NDUFA1 mutation in a boy with mitochondrial complexⅠdeficiency, The 55th Annual Meeting of The Japanese Society for Inherited Metabolic Diseases(JSIMD), Chiba.
  68. Monden, Y., Dan, I., Nagashima, M., Yamagata, T., Watanabe, E., Momoi, MY.:Comparison of brain activation at Right Fronto-parietal Cortex between Naïve and Medicated ADHD.第55回日本小児神経学会総会, 大分, 2013年5月.(脳と発達 45:S220, 2013)
  69. Morimoto, A., Oh, Y., Shioda, Y., Imamura, T., Kudo, K., Imashuku, S.:Analysis of serum osteopontin levels in pediatric patients with Langerhans cellhistiocytosis.29th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Washington, USA, October 21, 2013.
  70. Nagashima, M., Monden, Y., Dan, I., Yamagata, T., Watanabe, E., Momoi, M.Y.:MPH-induced fNIRSmonitoring to explore attention-related corticalhemodynamics in ADHD children in randomized, double-blind, placebo-controlled, crossovertrial.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.(脳と発達 45:S220, 2013)
  71. Nakamura, K., Kato, M., Osaka, H., Yamashita, S., Nakagawa, E., Haginoya, K., Tohyama, J., Okuda, M., Wada, T., Shimakawa, S., Imai, K., Takeshita, S., Ohfu, M., Hayasaka, K., Saitsu, H.:Clinical spectrum of SCN2A mutations expanding to Ohtahara syndrome.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  72. Osaka, H., Takagi, M., Okuda, M., Anzai1, R., Wada, T., Takano, K., Iai, M., Yamashita, S., Murayama, K., Ohtake, A.:A rapid screening for the genetic diagnosis of Leigh syndrome.第55回日本小児神経学会, 大分, 2013年5月29日~6月1日.
  73. Shioda, Y., Morimoto, A., Imamura, T., Kudo, K., Imashuku, S.:Analysis of permanent consequences inpediatric patients with Langerhans cellhistiocytosis:data of the JLSG-96 and JLSG-02 studies in Japan.29th Annual Meeting of the Histiocyte Society, Washington, USA, October 19-23, 2013.
  74. Shioda, Y., Morimoto, A., Imamura, T., Kudo, K., Ishii, E., Fujimoto, J., Horibe, K., Bessho, F., Tsunematsu, Y., Imashuku, S.:Analysis of permanent consequences in pediatric patients with Langerhans cell histiocytosis:Data of the JLSG-96 and JLSG-02 studies in Japan.第55回日本小児血液・がん学会学術集会, 福岡, 2013年11月28日~12月1日.
  75. Yokoyama, K., Yano, T., Kumagai, H., Kimura, T., Yamamoto, H., Yamagata, T.:Double-balloon enteroscopy for pediatric patients:A report of 135 cases in patients younger than 15 years.2013 Joint Meeting of 13th Asian Pan-Pacific Society for Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition and 40th Japanese Society for Pediatric Gastroenterology, Hepatology and Nutrition, Tokyo, October 31-November 3, 2013.

(C) 著書・総説

  1. 河野由美:長期フォローアップと多種職連携.周産期医 43:345-348, 2013.
  2. 河野由美:極低出生体重児のフォローアップ体制の整備.周産期医 43:641-645, 2013.
  3. 河野由美:関連データベースとのリンケージに向けて フォローアップ.周産期医 43:1263-1266, 2013.
  4. 熊谷秀規:小児疾患 腹痛(腸重積, 虫垂炎を含む), In:今日の処方 改定第5版.第5版, 浦部晶夫, 大田 健, 川合眞一, 島田和幸, 菅野健太郎編集, 南江堂, 東京, 1027-1030, 2013.
  5. 熊谷秀規:小児疾患 急性乳幼児下痢症, ウイルス性急性胃腸炎, In:今日の処方 改定第5版.第5版, 浦部晶夫, 大田 健, 川合眞一, 島田和幸, 菅野健太郎編集, 南江堂, 東京, 1030-1032, 2013.
  6. 熊谷秀規:小児疾患 食中毒(細菌性腸炎を含む), In:今日の処方 改定第5版.第5版, 浦部晶夫, 大田 健, 川合眞一, 島田和幸, 菅野健太郎編集, 南江堂, 東京, 1033-1035, 2013.
  7. 俣野美雪:【徹底ガイド 新生児医療Q&Aすぐに役立つ対応のポイントとケーススタディー】ハイリスク児の管理法 敗血症疑い(Q&A特集).小児科学レクチャー 3:47-51, 2013.
  8. 翁由紀子, 森本 哲:ランゲルハンス細胞組織球症.小児外科 45:1135-1138, 2013.
  9. 山形崇倫:小児神経疾患と遺伝子-自閉症.小児神経学の進歩 42:55-64, 2013.
  10. 山形崇倫:HIV脳症.小児内科 45:336-339, 2013.

(D) 特許

  1. 名称:エリスロポエチン発現増強剤
    発明者:小坂 仁
    番号:PCT/JP2013/006916
    出願(登録)年月日:2013年11月25日出願

(E) その他

  1. 木村岳人, 横山孝二, 熊谷秀規, 桃谷孝之, 山形崇倫:小児期炎症性腸疾患(IBD)36例の臨床像の検討.第6回仙台小児IBD研究会, 仙台, 2013年5月18日.
  2. 河野由美:「低出生体重児の成長・発達とその支援」:地域母子保健研修事業「低出生体重児の成長と支援」.母子愛育会研修室, 2013年1月.
  3. 河野由美:「周産期データベースからみた極低出生体重児の予後」.厚生労働科学研究補助金「成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業講演会」, 2013年3月.
  4. 河野由美:「NICU退院児・産科退院児の健診とフォローアップ:退院後の注意点」.平成25年度第2回周産期・新生児医療研修会, 自治医大, 2013年3月.
  5. 河野由美:「NICU退院児のフォローアップ:院内連携・地域連携の重要性」.文部科学省「周産期医療に関わる専門的スタッフの養成事業」, 昭和大学, 2013年3月.
  6. 熊谷秀規:地域医療における学術活動.平成24年度自治医大岩手県人会新年会, 盛岡, 2013年1月19日.
  7. 宮澤陽美, 熊谷秀規, 伊東岳峰, 横山孝二, 林 芳和, 山形崇倫:UCが疑われる乳児.第7回仙台IBD研究会, 仙台, 2013年11月16日.
  8. 鈴木 悠, 熊谷秀規, 伊東岳峰, 小高 淳, 横山孝二, 矢野智則, 山形崇倫:非典型的な内視鏡像を示したCD.第7回仙台IBD研究会, 仙台, 2013年11月16日.
  9. 矢田ゆかり:ダウン症候群 出生後の管理とNICUへの搬送.平成25年度第1回周産期・新生児研修会, 自治医大, 2013年12月6日.