放射線技術相談室とは?

自治医科大学の卒業生は、地域住民から信頼され慕われながら地域医療に挺身し、絶大な評価・感謝を得ている。一方、自治医科大学・附属病院等に勤務する職員は建学精神すら知らずに働いている者が多い。縁あって本学に勤務した以上、何か地域・僻地医療の為、卒業生のために役立つことができないかと考えるのが自然である。コ・メディカルスタッフの診療放射線技師の立場で今、現在できることは診療所のX線写真の画質向上・地域住民の被曝軽減等に貢献することである。

平成6年に財団法人地域社会振興財団から助成金を得て、『へき地診療所におけるX線撮影系の実態調査および最適化』の研究を行った。その結果、へき地診療所の多くは技師が不在で、より良い検査所見を得るための技術的解決策を考えたり、定期的にメンテナンスを行うといった本来技師が行うべき仕事が果たせず、決して良好とはいえない画像に悔しい思いをしているという実態が浮かび上がった。

こうしたことから放射線部では、へき地診療所の医師の希望もあり、X線撮影に関する『技術相談室』の開設に踏み切った。



メンバーの紹介

         アルバム1

alb.jpg (60081 バイト)

アルバム2
atarasi.JPG (60795 バイト)

 


メンバーのE−メールアドレス

間瀬 博 Hiroshi Mase ( masehiro@jichi.ac.jp )

寺門 秀司 Hideji Terakado

神山 辰彦 Tatsuhiko Kamiyama
( tkami@jichi.ac.jp ) 大学( tkami@sannet.ne.jp ) 自宅

出井 充 Mituru Dei

柳沢 三二朗 Mituo Yanagisawa
( chuhoumy@jichi.ac.jp )大学( myan@sannet.ne.jp )自宅

芦崎 道太 Michio Ashizaki( michita@jichi.ac.jp )

小林 和宗 Kazumune Kobayashi ( kkazu@jichi.ac.jp )


ホームページにへホームページにもどる