Jichi Medical University Hospital Life Saving Emergency Center

設立・沿革

自治医科大学救命救急センターは2002年9月1日に県内5番目の救命救急センターとして認可された。
 
救命救急センターではあるが、その立地条件やこれまでの経験から、救命救急センターのスタッフだけではなく、病院全体で救急患者を診療する体制を作り、患者の診療を拒否することなく、地域の基幹病院としての役割を果たしながら救命救急センターの運営を目指していることが特徴である。
 
救命救急センターは、固有のスタッフと各診療科の密接な協力の下で中央部門として運営されており、全学の委員からなる救命救急センター運営委員会がその内容をチェックする機構になっている。

1992.06.01 自治医科大学附属病院 救急部設置
2002.09.01 県内5番目の救命救急センターとして認可
2008.10.01 小山・芳賀地域分科会事務局設立
2009.02.23 自治医科大学事後検証会結果報告開始
2010.01.12 ドクターカー運行開始
2012.10.01 搬送困難症例の全例検証開始
2013.03.01 医療計画の数値目標で搬送困難を全国平均以下に
2014.05.31〜06.01 第17回日本臨床救急医学会総会・学術集会開催
2016.07.01 センター長が栃木県救急医療スーパーバイザーに任命