入試案内

HOME > 入試案内 > 看護学部入試案内 > 看護学部長から受験生へのメッセージ

看護学部長から受験生へのメッセージ

看護学部長から受験生へのメッセージ

地域社会で活躍できる臨床能力の高い総合的な看護職者を育成

看護学部は、地域住民の保健医療及び福祉に貢献するために、高い資質と倫理観を持ち、高度な医療並びに地域の看護に従事できる総合的な看護職者を育成することを目的に開設されました。教育課程の特徴は、人間を理解するための教育と、看護の実践能力を育成する教育をバランスよく組み合わせていることです。実習は、同じ敷地内にある大学附属病院やとちぎ子ども医療センターをはじめとして、県内外に確保された多数の保健医療福祉施設で行います。学生は「高度先進医療機関である附属病院を中心とした実習」と「へき地を含めた地域での実習」の体験を通して、様々な場で活躍できる総合的な視野と確かな看護実践能力を身に付けることができます。

卒業生の多くは病院を始めとした保健医療福祉機関の第一線で活躍し、また、大学院へ進学する者や大学教員になる卒業生もいます。卒業後の活躍の場は無限にあるといえます。看護学は直接人の役立つ知識・技術・態度を、卒業後の目標に直結させながら生き生きと学修できる大変魅力的な学問です。人々の健康と生活の質の向上のために、「看護」の立場からチャレンジする意欲と行動力をもつ方々が入学されることを期待しています。

自治医科大学 看護学部
学部長 春山早苗