大学紹介

HOME > 大学院医学研究科 > 21世紀COEプログラム

21世紀COEプログラム

21世紀COEプログラム

先端医科学の地域医療への展開

本拠点は、地域医療推進(全国の地域拠点を結んで実施しているJMSコホート研究など)・先端医科学研究(遺伝子治療を含むゲノム医療/再生医療の開発)を二本柱とし、世界的にみても大変ユニークな研究教育機関である。本プログラムでは、それらの連携により、生活習慣病などの遺伝的背景や地域集積性のゲノム解析、ならびにその予防対策・新規治療法の確立を目指す。家系情報と臨床データを包含した大規模地域ゲノムバンク(全国をカバー)の構築は、将来的にも貴重な財産となる。また、地域住民へのフィードバックを目的に、地域拠点ネットワークを整備する。更に、遺伝子治療の基盤研究と応用研究、ならびに霊長類ES細胞や体性幹細胞を利用した再生医療の開発研究では、大型動物を用いた前臨床研究にも力を入れ、本格的実用化に繋がる研究を国際的規模で推進する。本拠点は、先端医科学の導入により、21世紀に相応しい新しい地域医療モデルを提案し、それを実現していく計画である。

  • 自治医科大学21世紀COEプログラム 第5回合同シンポジウム2007 (2008.2.2)
    自治医科大学21世紀COEプログラム 第5回合同シンポジウム2007 (2008.2.2)
  • The 4th Nikko International Symposium 2007 (September 29,2007)
    The 4th Nikko International Symposium 2007 (September 29,2007)
  • 自治医科大学21世紀COEプログラム 第4回合同シンポジウム2006 (2006.11.25)
    自治医科大学21世紀COEプログラム 第4回合同シンポジウム2006 (2006.11.25)
  • 国際シンポジウム(2006.10.27)
    国際シンポジウム(2006.10.27)
  • サテライトシンポジウム(2006.10.28)
    サテライトシンポジウム(2006.10.28)

Adobe Reade Download PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe ReaderはAdobe Readerのダウンロードページよりダウンロードできます。