大学紹介

HOME > 大学院医学研究科 > 在学生・卒業生の方へ > 海外地域医療履修プログラム

海外地域医療履修プログラム

海外地域医療履修プログラム

趣旨・目的

海外の大学等において短期研修等を行い、国内外の地域医療学を展開しうる視点、能力を獲得させることを目的とする。
なお、本事業は従来の地域医療履修プログラムを引き継ぐものである。

支給対象(事業概要)

大学院医学研究科学生が海外の大学院や研究室等において、研究発表/研究討論、および研究室での様々な研究活動を体験することを目的に1週間〜1か月程度の滞在費および旅費を補助する。ただし、海外で発表する学会において、海外の研究者と上記趣旨・目的に沿った内容の活動を行う場合、旅費を補助する場合がある。

対象者

大学院医学研究科に在学する学生(休学中の学生は対象外)7名程度

補助金額

1人当たり30万を上限とする(事業規模2,100千円程度)

申請方法

以下の書類を揃えて学事課へ提出すること。

申請時

  1. 海外地域医療履修プログラム申請書

採択された場合の精算時

  1. 大学院医学研究科学生旅行届
  2. 旅費(精算)請求書(振込先銀行口座を明記)
  3. 航空運賃(区間)、宿泊費、手数料の明記されている領収証等
  4. プログラム内容の詳細がわかる資料および受入れ先の承諾書
  5. 学会発表を含む場合、発表者であることを示すプログラム等(写し)

申請期限・募集人員

締切日時 出発日 募集人員 決定時期
第1回 12月25日 午後5時 4月〜7月 3名程度 1月末
第2回 4月25日 午後5時 8月〜11月 2名程度 5月末
第3回 8月25日 午後5時 12月〜3月 2名程度 9月末

※申請締切日が土・日・祝日にあたる場合は、直前の業務日までとする。
※募集人員に満たない場合、次回申請時に繰越すこととする。

選考方法

応募のあった者の中から、医学研究科教育委員会、医学研究科幹事会において選考する。

多数の応募があった場合の優先順位

  1. 補助回数の少ない者
  2. 学年が上の者
  3. TOEICスコアが高い者

留意事項

年度毎に1人1回限りの補助とする。

旅費について(宿泊料、日当も含む)

  1. 「自治医科大学大学院医学研究科における旅費支給に関する申合せ」に基づく額とする。
  2. 航空運賃については、実際に支払った額とする。
  3. 発表を伴わない学会参加に係る旅費の支出は不可とする。
  4. 30万円を上限とする。
  5. 海外渡航税、空港使用料の支出は可とする。ただし、国外で使用する諸経費の支出は不可とする。

手続きの流れ

  1. 海外地域医療履修プログラム申請書を学事課へ提出
  2. 医学研究科委員会幹事会による書類審査
  3. 採択のお知らせ
  4. チケットの手配、出張手続き(申請者)
  5. 出張へ出発
  6. 帰国後1カ月以内に報告書を提出

様式のダウンロード

海外地域医療履修プログラム申請書
海外地域医療履修プログラム報告書

※申請書及び報告書については、必ず2ページ程度記入すること。