地域医療支援教員 地域医療/総合診療プログラム(GPアドバンストコース)

「大学で、地域で、自身の可能性を試してみませんか!!」
対 象
  地域医療・総合診療に興味のある主に他大学出身者    
  初期臨床研修・後期研修と生涯研修コース(人材育成部門)の間の層がターゲット    
  大学での診療を経験していない研修医や地域での医療を志望しているが、直接飛び込むのを躊躇している研修医も対象として想定している。    
制 度
  地域医療支援教員*の制度をそのまま利用する。    
  GPアドバンストコース(2年間)**も併せて選択して、各種研修を行う。    
  地域医療支援部門に所属、総合診療部門・地域医療人材育成部門を兼務    
  自治医大で2年間、総合診療部門を研修(+大学内外での他科研修可能)、卒前卒後医学教育にも従事    
  1年間、自治医大(医師派遣審査会)の保証する地域医療機関での医療支援:実地の地域医療を経験    
  その後のキャリアについては、地域医療機関の紹介可能
研修内容
  自治医科大学 地域医療学センター 総合診療部門内での2年間の研修プログラム  
  責任者:総合診療部門長
  コーディネーター:地域医療支援部門長・地域医療人材育成部門長 
  目的:総合医として一定のレベルを獲得し、かつ地域医療で活躍でき、リーダーになるための能力を備える。  
  総合診療部基本ローテーション   
    1年目 総合診療内科6カ月、救急3カ月、選択3カ月   
    2年目 総合診療内科6カ月、放射線/緩和3カ月、選択3カ月  
    救急は、院内救急救命センターの他、地域基幹病院(済生会宇都宮病院や芳賀赤十字病院など)の救急研修も可  
    選択は内科各科、集中治療部、感染症科、臨床検査部などから選択、希望により院外研修及び、教育・研究への専従も可  
    総合診療部では病棟、外来/訪問 を行う。希望に応じてBSLの教育担当や研究(疫学・臨床研究・基礎研究)を平行して行う。  
  1年に1回以上の学会発表(筆頭者)と、2年で1編以上の学術論文投稿を目標  
  次の講習会・研修会への参加を推奨:(GPアドバンストコースからの資金援助あり)  
    臨床研修指導医講習会  
    健康福祉プランナー養成塾(地域社会振興財団)  
    ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)講習会 (日本ACLS協会)  
    JATEC講習会(日本外傷診療研究機構)またはPTLS(Primary care Trauma Life Support)講習会  
    PEACEプロジェクト緩和ケア講習会

連絡先:自治医科大学地域医療学センター TEL 0285-58-7394  FAX 0285-44-0628
    地域医療オープン・ラボ:openlabo@jichi.ac.jp


* 自治医大 地域医療支援教員 制度
目的:
 地域における医師の不足・偏在等の問題が深刻化する中、自治医科大学では、地域の医療環境を充実させるとともに本学拠点病院の確保並びに地域の診療支援等を目的に地域医療支援教員を設置しております。地域医療支援事業ならびに大学においてご自身の可能性にチャレンジいただける、気概のある医師を募集しております。
1.定員 7名
2.資格
 ①本学が展開するへき地医療支援のための施策に積極的に参画する気概を有する者
 ②自治医科大学教員の任用基準(臨床歴5年以上など)に適合する資格を有する者
3.処遇
 ①経験年数、業績等を勘案し、助教以上(准教授、講師、助教)で任用
 ②地域医療学センター地域医療支援部門を本務とし、本人が希望する講座(診療科)を兼務する(複数選択可)。
 ③教員(准教授、講師、助教)としての適格性を十分考慮した上で、学内における職階に優遇措置をとることができる。
4.業務
 ①医師派遣審査会が決定した派遣病院等における業務に一定期間従事する。
 ②本学在任中は、兼務する講座(診療科)の教育、診療業務に従事するほか、
  所属長及び兼務する講座(診療科)の責任者と本人が協議のうえ、高度な医療技術取得のための研修や研究に従事する。
 ③派遣病院等、今後の診療に当たり必要とされる医療技術等を修得する。
5.特別措置 地域医療支援教員に対しては、次の特別措置が配慮されます。
 ①外来診療担当日数の配慮
 ②病棟診療における担当患者数の配慮
 ③所属以外の診療科における必要な技術習得のための配慮
 ④本人が希望する認定医、学位の資格取得への配慮
 ⑤その他学長が必要と認める措置
6.任用期間
 ①原則として3年1クールとする。
 ②派遣期間は、原則として本学勤務期間の2分の1とする。
 ③任用期間満了後の進路については、本人の意向を勘案し医師派遣審査会が配慮する。
7.派遣先
 ①各医療機関からの医師派遣要請は随時受け付け、要請医療機関のリストを作成している。
  その情報は地域医療支援教員に応募しようと考えている医師に、申込み前に提供できる。
 ②派遣先は公募により集まった医療機関の中から、医師派遣審査会で厳正かつ公正な審査・選定を行い、本人と相談の上決定する。
8.募集期間 随時(定員に達した時点で締切ります)
9.応募書類 履歴書(所定の様式)・業績目録(所定の様式)・所属機関長等の推薦書(様式自由)
10.応募・ 問い合わせ先
 〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1 自治医科大学 大学事務部 地域医療推進課 地域医療係 
 TEL: 0285-58-7054(直通) E-mail: chisui@jichi.ac.jp
 希望すれば、経験者から具体的な研修内容についてのアドバイスもあります。
 処遇や勤務形態などでご不明な点やご質問がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。

**自治医大 GPアドバンストコース(2年間) http://www.jichi.ac.jp/chiikik/advanced/index.html  
 地域医療・家庭医療・総合診療などのプライマリ・ケア分野の実践経験を踏まえ、さらに優れた実践能力を身につけると同時に、
 この分野の人材育成に取り組むための教育・指導・評価や、企画・調整能力の涵養をはかり、将来、医育機関や地域の中核的
 医療機関での指導教育にあたる指導者を養成する、指導医養成プログラムです。
(目的)自身が総合医として一定のレベルを獲得し、かつ地域医療を志す医師を「総合医」として養成する能力を備えた指導者の育成。
(目標)総合医について説明することができる。総合医に特徴的な活動を伝えることができる。総合医を教育・養成することができる。
(研修内容)★プログラム修了者には、自治医科大学が修了証を発行します。  
  1.下記の講習会・研修会への参加を必須としています。(修了者は免除)   
    1)健康福祉プランナー養成塾(地域社会振興財団)   
    2)循環器予防セミナー(日本循環器予防研究協議会)   
    3)ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)講習会(日本ACLS協会<アメリカ心臓協会日本支部>)   
    4)JATEC講習会(日本外傷診療研究機構)またはPTLS(Primary care Trauma Life Support)講習会  
  2.人数×時間が100以上の学生教育への参加も必須です。  
  3.1編以上の学術論文の投稿が義務付けられています。  
  4.自治医大内でローテーション研修を受ける期間には、 6か月以上の附属病院総合診療部勤務を含むものとします。
(応募資格)  
  自治医科大学の卒業生(「後期研修」者または義務年限終了者)および一般の医師で、地域医療に3年以上従事した医師で、
  「総合医」の養成・指導に現在従事しているか、または今後重視する見込みの方

自治医科大学地域医療学センター地域医療支援部門
〒329-0498 栃木県下野市薬師寺3311-1
TEL:0285-58-7394(直通) FAX:0285-44-0628

連絡先:地域医療オープン・ラボ:openlabo@jichi.ac.jp