コース紹介

トップページ > コース紹介 > がん看護専門看護師コース

コース紹介

がん看護専門看護師コース

がん看護専門看護師コース

がん看護領域において、専門的知識と技術の獲得及び高度な判断力、応用力、調整力などの専門的看護能力をもつ人材を養成します。附属病院や栃木県立がんセンターなどがん治療専門施設や地域の訪問看護ステーションなどの臨床実習を多く取り入れ、がん治療最前線の専門的知識や技術を習得するとともに、地域連携の方法や緩和ケアについて教授します。課程修了後には、がん看護専門看護師認定審査の受験資格が得られます。

募集人員 看護学研究科修士課程募集人員8名のうち若干名
出願資格 次の各号のいずれかに該当する者とします。
(1)
学校教育法(昭和22年法律第26号)第52条に定める大学(以下「大学」という。)を卒業した者及び入学年3月までに卒業見込みの者
(2)
学校教育法第68条の2第3項の規定により独立行政法人大学評価・学位授与機構(以下「学位授与機構」という。)から学士の学位を授与された者及び入学年3月までに授与される見込みの者
(3)
外国において学校教育における16年の課程を修了した者及び入学年3月まで修了見込みの者
(4)
外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び入学年3月まで修了見込みの者
(5)
文部科学大臣が大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者(昭和28年文部省告示第5号)
(6)
専修学校の専門課程(4年以上)を修了した者で高度専門士の称号を授与された者又は授与見込みの者
(7)
看護系の短期大学、専修学校、各種学校等を卒業・修了し、本学研究科において、個別の出願資格認定により大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で22歳に達したもの及び入学年3月までに22歳に達する者
※(7)により出願しようとする者は、出願資格認定試験に合格することにより、本学研究科の入学受験資格が得られます。